終わりの日に神は異邦人の間でより偉大で新しい働きをなした

律法の時代の業や

イスラエル人がどう神の道を歩んだかを

知りたいなら旧約聖書を

恵みの時代の業を知るには

新約聖書を読むべきだ

終わりの日の業を知りたいなら

今日の神の導きを受け入れ

今日の業に入るべきだ

これは聖書にはない新たな業だから

今や神は中国で肉となり民を選び

恵みの時代に続いて彼らを通して働く

イスラエルと預言者の言葉を超える偉大で

新たな神の業人は知らない

ああ何と奇しい、預言を超えた

人の想像を絶する神の業 神の業

今の神の業は人にとって未踏の道

かつて地で為されていない最新の業

誰がそれを余さず予め

聖書に記せただろうか

誰が慣習を破る

偉大な業をあの古臭い本に記せたか

今の業は歴史ではない

新たな道を歩みたいなら

聖書から離れ

預言書や歴史書を超えよ

あなたはこうして道を正しく歩み

新たな境地と新たな業に入れる

イスラエルと預言者の言葉を超える偉大で

新たな神の業を人は知らない

ああ何と奇しい、預言を超えた

人の想像を絶する神の業 神の業

イスラエルと預言者の言葉を超える偉大で

新たな神の業を人は知らない

ああ何と奇しい、預言を超えた

人の想像を絶する神の業

人の想像を絶する神の業 神の業

『言葉は肉において現れる』の「聖書について(1)」より編集

前へ: 聖書を正しく扱わなければならない

次へ: 宗教的観念を捨て神の足跡をたどりなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索