真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

第二十七章

宇宙の万物を治める唯一の真の神──全能なるキリスト!これが聖霊の証し、疑う余地のない証拠である!聖霊はあらゆる場所で証しとなるために働いており、それを疑う者はいない。勝利を収めた王、全能神!世に勝ち、罪に勝ち、贖いを全うした!神は、サタンによって堕落させられたこの群れの人々を救い、その旨を行うために私たちを完全にする。神は地球全体を支配し、取り戻し、サタンを底なしの穴に追いやる。神は世を裁いており、その手から逃れられる者はいない。神は王として君臨する。

全地は喜び、勝利を収めた王を讃美する──全能神!とこしえからとこしえまで!あなたは栄光と讃美に相応しい。権威と栄光が宇宙の偉大なる王にあるように!

時間の余裕がない。全能神に従い、進み続けよ。よく注意して進み、神の重荷に配慮し、神とひとつになって、神の経営(救いの)計画のために努力せよ。自分の財産を持ち続けていてはならない。時間がない。財産を保持せず、すべて捧げよ!持っていてはならない!

前へ:第二十六章

次へ:第二十八章

関連した内容

  • 第七章

    西面の枝はみな、わたしの声を聞きなさい。 過去、あなたがたはわたしに忠実だっただろうか。あなたがたはわたしの優れた助言の言葉に従ってきただろうか。あなたがたは、曖昧で不確かなものではない、現実的な希望をもっているだろうか。人間の忠誠、愛、信仰は、すべてわたしから生じているものであり、わたしが授けたも…

  • 神を愛することだけが本当に神を信じることである

    今日、あなた方が神を愛し、知ろうとする時、ある意味であなた方は困難と純化に耐えなければならず、別の意味では、代償を払わなければならない。神を愛することから学ぶ教訓ほど意味の深い教訓はなく、人々が生涯抱き続けた信仰から学ぶ教訓は、いかに神を愛するかであると言える。つまり、神を信じるなら、神を愛さなけれ…

  • 第十九章

    わたしの言葉を自身の生存の基盤とするのが人類の正しい責務である。人間はわたしの言葉の各部分において、各自の分を確立しなければならない。そうしなければ、自分で問題を招くことになり、自ら滅びを招くことになる。人間はわたしを知らない。そして、そのため、引き換えに自分のいのちをわたしに捧げるのではなく、わた…

  • 適切な牧者が備えておくべきもの

    あなたは、聖霊が人々に働きかける時に人々が置かれる多くの状況を理解しなければならない。特に、協調して神に仕える者たちは、聖霊が人々に働きかけることによってもたらされる様々な状況をよりしっかりと把握していなければならない。あなたが語るのが、単に多くの経験と成長する手段についてであるならば、その経験はあ…