キリスト教賛美歌「人に対する神の愛は真実にして現実である」(男性ソロ)日本語字幕

キリスト教賛美歌「人に対する神の愛は真実にして現実である」(男性ソロ)日本語字幕

1650 |2020年11月22日

人類に対する神の愛はおもに

肉となり働くこと、自ら人を救うこと

人と向き合って語り、共に生活すること

少しも離れていないこと

何のふりもしないこと完全に現実であることに表われます

神は人を救うためには

肉となり、世の人々と共に

何年もの苦痛を受けるほどですが

それはみな人類への神の愛と憐みの故です

それはみな人類への神の愛と憐みの故です

人に対する神の愛は

無条件であり、何の要求もしません

神はその見返りとして人から何を受け取りますか

人は神に対して冷淡です

誰が神を神として扱いますか

人は神を少しも慰めず

神は今日に至るまで人から真の愛を受け取っていないのです

神はただ自らを無にして与え施すだけです

神はただ自らを無にして与え施すだけです

人は神を少しも慰めず

神は今日に至るまで人から真の愛を受け取っていないのです

神はただ自らを無にして与え施すだけです

神はただ自らを無にして与え施すだけです

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル