第二十七章

宇宙と万物を統治する唯一の真の神──全能神、終わりの日のキリスト!これが聖霊の証し、疑う余地のない証拠である!聖霊はあらゆる場所で証しとなるために働いており、それを疑う者はいない。勝利を収めた王、全能神!世に勝ち、罪に勝ち、贖いを全うした!全能神は、サタンによって堕落させられたこの人々の集団を救い、自身の旨を行うために私たちを完全にする。全能神は地球全体を支配し、取り戻し、サタンを底なしの穴に追いやる。全能神は世を裁いており、その手から逃れられる者はいない。全能神は王として君臨する。

全地は喜び、勝利を収めた王を讃美する――全能神!とこしえからとこしえまで!あなたは栄光と讃美に相応しい。権威と栄光が宇宙の偉大なる王にあるように!

時間の余裕がない。全能神に従い、進み続けよ。誤りに気をつけ、全能神の重荷に配慮し、全能神と心をひとつにして、全能神の経営(救いの)計画のために自分を費やせ。自分の財産を持ち続けていてはならない。時間がない。財産を保持せず、すべて捧げよ!持っていてはならない!

前へ: 第二十六章

次へ: 第二十八章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神を信じるなら真理のために生きるべきである

すべての人に共通する問題は、真理を理解していても実践しないことである。これは、一方では代償を払う意志がないためであり、他方では、識別が足りなすぎるためである。そうした人は日常生活の困難の多くをあるがままに見ることができず、正しく実践する方法を知らない。人の経験は浅すぎ、素質が…

征服の働きの内幕(4)

完全にされるとは何を意味するのか。征服されるとは何を意味するのか。人が征服されるには、どういう条件を満たさなければならないのか。また、完全にされるには、どういう条件を満たさなければならないのか。征服することと完全にすることは、いずれも人間が本来の姿を取り戻し、堕落したサタン的性質…

働きと入ること(2)

あなたがたの働きと入りは極めて貧弱である。人間は働き方に重きを置かず、またいのちの入りについてはそれ以上にでたらめである。人間はこれらを、自分が入るべき学びとして捉えない。ゆえに、人が経験の中で見ているのは、ほぼ空中の楼閣だけである。働きに関する限り、あなたがたはそれほど多くを要…

本物の人とは何を意味するのか

人を経営する(救う)ことは常にわたしの本分であった。さらに、人の征服はわたしが世界を創造したときに定めたことだった。終わりの日にわたしが人々を完全に征服することや、反抗的な人間を征服することがサタン打倒の証拠だということを、人々は知らないかもしれない。しかし敵がわたしとの戦いを始…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索