終わりの日の征服の働きの内幕

堕落した人は神を知らず敬わない

アダムとエバが造られた時

ヤーウェの栄光が地に満ちていたが

人は堕落して神に背き畏れず

栄光と証しをなくした

今日の働きは栄光を取り戻すため

皆が神を拝し

被造物の間で証しする

それがこの段階の(働き)

終わりの日の征服の働き

人はどう征服されるのか?

言葉の働きが人を裁き、罰し

呪い、従わせ、納得させる

人の背きを暴き

抵抗を裁いて

不義と汚れを示し

神の義を現す

今日の働きは

栄光を取り戻すため

皆が神を拝し

被造物の間で証しする

それがこの段階の(働き)

終わりの日の征服の働き

言葉は人を征服し納得させる

征服を受ける者は言葉の裁きを受ける

己の道を行かず

この言葉に従うなら

神の言葉によって征服されるだろう

今日の働きは

栄光を取り戻すため

皆が神を拝し

被造物の間で証しする

それがこの段階の(働き)

終わりの日の征服の働き

終わりの日の征服の働き

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内幕(1)」より編集

前へ: 神の裁きの働きの目的

次へ: 最終段階の征服は人々を救うため

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索