全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

性質が変化した者たちとは神の言葉の現実の中へ入った人々である

聖霊が人々の内で働く過程とは、まず彼らの心を全ての人間や出来事、物事から引き離して、神の言葉の中へ導き入れることである。それは、神の言葉には全く疑念の余地がなく、完全に真実であることを人々が心の中で信じるためである。あなたは神を信じているのだから、神の言葉を信じなければならない。長年にわたり神を信じてきたのに、聖霊が行く道を知らないのであれば、あなたは本当に信者だろうか。正常な人間の生活と、神との正しい生き方を実現するためには、まず最初に神の言葉を信じなければならない。聖霊が人間の内で行う働きの最初の段階を、あなたが達成していないのであれば、あなたには何の基盤もない。最も基本的な原則が欠けているなら、あなたはどうやって前途を歩むことができるのか。人間を神が完全にする正しい道をたどることは、聖霊による現在の働きの正しい道に入ることであり、それはまた聖霊が歩む道を進むことでもある。現時点では、聖霊が歩む道とは、神の現在の言葉である。したがって、その道を歩むには、人は受肉した神の現在の言葉に従い、それを食べて飲まなければならない。神は言葉の業を行っており、全てが神の言葉から語られ、あらゆることが神の言葉、すなわち神の現在の言葉により建て上げられている。それが、肉となった神について全く疑念がなくなることであれ、神を知ることであれ、人は神の言葉に多くの努力を注がなければならない。さもなければ、何一つ成し遂げることができず、その人には何も残らないだろう。神の言葉を食べ飲むことに基礎を置いて、神を知り、神を満足させることによってのみ、人は徐々に神との正しい関係を確立できる。神の言葉を食べて、飲み、実行に移すことは、神との最善の協力であり、神の選民のひとりとして証しするための最も優れた実践である。人が神の現在の言葉の本質を理解し、それに従うことができる時、その人は聖霊により導かれる道によって生活しており、神が人間を完全にする正しい道に入っているのだ。人々はかつて恵みを求め、また平安と喜びを求め、やがて神の業を得ることができた。現在はそうではない。肉となった神の言葉がなく、それらの言葉の現実性がない場合、人間は神の承認を得られず、神によって取り除かれる。正しい霊的生活を実現するには、まず神の言葉を食べて、飲み、それを実行に移しなさい。そして、この基礎の上に、人間と神の正しい関係を確立しなさい。あなたは、どのように協力するのであろうか。あなたは、神の選民の一人として、どのようにして証に立つのか。どのようにして、神との正しい関係を確立するのであろうか。

これが、日常生活においてあなたが神と正しい関係にあるかどうかを知る方法である。

1.あなたは、神自身の証しを信じているか。

2.あなたは、神の言葉は真実であり、絶対に誤ることがないと、心から信じているだろうか。

3.あなたは神の言葉を実行に移す人だろうか。

4.神があなたに託したことに自らを捧げているか。どうすれば、それに献身できるのであろうか。

5.あなたの為す全てのことは、神を満足させ、神に忠実であるためのものであるか。

これらのことにより、あなたは、自分が現段階において神と正しい関係にあるかどうかを確認することが出来る。

あなたが神の託したものと、神の約束を受け入れ、そして聖霊の道に従うならば、それは神の意志を遂行することである。あなたには、聖霊の道についての内なる明察があるだろうか。あなたの現在の行動は、聖霊の道と一致しているだろうか。あなたの心は神に近付いているだろうか。あなたには聖霊から来る最も新しい光に従う決意があるだろうか。あなたには神によって獲得される意欲があるだろうか。あなたには地上で神の栄光を現す者となる決意があるだろうか。あなたには、神が要求することを成し遂げる意志があるだろうか。神が語れば、即座に協力する意志があり、神を満足させる意欲があり、それがあなたの内側にある原動力であるならば、それは神の言葉があなたの心の中で結実したことを意味する。あなたにそのような意志が無く、あなたの追求に一つの目標も無いのであれば、それは、あなたの心がまだ神によって動かされていないことを意味する。

人々は公式に神の国の訓練に入ったので、人々への神の要求は高まった。どうすればそれを知ることができるだろうか。以前は、人々はいのちを持っていないと言われていたが、しかし今、人々はいのちを求め、神の選民の一員となって神によって獲得され、完全にされることを求めている。それは、神によって高められることではないだろうか。実際のところ、人間に対する要求は以前よりも単純である。人々には、奉仕者となることや死ぬことは要求されていない。唯一要求されているのは、神の民となることだけである。これは単純なことではないか。あなたの心を全て神に捧げ、神の導きに従う限り、全てが結実するだろう。あなたは、どうしてそれがとても難しいと思うのか。いのちの中へ入ることに関して今語られていることは、以前よりも明瞭である。人々はかつて、いのちの現実性とは何であるのか不明瞭であり、何も知らなかった。神の言葉を聞いて反応する者、聖霊の啓き照らしを受けた者、また、神によって完全にされることを達成し神の前で性質が変化した者、これらの人々は皆いのちを持っている。神が求めているのは、生きている存在であり、いのちのない物体ではない。あなたがいのちのない物体なら、あなたはいのちを持っておらず、神があなたに語ることはない。また、特にあなたを引き上げて神の選民の一員とすることはないだろう。神からそのような大きな祝福を受け、神によって高められたということは、あなたがたが皆いのちを持っている人々であること、また、神から与えられるいのちを持つ者たちであることを意味する。

自分のいのちの性質の変化を追求する者にとって、実践の道は単純である。実体験において聖霊の現在の言葉に従うことができるなら、あなたは自分の性質において変化を実現できるであろう。聖霊の語ることには何でも従い、それを求めるなら、あなたは神に従う者であり、そのようにして、性質を変化させることができるだろう。人間の性質は、聖霊の現在の言葉により変化する。あなたがいつも遠い過去の経験や規則を掲げるならば、あなたの性質は変化しないだろう。今日、聖霊が語り全ての人々に正常な人間性のいのちの中に入ることを教えたにもかかわらず、あなたが表面的なことに重点を置き、現実性に関して混乱し、それを真剣に受け止めないなら、あなたは神の業について行けない者となり、聖霊によって導かれる道に入る者とはならないであろう。あなたの性質が変化できるかどうかは、あなたが聖霊の現在の言葉に遅れずについて行き、真の理解を持つかどうかによる。これは以前あなたがたが理解していたこととは異なる。あなたがかつて性質の変化について理解していたこととは、物事を決めつけがちなあなたが神の訓練を通して、もはや不注意な発言をしなくなる、ということであった。しかし、これは変化の一面に過ぎず、現時点で最も決定的な点は、聖霊の導きに従うことである。神の言うことは何でも守り、神の語ることには全て従うことである。人間は、自分で自分の性質を変化させることができない。人々は神の言葉による裁き、刑罰、そして辛い精錬を受けるか、あるいは神の言葉による取り扱いと懲らしめ、刈り込みを受けなければならない。その後初めて、彼らは神への従順と献身を実現することができ、神を欺こうとしたり、いい加減に神に対応したりしなくなる。神の言葉による精錬のもとで、人間の性質は変化するのである。神の言葉による暴露、裁き、懲らしめ、そして取り扱いを受ける者のみが、見境なく行動しなくなり、平静沈着となる。最も重要な点は、神の現在の言葉と業に従えることであり、たとえそれが人間の観念と一致しない場合でも、それらの観念を捨てて、意図的に従うことができる、ということである。過去に性質における変化について語られた時は、それは主として自分を捨て去ること、肉を苦しませること、自分の肉体を修練すること、そして肉の好むものを自分から取り除くことに関するものであったが、これは性質における変化の一形態である。今人々は、性質の変化の真の表れとは、神の現在の言葉に服従すること、また同時に神の新たな業を真に理解できるようになることであると知っている。そうすることで、人々は、自分の観念の中にある以前の神に関する理解を取り除き、神への真の理解と服従に達することができるようになるであろう。性質の変化の真の表れはこれしかない。

いのちの中に入るための人間による追求は神の言葉に基づいている。以前は、全ては神の言葉により成し遂げられたと言われていたが、その事実を見た者は誰もいない。もしあなたが、この段階で経験の中に入ったなら、あなたには全てが明瞭になるだろう。それは、将来の試練のために良い基礎を築くことであり、神が何を語ろうと、あなたには、ただ神の言葉の中へ入ることだけが必要とされる。神が、人々を罰し始めると言う時、あなたは神の刑罰を受け入れなければならない。神が人々に死ぬことを求める時、あなたはその試練を受け入れる。あなたが常に神の発する最新の言葉の中で生活したならば、神の言葉は最終的にあなたを完全にするだろう。神の言葉の中に入れば入るほど、あなたはより速やかに完全にされるであろう。わたしが何度も交わりを繰り返し、あなたがたに神の言葉を理解しその中に入ることを求めるのは何故だろうか。聖霊があなたの中で働く機会を得るのは、あなたの追求の焦点を神の言葉に合わせ、神の言葉を体験し、神の言葉の現実の中に入ることによる他はない。したがって、あなたがたは皆、神の業のあらゆる手段の中では競い合う者であり、最終的にあなたがたの苦難が大きいか小さいかに関わらず、あなたがたは全員賞を得るであろう。あなたがたが最終的に完全になることを遂げるためには、神のすべての言葉の中に入らなければならない。聖霊が人間を完全にするにあたり、聖霊は一方的に働くことはない。聖霊は人々の協力を必要とし、各々が意欲的に聖霊と協力することが必要とされる。神が何を語ろうが、あなたはただ神の言葉の中に入るのだ。これは、あなたがたのいのちのために有益である。全てはあなたがたの性質の変化のためである。あなたが神の言葉の中入る時、あなたの心は神により動かされ、この段階の業において神が達成したいことの全てを理解できるようになり、あなたにはそれを達成する意志があるだろう。刑罰の時、ある人々は、それが業の手段であると考え、神の言葉を信じなかった。その結果、彼らは精錬を体験せず、何一つ得ることも理解することもないまま刑罰の時をやり過ごした。疑いの片鱗も抱かず、それらの言葉の中に入った者たちも幾人かいた。彼らは、神の言葉は真実で誤りが全く無く、人間は刑罰を受けるべきであると言った。彼らは、その中である期間苦闘し、自分の将来と運命を捨て去る。そして、彼らがそこから抜け出してくると、彼らの性質は著しく変化し、彼らは神についてのより深い理解を得た。刑罰のただ中を通り抜けてきた者たちは皆、神の愛しさを感じた。また、彼らは、その段階の神の業は、人類に与えられた神の大いなる愛であること、それは神の愛による征服と救いであることを知った。また、彼らは、神の思いは常に善であり、神が人間の内で為す全てのことは愛であり、憎しみではないとも言った。神の言葉を信じかった者、あるいは神の言葉に重きを置かなかった者は、刑罰の時に精錬を受けておらず、その結果、聖霊は彼らに伴わず、彼らは何も得なかった。刑罰の期間に入った者は、精錬の中を通ったが、聖霊が彼らの中で隠れた形で働いていた。そしてその結果、彼らは自分のいのちの性質の変化を体験した。ある人々は、外から見るとたいへん積極的に見えた。彼らはいつも幸せそうだったが、神の言葉による精錬の状態に入らず、全く変化しなかった。それは神の言葉を信じないことの結末であった。あなたが神の言葉を信じないのであれば、聖霊はあなたの中では働かないだろう。神は、神の言葉を信じる者全てに現れる。神の言葉を信じ理解する者たちは神の愛を得るであろう。

神の言葉の境地に入り、それを活発に行うことに集中しなさい。そして何を実行に移すべきかを知りなさい。そうすることによってのみ、あなたは自分のいのちの性質に変化をもたらすことができる。唯一この過程を通してのみ、あなたは神によって完全にされる。そして、このようにして神に完全にされた人々だけが、神の意志と一致することができる。新たな光を受けるには、神の言葉の中で生きなければならない。あなたが聖霊に一度だけ動かされても、それは決して充分ではない。あなたはもっと深い所へ達しなければならない。一度だけ動かされ者たちは、自分の内に熱意が呼び覚まされて、進んで追求するようになったが、それを長期にわたって維持することはできない。だから常に聖霊によって動かされなければならない。今まで幾度となく語ってきたことだが、わたしは、神の霊が人々の霊を動かすことを願い、彼らがいのちの性質の変化を追い求め、神によって動かされることを求めるうちに、彼らが自分に不足しているものを理解し、神の言葉を体験する過程において、自分の中にある不純なもの(独善、傲慢さ、自分の観念など)を捨て去ることを願った。新たな光を積極的に受けるだけで充分だと思ってはならない。あなたは、更に否定的側面から来るものを捨て去らなければならない。あなたがたは肯定的側面から入るだけでなく、否定的側面の中にある不純なものを自分から取り除く必要もある。あなたは、依然としてあなたの中に存在する不純なものに関して、絶えず自分を吟味しなければならない。人間の宗教的観念、意図、願望、独善、傲慢さなどは皆けがれたものである。自分自身を神の全ての啓示の言葉に比較し、宗教的観念がないか、自分の中を探りなさい。それらをほんとうに認識した時、あなたは初めてそれを捨て去ることができる。ある人々は、聖霊の現在の働きの光に従っていれば充分であり、他のことに注意する必要はないと言う。それなら宗教的観念が生じる時、あなたはそれをどのようにして取り除くのだろうか。あなたは、神の言葉に従うことをそれほど単純なことだと考えているのだろうか。あなたの実生活においては、妨げとなり得る宗教的なものが依然として存在する。そして、それらのものが現れてくると、新たものを受け容れるあなたの能力を阻害する恐れがある。これらは全て実際に存在する問題である。あなたが聖霊の現在の言葉だけを追求するなら、あなたは神の意志を満足させることはできない。あなたは、聖霊の現在の光を求めると同時に、自分の中に依然としてどんな観念や意図が存在するのか、具体的にどのような人間的独善があるか、どのようなふるまいが神に対する不従順であるのかを認識すべきである。そして、それらの全てを認識した後、あなたはそれらを捨て去らなければならない。あなたに以前の行動や態度を捨て去らせることは、すべて聖霊の現在の言葉に従うためである。それに対し、性質の変化は、神の言葉を通して達成される一方、それには人間が協力することが求められる。つまり、神の業と人間の実践の両方が不可欠であるのだ。

