ゴスペル音楽「終わりの日の神の受肉の背後にある目的」Lyrics

ゴスペル音楽「終わりの日の神の受肉の背後にある目的」Lyrics

195 |2020年7月1日

創世から今に至り 終わりの日に

神は大いなる業為すため肉となって来た

神は苦痛に耐え自らを謙らせ人となった

なのに神の働きは決して遅れることがなかった

計画に沿い今も神はその働きをしてる

これらの業の目的は人々が獲得され救われ

神を証しするようになるため

そして神の栄光は受けられる

神は人を征服するため肉となり

愛する者たちを完全にする

彼らが神を証しするのをその目で見たいと願う

そのような人々は多くない 一人、二人でもない

異なる国から 民族から来る

計画に沿い今も神はその働きをしている

これらの業の目的は人々が獲得され救われ

神を証しするようになるため

そして神の栄光は受けられる

それが目的 目的 目的 目的

神の裁き、業、言葉、神の奥義は

完全にされるわずかな者のため

真理を告げ、いのちの中への入り方を教える

肉となり与える、約束と恵みを

神は真理を悪者ではなく、彼らに与える

真理を実行し 神のため尽くせる者へ

神は真理を悪者ではなく、彼らに与える

真理を実行し 神のため尽くせる者へ

尽くせる者へ

神は今もその働きをしている

神は今も計画に沿って

これらの業の目的は人々が獲得され救われ

神を証しするようになるため

そして神の栄光は受けられる 受けられる

それが目的、目的

その目的、目的

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル