第二十七章

宇宙と万物を統治する唯一の真の神──全能神、終わりの日のキリスト!これが聖霊の証し、疑う余地のない証拠である!聖霊はあらゆる場所で証しとなるために働いており、それを疑う者はいない。勝利を収めた王、全能神!世に勝ち、罪に勝ち、贖いを全うした!全能神は、サタンによって堕落させられたこの人々の集団を救い、自身の旨を行うためにわたしたちを完全にする。全能神は地球全体を支配し、取り戻し、サタンを底なしの穴に追いやる。全能神は世を裁いており、その手から逃れられる者はいない。全能神は王として君臨する。

全地は喜び、勝利を収めた王を讃美する――全能神!とこしえからとこしえまで!あなたは栄光と讃美に相応しい。権威と栄光が宇宙の偉大なる王にあるように!

時間の余裕がない。全能神に従い、進み続けよ。誤りに気をつけ、全能神の重荷に配慮し、全能神と心をひとつにして、全能神の経営(救いの)計画のために自分を費やせ。自分の財産を持ち続けていてはならない。時間がない。財産を保持せず、すべて捧げよ!持っていてはならない!

前へ: 第二十六章

次へ: 第二十八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

適切な牧者が備えているべきもの

聖霊が人々に働きかける時にその人が置かれる多くの状態をあなたは理解しなければならない。特に、一体となって神への奉仕を行なう人は、聖霊が人々に行なう働きによってもたらされる多くの状態をさらにしっかりと把握していなければならない。単に多くの経験や、入りを成し遂げる数多くの方法について…

受肉の奥義(2)

ユダヤで働きを行なっていた当時、イエスは公然とそうしたが、今、わたしはあなたがたのあいだで秘かに働きを行ない、そして語る。未信者はまったくこれに気づいていない。あなたがたのあいだにおけるわたしの働きは、部外者には閉ざされている。これらの言葉、刑罰、そして裁きはあなたがただけに知ら…

第三十八章

人類に本来備わっている特徴、すなわち、人類の真の姿を考えてみると、今日まで人類が存続できたことは本当に簡単ではなかった。そしてこのことを通して初めて神の偉大な力が明らかになった。人の肉の本質、およびこれまでの赤い大きな竜の腐敗に基づいて考えると、神の霊の導きがなければ、人が今日生…

受肉の奥義(4)

あなたがたは聖書の内情と形成について知らなければならない。神の新しい働きをまだ受け入れていない人は、この知識をもっていない。彼らは知らないのである。これらの本質的な事柄についてわかりやすく話せば、彼らは聖書についてあなたにあれこれ言うことがなくなるだろう。彼らは、この記述は成就し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索