第三十章

兄弟たちよ、目覚めなさい!姉妹たちよ、目覚めなさい!わたしの日は遅れることはない。時は命であり、時を掴むことは命を救うことである。その時はそう遠くない。大学の入学試験を受けて不合格であれば、猛勉強して再挑戦することができる。だがわたしの日にはそのような先延ばしはない。覚えておきなさい。もう一度言う、覚えておきなさい。これらの善き言葉をもって強く説く。あなたの目の前でこの世の終わりが始まり、大きな災害が急速に迫る。あなた方にとって、いのちが大切か、それとも寝ること、食べること、飲むこと、着ることが大切か。あなた方がそれらのものを慎重に推し量る時が来た。これ以上疑っていてはならず、確信することを避けてはならない。

何と惨めなことか。何と哀れなことか。どこまで盲目なのか。どこまで人類は非情なのか。わたしの言葉に耳を貸さないとは。わたしは無駄に話しかけているのか。なぜそれほどまでに不注意なのか。どういうことなのか。これまでその事を考えたことはあるのか。わたしは誰のためにこれらの言葉を語っているのか。わたしを信じなさい。わたしはあなた方の救い主である。わたしはあなた方の全能者である。見なさい。しっかり見ていなさい。失われた時は二度と戻らないことを覚えておきなさい。悲嘆を和らげる薬など、地球上をくまなく探しても見つからない。それならば、あなた方にどう伝えればよいのか。わたしの言葉はあなた方が熟考し、繰り返し思い巡らすには値しないのか。あなた方はわたしの言葉に対してあまりに不注意で、自分のいのちに対して無責任過ぎる。それをわたしが我慢しろというのか。我慢などできるだろうか。

この間ずっと、正しい教会生活があなた方の間で生じられなかったのはなぜか。それはあなた方が信仰に欠け、代価を払う覚悟がなく、自分を捧げる意志がなく、わたしの前で努力したがらないからである。息子たちよ、目を覚ましなさい!息子たちよ、わたしを信じなさい。愛するものたち、なぜわたしの心の中にあるものを考慮できないのか。

前へ: 第二十九章

次へ: 第三十一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第十七章

わたしの声は雷のように轟き、四方すべてと全地球を照らす。そして雷鳴と稲光の中、人類は打ち倒される。雷鳴と稲光のただ中でしっかりと立ち続けた者はいない。たいていの人間はわたしの光が来るのを見て恐れて我を失い、どうしていいかわからなくなる。東に微かな明かりがほのめくと、多くの人は、こ…

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、無数の方法で人間の入りについて述べてきた。しかし、人々の素質が極めて乏しいため、神の言葉の多くは根づかなかった。人間の素質が乏しいことには様々な理由がある。たとえば、人間の思考や道徳の堕落、適切な養育の欠如、人の心を強く支配する封建的迷信、人間の心の奥底に多…

神とその働きを知る者だけが神の心にかなう

受肉した神の働きは二つの部分から成る。最初に神が肉となった時、人々はそのこと知りも信じもせず、イエスを十字架につけた。二度目も、人々は神を信じないで、まして、知りもせず、またしてもキリストを十字架につけた。人間は神の敵ではないだろうか。もし人間が神を知らないのなら、どうして神の知…

働きと入ること(6)

働きと入りは本来実際的なものであり、神の働きと人の入りを指している。人は神の本当の顔と神の働きをまったく見抜けないので、入りにこの上ない困難がもたらされてきた。終わりの日に神がどのような働きを成し遂げるのか、また肉において降臨し、人と禍福を共にするため、神が極度の恥辱に耐えてきた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索