キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(3)神の受肉の奥義

914 |2017年11月6日

恵みの時代には、神は受肉して主イエスとなられ、主は人類を贖いに来られたが、ユダヤ教のパリサイ人は主イエスがただの人間だと言った。終わりの日には、神は受肉して全能神となられ、全能神は裁きの働きを行いに来られたが、宗教界の牧師と長老は全能神がただの人だという。それでは何が問題なのか?外からは、受肉の神はごく普通の人間に見える。しかしその内には神の霊が宿っている:真理を表し、神の声を発し神の働きを行う。では、受肉の神とは人なのか神なのか?

おすすめ動画

聖書映画「敬虔の奥義:続編」抜粋シーン(2)神様の受肉を理解する

https://jp.godfootsteps.org/videos/the-mystery-of-godliness-2-2.html

クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(2) 受肉による神の再臨について、聖書にはその根拠があるのか

https://jp.godfootsteps.org/videos/Lord-s-return-through-incarnation.html

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

特別声明:このビデオは、全能神教会によって非営利目的の作品として制作されました。登場人物はみな非営利目的で参加しており、いかなる形の報酬も受けていません。このビデオを営利目的で第三者に配布することはできません。皆様がこのビデオを配信し、多くの方と共有されることを願っています。配信時には、出典を明らかにしてください。いかなる組織、社会団体、または個人も、全能神教会の同意なくこのビデオの内容を改ざんしたり歪曲したりすることはできません。

さらに表示
信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

コメントを残す

シェアする

キャンセル