第三十二章

光とは何か。過去にあなたがたは実際、聖霊の働きの変容を光とみなしていた。真の光は常に存在する。それはあなたがたが、わたしに近づいてわたしと交わることを通して、神そのものを得ることを含み、神の言葉への明察を持ち神の言葉の中にある神の旨を把握することを含む──つまり、飲み食いする中で、あなたがたは神の言葉の霊を感じ、自分の中に神の言葉を受け取り、経験を通じて神が何であるかを把握し、神との交わりの中で神の照らしを受ける。また、黙考と熟思の中で、常に啓示を受け、神の言葉への新しい明察を得るのだ。もしあなたが神の言葉を把握し、新たなる光を感じるなら、あなたはあなたの奉仕の中に力を得ないだろうか。あなたがたは奉仕する中で実によく思い煩う。それは、あなたがたが現実に触れていないからである。あなたがたには本当の経験や明察がないからである。あなたにほんとうの明察があったなら、あなたはどのように奉仕すればよいか分かるはずではないか。あなたに何かが降りかかるときは、あなたはそれを懸命に体験しなければならない。もしあなたが、容易で快適な環境でも神の顔の光の中に生きることができるなら、あなたは毎日神の顔を見るであろう。あなたがもし神の顔を見て、神と交わったならば、あなたは光を持つのではないか。あなたがたは現実の中に入らないで、いつも外側で探し求めている。その結果、あなたがたは何も見つけず、いのちにおけるあなたの進歩は遅れる。

外面を重視してはならない。心の中でひたすら神に近づき、十分深く交わり、神の旨を把握しなさい。そうすれば、あなたがたは自分の奉仕において道を見出すのではないだろうか。あなたがたは入念に注意を払って従う必要がある。すべてのことをただわたしの言葉に従って行い、わたしが指し示す道に入るならば、あなたがたは道を見出すのではないか。あなたが現実の中に入る道を見出したら、神に仕える道も見つかるだろう。それは簡単である。神の前にもっと出なさい。神の言葉をもっと熟考しなさい。そうすれば、あなたに欠けているものを得るだろう。あなたはまた、新しい明察、新しい啓示を得、そして光を得るであろう。

前へ: 第三十一章

次へ: 第三十三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人間のいのちの源である

産声を上げてこの世に生まれてきた瞬間から、あなたは自分の本分を尽くし始める。あなたは神の計画のため、神の定めのために自分の役割を果たして、人生の旅を始める。背景が何であれ、また前途がどうであれ、天の指揮と采配から逃れられる者はいない。また自分の運命を支配できる者もいない。なぜなら…

神を知らない人はすべて神に反対する人である

神の働きの目的、神の働きが人にもたらす効果、そして神の人への心意とは厳密に何であるのかを把握することは、神に従うすべての人が到達すべきことである。今日、すべての人に欠けているのは、神の働きを知ることに他ならない。天地創造から現在にいたるまで神が人に行なった業、神の働きの全体、そし…

第十章

結局のところ、神の国の時代は過去の時代と異なっている。それは人間の行いとは関係ない。むしろ、わたしが地上に降りて自ら働きを行ったのであり、それは人には理解できず、成し遂げるのも不可能なことである。世界の創造以来長年にわたり、その働きはひとえに教会の建設に関するものだったが、神の国…

道……(6)

わたしたちが現代に至ったのは神の働きのおかげであり、それゆえわたしたちは神の経営(救いの)計画における生存者である。わたしたちが現在に留まっているのは神の大いなる称揚である。なぜなら、神の計画によると、赤い大きな竜の国は滅ぼされるべきだからだ。しかし、神はおそらく別の計画を立てた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索