全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の声を聞き、神の出現を見る

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

質問2.主を信じる人々は主イエスが受肉した神であったことを知っていますが、受肉の真理を理解している人はほとんどいません。主が再来されるとき、主イエスと同じようにお現れになり、人の子になってお働きになったなら、人々がそれが主イエスであると気付いてその再来を歓迎する方法が全くありません。どれでは結局受肉とは何なのでしょうか。受肉の本質とは何ですか。

回答

受肉した神とは何か、受肉した神の本質とは何かについて、それは私たち主を信じる者には理解できない真理の奥義のようであると言えます。何千年もの間、信者は主イエスは神の受肉であると知っていたものの、受肉した神と神の本質がそれぞれ何であるのかを理解できませんでした。終わりの日に全能神が現れるまで、真理の奥義は人間には明らかにされませんでした。……

神の受肉とは肉体をまとった神の霊であり、つまり神の霊が普通の人間性と普通の人間的な思考をもつ肉体において物質化し、それにより人々のもとで働き話すごく普通の一般的な人になったということです。この人は普通の人間性を備えていますが、完全な神性ももっています。外見は普通で一般的に見えますが、この人は神の働きを行い、神の声を表し、人間を導き救うことができます。それはこの人が完全な神性をもっているからです。完全な神性とは、神の霊が所有するすべて、つまり神の元来の性質、神の聖で義なる本質、神がもつものと神であるもののすべて、神の全能性と知恵、神の権威と力、これらがすべて肉体において物質化したということです。この肉体はキリストであり、働きを行い人類を救うためにここ、地上にいる実際の神なのです。外見上はキリストはごく普通の一般的な人の子ですが、本質的には私たち被造物である人間とは異なります。被造物である人間は人間性しかもたず、神的な本質はほんの少しもありません。けれどキリストは普通の人間性だけでなく、それより重要なことに、完全な神性ももっています。ですから、この人は神の本質をもっているのであり、神を完全に表し、神自身として真理のすべてを表現し、神の性質と神がもつものと神であるもののすべてを表し、私たちに真理、道、いのちを与えて下さいます。被造物である人間でこのような業を行なえる人はいません。キリストは肉体において働き、話し、神の性質と神がもつものと神であるもののすべてを表します。この人がどのように神の言葉を表現し神の働きを行なおうと、それは必ず普通の人間として可能な範囲で行なわれます。普通の肉体をもっているのであり、超自然的なことは一切ありません。これは神が肉となり、すでに普通の人になったということを証明します。このごく普通で一般的な肉体は「言葉は肉において現れる」の事実を成就したのです。この人は受肉した実際の神です。キリストは完全な神性をもっているので、神を表し、真理を示し、人類を救うことができます。キリストは完全な神性をもっているので、神の言葉を中継したり伝達したりするのではなく、直接的に表現できます。真理をいつでもどこでも表し、人に必要なものを与え、水をやり、牧し、全人類を導くことができます。キリストが完全な神性をもっているからこそ、神の身分と本質を持っていることを証明するのに十分なのです。これがその人が神の受肉であり、実際の神そのものであると私たちが言う理由です。

