第三十章

兄弟たちよ、目覚めなさい! 姉妹たちよ、目覚めなさい! わたしの日は遅れることはない。時は命であり、時を取り戻すことは命を救うことだ。その時はもう遠くない。大学の入学試験に落ちたなら、勉強して何度でも受け直すことができる。だがわたしの日には、これ以上の遅れは許されない。覚えておきなさい。もう一度言う、覚えておきなさい。わたしはこうした善き言葉で、あなたがたに強く求める。あなたがたの目の前でこの世の終わりが始まり、大きな災害が急速に迫っている。あなたがたにとって、大切なのはいのちか、それとも寝ること、食べること、飲むこと、着ることなのか。そうしたものを比較し吟味する時が来たのだ。これ以上疑っていてはならず、確信することを避けてはならない。

何と惨めなことか。何と哀れなことか。どこまで盲目なのか。どこまで人類は非情なのか。わたしの言葉に耳を貸さないとは。わたしは無駄に話しかけているのか。なぜそれほどまでに不注意なのか。一体どういうことなのか。本当にこれまで、一度もそのことを考えたことがないのか。わたしは誰のためにこうしたことを語っているのか。わたしを信じなさい。わたしはあなたがたの救い主である。わたしはあなたがたの全能者である。見ていなさい。しっかり見ていなさい。失われた時は二度と戻らない、そのことを覚えておきなさい。後悔を治す薬など世界中のどこにもない。あなたがたにはどう伝えればよいのか。わたしの言葉は、慎重に繰り返し考えるには値しないのか。あなたがたはわたしの言葉にあまりにも不注意で、自分のいのちに対して無責任すぎる。どうやってそれに我慢しろというのか。我慢などできるだろうか。

なぜこれまでずっと、あなたがたの間では正しい教会生活が生じられなかったのか。それはあなたがたが信仰に欠け、代価を払う覚悟がなく、自分を捧げる意志がなく、わたしの前で身を費やしたがらないからだ。子らよ、目を覚ましなさい! 子らよ、わたしを信じなさい! 愛するものたちよ、なぜわたしの心の中にあるものを考慮してくれないのか。

前へ: 第二十九章

次へ: 第三十一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは全人類がこれまでどのように発展してきたかを知らねばならない

六千年にわたって行われてきた働きは、その全体が時代とともに徐々に変化してきた。この働きに見られる変化は、世界全体の情勢と、人類の全体的な発展の傾向に基づいて起こったものであり、経営の働きはただそれらに従って徐々に移り変わってきたのである。創世の当初からすべてが計画されていたわけで…

神の働きの過程について

外見的には、神の現在における働きの過程は完了し、すでに人間は神の言葉による裁きと刑罰、強打、精錬を受け、効力者の試練、刑罰の時代の精錬、死の試練、引き立て役の試練、そして神への愛の時代といった段階を経ているように見える。だが、各過程における非常な苦しみにもかかわらず、人は神の心意…

もっと現実に集中しなさい

神に完全にされる可能性はすべての人にあるので、どのような奉仕が最も神の旨に適っているのかを皆が理解する必要がある。ほとんどの人は神を信じるということの意味を知らず、なぜ神を信じるべきなのかも理解していない。つまり、ほとんどの人は神の働きや神の経営(救いの)計画の目的をまったく理解…

正常な霊的生活は人々を正しい道へ導く

 あなたがたはまだ神の信者としての道のりのごくわずかしか歩んでおらず、未だに正しい道のりに入っていない。そのため、まだ神の基準を満たすにはほど遠い。現在のあなたがたの霊的背丈は神の要求を満たすには不十分である。あなたがたの素質と堕落した本性のせいで、あなたがたは常に神の働きを不注…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索