キリスト教の歌「誰が神の心を理解できるだろう」歌詞付き

2020年4月9日

地にいる神は常に黙し

人のどんな酷い行いも心にとめず

父に託された業を全うするのみ

誰が神の素晴らしさに気づくだろう

神の子以外の誰が父なる神の重荷を気にかけ

その意志を知るだろう

人類よ いつになれば神の心を思い

神の意図を理解するのか

神は地に来て

人の世の苦難を受ける

なぜ罪の無い神が人と同じように苦しめられるのか

誰が神の心を理解するだろう

神は人に溢れる程与える

その心に人はどう報いよう

天にいる神の霊は案じる

地にいる神の子は父の意志を求め

頻繁に祈り 心配し 心裂かれる

父なる神が子に抱く愛を誰が知っているだろう

どんなに子が父を慕っているか

誰が知っているだろう

父と子は天と地に離れていても

霊においては近く見つめ合っている

父と子はいつも互いに依り頼むのに

なぜ天と地に離れて別れたのか

父と子は愛しあっている

なぜ神は気をもみ待ち侘びるのか

別れて間もないが

幾日も父は子の早い帰りを待ち焦がれている

神は見守り静かに座り

子の帰りを待つ

いつ地を彷徨う子と再会するのか

再会すれば永遠に一緒だが

天と地に別れている

幾千日をどうして忍べよう

神は地に来て

人の世の苦難を受ける

なぜ罪の無い神が

人と同じように苦しめられるのか

誰が神の心を理解するだろう

神は人に溢れる程与える

その心に人はどう報いよう

『小羊従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル