第三十一章

わたしは心からわたしを欲するすべての者たちを愛する。あなたがたがわたしを愛することに集中すれば、わたしは必ずあなたがたを大いに祝福しよう。あなたがたはわたしの意図を理解しているのか。わたしの家では、高い地位、低い地位の区別はない。誰もがわたしの子どもであり、そしてわたしはあなたがたの父であり、あなたがたの神である。わたしは至高の者であり、唯一である。わたしは宇宙と万物を支配している。

あなたはわたしの家で「へりくだって目立たずにわたしに仕える」べきである。この言葉をあなたの座右の銘とすべきである。木の上の葉ではなく、木の根となり、いのちに深く根ざしなさい。いのちの真の経験の中に入り、わたしの言葉によって生き、あらゆることにおいてもっとわたしを探し求め、わたしに近づき、わたしと交わりなさい。何であれ外側のことには注意を払ってはならない。また、どんな人間や出来事や物にも支配されてはならない。ただ、わたしが何であるかについて、霊的な人々と交わりなさい。わたしの意図を理解し、わたしのいのちをあなたがたの間に流れさせ、わたしの言葉を生き、わたしの要求に従いなさい。

わたしがあなたに託したことに、あなたの全力を捧げなさい。わたしの心を満足させるために、自分にできることをすべてしなさい。わたしはあなたの力であり、わたしはあなたの喜びである…。わたしはあなたのすべてである。ただわたしを追い求めなさい。わたしはあなたの心の本当の願いを知っており、あなたがわたしのために心から尽くしていることを知っているが、あなたは、わたしの家でどのようにわたしへ忠誠を示し、どのようにして最後までわたしについて来ればよいのか知るべきだ。

教会はわたしの心であり、わたしは、わたしの教会を建て上げるための切望に燃えている。あなたは、少しも惜しむことなく自らを捧げることによって、わたしに尽くし、わたしの心が満足するように、わたしの意図への配慮を示すべきである。

前へ: 第三十章

次へ: 第三十二章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第十八章

稲光の中、すべての動物は真の姿を明らかにする。そして、わたしの光に照らされて、人間もまた、かつての聖さを取り戻した。ああ、過去の堕落した世界よ。それはついに汚い水の中へと崩れ去り、水面の下に沈み、溶けて泥となった。ああ、わたしの手の中のもろもろの被造物よ。それらがどうしてわたしの…

正常な状態へ入るには

神の言葉を受け入れれば受け入れるほど、人はより啓かれ、神を認識することの追求においてますます飢えと渇きを感じるようになる。神の言葉を受け入れる人だけが、より豊かで深遠な経験をすることができる。そしてそのような人は、いのちが胡麻の花のように成長し続けられる唯一の者たちである。いのち…

聖書について(4)

聖書を理解して解釈できることは、真の道を見つけるのと同じことだと多くの人が信じている。しかし、物事は本当にそれほど単純だろうか。聖書の実情を知る人はいない。つまり、聖書が神の働きに関する歴史的記録、神による以前の二段階の働きについての証しに過ぎないこと、また聖書は神の働きの目的に…

宗教的な奉仕は一掃されなければならない

宇宙全体にわたる神の働きが始まって以来、神は多くの人々を神に仕えるように運命づけてきたが、そこにはあらゆる社会的地位の人々が含まれている。神の目的は、自身の旨を満たすことと、地上における自身の働きを滞りなく完了させることである。これが神に仕える人々を神が選ぶ目的である。神に仕える…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索