603 真理を追い求めなければパウロの道を歩む

1 今日、ほとんどの人がこのような状態にある。「祝福を得るには、神のために自分を費やし、代価を払う必要がある。祝福を得るには、神のためにすべてを捨て去り、神が自分に託した物事を残らず済ませ、立派に自分の本分を尽くさなければならない」これは祝福を受ける意図に支配されてのことであり、ひとえに神の報いを受け、冠を得るために自分を費やすことの実例である。このような人は心の中に真理がなく、彼らの理解は教義の字句で成り立っているに過ぎず、それを至るところで誇示している。彼らの道はパウロの道である。

2 このような人の神への信仰は絶えず働きを行うことであり、そうすればするほど神への忠誠が証明され、神はきっと満足し、自分は神の前で冠を授けられるにふさわしくなり、必ずや最も素晴らしい祝福を神の家で受けると心の中で思っている。このような人は、キリストのために自分が苦しみに耐え、教えを宣べ伝え、死ぬことができ、自分のいのちを捨てることができ、神から託された本分を残らず完了できれば、自分は神に最も祝福される者、最も素晴らしい祝福を受ける者になり、きっと冠を受け取るはずだと思い込む。

3 パウロが働きを行なって神に仕えたのは、そのような考えに導かれてのことである。そうした考えや意図はサタンの本性に端を発している。人にはサタン的な本性があるので、この世に出て知識や地位、学問や栄達を追求する。神の家では神のために自分を費やし、忠実であり、最後に冠と素晴らしい祝福とを受けることを求める。神の信者になってからも真理を追い求めず、自分の性質を変えなければ、人はきっとその道を歩む。これは誰も否定できない現実である。

『キリストの言葉の記録』の「ペテロの道を歩むには」より編集

前へ: 602 神への信仰における成功への道

次へ: 604 神を信じる者が追求すべきこと

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索