キリスト教映画「赤の家庭教育」抜粋シーン: 中国共産党が全能神教会を中傷し断罪することの背後にある真の動機

2018年8月25日

主を信じる人なら誰でも、主イエスの出現と働きなしでは、主を信じ、従おうとする人は一人もおらずキリスト教そのものが誕生しなかった、またどんなに使徒たちが有能であったとしても自分たちだけでは教会を建て上げることなどできなかったことを知っています。同様に、終わりの日におけるキリストである全能神が出現され、その働きによって表されたた数多くの真理を人々が聞き、神様に立ち還ったからこそ全能神教会は誕生したのです。しかし中国共産党政府は、全能神教会を「人間が作り上げた組織」であると非難しています。彼らはどのよう悪辣な動機を持っているのでしょう?

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル