真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

目次

完全にされる者は精錬されることを体験しなければならない

あなたが神を信じているのであれば、神に従い、真理を実行に移し、また、自分の本分を果たさなければならない。それに加えて、あなたは自分が経験すべき物事を理解しなければならない。あなたが、単に取り扱い、懲らしめ、そして裁きを経験するだけで、神を楽しむことはできても、神があなたを訓練したり、あなたを取り扱ったりしている時、それを感じることができなければ、これは受け入れ難いことである。あなたはおそらく、こうした鍛錬に臨んで、自らしっかりと立つことができるだろう。しかし、それだけではまだ充分ではない。あなたは前へ進まなければならない。神を愛することを学ぶことには際限が無く、それは決して終わることが無い。人々は、神を信じることを単純に考えすぎているが、ひとたび実体験を得ると、神への信仰は、人々が想像するほど簡単なことでは無いことに気付く。神が人間を精錬する業を行う時、人間は苦しみ、人間の神への愛は深まり、人間の内に神の更なる力が現される。人間の精錬が少なければ少ないほど、人間の神への愛も少なくなり、人間の中に現される神の力も少なくなる。人間の精錬と苦痛、苦悶が多ければ多いほど、人間の神に対する真の愛が深まり、神への信仰も更に純粋なものとなり、神に関する人間の認識も深まる。多くの精錬と苦痛、多くの取り扱いと懲らしめを受ける者は、神への深い愛を持ち、神に関して、もっと深遠で鋭い認識を持つようになることを、あなたは経験の中で知るであろう。取り扱いを体験しなかった者には、表面的な認識しか無く、ただ「神は本当に良いお方だ。人々が神を楽しめるように、彼らに恵みを授けられる。」と言うことしか出来ない。取り扱いと訓練を体験した場合、人間は神に関する真の認識を話すことができるようになるのだ。したがって、神による人間の内なる業が驚異的であればあるほど、それは一層貴重であり、有意義なものである。あなたにとって、それが測り知れないものであればあるほど、またそれがあなたの見解と相容れないものであればあるほど、神の業は、さらにあなたを征服し、あなたを獲得し完全にすることができる。神の業の意義とは、かくも甚大である。もし神がこのように人間を精錬しなかったら、もし神がこのような方法によって働かなかったら、神の業は効果に乏しく、その意義を失ってしまうだろう。これが、神が終わりの日に一群の人々を選んだ特別な意義の背後にある理由である。神がこの会衆を選び獲得するであろうことは、以前に語られていた。神によってあなたがたの内に遂行される業が大きければ大きいほど、あなたがたの神に対する愛は一層深く純粋なものとなる。神の業が大きければ大きいほど、人は神の知恵を一層味わうことが出来るようになり、神に関する認識もより深くなる。終わりの日には、六千年におよぶ神による経営(救いの)計画が終焉を迎える。それがそんなふうに、そうもたやすく終わってしまうなどということがあろうか。神が一たび人類を征服すれば、神の業は終わるのであろうか。それはこれほど単純なものであろうか。人々は、それを単純なものであると想像しているが、神が為すことは、それほど単純なものでは無い。神の業のどの部分であるかに関わらず、いずれも人間にとっては測り知れないものである。仮にあなたが神の業を推し量ることが出来るとしたら、神の業の意義、あるいは価値は失われてしまうであろう。神によって為される業は測り知れないものであり、あなたの見解とは余りにも相容れないものである。そして、それがあなたの観念と一致しなければしないほど、神の業は有意義であることが一層示されるのである。それがあなたの観念と一致するならば、それは無意味なものとなるであろう。現在、あなたは神の業が驚異的でありすぎると感じ、驚異的であればあるほど、あなたは神が測り知れないものであると一層強く感じ、神の業がどれほど遠大であるかを理解するのである。仮に、神が人間を征服するために、何か表面的で、いい加減なことだけを為して、それで終わりだとしたら、人間は神の業の意義をその目で見ることが出来ないであろう。あなたは今少しばかりの精錬を受けているが、それは、あなたのいのちの成長のために極めて有益なものである――それ故そうした困難はあなたがたにとって最も必要とされるものである。今日、あなたは少しばかりの精錬を受けているが、後になればほんとうに神の業をその目で見ることができ、最終的に「神の業は実に驚くべきものだ」と言うであろう。あなたは、心の中でそう呟くであろう。しばらくの間神の精錬(奉仕者の試練[a]と刑罰の時代)を体験して、ある人々は最終的に「神を信じることは、実に難しい」と言った。この「難しい」という言葉は、神の業が測り知れないものであることを示している。また、神の業には大きな意義と価値があり、人間により宝として大切にされるに相応しい高い価値があることを示している。もし、わたしが多くの業を行った後で、あなたに少しも認識が無かったとしたら、それでもわたしの業には価値があるであろうか。それはあなたにこう言わせるだろう。「神への奉仕は実に困難だ、神の業はほんとうに驚くべきものであり、神には真に知恵がある。神は実に麗しい。」もしある期間の体験を経た後に、あなたがこのような言葉を言うことが出来るのであれば、それは、あなたが、自分の内なる神の業を得た証拠である。いつの日か、あなたが海外で福音を広めている時に、誰かが「あなたの神への信仰はどのようなものか。」と尋ねたら、あなたは「神の行うことは実に素晴らしい。」と言えるようになるであろう。あなたがそう言うのを聞いた途端、その者は、あなたの内には何かがあり、神の行うことはほんとうに測り知れないものであることを感じとるであろう。これこそが、ほんとうに証しするということである。あなたは、神の業は知恵に満ち、あなたの内なる神の業は、真にあなたを確信させ、あなたの心を征服した、と言うであろう。あなたは常に神を愛するであろう。なぜなら神は、全てにまさって、人類の愛を受けるに相応しい方であるからだ。もしあなたが、こうしたことを証しすることが出来れば、あなたは人々の心を動かすことができる。こうしたことは、全て証しを立てるということである。もしあなたが確固とした証し人となり、涙を流すほど人々を感動させることが出来るならば、それは、あなたが真に神を愛する者であることを示している。それは、あなたが神への愛の証し人として行動でき、あなたを通して神の働きを表現することが出来るからである。そして、あなたの表現を通して、他の人々は神の業を探し出し、神を経験し、また、彼らの置かれたあらゆる環境において揺るぎなく立つことが出来る。このように証しをすることのみが、真に証しすることであり、まさにこれこそが現在のあなたに必要とされるものである。あなたは、神の働きは極めて貴重であり、人々によって宝として大切にされる価値があると言うべきである。また、神はそれほど貴重な方であり、全てに満ちみちた方であり、神は語ることが出来るだけでなく、更に、人々の心を精錬し、彼らに喜びをもたらし、彼らを自分のものとし、征服し、完全にすることができると言うべきである。あなたは、自らの経験から、神がとても愛すべき存在であることを知るであろう。それでは、あなたは今、どのぐらい神を愛しているだろうか。あなたは、心からこれらの事を言えるであろうか。これらの言葉を心の底から表現できる時、あなたは証しすることが出来るようになるであろう。一たびあなたの経験がこの段階に達すれば、あなたは神の証し人になることができ、その資格を得るであろう。自分の経験においてこの段階に達していないなら、あなたはまだ、そこから遠く離れているであろう。精錬される中で人々に弱点があるのは普通のことであるが、精錬された後には、「神はその業においてほんとうに知恵を持っておられる。」と言うことが出来るであろう。あなたが、ほんとうにこのことを実際に認識することができれば、それは貴重なことであり、あなたにとって、価値ある体験である。

あなたは今、何を追い求めているであろうか。あなたが追求しているべき事とは、自分が神の業を表現できるかどうか、自分が神の表現となり神の現われと成りうるかどうか、自分が神に用いられるに適しているかどうかである。神はあなたの内で、実際にどれほどの業を行ったのであろうか。あなたはどれほど見て、どれぐらい触れたのであろうか。どれほど体験し、味わったのであろうか。神があなたを試そうが、あなたを取り扱おうが、あなたを懲らしめようが――それが何であれ、神の行動と業があなたの上に為されたのである。しかし、あなたは、神を信じる者として、神により完全にされることを進んで追い求める者として、神の行動を自分自身の実際の体験を通して表現することが出来るであろうか。あなたは、このことを通して神自身を実際に生きることが出来るであろうか。あなたは、自らの実体験を通して、他の人々に与え、神の業のために自らを費やすことが出来るであろうか。神の働きのために証しするには、その働きが何であるかを表現できなければならない。そして、それはあなたの体験、認識、また、あなたが耐え忍んだ苦しみを通して行われる。あなたは、神の働きのために証しする者であろうか。あなたには、そうした志があるだろうか。神の名、そしてさらに神の働きのために証しすることができ、神の民に神が求める人間像を実際に生きることが出来るのであれば、あなたは神の証し人である。あなたは実際にどのようにして神のために証しするのであろうか。神自身を実際に生きることを切に求めること。あなたの言葉を通して神の働きを表現すること。人々に神の働きを知らしめ、見せること――あなたが、まことにこれらのこと全てを求めるなら、神はあなたを完全にするであろう。もし、あなたが求める全てが、神により完全なものとされ、最終的に祝福されることのみであるならば、あなたの神への信仰に対する見方は純粋ではない。あなたは、どのようにすれば神の業を実生活において見ることができるか、ということを追求しているべきである。神があなたにその意志を明らかにした時、どのように神を満足させるか、神の驚異と知恵をどのように証しするのかを求め、また、自分に対する神の訓練と取り扱いをどのように実際に示すかを追及しているべきである。これらのすべては、今あなたが解明しようとしているべき事である。神があなたを完全にした後、あなたは神の栄光にあずかることができるということだけのために神を愛するのであれば、それはまだ不充分であり、神の要求を満たさない。あなたは、神の行動を証しし、神の要求を満たし、神が人々の上に為した業を実践的に体験することができる必要がある。それが苦痛であれ、涙であれ、あるいは悲しみであれ、あなたはその全てを実践で体験しなければならない。それらは全て、あなたが神の証し人となることが出来るためである。厳密に言うと、あなたは現在、何による支配下において苦難を経験し、完全になることを求めているのであろうか。それは神のために証しするためであろうか。それは、肉の祝福、あるいは自分の将来性のためであろうか。あなたの意図、動機、自分が目指す目標は、全て正される必要がある。それらを自分自身の意志で導くことはできない。もしある人が、祝福を受け、権力を掌握するために、完全にされることを求める一方、別の人が、神を満足させ、真に神の業の証し人となるために完全にされることを求めるのであれば、あなたは、この二つの追求の仕方のどちらを選ぶであろうか。前者を選ぶのであれば、あなたはまだ神の基準から遠くかけ離れている。わたしは以前、わたしの行動を全宇宙に明らかに知らしめ、また、わたしがこの宇宙で王として統治するであろうと語った。その一方、あなたがたに託されているのは、神の業を証ししに行くことであり、あなたがたが王となって全宇宙に君臨することではない。全宇宙は神の業で満たされよ。あらゆる者にその業を見せ、それを認めさせよ。このことは、神自身に関連して語られたことであり、人間がすべき事は、神の証しをすることである。今、あなたは、どれほど神を知っているであろうか。あなたは、神についてどれほど証しできるだろうか。神が人間を完全にする目的は何であろうか。あなたは、神の意志を理解した後、いかにして神の意志への配慮を示すべきであろうか。もしあなたに、完全にされる意欲があり、あなたが実際に生きるものを通して、神の業のために証しする意欲があり、このことがあなたの原動力になるのであれば、難しすぎることは何も無い。今人々が必要としているのは、確信である。あなたにこの原動力があれば、どんな否定的態度でも、消極性でも、怠惰、肉の観念、人生哲学、反抗的性質でも、感情でも、その他なんであれ、捨て去るのは容易である。