受肉の大いなる奥義は、神の肉体は背丈が高いか、一般的な人と同様であるかとは一切関係がありません。それよりは、完全な神性が普通の肉体の中に隠れていることと関係しています。私たちの誰もこの隠れた神性を見つけることはできません。ちょうど主イエスが働きをするために来たとき、当時イエスの声を聞いたりイエスの言葉や働きを経験した人がいなければ、誰も主イエスがキリストである、神の子であると気付いた人はいなかったことでしょう。ですから、神が人々のもとに秘密裏に降臨するためには、神の受肉は最善の方法なのです。主イエスが来た時、その外見からは誰もイエスがキリストだとは、受肉した神だとは分からず、誰もイエスの人間性に隠れた神性を見ることができませんでした。主イエスが真理を表し、人類を贖う働きをした後になって初めて、何人かの人がイエスの言葉には権威と力があることを発見しました。その時になって初めて人々はイエスに従い始めたのです。主イエスが復活後に人々に現れて初めて、人類はイエスが受肉したキリスト、神の出現であることに気づいたのです。イエスが真理を表さず、働きを行なっていなかったなら、誰もイエスに従っていなかったことでしょう。イエスが自分がキリストであることの証をしなかったなら、誰もイエスに気付いていなかったことでしょう。人間はその観念や想像において、本当に受肉した神であればその人の肉体には超自然的な特性があるはずだと信じています。つまり、その人は超人であり、高雅で力強い背丈で、そびえ立つような存在感があり、権威と力をもって語るだけではなく、行く先々でしるしや不思議を行なうべきである、肉となった神はこのようであるべきであると信じています。もしその人がどこにでもいる人のようにごく普通の外見で普通の人間性をもっているならば、その人はまず神の受肉ではないと人々は考えます。思い出してみましょう。主イエスが語り働きを行なうために受肉したとき、イエスがどのように真理と神の声をあらわそうとも、ユダヤの大祭司、律法学者、パリサイ人はイエスを神と認めませんでした。彼らは、弟子たちが主イエスについて証するのをきいて、これはヨセフの息子ではないのか、ナザレ人ではないのか、とさえ言いました。なぜ大祭司、律法学者、パリサイ人はイエスのことをこのように言ったのでしょうか。それは主イエスは外見では普通の人間だったからです。イエスは普通の平均的な人で、高雅でそびえ立つような存在感もなかったので、イエスを受け入れなかったのです。実際には、ある人が神の受肉であるならば、自明のこととしてその人は普通の人間性をもたなければなりません。神が身にまとっている肉はごく普通の一般的な肉体であり、その人は普通の人間のように見えることをその人は私たちに示さなければなりません。もし神が普通の人間性をもつ人ではなく超人の肉体を身にまとったならば、受肉の意味全体が失われます。ですから、キリストは普通の人間性をもたなければならないのです。このようにしてのみ、ことばが人となったのがその人なのだということが証明できます。

…………

受肉した神が普通の人間性をもたなければならないということは明らかです。そうでなければ、その人は神の受肉ではありません。外見では受肉した神はごく普通の一般的な人のようで、その人間性には何ら超自然的なことはありません。ですから、私たちが観念や想像を用いてキリストを判定するのなら、キリストを認識したり受け入れたりすることは決してありません。せいぜいその人は神から送られた預言者であるとか、あるいは神に使われる人であると認めるくらいです。本当にキリストを知りたいのであれば、その言葉と働きを学び、その人が表現することが神自身の声であるのか、その人が表す言葉が神の性質と神のもつものと神であるものすべての表明であるのか、その人の働きとその人が示す真理が人類を救うことができるのかを見極めなければなりません。そうして初めて私たちはキリストを知り、受け入れ、従うことができます。キリストの言葉を聞き、キリストの働きの事実を目にしながらも、真理を求めず、神の働きを探究しないのなら、キリストを知ることはないでしょう。朝から晩までキリストとともにいても、キリストを普通の人のように扱い、そのためキリストに抵抗し非難するでしょう。実際のところ、キリストを認め受け入れるために私たちがするべきことは神の声を聞き分け、その人は神の働きを行なっていると認めることなのです。けれど、キリストの神的本質を知り、それによりキリストへの真の服従を達成し、実際の神を愛するためには、私たちはキリストの言葉と働きの中に真理を発見し、神の性質と神のもつものと神であるもののすべて、神の聖なる本質、全能性、知恵を、そして神が美しいことを見て、神の真摯な意図に感謝しなければなりません。このようにしてのみ、真にキリストに従い実際の神を心の中で崇拝することができます。

私たち信者は主イエスが説いた道、イエスが語った言葉、イエスが啓示した神の国の奥義、イエスが私たち人間に求めたことはすべて真理であり、すべて神自身の声であり、神の性質と神のもつものと神であるもののすべての表明であったことを知っています。病人を癒し、悪霊を追い出し、風や海を鎮め、五つのパンと二匹の魚で五千人に給食し、死人を生き返らせるといったイエスが行った奇跡はすべて、神自身の権威と力の表明です。当時真理を求めていた人々、例えばペテロやヨハネ、マタイ、ナタナエルは主イエスの言葉と働きからイエスが約束されたメシアであることを認め、そのためイエスに従いその救いを受け取りました。一方ユダヤのパリサイ人は、主イエスの説教を聞き、イエスが奇跡を行なうのを見たにもかかわらず、イエスを力も偉大さもないただの一般人として扱い、そのため全く恐れることなく大胆にもイエスに抵抗し非難しました。最後には、彼らは主イエスを十字架に釘付けにするという最大の罪を犯しました。パリサイ人の教訓は熟考を要します。これは明らかに彼らの真理を憎み、神を憎む反キリスト的本性をさらけ出しており、堕落した人類の愚かさと無知を示しています。現在、ちょうど主イエスのように受肉した全能神が普通の人間性の中で神自身の働きを行なっています。全能神は、堕落した人類が救われるために必要とする真理のすべてを表し、終わりの日に神の家を皮切りとして裁きの働きを行います。神は堕落した人類のサタン的本性と人類の堕落の真理を裁きさらけ出すだけでなく、神の六千年の人類を救う経営計画の奥義のすべてを明らかにし、人類が罪から救われ、聖性を得て神に救われることのできる道を解明しています。神はその元来の義なる性質、神のもつものと神であるもののすべて、神の類のない力と権威を明らかにしています……全能神の言葉と働きは、神自身の身分と本質の完全な表明です。現在、全能神に従う人々は、全能神の言葉と働きに神の声を聞き、肉における神の言葉の表明を見、全能神の玉座の前に出て、神による清めと完成を受けました。全能神を未だに否定し、抵抗し、非難する宗教界の人々は、終わりの日のキリストである全能神をどこにでもいる普通の人のように扱い、全能神が示した真理を求めたり学んだりする努力を少しでもしようともせず、それゆえ神を再び十字架に釘付けにして神の性質を激怒させ、ユダヤのパリサイ人と同じ間違いを犯しました。見ての通り、観念や想像に固執し、キリストが示す真理を求め学ばないのなら、私たちにはキリストが表す神の声を聞き分けることができず、キリストの働きを受け入れ従うこともできず、終わりの日の神の救いを受けることは決してできないでしょう。受肉の真理を理解しないのならば、神の働きを受け入れ従うことはできず、キリストを非難し神に抵抗し、さらに神の懲罰と呪いを受けるでしょう。ですから、私たちの信仰においては、神に救われるためには真理を求め、受肉の奥義を理解することが極めて重要なのです。

『神の国の福音に関する典型的な質問と答え(選集)』より

前へ:質問1.終わりの日に裁きの働きをするために神が受肉して人の子となったと証しなさっていますが、多くの宗教的な牧師や教会の長老は、主がお戻りになるときは雲に乗って降臨されると言い切っています。これはおもに次の聖句に基づいています。「あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」。(使徒行伝1章11節)「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目……彼を仰ぎ見るであろう。」(黙示録1章7節)さらに、宗教的な牧師や教会の長老は、雲に乗って降臨しない主イエスは偽者であり、拒絶しなければならないと私たちに教えました。この考えが聖書と一致しているのかいないのか分かりません。これは実際に正しい理解でしょうか。

次へ:質問3.なぜ神様は終わりの日に受肉なさり、裁きの働きを行なわれるために人の子になられたのですか。死から復活された主イエスの霊的なからだと受肉した人の子の実質的な違いは何ですか。これが私たちには理解できない問題点です。どうかこの点について分かち合って下さい。

他のお気に入り