第三十二章

光とは何か。過去にあなたがたは実際、聖霊の働きの変容を光とみなしていた。真の光は常に存在する。それはあなたがたが、わたしに近づいてわたしと交わることを通して、神そのものを得ることを含み、神の言葉への明察を持ち神の言葉の中にある神の旨を把握することを含む──つまり、飲み食いする中で、あなたがたは神の言葉の霊を感じ、自分の中に神の言葉を受け取り、経験を通じて神が何であるかを把握し、神との交わりの中で神の照らしを受ける。また、黙考と熟思の中で、常に啓示を受け、神の言葉への新しい明察を得るのだ。もしあなたが神の言葉を把握し、新たなる光を感じるなら、あなたはあなたの奉仕の中に力を得ないだろうか。あなたがたは奉仕する中で実によく思い煩う。それは、あなたがたが現実に触れていないからである。あなたがたには本当の経験や明察がないからである。あなたにほんとうの明察があったなら、あなたはどのように奉仕すればよいか分かるはずではないか。あなたに何かが降りかかるときは、あなたはそれを懸命に体験しなければならない。もしあなたが、容易で快適な環境でも神の顔の光の中に生きることができるなら、あなたは毎日神の顔を見るであろう。あなたがもし神の顔を見て、神と交わったならば、あなたは光を持つのではないか。あなたがたは現実の中に入らないで、いつも外側で探し求めている。その結果、あなたがたは何も見つけず、いのちにおけるあなたの進歩は遅れる。

外面を重視してはならない。心の中でひたすら神に近づき、十分深く交わり、神の旨を把握しなさい。そうすれば、あなたがたは自分の奉仕において道を見出すのではないだろうか。あなたがたは入念に注意を払って従う必要がある。すべてのことをただわたしの言葉に従って行い、わたしが指し示す道に入るならば、あなたがたは道を見出すのではないか。あなたが現実の中に入る道を見出したら、神に仕える道も見つかるだろう。それは簡単である。神の前にもっと出なさい。神の言葉をもっと熟考しなさい。そうすれば、あなたに欠けているものを得るだろう。あなたはまた、新しい明察、新しい啓示を得、そして光を得るであろう。

前へ: 第三十一章

次へ: 第三十三章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、無数の方法で人間の入りについて述べてきた。しかし、人々の素質が極めて乏しいため、神の言葉の多くは根づかなかった。人間の素質が乏しいことには様々な理由がある。たとえば、人間の思考や道徳の堕落、適切な養育の欠如、人の心を強く支配する封建的迷信、人間の心の奥底に多…

招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない

わたしは地上において、わたしの追随者となる多くの者を求めてきた。これらの追随者の中には、祭司として仕える人々、先導する人々、神の子、神の民、奉仕をする者たちがいる。彼らがわたしに示す忠誠に基づき、わたしは彼らを分類する。すべての者が種類に準じて分類されたとき、つまり、人間のそれぞ…

経験について

ペテロはさまざまな経験をする中で、何百もの試練に遭遇した。今日の人々は、「試練」という言葉を知ってはいるが、その真の意味や状況をまったく理解していない。神は人間の決意を強化したり、信心を精錬したり、人間のあらゆる部分を完全にしたりするが、それはほとんど試練を通して成し遂げられる。…

受肉の奥義(4)

あなたがたは聖書の内情と形成について知らなければならない。神の新しい働きをまだ受け入れていない人は、この知識をもっていない。彼らは知らないのである。これらの本質的な事柄についてわかりやすく話せば、彼らは聖書についてあなたにあれこれ言うことがなくなるだろう。彼らは、この記述は成就し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索