人間が試練を受けている時に弱くなったり、自分に否定的になったり、神の意志や自分の実践の道に明瞭性を欠くのは、普通のことである。しかしいずれにせよ、あなたは、ヨブのように、神の業を信じ、神を否定しないようにする必要がある。ヨブは弱く、自分が生まれた日を呪ったにもかかわらず、人生においては万事がヤーウェにより与えられること、そしてその全てを奪うのもまたヤーウェであることを否定しなかった。いかにして試されようとも、ヨブはこの信念を堅持した。あなたが自らの経験の中で、神の言葉からどのような精錬を受けるかを問わず、神は人間の信仰を要求する。このように、完全にされるのは、人々の信仰と志である。あなたがそれに触れることも見ることも出来ない時が、あなたの信仰が必要とされる状況である。ある物事が肉眼で見えない時、人々の信仰が必要とされる。そして、あなたが自らの観念を捨てられない時、あなたの信仰が必要とされる。あなたが神の業について不明瞭な時必要とされるものは、あなたの信仰と、あなたが揺るぎなく立ち、証しすることである。ヨブがこのような状態に達した時、神がヨブの前に現れ、ヨブに対して語った。つまり、あなたの信仰の中からのみ、神を見ることが可能となり、あなたに信仰が有る時、神はあなたを完全にするのである。信仰が無ければ、神はそれを行うことが出来ない。神は、あなたが望む物事が何であれ、それを授けるであろう。あなたに信仰が無ければ、あなたは完全にされることが出来ず、神の業を見ることも出来ない。まして、神の全能性を見ることなど出来ないであろう。あなたに信仰があり、自分の実体験の中で神の業に触れることが出来るのであれば、神はあなたの前に現れ、あなたの内に啓示を与え、導くであろう。この信仰が無ければ、そのようなことは行うことが出来ないであろう。あなたが神への望みを失ったとしたら、どうして神を体験することが出来ようか。したがって、唯一あなたが信仰を持ち、神に対して疑念を抱かず、神が何をするのかを問わず、神への真の信仰を持っている時のみ、神はあなたの経験の中であなたに啓示と明察を与え、あなたは神の業を見ることが出来るであろう。これらのことは、全て信仰を通して達成され、信仰は精練を通してのみ実現される――すなわち、精練無くして信仰は育まれ得ない。信仰とは何を指すのであろうか。信仰とは、あるものを人間が見たり触れたり出来ない時、神の業が人間の観念と一致しない時、また、それが人間の手に届かない時に、人間が持つべき真の信念であり、誠実な心である。これこそが、わたしの言う信仰である。人々は、苦難や精練の時、信仰を必要とする。そして信仰には精練が伴う。これらは切り離せない。神がどのように働くのか、あなたがどんな状況に置かれているのかに関わらず、あなたはいのちを追い求め、あなたの内で行われる神の業の進展を求め、真理を追求することが出来るであろう。あなたは神の働きに関する認識を得て、真理に従って行動出来るようになるであろう。これがあなたの真の信仰であり、それは、あなたが神への望みを失っていないことを示している。あなたはなおも精練の中で真理を追求し、神を真に愛することができ、神への疑念を募らせることはないであろう。神がどんなことをしようと、あなたは神を満足させるために真理を実践し、神の意志を深く追求し、神の意志に気を配ることが出来るであろう。これのみが神への真の信仰である。以前、神が、あなたが王として治めるであろうと語った時、あなたは神を愛した。また、神があなたに自身を明らかに示した時は、あなたは神を追い求めていた。現在、神は隠され、あなたは神を見ることができない。そして、あなたは多くの問題にぶつかっている。こんな時、あなたは神への望みを失うだろうか。故に、あなたは、どんな時にもいのちを追い求め、神の意志を満足させることを求めなければならない。これが真の信仰というものであり、最も真実で美しい愛である。

かつて、人々はみな神の前で決意を固め、「他の誰が神を愛さなかったとしても、私は神を愛しなければならない。」と言っていた。しかし今、あなたは精練に直面している。それはあなたの観念と一致しないので、あなたは神への信仰を失う。これが真の愛であろうか。あなたは今まで何度もヨブの行いに関して読んでいるが――それらを忘れてしまったのであろうか。真の愛は、信仰の中からのみ形成され得る。あなたは精練を通して神への真の愛を育む。あなたの実体験の中で信仰を通して神の意志に気を配り、信仰により自分の肉を捨て去り、いのちを追い求める――これこそが人々が為すべきことである。あなたがこのことを行えば、神の業を見ることが出来るであろう。しかし、あなたに信仰が欠けているなら、神の業を見ることはできないし、経験することも出来ないであろう。もしあなたが、神により用いられ、完全にされたいと望むのであれば、次に挙げる全てを備えていなければならない。苦しみを受ける意志、信仰、忍耐、服従そして、神の業を体験する能力、神の意志を把握し、神の悲しみを思い遣ることができる能力。ひとりの人間を完全にすることは容易ではなく、あなたが体験する一つひとつの精練において、あなたの信仰と愛が必要とされる。神によって完全にされたいのであれば、ただ路傍に繰り出すことも、単に努力を費やすことも充分ではない。神により完全にされる者となり得るためには、多くのものを備えていなければならない。苦難に直面した時、肉のことを考えず、神に対して不平を言わずに居ることが出来なければならない。神があなたから自身を隠している時は、あなたは神に付き従う信仰を持ち、以前の愛が揺るいだり、消え去ったりすることがないように維持出来なければならない。神が何を為そうが、神の意図に従い、神に対して不平を言うよりも、自らの肉を呪う意欲がもっとなければならない。あなたは、試練に直面する時、たとえ自分が愛するものと訣別する未練や苦い涙があっても、神を満足させなければならない。ただこれのみが真の愛、真の信仰と呼ぶことができる。あなたの実際の背丈がどの程度であるかを問わず、まず苦難を受ける意志、及び信仰を備え、また、肉を捨て去る意志を備えていなければならない。神の意志を満足させるために、あなたは自ら進んで個人的に苦難に耐え、自分の個人的利益を失うことを惜しんではならない。また、あなたは、自分自身を悔いる心を持たなければならない。過去に神を満足させることができなかったことを悔い、そして今自分自身を悔いることができなければならない。これらのうちのどれ一つとして欠かしてはならない。そうすれば神は、これらのことを通してあなたを完全にするだろう。これらの条件に欠けている場合、あなたは完全にされることはない。

今、全ての人々は、神に仕える者は神のためにどのように苦しむかを知ることだけでなく、更に、神を信じるということは、神を愛することを求めるためであることを理解すべきである、ということを知っている。神があなたを用いるのは、単にあなたを精錬したり、苦しませたりするためではなく、あなたが神の行為を知るようになるためであり、人生の真の意義、とりわけ、神に仕えることは容易な業ではないことをあなたが知るようになるためである。神を体験することは、恵みを楽しむというよりも、むしろあなたの神への愛のために苦しむことである。あなたは神の恵みを享受しているのであるから、神の刑罰も享受すべきである――あなたは、これらのこと全てを体験しなければならない。あなたは神があなたの内に与える啓示を体験できることもあれば、あなたへの神の取り扱いと裁きを体験できることもある。そのようにして、あなたは全ての側面を体験する。神は、あなたに裁きの業を行い、また刑罰の業も行った。神の言葉は、あなたを取り扱ったが、それはまた、あなたに啓示と明察も与えた。あなたが逃げたいと思う時、神の手は依然としてあなたを捉えている。こうした業は、全部人間に関する全てのことが神の意のままであることをあなたが知るようになるためである。あなたは神を信じることとは、苦難を受けること、または神のために多くの事を行うこと、あるいは自分の肉の平穏のため、自分にとって全てのことがうまくいき、全てが快適であることのためだと思うかも知れない――しかし、神を信じるためには、こうした目的はいずれも人間が持っていてはならないものである。あなたがそのように信じているのであれば、それは誤った見方であり、あなたは決して完全にされることはない。神の行い、神の義なる性質、神の知恵、神の言葉、そして神の驚異とはかり知れない性質は、全て人々が理解すべきことである。そうした理解により、個人的な要望、及び自分個人の希望、心中の観念を取り除きなさい。これらのことを排除してはじめて、あなたは神の要求する条件を満たすことができる。このことを通してのみ、あなたはいのちを得、神を満足させることができるのである。神を信じることとは、この値なき人々の群れを通して神の行いと栄光が表出されるために、神を満足させ、神が求める性質を実際に生き抜くためのものである。これが、神を信じるための正しい観点であり、あなたが追求すべき目標でもある。あなたは、神を信じるための正しい観点を持ち、神の言葉を得ることを求めなければならない。あなたは、神の言葉を食べ飲みし、真理を実際に生き抜き、とりわけ神の実際の行い、遍く全宇宙において為される神の素晴らしい業、また、神が肉の内に為す実際の業を見る必要がある。実際の体験を通して、人々は神がどのように自分の業を彼らの上に行うのか、また、彼らに対する神の意志は何であるかを理解することができる。これらの全てはあなたの堕落したサタンによる性質を排除するためである。あなたの中にある汚れと不義を払拭し、誤った意図を取り除けば、あなたは神への真の信仰を育むことができる。真の信仰を持つことによってのみ、あなたは神を真に愛することができる。あなたは、神への信仰を基礎としてのみ、ほんとうに神を愛することができる。神を信じずに神を愛することができるだろうか。あなたは神を信じているのだから、それについては考えが混乱することはないはずである。ある人々は、神への信仰が自分に祝福をもたらすことを見るとすぐに活力に満ちる。しかし、精錬で苦しまなければならないと知るとすぐに全ての精力を失う。これが神を信じることだろうか。結局、神への信仰とは神の前での完全無欠の服従である。あなたは神を信じているが、まだ神に要求している。また、捨てきれない多くの宗教的観念がある。諦めきれない個人的な利益がある。そして、依然として肉の祝福を求め、神があなたの肉を助け出し、あなたの魂を救うことをねがう――これらは全て誤った観点を持つ人々が表すことである。宗教的信念を持つ人々は、神を信仰してはいるものの、性質を変えることや、神に関する認識を追い求めず、自分の肉の利益のみを追求している。あなたがたのうち多くの者は、宗教的信念の域に属する信仰を持っている。それは神への真の信仰ではない。神を信じるためには、人々は、神のために苦しむ心と、自分自身を捧げる意志を持っていなければならない。この二つの条件を満たさない限り、それは神への信仰とはみなされず、彼らは性質における変化を達成することはできないであろう。心から真理を求め、神に関する認識を求め、いのちを追い求める人々だけが、神を真に信仰している者である。

試練があなたの上に臨む時、あなたは神の業をどのように取り入れてそれに立ち向かうであろうか。あなたは否定的になるであろうか、それとも神による人間の精錬を肯定的な側面から理解するであろうか。あなたは自分の精錬から何を得るであろうか。神へのあなたの愛は成長するであろうか。あなたは、精錬を受ける時、ヨブの試練を取り入れて、自分の中で為される神の業を真剣に扱うことが出来るであろうか。ヨブの試練を通して、神がどのように人間を試すのか、あなたはそれを理解できるであろうか。ヨブの試練は、どのようなインスピレ-ションをあなたにもたらすであろうか。あなたは、自分の精錬のただ中で、神のために証しする意欲があるだろうか。それとも快適な環境で肉を満足させることを欲するであろうか。神への信仰に対するあなたの観点は、実のところ、何であろうか。それは本当に肉のためではなく神のためであるのか。あなたの追求には、実際のところ目標があるのだろうか。あなたは、神によって完全にされるために、自ら進んで精錬を受けようとするであろうか。それとも、むしろ神により刑罰を受け、呪われた方がよいと思っているのであろうか。あなたは、神のために証しすることをほんとうはどのように考えているのであろうか。ほんとうの意味で神の証し人となるためには、人間どのような環境で何をすべきであろうか。実際の神は、あなたの中で数多くの実際の業を示したというのに、あなたは常に立ち去ろうと考えているのは何故だろうか。神へのあなたの信仰は、神のためであろうか。あなたがたのうちの殆どの者にとって、それは個人的な計画と個人的利益の追求のためのものである。神のために神を信仰する者はほとんどいない――これは反逆ではなかろうか。

精錬の業は、人々の信仰を完全にするためであり、最終的には立ち去りたいが立ち去れず、ある人々は、わずかな希望のかけらをも奪われてもなお信仰を維持し、自分の将来にもはや希望が無くなる状態に達するためである。そして、この時点に到達してはじめて、神の精錬が完了する。人類は、生と死の間を彷徨う段階には未だに達しておらず、死を味わったことがないので、精錬はまだ終わっていない。奉仕者の段階にある者たちでさえ、極限までには精錬されてはいなかったが、ヨブは頼れるものが何もなくなって、極限まで精錬されたのだ。人間は、希望を失い、頼るものがなにも無くなる時点まで、精錬を受けなければならない。その時はじめて、それはほんとうの意味で精錬となる。奉仕者の時期には、あなたの心は神の前で常に静まっていた。神が何を為すか、神の自分に対する意志が何であるかを問わず、あなたは常に神の采配に従い、その道の果てに全てを理解した。ヨブの試練を受けることは、ペテロの試練を受けることでもある。ヨブが試された時、ヨブは証しに立ち、最終的にヤーウェがヨブの前に現された。ヨブが証しに立った後になってはじめて、ヨブは神の顔を仰ぎ見るに相応しい者となった。「わたしは汚れた地から隠れ、聖なる国に自分の姿を現わしているのか。」ということが言われたのは何故だろうか。それは、あなたが聖くなり、証しに立つ時のみ、あなたは神の顔を見るための品位を得ることが出来る、という意味である。もしあなたが神の証しに立つことが出来ないなら、あなたには神の顔を見るための品位が無い。精錬に直面し、あなたが退いたり、神に対して不平を言い、神の証しに立てず、サタンの笑い者となったとしたら、神の出現を得ることは出来ないであろう。あなたがヨブのように、試練の真っ只中で自らの肉を呪い、神に対して不平を言うことなく、また、不平を口にしたり、言葉で罪を犯す事がなく自らの肉を忌み嫌うことができれば、それが証しに立つということである。あなたがある程度の精錬を受けてなお、ヨブと同様に、神の前で完全に服従し、他に神に対する要求や、自らの観念が無いのであれば、神はあなたの前に現れるであろう。今神はあなたの前に現れない。なぜなら、あなたがあまりにも多くの自分の観念、個人的先入観、勝手な考え、自己の要求、肉の利益を持っているからであり、またあなたは神の顔を見るに値しないからである。もしあなたが神を見るなら、あなたは自分の観念で神を測るであろうが――それはあなたが神を十字架に架けているということである。あなたに自分の観念と一致しない多くのことが起きても、あなたがそれを脇へ置いて、これらのことから神の業を知り、精錬の真っ只中で神を愛する心を示すことが出来るのであれば、それは証しに立つことである。あなたの家庭が平穏なら、あなたは、肉の快適さを楽しみ、あなたを迫害する者は一人もおらず、また、教会の兄弟姉妹が自分に従っている場合、あなたは神を愛する心を示すことが出来るであろうか。それがあなたを精錬するであろうか。あなたの神への愛は、精錬を通してのみ示されることが可能であり、あなたは、自分の観念と一致しない出来事を通してのみ完全にされることが可能となる。神は、数多くの否定的なこと、数多くの逆境によって、あなたを完全にする。神は、サタンの数多くの行為と非難、そして多くの人々の中に表されるサタンの表現を通して、あなたが認識を獲得できるようにして、あなたを完全にする。

あなたが自分の実体験の中で神の行為に触れるなら、神はあなたの前に現れ、あなたの内面から啓示を与えあなたを導くであろう。あなたが神の言葉に服従出来ないのであれば、神はこのことを行うことが出来ない。もしあなたに信仰が無く、あなたが神への望みを失ったら、あなたはどのようにして経験するというのか。あなたが神への真の信仰を持ち、疑念が無く、神にあなたの心を開くのであれば、神はあなたを完全にするであろう。神は、あなたの実体験と生活において、あなたに啓示を与える。人々の実生活においては、個人的な困難が多数ある。その上、神の業の程度を明確に理解できない。そのために信仰が必要とされる。信仰は精錬を通してのみもたらされ、精錬されることがなければ信仰を育むことができない。あなたに手放せない観念や神に対する疑念があるのであれば、あなたは精錬の中へと沈んでゆくであろう。そして、あなたに信仰が最も必要とされるのは、そうした時である。

あなたの数多くの失敗の経験や弱さの経験、また、数多くの消極的状況の時は、あなたに対する神の試練であると言えるであろう。なぜなら、あらゆることは神に由来し、万事も万物も、全て神の掌中にあるからである。あなたが失敗しようが、弱かろうが、躓こうが、全ては神次第であり、神の手の内に握られている。神の側から見れば、それはあなたの試練であり、そのことをあなたが認識出来なければ、それは誘惑となるであろう。人々が認識すべき二種類の状態がある。その一つは聖霊から来て、もう一つはサタンから来る可能性がある。第一の状態では、聖霊があなたを照らし、あなたが自分自身を知り、自分自身を忌み嫌い、悔いるようにし、神への真の愛を持つこと、神を満足させることを決心できるようにする。第二の状態では、あなたは自分自身のことを知っているが、あなたは消極的で虚弱である。それは神の精錬であると言えるであろう。また、それはサタンの誘惑であるとも言えるであろう。あなたが、それは神による救いであり、神に対して信じられないほど大きな負債を負っていると認識し、その時から神にその負債を返そうそうとして、そのような堕落に二度と陥らないよう努め、神の言葉を食べ飲みすることに尽力し、また、自分のことを常に至らない存在であるとみなし、切望する心を持つならば、それこそは神の試練である。苦難が終わり、あなたが前進を再開した後も、神は引き続きあなたを導き、あなたに明察と啓示を与え、あなたを養うであろう。しかし、あなたがそれを認識せず、否定的になり、ただ自暴自棄になって失望し、そのように考えるのであれば、あなたにはサタンの誘惑がおよぶであろう。ヨブが試練を受けた時、神とサタンは互いに賭けをし、神はサタンにヨブを苦しめ、試すことを許した。ヨブを試していたのは神であったが、実際にヨブのところに来たのはサタンであった。サタンにとっては、自分がヨブを誘惑していたのだが、ヨブは神の側についていた。もしそうでなかったとしたら、ヨブは誘惑に負けていたはずである。人間は、誘惑に負けると、すぐに危険に陥る。精錬を受けるということは、神からの試練であると言えるが、あなたが良い状態でない場合、それは、サタンによる誘惑であるとも言える。あなたのビジョンが不明瞭であれば、サタンはあなたを責め、混乱させるであろう。あなたは、知らぬうちに誘惑に陥るであろう。

あなたは、神の業を経験しなければ、決して完全にされることは無いであろう。あなたはまた、自分自身の経験の中で、その細部にも入らなければならない――つまり、自分の観念や幾つもの動機は、どのように生まれたか、それらに適した行動には、どのようなものがあるか、といったことである。神の業を経験できる場合、それはあなたに背丈があることを意味する。あなたに、ただ活力があるように見えるだけの場合、それは真の背丈ではなく、あなたは絶対に確固として立つことが出来ないであろう。あなたがたがどんな時でも、どんな場所でも、神の業を経験し、それを熟考できる時のみ、あなたがたは羊飼いを離れて神に頼ることによって独立して生きることができ、神の実際の行為を見ることができる。その時初めて神の意志が達成されるであろう。現在、ほとんどの人々が、それをどのようにして経験すれば良いかを知らない。人々は問題に直面した時、その問題への対処法を知らず、神の業を経験できず、霊的な生活を送ることが出来ない。あなたは、神の言葉と業を、自分の実際の生活に採り入れなければならない。

