キリスト教の歌「神のいない日々は苦しみに満ちる」歌詞付き

キリスト教の歌「神のいない日々は苦しみに満ちる」歌詞付き

996 |2020年9月30日

運命を把握することもなく

神の統治を理解することもなく

霧の中を敢えて苦労して

よろめきながら手探りでさまよった時

旅路は困難で悲痛すぎるものになる

したがって、人の運命への神の統治を人々が認めた時

賢明な人は、それを知り、受け容れて

自らの手で良い人生を作り上げようとしていた悲痛な日々と訣別することを選び

運命に逆らい

いわゆる「人生の目標」なるものを自らの方法で追い求めることを止めます

神の存在もなく、神を見ることもなく

神の統治をはっきりと認識することもなければ

毎日は無意味で、無価値で、惨めです

毎日は無意味で、無価値で、惨めです

どこにいようが、どのような仕事をしようが

人の生き方と目標への追求は

終わりのない悲しみと深刻な苦痛しかもたらさず

回想するに堪えないものになります

創造主の統治を受け容れて

その指揮と采配に従い

真の人生を求めて初めて

人は徐々にすべての悲しみや苦痛から解き放たれ

人生の虚無感を払拭できるのです

創造主の統治を受け容れて

その指揮と采配に従い

真の人生を求めて初めて

人は徐々にすべての悲しみや苦痛から解き放たれ

人生の虚無感を払拭できるのです

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル