ゴスペル音楽「時代が変われば神の業も変わる」Lyrics

ゴスペル音楽「時代が変われば神の業も変わる」Lyrics

268 |2020年7月7日

終わりの日「言葉は肉となる」ということが

神によって達成されるということ

それは主なる事実である

地上での実際の働きを通して

神は人が神を知り 神と関わり

人に神の実際の業を見るようにさせる

時に神はしるしや奇跡を行うが

そうしない時もあることを人にはっきり見せる

これはその時代によるのである

神にはしるしや奇跡を

現す力があることを示しているが

業や時代によって神はその働き方を変える

時代が異なり

神の働きの段階が異なるので

神が明らかにする業も異なる

神への信仰はしるしや奇蹟の業にあるのではなく

新しい時代の神の実際の業にある

神は今の段階の働きでは

しるしや奇跡を現さない

イエスの時代には現したが

それは今の働きと違ってたからだ

今 神はその業を行わないので

神にはそれができない

彼は神ではないと考えることは誤りではないか?

神はしるしや奇跡を現すことが出来るが

神は違う時代に働いてるので

そのような業はしないのだ

時代が異なり

神の働きの段階が異なるので

神が明らかにする業も異なる

神への信仰はしるしや奇蹟の業にあるのではなく

新しい時代の神の実際の業にある

神の働き方を通して人は神を知るようになる

この認識が神への信仰

つまり神の働きと業への信仰を人の中に創りだす

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル