神を愛する者は光の中に生きる

神の裁きは人を

清め、堕落から救う

我らは光の中に生き御言葉を

楽しみ、喜び賛美する

だから、踊ろう

声をあげ歌おう

神に従い歩き続けよう

振り向かずに

我らは誠実で献身的で

御心を思い心から神を愛すべき

御国は神を愛する者のため

神を愛する者は光の中に

そう、光の中に生きる


神を愛し、我らは

喜び、幸せだ

我らは御心を思い

満たす時、祝福される

真理を実践し

霊は自由になり

この心はいっそう神を愛する

我らは誠実で献身的で

御心を思い心から神を愛すべき

御国は神を愛する者のため

神を愛する者は光の中に

そう、光の中に生きる


神を愛し、我らは

喜び、幸せだ

いのちの道は紆余曲折

だが後戻りはしない

険しい道を進み

最後まで忠実に働く

神を愛し、祝福され

永遠(とわ)に光の中に生きる

我らは誠実で献身的で

御心を思い心から神を愛すべき

御国は神を愛する者のため

神を愛する者は光の中に

神を愛する者は光の中に

そう、光の中に生きる、光の中に…

前へ: 神を愛する者は真に幸いである

次へ: 神の愛は常に私たちの間にある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神から託されたことを成し遂げるために身も心も捧げよ

私たちは身も心も捧げる 人類と敬虔な信者の一人として 神の委託任務を果たすために それが私たちの責任と義務 それが責任と義務 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない この身と心を神の…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索