第二十六章

わたしの息子たちよ、わたしの言葉に注意を払い、わたしの声に静かに耳を傾けなさい。そうすればわたしはあなたに啓示を与える。わたしの中で静まりなさい。わたしはあなたの神、あなたがたの唯一の贖い主であるのだから。あなたがたはいかなる時も心を静め、わたしの中で生きなければならない。わたしはあなたの岩、あなたがたの支えである。別の心を持たず、一心にわたしに拠り頼みなさい。そうすれば、わたしは必ずあなたがたに現れるだろう――わたしはあなたがたの神である。ああ、疑い深いものたち。彼らは決して固く立つことができず、何も獲得しないだろう。今がどういう時であるかを知らなければならない。どんなに重要な時であるかを。それは何と重要な点であることか。役に立たない物事のために慌ただしくしてはならない。すぐにわたしに近づき、わたしと交わりなさい。そうすればわたしはあなたがたにすべての奥義を明らかにするだろう。

あなたは聖霊が教えるすべての言葉に耳を傾けなければならない。道端でそれらを落としてはならない。あなたは幾度もわたしの言葉を聞いたが、それらを忘れてしまった。ああ、軽率な者たちよ。あなたは非常に多くの祝福を失った。注意深く耳を傾け、わたしの言葉に注意を払い、もっとわたしと交わり、わたしに近づきなさい。わたしはあなたが理解していないことは何であれあなたに教え、あなたがたを進むべき道へ導く。今は文字や教義を説く者たちが多くいて、ほんとうにわたしの現実を持っている者たちは極僅かなので、他の人々と交わることにあまり注意を払ってはならない。彼らの交わりは人を混乱させ、麻痺させ、どのように進めば良いか分からなくする。たとえ彼らに耳を傾けていても、文字や教義についてもう少し理解するようになるだけである。あなたがたは自分の歩みに注意し、自分の心を守らなければならない。そして常にわたしの前に生き、わたしと交わり、わたしに近づかなければならない。そうすれば、わたしはあなたが理解しないことをあなたに見せるだろう。あなたは自分が言うことに気をつけ、自分の心を常に注意深く見張り、わたしが歩む道を歩まなければならない。

もう長くはないが、まだ少しは時間が残っている。早くわたし以外のすべてのものを捨て、わたしに従って来なさい。わたしはあなたがたをぞんざいに扱うことはない。あなたがたは幾度となくわたしの行為を誤解したが、どんなにわたしがあなたがたを愛しているか知っているか。ああ、あなたがたはわたしの心をどうしても理解しない。過去にあなたがたがどんなに疑おうが、どれだけわたしに負い目があろうが、わたしはそれを思い出さない。それでもわたしは、あなたがたが前進し、わたしの旨に沿って行動することができるように、あなたがたを選んだ。

今は遅れを許さない時である。これからあなたがたが別の意図を持つなら、わたしの裁きがあなたがたの上に降りかかるだろう。あなたがたが一瞬でもわたしから離れるなら、あなたがたはロトの妻のようになるだろう。聖霊の働きのペースは今やスピ-ドを増しており、新しい光について行くことができない者たちは危険にさらされている。見張り続けない者たちは見捨てられるだろう。あなたは自分自身を守らなければならない。あなたの周りの環境にあるすべてのものは、わたしの許しによってそこにあり、わたしがそのすべてを定めることを、あなたは知るべきである。わたしがあなたに与えた環境の中で、明確に見極め、わたしの心を満足させなさい。恐れてはならない。万軍の全能神が必ずあなたと共にいる。全能神はあなたがたの後ろに立ち、あなたがたの盾となる。今日、人々はあまりにも多くの観念を持っており、それ故わたしは、他の人々が軽蔑する者たちを通してのみわたしの旨を表現することができる。うぬぼれており、独善的で、傲慢で、尊大で、野心的で、人を見下す者は恥じ入るだろう。あなたがたがわたしの重荷に心から配慮を示す限り、わたしはあなたがたのためにすべてを整える。ただわたしについて来なさい。

前へ: 第二十五章

次へ: 第二十七章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

第十一章

人間は誰もみな、わたしの霊による観察を受けなければならない。自分のすべての言葉と行動を細かく調べ、さらに、わたしの驚くべき行いを見なければならない。神の国が地上に来るとき、あなたがたは、どのように感じるだろうか。わたしの子らと民がわたしの玉座に流れ込んで来るとき、わたしは大きな白…

第二十章

わたしの家の富は数知れず、計り知れない。しかし、人間は誰も、それを享受しに来たことがない。人間は自分でそれらを享受することができず、自分の力で自らを守ることもできない。その代わりに、いつでも他者を頼みとしてきた。わたしの見てきた者たちの中で、自分の意思で直接わたしを求めてきた者は…

正常な状態へ入るには

神の言葉を受け入れれば受け入れるほど、人はより啓かれ、神を認識することの追求においてますます飢えと渇きを感じるようになる。神の言葉を受け入れる人だけが、より豊かで深遠な経験をすることができる。そしてそのような人は、いのちが胡麻の花のように成長し続けられる唯一の者たちである。いのち…

唯一無二の神自身 5

神の聖さ(2)兄弟姉妹の皆さん、きょうは讃美歌を歌いましょう。皆さんが好きで、よく歌っている歌を一つ選んでください。(神の御言葉の歌「汚れなき純粋な愛」を歌いたいです。)1「愛」とは、純粋で汚れのない感情を指し、心をもって愛し、感じ、思いやりをもつということである。愛においては条…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索