あなたは、将来の奉仕の道において、どうすれば神の意志を満足させることができるだろうか。

極めて重要な点は、いのちの中にはいることと性質の変化と、真理の中へより深く入ることを追求することである。これこそが神によって完全にされ、神のものとされることを達成するための道である。あなたがたは皆、神の委託を受けることになっているが、それは何であろうか。それは、次の段階の業に関連しており、全宇宙で成し遂げられるさらに偉大な業となる。したがって、将来あなたがたが、神が業を通して栄光を得ることを真に証明する者となり、神の将来の業のための模範とされるよう、自分のいのちの性質の変化を追求すべきである。今日の追求は、全て将来の業の基礎を築くものである。それは、あなたが神により用いられ、神のために証しできるようになるためのものである。それがあなたの追求の目的ならば、あなたは、聖霊の臨在を得ることができるであろう。あなたの追求の目標が高ければ高いほど、あなたが完全にされる可能性もより高くなるであろう。あなたが真理を追求すればするほど、聖霊は一層多くの業を行うであろう。あなたの追求への活力が強ければ強いほど、あなたが得るものも多くなるであろう。聖霊は、人間の内面の状態に基づいて人間を完全にする。ある人々は、神に用いられることも、完全にされることも自ら進んで求めず、肉において平和があり、大惨事に遭わなければそれで良いという。ある人々は、神の国に入る意欲はないが、自ら進んで底無しの穴に陥る。そして神は、あなたのためにそれをも成就するだろう。あなたが追い求めることが何であれ、神はそれを成就するだろう。それでは、現在あなたが追求するものは何であろうか。あなたは完全にされることを追求しているであろうか。あなたの現在の行動と態度は、神によって完全にされ、神によって獲得されるためのものであろうか。あなたは、日常生活でこのようにして絶え間なく自分を評価する必要がある。あなたが、ひとつの目標に心を集中させるなら、神は必ずあなたを完全にするであろう。それが聖霊の道である。聖霊に導かれる道は人々が追求することを通して得られる。あなたが神によって完全にされ、神に獲得されることを求めれば求めるほど、聖霊はあなたの中で一層多くの働きを為すであろう。あなたが追求しなくなり、どんどん否定的になって退けば退くほど、聖霊が働く機会はより少なくなるであろう。聖霊は次第にあなたを見捨てるだろう。あなたには、神によって完全にされる意欲があるだろうか。あなたには、神のものとなる意欲があるだろうか。あなたには、神によって用いられる意欲があるだろうか。あなたがたは、神によって完全にされ、獲得され、神に用いられるために何でもすることを追求し、あなたがたの中に現される神の業を宇宙の万物に示すべきである。万物の中では、あなたがたが万物の主人である。そして、存在する全てのものの中で、あなたがたは、神があなたがたの故に証しと栄光を楽しめるようにするだろう。このことは、あなたがたが最も祝福された世代であることを示している。

前へ:神の最新の働きを知り、神の歩みに従う

次へ:神の前で心を静めることについて

他のお気に入り