キリストへの真の信仰と愛があるのか


表面上、あなた方はみな地上のキリストに極めて従順なようだが、実質的にはキリストを信仰してもいなければ愛してもいない。つまり、あなた方が本当に信じているのは自分自身の感情という漠然とした神であり、あなた方が本当に愛しているのは、日夜恋い慕うものの直接会ったことがない神なのである。キリストに対するあなた方の信仰はわずかでしかなく、愛はない。


信仰とは信じることと信頼することである。愛とは心の中で崇拝して敬慕し、決して離れないことである。しかし、今日のキリストに対するあなた方の信仰と愛は、そこにまったく至っていない。信仰について言えば、あなた方はキリストをどのように信仰しているのか。愛について言えば、あなた方はキリストをどのように愛しているのか。あなた方はキリストの性質を全く理解しておらず、ましてやキリストの実質などなおさら知らないのに、どのようにしてキリストを信仰するというのか。キリストに対するあなた方の信仰の実体はどこにあるのか。どのようにキリストを愛しているのか。キリストに対するあなた方の愛の実体はどこにあるのか。

『言葉は肉において現れる』の「どのように地上の神を知るか」より編集

前へ: あなたがたの真の信仰はどこに

次へ: キリストへの不信仰の要素が多すぎる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間 人々の間で神の業を行なう 全ての業にはたった一つの目的がある それは悪魔サタンを打ち倒すこと 神は人を征服することでサタンを倒す また人々を完全な存在にすることで 世界に鳴り響くような証しとするならば これもサタンの敗北のしるし 神はサタンを打ち倒し…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索