神は、あなたに、時々特定の種の感覚を与える――あなたは内なる喜びを失ったり、神の臨在を失ったり、自分が闇の中にいると感じることがある。これは、一種の精錬である。何をしてもうまく行かなかったり、壁にぶち当たることがある。これは神の鍛錬である。あなたは、何かしらの行動をしても、そのことについて感じる事が無く、他人もそれを知らないだろうが、神はそれを知っている。神はあなたを立ち去らせず、訓練する。聖霊の業は極めてきめ細やかである。聖霊は、人々の一つひとつの言動、一つひとつの行動と動き、人々のあらゆる思いと考えを注意深く観察する。それは、人々がこれらのことについて内面的認識を得ることが出来るようになるためである。あなたが一度何かをしてうまく行かず、再びやってもまだうまく行かないと、あなたは少しづつ聖霊の業を理解するようになる。多くの訓練の時を通して、あなたは神の意志と一致するには何を為すべきか、また、神の意志と一致しないものは何であるかを知る。最終的に、あなたは、自分の内面から来る聖霊の導きに対し、正確に反応するようになるであろう。あなたは時には反抗的になり、内面から神により叱責されることもあるであろう。この全ては、神の鍛錬から来るのである。神を大切にせず、神の業を軽視した場合、神はあなたのことを一切気にかけないであろう。あなたが神を真剣に捉えれば捉えるほど、神はあなたに一層啓示を与えるであろう。現在、教会には、曖昧で混乱した信仰を持つ人々が幾人か存在し、鍛錬の無い不適切なことを数多く行っているので、彼らの中には聖霊の業が明瞭に見受けられない。一切の鍛錬無く戦い、金を稼ぎ、事業を行う人々もいるが、そうした人々は一層の危険にさらされている。彼らは、現在において聖霊の業を持たないだけでなく、将来完全にされるのが難しいであろう。内部において聖霊の業も神の訓練も見ることが出来ない人々が多数いる。彼らは神の意志を明瞭に理解しておらず、神の業を知らない者たちである。精錬の只中で確固として立つことができ、神が何を行うかに関わらず、神に付き従い、また、少なくとも立ち去らずにいることができ、あるいはペテロが達成した0.1%を達成できる人々は、まあよくやっているのだが、彼らには使われる価値は無い。多くの人々は、物事を迅速に理解し、神への真の愛を備え、ペテロのレベルを超えることができる。神はこのような業を行う。そして、この種の人間は神の訓練と啓示を得ることができ、神の意志と一致しないものはすべて即座に捨て去ることができる。この種の人間は、金のようである――この種の人間だけが真に価値ある者である。神が多様な業を行ったのに、依然として砂や石のようであったならば、あなたは無価値である。

赤い大きな竜の国における神の業は驚くべきものであり、測り知れない。神はある人々を排除するが、それは、教会の中にあらゆる種類の人々がいるからである――教会の金銭を使い込む者たち、他人を欺く者たち、その他様々である。あなたが神の業を明瞭に知っていないなら、あなたは消極的になるであろう。なぜなら、神の業が見受けられるのは、少数の人々の中だけだからである。その時には、神を真に愛している者と、そうでない者が明らかになるであろう。神を真に愛する者には聖霊の業があり、神を真に愛していない者は神の業を通して一段階ずつ明らかにされるであろう。彼らは排除の対象となるであろう。これらの人々は征服の業の過程の中で明らかにされる――彼らは完全にされる価値の無い人々である。そして、完全にされた者たちは全て神のものとされ、ペテロのように神を愛することが出来る。征服された者たちには、自発的な愛がなく、受動的な愛のみがあり、彼らは神を愛すことを強要されている。自発的な愛は実際の経験により得た認識により育まれる。この愛は人間の心を占め、彼らを自発的に神に献身させる。また神の言葉は彼らの基礎となり、彼らは神のために苦しむことが出来る。無論、これらは、神により完全にされた者が所有するものである。あなたが、征服されることのみを求めるのであれば、神の証しをすることは出来ない。もし神が人間の征服を通して神の救いの目的を達成するだけであれば、奉仕者の段階だけで充分である。しかしながら、人間を征服することは、神の最終目標ではない――神の最終目標は人間を完全にすることである。したがって、この段階は征服の業であるというより、むしろ完全にし、排除する業であると言うべきである。ある人々はまだ完全に征服されておらず、彼らを征服する過程において、一群の人々が完全にされる。この二つの業は、調和して実行される。これほどの長期にわたる業を通して、人々は立ち去らずに居る。この事実は、征服することの目標が達成されたことを示す――これが征服されることの事実である。精錬は征服されるためではなく、完全にされるためのものである。精錬がなければ、人々は完全にされることはないであろう。それ故、精錬は極めて貴重である。今日、一群の人々が完全にされ、一群の人々が獲得されている。以前言及された十の祝福は、全て完全にされた者たちを対象とするものであった。地上で彼らの人間像を変えるためのすべてのことは、完全にされた者を対象としている。完全にされていない者は、これを達成出来ないのである。

脚注:

a.原文では「~の試練」が省略されている。