第二十五章

全能の神、とこしえの父、平和の君、わたしたちの神は王である。全能神はオリーブ山に降り立つ。何と美しいことか。聞きなさい。わたしたち見張り人は、声を張り上げて共に歌う。神がシオンに戻られたからだ。わたしたちはこの目でエルサレムの荒廃を見る。歓喜して共に歌え、神がわたしたちに慰めをもたらし、エルサレムを贖ったのだから。神はすべての国々の眼前にその聖なる腕を現し、まことの神の本体が姿を現した! 地の隅々に至るまで、あらゆるものがわたしたちの神の救いを見たのだ。

ああ、全能神よ! あなたの玉座から七つの霊がすべての教会へ遣わされ、あなたの奥義をすべて露わにしています。あなたは栄光の玉座に座り、あなたの国を治め、公平と義によってしっかりと安定させ、あなたの前にすべての国々を従わせました。ああ、全能神よ! あなたは王たちの腰帯を解き、都の門をあなたの前に大きく開いて、二度と閉じないようにされました。あなたの光が到来し、あなたの栄光が昇って輝きを放っているからです。暗闇が地を覆い、濃い闇がすべての国民の上に垂れています。おお、神よ! しかしあなたはわたしたちに姿を現され、わたしたちをあなたの光で照らされました。あなたの栄光はわたしたちの上にあらわされるでしょう。すべての国はあなたの光のもとへ、王たちはあなたの輝きのもとへとやって来ます。あなたが目を上げて辺りを見回すと、息子たちがあなたの前に集まります。彼らは遠くからやって来るのです。あなたの娘たちは、腕に抱えられ運ばれてきます。おお、全能神よ! あなたの大いなる愛はわたしたちをとらえました。あなたの国へと続く道で、わたしたちの歩みを導くのはあなたであり、わたしたちに浸透するのはあなたの聖なる言葉なのです。

ああ、全能神よ! わたしたちは感謝し、あなたを讃美します。わたしたちは誠実で落ち着いたひたむきな心であなたを見上げ、証しし、崇め、そして歌います。わたしたちが心を一つにして、共に築き上げられんことを。そしてあなたがすぐにわたしたちを、あなたの心に適う者、あなたに用いられる者へと変えてくださいますように。あなたの旨が妨げられることなく、全地で成し遂げられますように。

前へ: 第二十四章

次へ: 第二十六章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

悪人は必ず罰を受ける

自分自身を見つめ、すべての行いにおいて義を実践しているかどうか、そしてすべての行動が神の監視を受けているかどうかを確かめなさい。これは神を信じる者が物事を行う際の原則である。神を満足させられること、神の世話と保護を受け入れることによって、あなたがたは義であるとされる。神の目から見…

第十七章

わたしの声は雷のように轟き、四方すべてと地上全体を照らす。そして雷鳴と稲光の中、人類は打ち倒される。雷鳴と稲光のただ中でしっかりと立ち続けた者はいない。たいていの人間はわたしの光が来るのを見て恐れて我を失い、どうしていいかわからなくなる。東に微かな明かりがほのめくと、多くの人は、…

正常な状態へ入るには

神の言葉を受け入れれば受け入れるほど、人はより啓かれ、神を認識することの追求においてますます飢えと渇きを感じるようになる。神の言葉を受け入れる人だけが、より豊かで深遠な経験をすることができる。そしてそのような人は、いのちが胡麻の花のように成長し続けられる唯一の者たちである。いのち…

神が人間を用いることについて

聖霊から特別な指示と導きを与えられている人を除けば、自立して生きられる人間は一人もいない。なぜなら人間には、神に用いられている人々の働きと牧養が必要だからである。そのため神は各時代に様々な人を起こし、神の働きのために教会を牧養するという仕事に没頭させる。つまり神の働きは、神が好ま…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索