真理を追い求めなければパウロの道を歩む

今日、ほとんどの人がこのような状態にある。「祝福を得るには、神のために自分を費やし、代価を払う必要がある。祝福を得るには、神のためにすべてを捨て去り、神が自分に託した物事を残らず済ませ、立派に自分の本分を尽くさなければならない」これは祝福を受ける意図に支配されてのことであり、ひとえに神の報いを受け、冠を得るために自分を費やすことの実例である。このような人は心の中に真理がなく、彼らの理解は教義の字句で成り立っているに過ぎず、それを至るところで誇示している。彼らの道はパウロの道である。

このような人の神への信仰は絶えず働きを行うことであり、そうすればするほど神への忠誠が証明され、神はきっと満足し、自分は神の前で冠を授けられるにふさわしくなり、必ずや最も素晴らしい祝福を神の家で受けると心の中で思っている。このような人は、キリストのために自分が苦しみに耐え、教えを宣べ伝え、死ぬことができ、自分のいのちを捨てることができ、神から託された本分を残らず完了できれば、自分は神に最も祝福される者、最も素晴らしい祝福を受ける者になり、きっと冠を受け取るはずだと思い込む。

パウロが働きを行なって神に仕えたのは、そのような考えに導かれてのことである。そうした考えや意図はサタンの本性に端を発している。人にはサタン的な本性があるので、この世に出て知識や地位、学問や栄達を追求する。神の家では神のために自分を費やし、忠実であり、最後に冠と素晴らしい祝福とを受けることを求める。神の信者になってからも真理を追い求めず、自分の性質を変えなければ、人はきっとその道を歩む。これは誰も否定できない現実である。

『キリストの言葉の記録』の「ペテロの道を歩むには」より編集

前へ: 神への信仰における成功への道

次へ: 神を信じる者が追求すべきこと

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索