クリスチャン映画「福音の使者」 抜粋シーン(2)キリストは受肉した神

クリスチャン映画「福音の使者」 抜粋シーン(2)キリストは受肉した神

1264 |2019年5月7日

過去2千年間、主の信仰者たちは、主イエスがキリストであること、肉となった神であることを承知していたが、神の受肉とは実際に何であるか、受肉した神を我々はいかに知るべきかに関する真理の奥義を理解できる者はいなかった。このため、終わりの日の全能神が裁きの働きを行うため肉となって来られても、一部の人々は全能神を普通の人であるかのように扱い、終わりの日の全能神の働きを受け入れようとしない。これでは終わりの日の神の救いを失ってしまいかねない。受肉の真理を理解することが主の再臨をお迎えするのに緊要であることは明白である。

おすすめ動画

キリスト教映画「知らぬが命取り」

https://jp.godfootsteps.org/videos/deadly-ignorance-trailer.html

クリスチャン映画「福音の使者」

https://jp.godfootsteps.org/videos/the-gospel-messenger-trailer.html

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル