キリスト教の歌「人の本分は被造物としての召命である」歌詞付き

キリスト教の歌「人の本分は被造物としての召命である」歌詞付き

231 |2020年5月31日

人に与えられている使命は祝福や呪いに関わらず

果たしていくものである 

報酬や条件などを求めずに

人は果たすべきである

「祝福」とは裁きを受け

完全にされた者が恵みを楽しむこと

「呪い」とは自分の性質を変えられなかった者が

懲罰に苦しむこと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

あなたは祝福を目当てにしたり

呪いを恐れて拒んだりせずに

使命を果たすべきである

使命を全うしないでいるのは神に対する反抗である

「祝福」とは裁きを受け

完全にされた者が恵みを楽しむこと

「呪い」とは自分の性質を変えられなかった者が

懲罰に苦しむこと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

祝福されようと、呪われようと

人は自分の使命を果たすべきだ

祝福されようと、呪われようと

できる限りのことをすべきだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

それでこそ、人は神を求めていけるのだ

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル