終わりの日の征服の働きの内幕

堕落した人は神を知らず敬わない

アダムとエバが造られた時

ヤーウェの栄光が地に満ちていたが

人は堕落して神に背き畏れず

栄光と証しをなくした

今日の働きは栄光を取り戻すため

皆が神を拝し

被造物の間で証しする

それがこの段階の(働き)

終わりの日の征服の働き


人はどう征服されるのか?

言葉の働きが人を裁き、罰し

呪い、従わせ、納得させる

人の背きを暴き

抵抗を裁いて

不義と汚れを示し

神の義を現す

今日の働きは

栄光を取り戻すため

皆が神を拝し

被造物の間で証しする

それがこの段階の(働き)

終わりの日の征服の働き


言葉は人を征服し納得させる

征服を受ける者は言葉の裁きを受ける

己の道を行かず

この言葉に従うなら

神の言葉によって征服されるだろう

今日の働きは

栄光を取り戻すため

皆が神を拝し

被造物の間で証しする

それがこの段階の(働き)

終わりの日の征服の働き

終わりの日の征服の働き


『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内幕(1)」より編集

前へ: 神の裁きの働きの目的

次へ: 最終段階の征服は人々を救うため

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければなら…

あなたは信仰ゆえにとても多くのものを得た

裁きの過程の中 神の創造の行く末と 創造主は愛されるべきことを知る 征服の働きにおいて 人生を完全に理解して あなたは神の腕を見る この征服において あなたは「人間」の真の意味を知り 人生の正しい道を得る 神の義の性質美しい栄光を見て 人の起源全てを学び 「不朽の歴史」を知…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索