キリスト教映画「私の主は誰か」予告編 日本語吹き替え

2018年12月18日

リュウ・チージョンは中国の地方家庭教会の長老である。彼は30年以上信徒であり、常々「聖書は神様から霊感を得て書かれた」「聖書は神様の代わりであり、神様を信じることは聖書を信じること、聖書を信じることは神様を信じることである」という考え方を支持していた。彼にとって聖書は最も重要なものなのである。彼は聖書への憧れと盲信のため終わりの日の神様の働きを求めたり見たりすることはなかった。しかしある日、彼が信徒達に神の言葉をオンラインで読むことを禁止した時、彼は全能神教会から来た証人たちと遭遇した。真理についての激しいな討論の後、彼はついに聖書と神の関係をはっきりと理解することできたのだろうか?彼は聖書から離れ、キリストこそが真理であり、道であり、命であることを理解することができたのだろうか?彼は神様の前に引き上げられたのであろうか。

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル