キリスト教映画「聖書の奥義を解く」抜粋シーン:聖書を信じることでいのちを得られるか

キリスト教映画「聖書の奥義を解く」抜粋シーン:聖書を信じることでいのちを得られるか

921 |2016年8月7日

牧師や長老は、聖書から離れる者は信者と呼べず、聖書にすがりつくことでのみいのちを得て天国に入れるとよく人々に教えます。しかし、この見方は主の御心にかなうものでしょうか。私たちにいのちを与えられるのは聖書でしょうか、それとも神でしょうか。主イエスは「あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。 しかも、あなたがたは、命を得るためにわたしのもとにこようともしない」(ヨハネによる福音書 5:39-40)とおっしゃいました。また全能神は「終わりの日のキリストはいのちをもたらし、変わることなく永遠に続く真理の道をもたらす。人はこの真理を通していのちを得ることができ、この真理を通してのみ、神を知り、神に良しと認められる」(『言葉は肉において現れる』より引用)とおっしゃっています。いのちの源は聖書でなくキリストにあります。キリストだけがいのちの源であり、聖書における主なのです。この動画は聖書について新たな理解を得るお手伝いをします。

特別声明:この動画は、全能神教会によって非営利目的の作品として制作されました。登場人物はみな非営利目的で参加しており、いかなる形の報酬も受けていません。この動画を営利目的で第三者に配布することはできません。皆様がこの動画を配信し、多くの方と共有されることを願っています。配信時には、出典を明らかにしてください。いかなる組織、社会団体、または個人も、全能神教会の同意なくこの動画の内容を改ざんしたり歪曲したりすることはできません。

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

シェアする

キャンセル