995 今日の祝福を大切にしなければならない

1

神がその手でこの世界を高く掲げると

人はこの上ない喜びに踊る

悲しまず 神により頼む

神がその手で顔を隠し

人を抑えると

息苦しく生きられない

恐れおののき神に叫び

死の恐怖で満たされる

なぜなら神が栄光を受ける日を

人は見たいと願うから

神は多くの人をこの世に送り

多くの者が追い払われた

多くの者が神の手を通り過ぎた

多くの霊がハデスに投げ込まれ

多くの者が肉に生まれ変わった

だが今日まで誰一人

神の国の祝福を味わっていない


2

神の日は人の生存に重要なこと

神の栄光の日を待ち望むから

彼らは今日まで生きている

神が定めた祝福は

終わりの日に

神の栄光の全てを見ることができること

時代を通し

人はこの世を絶望のうちに去り

希望と信仰をもって来た

神は多くの人をこの世に送り

多くの者が追い払われた

多くの者が神の手を通り過ぎた

多くの霊がハデスに投げ込まれ

多くの者が肉に生まれ変わった

だが今日まで誰一人

神の国の祝福を味わっていない


『神の出現と働き』「全宇宙への神の言葉、第二十章」(『言葉』第1巻)より編集

前へ: 994 神は人々を正しい人生の道に導いている

次へ: 996 道の最終行程をしっかり歩むには

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索