第二十三章

わたしの声を聞いたすべての兄弟姉妹たちへ。あなたがたはわたしの厳格な裁きの声を聞き、非常な苦しみに耐えてきた。しかし、あなたがたは、わたしの厳しい声の後ろにはわたしの意志が隠されていることを知るべきである。わたしがあなたがたを鍛錬するのはあなたがたを救うためである。わたしの愛する子らのためにわたしがあなたがたを訓練、刈り込み、まもなく完全なものにすることをあなたがたは知るべきである。わたしの心は非常に切望しているが、あなたがたはわたしの心を理解せず、わたしの言葉に従って行動しない。今日のわたしの言葉はあなたがたに向けられ、神が愛する神であることをあなたがたに本当に認識させる。そして、あなたがたはみな神の真摯な愛を経験している。しかし、わかったふりをしている人々も少数いて、他の人々の悲しみを見れば、彼らも目に涙を浮かべるだろう。表面上は神に負い目を感じているように見える人々もいて、表面では後悔しているように見えるが、心の中では本当には神を理解しておらず、神について確信を持っていない。むしろそれは見せかけにすぎない。わたしはこのような人々をもっとも嫌う。遅かれ早かれ、このような人々はわたしの都から追い出されるだろう。わたしの考えは、熱心にわたしを欲する人々をわたしは欲するのであり、真心からわたしを求める人々だけがわたしを喜ばせることができるのだ──このような人々に対してわたしは自分の両手を差し出して援助し、彼らはどんな災難にも出会わないことを保証する。本当に神を欲する人々は進んで神の心を思いやり、わたしの意志を行うだろう。そのようにして、まもなくあなたがたは現実性に入り、わたしの言葉をあなたがたのいのちとして受け入れるはずである──これがわたしの最大の重荷である。もし諸教会と聖者たちがすべて現実性に入り、すべてがわたしと直接交流することができるならば、わたしと向かい合い、真理と義を実行できるならば、そのとき初めて、彼らはわたしの愛する子らとなり、わたしは彼らに十分満足し、あらゆる大きな祝福を与えるだろう。

前へ: 第二十二章

次へ: 第二十四章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第二十二章

人間は光の中に生きていながら、光の貴さには気づいていない。人間は光の本質、光の源、さらに、光が誰のものであるかについては、無知である。わたしが人間たちに光を与えるとき、直ちに人間たちの状態を調べる。光があるので、人々はみな変わりつつあり、成長し、闇を去っている。わたしは全宇宙の隅…

神の働き、神の性質、そして神自身 1

本日の交わりのテーマは重要なものです。このテーマは神の働きが始まってからずっと議論されてきたものであり、すべての人にとって極めて重要な意味を持ちます。言い換えれば、これは信仰の道を歩むすべての人が直面する問題であり、同時に皆が直面しなければならない問題なのです。これは人間である以…

神の働きの過程について

外見的には、神の現在における働きの過程は完了し、すでに人間は神の言葉による裁きと刑罰、強打、精錬を受け、効力者の試練、刑罰の時代の精錬、死の試練、引き立て役の試練、そして神への愛の時代といった段階を経ているように見える。だが、各過程における非常な苦しみにもかかわらず、人は神の心意…

神の前で心を静めることについて

神の前で自分の心を静めることは、神の言葉に入る上で最も重要な段階の一つであり、現在すべての人が至急入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入る道は以下の通りである。1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。2.神の前で静まった心で…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索