キリスト教賛美歌「万物を管理する神の奇しき業」歌詞付き

キリスト教賛美歌「万物を管理する神の奇しき業」歌詞付き

362 |2020年5月2日

ご不明な点がありましたら、ご連絡ください。

Messenger:https://m.me/godfootstepsjp

幾世紀も

その小川は

山のふもとを流れている

山が造った路を静かに辿った

ふるさとへ小川は帰り

河、やがて海へと流れた

山の守りのもとで

小川は迷わなかった、決して

小川と大きな山は

互いに支え合い

互いに抑え合い

頼りあう仲だった

幾世紀も

激しい風は

絶えず山に呻るように吹き

山にぶつかると

かつてのように大きな砂の渦を吹いた

風は山を脅すが

山の真ん中を貫くことはない

風と山はかつてのように続けた

はげしい風と山は

互いに支え合い

互いに抑え合い

頼りあう仲だった

幾世紀も

巨大な波は収まらず

広がるのをやめなかった

波は繰り返しうなり、打ち寄せた

けれど、大きな山は

少しも動くことはない

山に海は見守られ

海の被造物は、増えて栄えた

巨大な波と、大きな山は

互いに支え合い

互いに抑え合い

頼りあう仲だった

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル