第二十三章

わたしの声を聞いたすべての兄弟姉妹たちへ。あなた方はわたしの厳格な裁きの声を聞き、非常な苦しみに耐えてきた。しかし、あなた方は、わたしの厳しい声の後ろにはわたしの意志が隠されていることを知るべきである。わたしがあなた方を鍛錬するのはあなた方を救うためである。わたしの愛する子らのためにわたしがあなた方を訓練、刈り込み、まもなく完全なものにすることをあなた方は知るべきである。わたしの心は非常に切望しているが、あなた方はわたしの心を理解せず、わたしの言葉に従って行動しない。今日のわたしの言葉はあなた方に向けられ、神が愛する神であることをあなた方に本当に認識させる。そして、あなた方はみな神の真摯な愛を経験している。しかし、わかったふりをしている人々も少数いて、他の人々の悲しみを見れば、彼らも目に涙を浮かべるだろう。表面上は神に負い目を感じているように見える人々もいて、表面では後悔しているように見えるが、心の中では本当には神を理解しておらず、神について確信を持っていない。むしろそれは見せかけにすぎない。わたしはこのような人々をもっとも嫌う。遅かれ早かれ、このような人々はわたしの都から追い出されるだろう。わたしの考えは、熱心にわたしを欲する人々をわたしは欲するのであり、真心からわたしを求める人々だけがわたしを喜ばせることができるのだ──このような人々に対してわたしは自分の両手を差し出して援助し、彼らはどんな災難にも出会わないことを保証する。本当に神を欲する人々は進んで神の心を思いやり、わたしの意志を行うだろう。そのようにして、まもなくあなた方は現実性に入り、わたしの言葉をあなた方のいのちとして受け入れるはずである──これがわたしの最大の重荷である。もし諸教会と聖者たちがすべて現実性に入り、すべてがわたしと直接交流することができるならば、わたしと向かい合い、真理と義を実行できるならば、そのとき初めて、彼らはわたしの愛する子らとなり、わたしは彼らに十分満足し、あらゆる大きな祝福を与えるだろう。

前へ: 第二十二章

次へ: 第二十四章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

福音を広める働きはまた人間を救う働きでもある

すべての人々は地上におけるわたしの働きの目的、つまり、わたしが最終的に何を得ようと望んでいるかと、この働きが完成するまでに、その中でどの程度達成しなければならないかを理解する必要がある。今日までわたしとともに歩みながら、わたしの働きが一体何であるのかを理解していないならば、人々…

神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道である

あなたがたはみな、自分が生涯を通じてどのように神を信じてきたかを吟味し直す必要があります。神に付き従う中で、自分が神を真に理解し、真に認識し、真に知るようになったかどうか、そして神がさまざまな種類の人間に対しどんな姿勢で臨むのかを真に知っているかどうか、さらに神が自分にどのような…

今日の神の働きを知ること

今日神の働きを知ることは、おもに、終わりの日における受肉した神の主要な職分が何であるか、何をするために地上に来たかを知ることである。わたしは以前、神は(終わりの日に)地上に来たのは去る前に模範を示すためであるという言葉を述べた。神はどのように模範を示すのか。言葉を発し、地上のいた…

性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである

数千年にわたる堕落の後、人は麻痺し、物分かりが悪くなり、神に反対する悪魔になり、神への人の反抗の歴史は「史記」に記録されるほどになり、人自身でさえその反抗的行いに完全な説明ができなくなってしまっている。人はサタンにより深く堕落させられ、惑わされてしまったので、どちらに向いたらよい…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索