第二十七章

宇宙と万物を統治する唯一の真の神──全能神、終わりの日のキリスト!これが聖霊の証し、疑う余地のない証拠である!聖霊はあらゆる場所で証しとなるために働いており、それを疑う者はいない。勝利を収めた王、全能神!世に勝ち、罪に勝ち、贖いを全うした!全能神は、サタンによって堕落させられたこの人々の集団を救い、自身の旨を行うためにわたしたちを完全にする。全能神は地球全体を支配し、取り戻し、サタンを底なしの穴に追いやる。全能神は世を裁いており、その手から逃れられる者はいない。全能神は王として君臨する。

全地は喜び、勝利を収めた王を讃美する――全能神!とこしえからとこしえまで!あなたは栄光と讃美に相応しい。権威と栄光が宇宙の偉大なる王にあるように!

時間の余裕がない。全能神に従い、進み続けよ。誤りに気をつけ、全能神の重荷に配慮し、全能神と心をひとつにして、全能神の経営(救いの)計画のために自分を費やせ。自分の財産を持ち続けていてはならない。時間がない。財産を保持せず、すべて捧げよ!持っていてはならない!

前へ: 第二十六章

次へ: 第二十八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人間のいのちの源である

産声を上げてこの世に生まれてきた瞬間から、あなたは自分の本分を尽くし始める。あなたは神の計画のため、神の定めのために自分の役割を果たして、人生の旅を始める。背景が何であれ、また前途がどうであれ、天の指揮と采配から逃れられる者はいない。また自分の運命を支配できる者もいない。なぜなら…

第二十八章

わたしがシオンから来た時、あらゆるものがわたしを待っていた。そして、わたしがシオンに戻る時、すべての人間に迎えられた。わたしが往来する時、けっして敵意あるものに歩みを妨げられることがない。したがって、わたしの働きは滞りなく進んだ。今日、わたしがすべての被造物の間に来ると、すべての…

救いを得る人は真理を進んで実践する人である

正しい教会生活を送ることの必要性については、説教の中でよく触れられている。それなのになぜ、教会生活はいまだに改善されておらず、相変わらず昔のままなのだろうか。なぜまったく新しい別の生活様式が存在していないのだろうか。90年代の人間が、過ぎし時代の帝王のように生きていることは正常と…

神の前で心を静めることについて

神の前で自分の心を静めることは、神の言葉に入る上で最も重要な段階の一つであり、現在すべての人が至急入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入る道は以下の通りである。1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。2.神の前で静まった心で…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索