質問1.主イエスが中国に再臨され働きをされているというお話ですが、聖書の預言通りですので、私は信じます。聖書にはこう書かれています。「ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう。」(マタイによる福音書 24:27) でも私たちは主が終わりの日に再臨され、私たちを天の国に連れて行ってくださるか、少なくとも空中で神に会えるものと思っています。パウロも聖書の中で言っています。「それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。」(テサロニケ人への第一の手紙 4:17) けれど、どうして主は聖書に書かれているように来られないのですか?一体終わりの日の全能神の裁きの働きというのは、私たちが天国に連れて行かれることとどう関係ありますか?

解答: 沢山の人が主が再臨されたとき、信者を大空に持ち上げてお会いになると信じていますが、それは主の言葉によるものではありません。それはパウロの言葉です。パウロの言葉が人間の考えからなのか、聖霊の啓きから来たものなのか、知るすべはありません。主イエスは再臨についてこう言われました。「その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる。」(マタイによる福音書 24:36) 主が再臨されても誰も気づきません。神以外には分からないのです。たとえ天使であってもです。あなた方は信者たちが空に持ち上げられ、雲の中で主に会うと言います。それは神の御言葉ですか?もし皆さんが主の御言葉ではなく、パウロの言葉に従うなら、その考えは完全に間違っています。パウロは単なる人間で主イエスを代弁できません。パウロはなぜ主が再臨されたときに、信者を雲の上に持ち上げると知っていたのですか?何がパウロの言葉の根拠なのでしょう。なぜパウロの言葉通りに主の再臨を待つのですか?それより主イエスの言葉をもとに主を迎えるべきではないでしょうか。主イエスは再臨を預言されてこう言われました。「もし目をさましていないなら、わたしは盗人のように来るであろう。どんな時にあなたのところに来るか、あなたには決してわからない。」(ヨハネの黙示録 3:3) 私たちは主を信じます。なのに、主イエスの御言葉を信じるのではなく、パウロの言葉に従うとはどういうことでしょう。パウロが主であり、キリストであったということですか?皆さんはパウロと主イエスとどちらを信じますか?よく考えてみるだけの価値はありませんか?確かに主の再臨は聖徒たちを天の国に連れて行くためのものです。でも主が信者をどう天国に受け入れるかは不明です。人間の考えや想像でそれを理解し、主は人を空中に連れていき出会うのだと仮定したら、それは非現実的です。私たちはみな見てきました。終わりの日に全能神が中国に現れ、人を清め救うため、さまざまな真理を示されました。今は神の前に連れ出された賢いおとめたちをすべて清め、完全にする過程にあるのです。そして、大災害の前に神はこの者たちを勝利者にすることに決めました。それから、勝利者の集まりを作った後、神に抵抗する悪人を破壊するため大災害を解き放ちました。神は大災害の後、すべての国と国民の前に現れます。これこそ主が再臨されたとき、キリストの国に信者を連れて行く本物の方法ではないですか?全能神の働きは預言を成就しています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」(ヨハネによる福音書 14:2-3) 主はすでに地上におられるのに、まだ空高く登りたいなど、間違っていませんか?主の再臨後、神があらかじめ定めていらっしゃったことがあります。我々が終わりの日に生まれ、神の玉座の前に出され裁きの働きを受け、清められ、ついにはキリストの御国に入るようにと。では、主は私たちにどのような場所を用意したのでしょう。これはキリストの国が地上に実現されたことを指します。「わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである」という預言を成就しています。これは主が終わりの日に戻られたとき、神の国に来られることの証明です。終わりの日、最初に神の働きを受け取る賢いおとめの中から、勝利者のグループを作るのが、神の家から始まる神の裁きの働きです。その後神は雲に乗っておりてこられ、そして、キリストの国が地上に実現されるのです。終わりの日の働きは主イエスの預言を成就しています。すなわち、神の裁きの働きを受けることでのみ、聖書の預言の成就を目にできるのです。人間の考えや想像で預言を臆測するのは本当に馬鹿げています。主の再臨については人間の言葉などではなく、神の御言葉通りになるでしょう。人間の言葉に頼っていたら、引き上げられる機会を逃してしまい、主にお会いできないでしょう。これは自業自得ではないでしょうか。

『私の天国の夢』の映画台本から

前へ: 質問3.聖書にあります。「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう。」(使徒行伝 1:11)主が復活されたあと天に上がったのは霊体で、その霊体が雲に乗って戻られるはずです。神が終わりの日の働きのため再び受肉されるなど、聖書と矛盾しています。牧師たちは主が受肉して再臨したという証しは嘘だと言っている。だから、主が受肉して戻るなんて証しは、私は受け入れられない。我々はただ主が雲に乗って降りて来られるのを待っていればいい。

次へ: 質問2.主イエスが言われました。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」(ヨハネによる福音書 14:2-3)主は復活して天に戻り場所を用意するなら、私たちの場所は天にあるということでしょう?主が戻られたなら、私たちは天に引き上げられ、空に昇り主にお会いできるということでは?あなた方の言うように主が戻り、受肉して話し働いておられるなら、どうやって天国に引き上げてくださるのか?天国は地上にあるんですか?それとも天に?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

「天」とは常に神を意味し、「天の国」とは神の御国のことです。ヨハネの黙示録にあります。「神の幕屋が人と共にあり」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。」つまり神の御国は地に造られ、この地上の国は、最後に神の御国になるのです。

質問2.私は神を見たことがないし、神がどう働き世界を支配しているのかも見たことがない。私には神を認識し受け入れるのは難しい。私の長年の宗教研究からは、宗教的な信仰は精神的な栄養に過ぎない。人類の精神的な空洞を埋めるものです。神を信じる人たちも最終的にはみんな死にますね。だれが天国に行って誰が地獄に落ちたのかなんて分からないのです。全ての宗教的信仰は非常に曖昧で、非現実的です。科学が発達し、人類が進歩するにつれ、宗教的信仰なんてものは捨てられ、消えていくでしょう。我々はまだ科学は信じなければなりません。科学こそが真理であり、現実です。誰も否定できません。科学はまだ神を否定していませんが、神の存在証明もしていない。もし科学が神の存在と神の支配を証明出来たら、神を信じることはできます。我々共産主義者は科学を信じるのです。科学を信じ、発展させることによってのみ、人間社会は進歩するのです。科学は人間社会の問題を沢山解決することが出来ます。神を信じて何を得られますか?一時的な心の慰め以外に何の役に立つのですか?実際の問題を解決しない。従って、科学を信じたほうが神を信じるよりずっと現実的です。科学を信じなくては。

解答: 無神論は何よりも科学を重んじます。科学を真理や信仰のように扱うほどです。科学がもし真理ならば、何故多くの科学的理論が確立されても、すぐにまた反論され無効にされるのですか?科学が真理などではない証拠です。科学は現実的な問題を解決できますか?人類の堕落を解決できますか?科学は…

「わたしの羊はわたしの声に聞き従う」と主は言いました。主が戻られ、羊を集めていると分かりました。主を待つとは主の声を探し求めることですが、問題は主の声をどうやって聞くのか知らないことです。神の声と人間の声の区別がつきません。絶対に主の声だと分かるにはどうしたらいいですか?

神の声は心と霊で聞く必要があり、心が同じなら分かり合えます。神の言葉は真理であり、力と権威があるので、心と霊があれば分かります。全能神の言葉を少し読んだだけで、多くの人が神の声であると確信できます。神は受肉のたびにその段階の働きをします。神の指示で特定の言葉を少し伝えるだけの預言者とは全く違います。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索