罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者

信仰の確信のない者

魔術師や妖術師

好色で落ちぶれた者

神から盗み、捧げものを奪う者

賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者

高慢で名利を追い求める者

不遜な言葉を広め

冒涜的で神をそしる者

神を裁く者

徒党を組み集う者

神の上に立うとする者

浮ついた若者も

肉欲に溺れる中高年も

中でも富と地位を追求する者など

罪に捕らわれた悔い改めない人たちは

救いようがないではないか

徒党を組み集う者

神の上に立うとする者

浮ついた若者も

肉欲に溺れる中高年も

中でも富と地位を追求する者など

罪に捕らわれた悔い改めない人たちは

救いようがないではないか

『言葉は肉において現れる』の「実践(7)」より編集

前へ: 神が人に報復するときの神の態度を理解しているか

次へ: あなたは自分の言葉と行いをどのように扱うべきだろうか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索