キリストへの真の信仰と愛があるのか

表面上、あなた方はみな地上のキリストに極めて従順なようだが、実質的にはキリストを信仰してもいなければ愛してもいない。つまり、あなた方が本当に信じているのは自分自身の感情という漠然とした神であり、あなた方が本当に愛しているのは、日夜恋い慕うものの直接会ったことがない神なのである。キリストに対するあなた方の信仰はわずかでしかなく、愛はない。

信仰とは信じることと信頼することである。愛とは心の中で崇拝して敬慕し、決して離れないことである。しかし、今日のキリストに対するあなた方の信仰と愛は、そこにまったく至っていない。信仰について言えば、あなた方はキリストをどのように信仰しているのか。愛について言えば、あなた方はキリストをどのように愛しているのか。あなた方はキリストの性質を全く理解しておらず、ましてやキリストの実質などなおさら知らないのに、どのようにしてキリストを信仰するというのか。キリストに対するあなた方の信仰の実体はどこにあるのか。どのようにキリストを愛しているのか。キリストに対するあなた方の愛の実体はどこにあるのか。

『言葉は肉において現れる』の「どのように地上の神を知るか」より編集

前へ: あなたがたの真の信仰はどこに

次へ: キリストへの不信仰の要素が多すぎる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索