第三十一章

わたしは心からわたしを欲するすべての者たちを愛する。あなたがたがわたしを愛することに集中すれば、わたしは必ずあなたがたを大いに祝福しよう。あなたがたはわたしの意図を理解しているのか。わたしの家では、高い地位、低い地位の区別はない。誰もがわたしの子どもであり、わたしはあなたがたの父であり、あなたがたの神である。わたしは至高の者であり、唯一である。わたしは宇宙のあらゆるものを支配している。

あなたはわたしの家で「へりくだって目立たずにわたしに仕える」べきである。このフレーズをあなたのモットーとすべきである。木の上の葉ではなく、木の根となり、いのちの中に深く根ざしなさい。いのちの真の経験の中に入り、わたしの言葉によって生き、あらゆることにおいてもっとわたしを探し求め、わたしに近づき、わたしと交わりなさい。何であれ外側のことには注意を払ってはならない。また、どんな人間や出来事や物にも支配されてはならない。ただ、わたしが何であるかについて、霊的な人々と交わりなさい。わたしの意図を理解し、わたしのいのちをあなたがたの間に流れさせ、わたしの言葉を生き、わたしの要求に従いなさい。

わたしがあなたに託したことに、あなたの全力を注ぎなさい。わたしの心を満足させるためにあなたのすべての能力を発揮しなさい。わたしはあなたの力であり、わたしはあなたの喜びである…わたしはあなたのすべてである。ただわたしを追い求めなさい。わたしはあなたの心の本当の願いを知っており、あなたがわたしのために心から尽くしていることを知っているが、あなたは、わたしの家でどのように自らをわたしに捧げ、どのようにして最後までわたしについて来ればよいのか知るべきだ。

教会はわたしの心であり、わたしは、わたしの教会を建て上げるための切望に燃えている。あなたは、少しも惜しむことなく自らを捧げることによって、わたしに尽くし、わたしの心が満足するように、わたしの意図への配慮を示すべきである。

前へ: 第三十章

次へ: 第三十二章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

働きと入ること(6)

働きと入りは本来実際的なものであり、神の働きと人の入りを指している。人は神の本当の顔と神の働きをまったく見抜けないので、入りにこの上ない困難がもたらされてきた。終わりの日に神がどのような働きを成し遂げるのか、また肉において降臨し、人と禍福を共にするため、神が極度の恥辱に耐えてきた…

完全にされた人々への約束

神はどのような道をたどって人を完全にするのだろうか。どのような側面を含んでいるだろうか。あなたは神があなたを完全にするのを喜んで受け入れるだろうか。神の裁きや刑罰を喜んで受け入れるだろうか。このような問いについてあなたは何を知っているだろうか。もしあなたがこう言った知識について語…

第三十二章

神の言葉は人々の頭を悩ませ続ける。まるで神は、話す時に人を避け空に向かって話しているかのようであり、人の行動にこれ以上注意を払うつもりは微塵もなく、人の能力には完全に無頓着のようである。また、神が最初に意図した通りに、神が話す言葉は人々の観念に向けられているのではなく、人を遠ざけ…

もっと現実に集中しなさい

神に完全にされる可能性はすべての人にあるので、どのような奉仕が最も神の旨に適っているのかを皆が理解する必要がある。ほとんどの人は神を信じるということの意味を知らず、なぜ神を信じるべきなのかも理解していない。つまり、ほとんどの人は神の働きや神の経営(救いの)計画の目的をまったく理解…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索