第二十四章

時はますます近づいている。すべての聖徒たちよ、目を覚ましなさい。わたしはあなたがたに向けて声を発する。聞く者はみな目を覚まさなければならない。わたしはあなたがたがこれまで長年にわたり信じてきた神である。今日、わたしは受肉し、あなたがたの目の前に現れている。この結果、誰が本当にわたしを必要としているか、誰がわたしのために進んで犠牲を払うか、誰が本当にわたしの言葉に耳を傾けるか、誰が進んで真理を実践するかが明らかになる。わたしは全能の神なので、闇に隠されている人の秘密をすべて見ることができ、誰が本当にわたしを必要としているか、誰がわたしに反抗しているかがわかる。わたしはすべてのものを探ることができる。

わたしは今、できるだけ早くわたしの心に従う人々の集団を作りたい。つまり、わたしの重荷を思いやることのできる人々の集団である。しかし、わたしはわたしの教会を浄化し、清めるのを止めることはできない。教会はわたしの心臓なのである。わたしは、あなたがたがわたしの言葉を飲み食いするのを妨げる邪悪な人々のすべてを嫌悪する。何故かと言うと、心の底からわたしを望むことをしない人々がわずかだがいるからだ。これらの人々は欺瞞に満ちていて、真の心でわたしに近づこうとせず、邪悪で、わたしの旨の実行を妨害する。彼らは真理を実践する人々ではない。これらの人々は独善と傲慢に満ちていて、極めて野心的であり、好んで他人を見下すような態度をとり、話す言葉は心地よく聞こえるが、内心では真理を実践していない。これらの邪悪な人々はみな追い出し、すっかり一掃しなければならない。彼らは災害の中で精錬されるだろう。これらの言葉はあなたがたを戒めて気づかせ、あなたがたの足がわたしの心意通りの道から外れないようにするためである。いつも自分の霊に戻りなさい。わたしは心からわたしを愛する人々を愛するからである。あなたがたがわたしに近づくので、わたしはあなたがたを守り、邪悪な人々から遠ざける。わたしはあなたがたをわたしの家でしっかり立たせ、最後まで保護する。

前へ: 第二十三章

次へ: 第二十五章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

働きと入ること(2)

あなたがたの働きと入りは極めて貧弱である。人間は働き方に重きを置かず、またいのちの入りについてはそれ以上にでたらめである。人間はこれらを、自分が入るべき学びとして捉えない。ゆえに、人が経験の中で見ているのは、ほぼ空中の楼閣だけである。働きに関する限り、あなたがたはそれほど多くを要…

働きと入ること(5)

現在、あなたがたはみな、誰もがそれぞれ自由な世界で生きていけるように、神が人間を人生の正しい道へと導いていること、もう一つの時代への次なる一歩を踏み出すよう人間を導いていること、この暗く古い時代を超えるように人間を肉の外へ導き、闇の勢力の抑圧とサタンの影響から遠ざけていることを知…

道……(3)

わたし自身の生活において、わたしは常に自分自身を身も心も全て神に捧げることをいとわない。そうすればわたしの良心の呵責はなく、多少安心できる。いのちを追い求める者は、まず自分の心を全て神に捧げなくてはならない。これが前提条件である。わたしは兄弟姉妹がわたしと共に「神よ、わたしの心が…

第三十二章

神の言葉は人々の頭を悩ませ続ける。まるで神は、話す時に人を避け空に向かって話しているかのようであり、人の行動にこれ以上注意を払うつもりは微塵もなく、人の能力には完全に無頓着のようである。また、神が最初に意図した通りに、神が話す言葉は人々の観念に向けられているのではなく、人を遠ざけ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索