第二十九章

時が迫っていることがあなたには分かるだろうか。ゆえに、あなたは短い期間でわたしに拠り頼み、わたしの性質と相容れないすべてのものを捨て去らなければならない。つまり、無知、遅い反応、不明瞭な思い、情のもろさ、意志の弱さ、愚かさ、大げさな感情、困惑、識別力の欠如である。これらをできる限り早く捨て去らなければならない。わたしは全能神である。あなたが進んでわたしと協力する限り、わたしはあなたの病むところを全て癒やす。わたしは人の心の奥深くを見る神であり、あなたの病と不健全な場所を全て知っている。このようなものがいのちの成長を妨げているのであり、すぐに捨て去らなければならない。さもないと、わたしの旨はあなたに成就されない。わたしに拠り頼み、わたしが照らす全てのものを捨て去り、常にわたしによって生き、わたしに近づき、あなたのあらゆる行いと振る舞いがわたしの似姿となるようにしなくてはならない。自分が理解していないことについては、もっと頻繁にわたしと交わりなさい。そうすれば、わたしはあなたを導き、あなたが前に進めるようにする。確信がないときには、軽率に行動せず、わたしの時を待ちなさい。安定した性質を持ち、感情が熱くなったり冷めたりすることのないようにしなさい。わたしをいつも敬う心を持っていなさい。わたしの前であろうが、わたしの目の届かないところであろうが、あなたの行いがいつもわたしの旨に沿うようにしなさい。わたしのために誰かを容赦してはならない。たとえそれが自分の夫や家族であってもだ。彼らがどれほど善人であっても、それは受け入れられない。あなたは真理に基づいて行動しなければならない。わたしを愛するなら、わたしはあなたに大いなる祝福を与えよう。抵抗する者に対しては、わたしは容赦しない。わたしが愛する者を愛し、わたしが憎む者を憎みなさい。どんな人、出来事、あるいは物事にも留意してはならない。霊の目で、わたしが用いる人をはっきりと見て、霊的な人々ともっと頻繁に接しなさい。無知であってはならず、判別しなければならない。麦は育つと必ず麦になり、毒麦が麦になることは決してない。だから異なる種類の人々を見分けなければならない。自分の言葉には特に注意し、わたしの意図する道から離れないようにしなければならない。これらの言葉を残らず熟考しなさい。わたしの心を満足させられるよう、今すぐ反抗心を捨て去り、わたしが用いるのに相応しい者となりなさい。

前へ: 第二十八章

次へ: 第三十章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

道……(3)

自身の生活において、わたしは常に自分の身も心も喜んで神に捧げる。そうすることでのみ、わたしは良心の呵責を感じず、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を残らず神に捧げなければならない。これが必須条件である。わたしは、兄弟姉妹がわたしと共に、神にこう祈ることを望む。「…

聖書について(4)

聖書を理解して解釈できることは、真の道を見つけるのと同じことだと多くの人が信じている。しかし、物事は本当にそれほど単純だろうか。聖書の実情を知る人はいない。つまり、聖書が神の働きに関する歴史的記録、神による以前の二段階の働きについての証しに過ぎないこと、また聖書は神の働きの目的に…

堕落した人間は神を体現できない

人は常に闇のとばりに覆われて、サタンの影響にとらわれたまま、逃れることができずに生きてきた。その性質はサタンに操られて、ますます堕落している。人は常に堕落したサタン的な性質の中に生きており、真に神を愛することができないのだと言える。そのため神を愛したいと願うなら、独善、自尊心、高…

人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点へと導き入れる

人は現在の働きと将来の働きを少しは理解しているが、人類が入る終着点については理解していない。被造物として、人は自身の本分を尽くすべきである。つまり、神のなすことが何であれ、神に付き従うべきである。わたしがあなたがたにどのような道を示そうとも、その道を歩むべきなのだ。あなたには、物…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索