全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

十三書簡に対してどのような態度を取るのか

新約聖書にはパウロの十三書簡が含まれている。これらの十三編の手紙は、全てパウロがその働きの期間中にイエス・キリストを信じる教会宛てに書いたものである。つまり、イエスが昇天し、パウロが引き上げられた後で、パウロはそれらの手紙を書いた。手紙は、主イエスがその死後に復活して天に昇天したことを証言するもので、人々に悔い改めて十字架を背負う道を説いている。もちろん、これらの道と証言は全て、当時ユダヤの様々な所にいた兄弟姉妹に教えるためであった。なぜなら、当時パウロは主イエスの僕であり、主イエスのことを証しするために引き上げられたからである。聖霊の働きの各期間に、様々な人々が神の様々な働きをすべく、すなわち神自身が完了した働きを引き続き行う使徒の働きを行うべく引き上げられる。聖霊が直接働きを行い、引き上げられた人々がいなかったならば、働きを実行することは難しいであろう。そういうわけで、パウロはダマスカスに向かう路上で地に倒れ、そして引き上げられて主イエスの証言者になった。パウロはイエスの十二使徒ではない外弟子であった。福音を広める以外に、各地の教会を牧する働き、すなわち兄弟姉妹の面倒を見ること、つまり主において兄弟姉妹を導くという働きも引き受けた。パウロの証言は主イエスの復活と昇天という事実を知らしめ、悔い改めて告白し、十字架の道を歩むよう人々に教えるためのものである。当時パウロはイエス・キリストの証言者の一人であった。

パウロの十三書簡は聖書に組み入れるために選ばれた。これらの十三書簡は全て、様々な場所で異なる境遇にある人々に向けてパウロが執筆したものである。パウロは聖霊に動かされて書簡を書き、使徒の立場から(主イエスの僕の観点から)あらゆる場所にいる兄弟姉妹に教えた。つまり、パウロの書簡はもともと預言や直接幻に端を発したものではなく、彼が引き受けた働きから生まれた。これらの手紙におかしなところはなく、預言のように理解したがいものでもない。これらの言葉はただの手紙であり、預言や奥義ではない。指示を与える普通の言葉にすぎない。たとえ人々にとって理解しがたい言葉やわかりにくい言葉が多くても、それらは聖霊の啓示とパウロが見た幻以外の何物でもない。パウロは預言者ではなく、ただの使徒、主イエスに使われた僕にすぎない。パウロはあらゆる所に歩いて赴く途中で、機会をとらえては教会の兄弟姉妹に手紙を書いた。また病気の時に、特に念頭にあっても実際には行けない教会に手紙を書いた。そのため、彼の手紙は当時の人々によって保管され、後に人々はその書簡を集めて整理し、聖書の四福音書の後に入れた。もちろん、人々はパウロが書いた中で最高の手紙を全て選んでまとめた。これらの手紙はもちろん教会の兄弟姉妹の生活に恩恵があるもので、当時は特に有名な手紙だった。当時パウロがこれらの手紙を書いたとき、その目的は霊的書物を書いて兄弟姉妹がそこに実践の道を見つけられるようにすることや、霊的伝記を書いて自分自身の体験を表すことではなかった。パウロは著者として本を書く気はなかった。主イエス・キリストの教会の兄弟姉妹に手紙を書いていただけであった。パウロは僕としての立場から兄弟姉妹を指導し、自分の重荷、主イエスの思い、そして神が将来に向けて何を人々に託したのかを兄弟姉妹に伝えた。それがパウロが果たした働きであった。彼の言葉は未来の兄弟姉妹の経験にとってかなり啓発的であった。これらの多くの手紙には多くの真理が含まれていた。それらは全て恵みの時代の人々が実践すべきことだったので、後世の人々はこれらの手紙を新約聖書に組み込んだのである。パウロの後の結末が何であろうと、パウロは当時、使われた人であり、教会の兄弟姉妹を支えた人であった。彼の結末は彼の本質と初めに地に倒れたことで決定した。パウロに聖霊の働きがあったからこそ、当時これらの言葉を発することができたのである。聖霊の働きゆえに、パウロは教会への重荷を背負ったのである。そうすれば兄弟姉妹に必要なものを与えることができた。しかし、特殊な状況により、自分で教会に行って働きを行うことができなかった。そのため教会に手紙を書いて主における兄弟姉妹に勧告したのである。パウロは最初は主イエスの使徒を迫害したが、イエスが昇天した後、つまりパウロが光を受けた後、主イエスの使徒を迫害するのを止め、主の道のために福音を説いたそれら聖徒たちをもはや迫害しなかった。パウロはイエスを見た後に引き上げられ、聖霊に使われる人になったのである。

当時のパウロの働きは、単に兄弟姉妹を支え必要なものを与えることであった。パウロは職業を開拓したり文芸作品を書いたり、別の道を切り開いたり、新しい道に入るようにと教会で人々を率いるために聖書の外にある別の道を見つけようとしたりする人ではなかった。パウロは使われた人であった。自分の本分を果たすために、このようなことを行っただけであった。教会への重荷を負わなければ、義務の放棄と考えられたであろう。何か混乱が生じたり、教会で裏切りがあったりして人々が異常な状態に陥れば、パウロが働きをきちんと果たしていないとみなされていたであろう。もし働く者が教会への責任を引き受けて能力の限り働いた場合、それは働く者として適格であること、使われる資格がある者であることの証となる。もし働く者が教会への責任を感じず、働きで成果も出せず、自分が率いる人々のほとんどが弱いか挫折した場合、このような働く者は、本分を果たさなかったことになる。同じくパウロも例外ではない。だからこそ教会の世話をしたり、頻繁に兄弟姉妹に手紙を書く必要があったのである。パウロが教会に必要なものを与え、兄弟姉妹を見守ったのは、この方法を通してであった。この方法でのみ、教会は彼に世話され牧されることが出来た。彼が書いた手紙の言葉はとても含蓄深かったが、彼の手紙は、聖霊の啓示を得たという前提に個人的な経験と重荷を組み合わせて、兄弟姉妹に宛てて書かれたものだった。パウロは単に聖霊に使われる人にすぎなかった。彼の個人的な経験は、全ての手紙の内容に混ざっていた。彼が行った働きは単に使徒の働きにすぎず、聖霊が直接行った働きではない。また、キリストの働きとも異なっている。パウロは自分の本分を果たしているだけだった。だからこそ自分の重荷だけではなく、個人的な経験や識見も交えて主における兄弟姉妹に提供した。個人的な識見と理解を提供しながら、神から託された任務という働きを実施しているにすぎなかった。神自身が直接働きを行ったのではないことは確かであった。そのため、パウロの働きには人間の体験、そして教会の働きに対する人間の物の見方と理解が混在していた。しかし、これらの人間の物の見方と知識が邪悪な霊の働きや肉体の働きであると言うことはできない。聖霊の啓示を受けた人間の認識と経験だと言えるだけである。つまりここでわたしが言いたいのは、パウロの手紙は天から賜った本ではないということである。それらは聖なるものでもないし、聖霊が言ったことでも表現したことでもない。教会へのパウロの重荷を表現したにすぎない。わたしがこのようなことを言う目的は、神と人間の働きの違いを皆に理解してもらうためである。神の働きは神自身を表しているが、人間の働きは人間の本分と経験を表している。神の通常の働きを人間の意図するものと、また神の超自然的な働きを神の意図するものとみなしてはならない。更に、人間の高尚な説教を神の発言や天の書物だとみなしてはならない。この全てが倫理に反している。わたしがパウロの十三書簡を分析するのを聞いて、多くの人々はパウロの手紙を読むことはできない、パウロはとても罪深い男だと考える。わたしの言葉が冷たく、パウロの書簡のわたしの分析は不正確で、彼の手紙は人間の経験と重荷を表しているとみなすことはできないと考える人さえ多い。そういう人々はパウロの書簡は神の言葉だとみなすべきであり、ヨハネの黙示録と同じくらい重要で、省略したり追加したりできず、更に安易に説明できないと考えている。これは全て人々の不正確な説明ではないのか。これは全て人々に理知がないからではないのか。パウロの書簡は確かに人々に多大な恩恵を与えており、既に二千年以上の歴史がある。現在でもまだ当時パウロが書いたことを理解できない人々が多数いる。人間の気持ちとしては、パウロの手紙はキリスト教全体の最高傑作である。誰も手紙を解明できず、誰も完全には理解できない。実際、これらの手紙はまさに霊的人物の伝記のようで、イエスの言葉やヨハネが見た偉大な幻と比較することはできない。これと対照的に、ヨハネが見た幻は天からの偉大なビジョンで、神自身の働きの預言である。これは人間が達成できなかったものである。その一方で、パウロの手紙は単に人間が見たものや経験したものを描写したにすぎない。これらは人間が行えることであり、預言でもビジョンでもない。各地に送られた手紙にすぎない。しかし、当時の人々にとってパウロは働く者であったので、彼の言葉には価値があった。なぜなら彼は自分に委ねられたことを受け入れた人だったからである。それゆえ、彼の手紙はキリストを求める人々にとっては有益であった。その言葉はイエスが自ら話したものではなかったにせよ、結局のところ、その時代に欠かせないものであった。そのため、パウロより後世の人々はこれらの手紙を聖書に入れ、現在に至るまで受け継がれるようにした。わたしが何を言いたいのかわかるか。わたしはこれらの手紙を分析して正確に説明しているだけで、人々の参照文献としての恩恵と価値を否定してはいない。わたしの言葉を読んだ後、パウロの手紙を否定するだけでなく、それらは異端であるだとか、何の価値もないと断定する者は、受け入れ能力が低すぎるうえ、見識も物事を見る能力も低すぎるとしか言わざるを得ないであろう。わたしの言葉があまりに一方的過ぎるとは言えないはずである。これでわかったか。理解すべき重要なことは、パウロが働いた当時の実際の状況とその手紙の背景である。これらのことについて正確な物の見方をすれば、パウロの手紙についても、同じく正確な物の見方をするであろう。同時にパウロの手紙の本質を理解すれば、聖書の評価も正しくなり、なぜ後世の人々にパウロの手紙が長年これほど崇拝されているのか、なぜ多くの人々がパウロを神と扱うのかがわかるであろう。理解していなければ、あなたもそう考えるのではないのか。

神自身ではなければ、神の代理を務めることはできない。パウロの働きは、一部は人間が見たことであり、他の部分は聖霊によって啓示されたことだとしか言えまい。パウロは自分が見たことと、さらに聖霊の啓示を通してこれらの言葉を書いた。これは驚くべきことではない。それゆえ、パウロの言葉が人間の経験と混同しているのは避けがたく、後に彼は自分の個人的経験を用いて当時の兄弟姉妹のために提供した。パウロが書いた手紙は、ライフスタディとして分類することはできず、伝記やメッセージの範疇にも入らない。更に、教会が実践する真理でも教会の行政命令でもない。これは重荷を背負っている者、聖霊から働きを託された者としては、実施すべきことであった。聖霊が誰かを引き上げて重荷を増やしても、教会の働きを引き受けず、教会業務を上手に管理せず、教会の全問題を解決しないならば、その人は本分を適切に完遂しなかった証となる。それゆえ、使徒がその働きの期間中に手紙を書けるのは、それほど不思議なことではない。それは仕事の一環であり、パウロは仕事をする義務があった。これらの手紙を書いた目的は、ライフスタディや霊的伝記を書くことではなく、ましてや聖徒のために他の道を切り開くことでもなかった。これは自分の役割を果たして神の忠実な僕になるためであった。そうすることで神が自分に託した使命を完遂して、神に説明できるようにすることであった。パウロはその働きにおいて自分自身そして兄弟姉妹に対して責任があった。これこそが仕事をきちんと行って、教会業務を重視しなければならない理由であった。それは仕事の一部であった。

パウロの手紙を理解すれば、ペテロとヨハネの手紙についても正しく理解、評価できるであろう。これらの手紙を天からの聖なる不可侵の書物であるとみなすことは絶対に二度となく、ましてやパウロを神とみなすことはないであろう。結局、神と人間の働きは異なるのだから、神の表現と人間の表現がどうして同じでありえようか。神には神の特別な性質があり、人間には人間が果たすべき本分がある。神の性質は神の働きで表現され、人間の本分は人間の経験で具現化され、人間が追求する事柄において表現される。そのため、働きを通して神と人間のどちらの表現なのかを知ることができる。神自身が説明する必要はなく、人間が証ししようと格闘する必要もない。更に神自身が人間を抑圧する必要もない。この全ては自然に明らかになる。強制されることでも、人間が干渉できることでもない。人間の本分は経験を通じて知ることができるものであって、人間は更に何か別に実験的な働きを行う必要はない。人間は全ての本質は人間がその本分を果たすにつれて明らかになり、神は神の働きを行うにつれて神に本来備わっている性質を表すことができる。人間の働きであれば、隠すことはできない。神の働きであれば、誰かが神の性質を隠すことはもっと不可能であるうえ、神の性質は人間にはコントロールできない。人間を神であると言うことはできない。更に人間の働きと言葉を聖なる言葉だと考えたり、変更不可であるとみなすことはできない。神を人間であると言うことはできる。なぜなら神は自分に肉体という衣を着せたからである。しかし神の働きを人間の働きや人間の本分であると考えることはできない。更に、神の発言とパウロの手紙を同等に扱うことはできない。また神の審判と刑罰と人間の指示を同等なものとして語ることはできない。そのため、神の働きと人間の働きを区別する原則がある。それらは本質によって区別されるのであって、働きの範囲や働きの一時的効率によって区別されるのではない。ほとんどの人々はこの件に関しては原則を間違える。それは人間は外見を見るからであるが、外見は人間が達成できることであり、それに対して神は本質を見るが、これは人類が肉体の目では観察できない。神の言葉と働きを普通の人間の本分とみなし、人間の大がかりな働きを受肉した神の働きとみなすのであれば、原則を間違えていないであろうか。人間の手紙と伝記は簡単に作成できるが、それは聖霊の働きの基盤に上にある。神の発言と働きは、人間や人間の知恵と発想によって簡単に達成できない。更に人間の探求で完全に説明することもできない。これらの原則問題に反応しないのであれば、それはあなたがたの信仰があまり真実のものでも、純粋なものでもない証である。あなたがたの信仰には漠然さが満ち溢れており、また混乱して無節操であるとしか言いようがない。神と人間に関する最も基本的で本質的な問題を理解しなければ、このような信仰は一切洞察力のない信仰ではないのか。一体どうして長い歴史の中でパウロが神に使われた唯一の者でありえるのか。一体どうしてパウロが教会のために働いた唯一の者でありえるのか。一体どうして教会を支援するために手紙を書いた唯一の者でありえるのか。これらの人々の働きの規模や影響又は働きの結果に関わらず、このような働きの原則と実態は全て同じではないのか。これらの人々の働きと神の働きでは、全く異なる物事がないであろうか。神の働きの各段階には明確な違いがあり、働きの手法の多くは全く同じではないにせよ、これらには同一の本質と源がないであろうか。従って、今でもこれらの物事でまだ不明瞭な点がある人は、理知が足りなさすぎる。これらの言葉を読んだ後でも、パウロの手紙は聖なる不可侵のもので霊的人物の伝記とは異なるとまだ言う人は、異常な判断力の持ち主であり、そのような人は、疑いもなく理知に欠ける教義の専門家である。たとえパウロを崇拝していようと、パウロに対する温かい気持ちゆえに事実からなる真実を捻じ曲げたり、真理の存在に異議を唱えることはできない。更に、わたしが述べたことはパウロの働きと手紙を焼却したり、参照としてのそれらの価値を完全に否定するものでもない。何であろうと、わたしがこのようなことを述べたのは、皆が正確な理解と理性的な評価を得るためである。これが普通の理知である。これが真理を得ている義なる人々が備えているべきことである。

前へ:神はすべての被造物の主である

次へ:成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている

他のお気に入り