ゴスペル音楽「全能神が来られたとは何と素晴らしいことか!」Praise and Worship 日本語字幕

ゴスペル音楽「全能神が来られたとは何と素晴らしいことか!」Praise and Worship 日本語字幕

346 |2020年3月30日

受肉の神に出会えて何と幸運だろう

終わりの日のキリスト

真理を表して裁きをもたらし

人を救うために自ら働く

彼は正常で喜びや悲しみを知り

実際的で笑いもするし話しもする

彼の受肉の意味は深遠で

そのため実際の神が見られる

名誉にも全能神を見ることが出来る

讃美により楽しみを見出し

我らの心は、全能神への礼拝を通して

喜びに満たされる

彼を知れば、我らの人生は空しくない

終わりの日に神は人となり現れる

神を愛す人びとを完全にされる

神の言葉と発言は神の民を牧し

彼らに真理といのちを授ける

神の言葉が人を暴露し戒めようと

それは人を救い清めるためでもある

神の裁きと刑罰を経験して

我々は神が義であり聖なることを知る

神は人のために苦しみ

人の弱さを理解される

御言葉は人に糧と啓示を与える

神は人に信仰与え、光をもたらす

人に欠けているものを補い

一歩一歩道を示される

神は人の苦しみを経験し

人が裁かれる時、傍に立たれる

神はいつも人のいのちのことを思われる

最も思いやりがあるのは神だけ

神は静かに拒絶に耐えて

苦難の間人と共におられる

神は前途を切り開かれ

彼の姿は私を励ます

昔から神を見るのは難しかった

神と共にいる時を大切にしなさい

今が神の愛らしさを目にするチャンス

我ら皆が全能神を知れますように

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル