355 あなた方は何を神に報いたのか

1

幾つかの秋と春を経て

神はあなたがたの間にいる

神は長らくあなたがたと暮らしてきた

幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか

あなたがたの心の言葉は神の耳にこだまする

あなたがたは百万の願いを祭壇に置くのに

わずかな献身も誠意も供えない

あなたがたの信仰の実はどこにあるのか?

神の尽きぬ恵みを受け

あなたがたは天の奥義を見た

神が見せた天の炎が

あなたがたを焼き尽くすことはない

あなたがたはどれほど神に報い

喜んで捧げたか?

2

あなたがたは神からの食物を

「これは私が労して得た

報酬の全てだ」と言って神に捧げる

なぜ分からないのか

あなたが神に捧げる貢献はみな

神の祭壇から盗んだものだということが

今、それらを神に与えることは

神をだますことではないか?

神は、あなたの労苦の成果ではなく

祭壇の上のものを享受するのだ

神の尽きぬ恵みを受け

あなたがたは天の奥義を見た

神が見せた天の炎が

あなたがたを焼き尽くすことはない

あなたがたはどれほど神に報い

喜んで捧げたか?

わざと神を騙すあなたがたを

なぜ神は赦し、耐えられるのか

神は全てを与え、全てを開き

あなたがたの必要を満たし、目を開いた

だがあなたがたは良心を無視し神を欺く

『言葉は肉において現れる』の「あなたがたは人格が卑しすぎる」より編集

前へ: 354 誰も積極的に神を理解しようとしない

次へ: 356 誰が神の心を理解できるだろう?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索