働きと入ること(1)

人々が神への信仰の正しい道を歩み始めて以来、不明瞭なままになっている事柄が多くある。人々は神の働きについて、また自分たちがなすべき働きの多くについて、いまだ完全な混乱状態にある。それは、一方では人々の経験における逸脱と理解力の限界によるものであり、他方では、神の働きがまだ人間をその段階に至らせていないからである。したがって、誰もが霊的な問題の大部分について曖昧なままである。あなたがたは、自分が何に入るべきかについて不明瞭であるだけでなく、神の働きに関してはそれ以上に無知である。これは単に、あなたがたの中にある欠点の問題ではなく、宗教界の全員に共通する大きな欠陥である。ここに人間が神を知らない理由の鍵があり、したがってこの欠陥は、神を追い求める全員に共通する欠点である。神を知るに至った者や神の素顔を見た者は、今まで一人もいない。そのため神の働きは、山を動かしたり、海を干上がらせたりするのと同じくらい困難になったのである。多くの人間が神の働きのために自らの命を犠牲にし、神の働きのために捨て去られ、神の働きのために責め苦を受けて死に、神への愛のために目に涙を溜め、不当な死を迎え、残酷で無慈悲な迫害を受けてきた……。そのような悲劇が発生するのは、ひとえに神に関する認識が人間に欠如していることに起因するのではないか。神を知らない者に、どうして神の前に来る面目があろうか。神を信じながら神を迫害する者に、どうして神の前に来る面目があろうか。こうした事柄は、宗教界に属する者だけの欠点ではなく、むしろあなたがたと彼らに共通するものである。人々は神を知らないまま神を信じる。心の中で神を崇めず、また恐れもしないのは、それだけが理由である。この流れの中で、自ら思い描く働きを公然と図々しく行ない、自分の要求や途方もない欲望に従って神から託された働きを行なう者さえいる。多くの者が向こう見ずに行動し、神をまったく尊ばず、自らの意志に従っている。これらの例は、人々の自分勝手な心を完全に示すものではないのか。人々の中にある、有り余るほどの欺瞞の要素を示すものではないのか。確かに、人はこの上なく聡明かもしれないが、その才能がどうして神の働きに取って代われようか。人は神の重荷に配慮するかもしれないが、あまりにも身勝手に行動してはならない。人々の行動は、本当に神のようなものだろうか。百パーセント確信できる者が存在し得るだろうか。神の証しを行ない、神の栄光を受け継ぐことは、神が例外を設けて人々を持ち上げているのである。どうして人々にそんな価値があるというのか。神の働きは始まったばかりであり、神の言葉は語られ始めたばかりである。現時点において、人々は自分のことを大丈夫だと思っているが、それは単に、自ら恥辱を招いているのではないか。人間はごくわずかしか理解していない。最も才能ある理論家でさえ、最も雄弁な演説者でさえも、神の豊かさを残らず説明することはできないのだから、あなたがたが説明できるのは、それと比べてどの程度少ないだろうか。あなたがたは、自分の価値を天より高く見積もらず、むしろ神を愛することを求める理知的な人々よりも低い者とみなすべきである。これが、あなたがたが入るべき道である。つまり、自分のことを他の誰よりはるかに低い者だと考えなさい。あなたがたが自分のことをそれほど高い存在だと考えるのはなぜなのか。あなたがたが自分をそれほど高く評価するのはなぜなのか。いのちの長い道中において、あなたがたはまだ最初の数歩を進んだにすぎない。あなたがたに見えるのは神の腕だけであり、神の全体像ではない。あなたがたはまだほとんど変化していないのだから、神の働きをさらに見て、自分が入るべきものをさらに発見することが必要である。

神が人間を完全にし、その人の性質を変える中で、神の働きは決して止まらない。なぜなら、人間には欠けている部分が多すぎ、神が定めた基準にまったく達していないからである。したがって、神の目から見れば、あなたがたは永遠に生まれたての赤子であり、神を満足させる要素をほとんど備えていないと言える。なぜなら、あなたがたは神の手中にある創造物に過ぎないからである。自己満足に陥った人は、神に忌み嫌われるのではなかろうか。あなたがたがいま神を満足させられると言うのは、あなたがたの肉体の限られた観点から話すことであり、もしあなたがたがほんとうに神と比較されるならば、永遠に闘技場で打ち負かされるだろう。人間の肉は、いまだかつて勝利を味わったことがない。人間が短所を補う長所を得るには、聖霊の働きによるほかない。事実、神による無数の創造物の中で、人間は最も賤しい。人間は万物の長でありながら、サタンの策略にはまるのも、サタンの堕落へと至る無限の道に陥るのも、万物の中で人間だけである。人間は自身を支配したことがない。大半の人がサタンの汚れた地で生活し、サタンの笑い物にされている。サタンはあの手この手で人間を悩ませ、やがて人間は死にかけの状態となり、ありとあらゆる人生の浮き沈みや人の世の苦難を経験する。人間を弄んだ後、サタンは人間の運命に終止符を打つ。したがって、人間は朦朧とした混乱状態で一生を過ごし、神が人間のために用意した良き物事を一度も享受できず、それどころかサタンに傷めつけられ、ずたずたにされる。現在、人間は無気力になって熱意を失い、神の働きに留意する気がまったくない。神の働きに留意する気がないのであれば、その人の経験は永遠に断片的かつ不完全なままであり、人々の入りは永遠に空虚である。神が世に来てから数千年の間、高尚な理想を抱く人間が何人も、そして何年もの間、神により用いられ、神のために働いてきた。しかし、神の働きを知る者は極めて少なく、ほぼ皆無である。そのため、無数の人間が神のために働きを行なうと同時に、神に反抗する役割を担っている。なぜなら、人間は神から授けられた地位において、神の働きを行なうよりも、むしろ実際には人間の働きを行なっているからである。これが働きと言えるだろうか。そのような人がどうしていのちに入れるのか。人間は神の恵みを受け取り、それを葬り去った。そのため何世代にもわたり、神の働きを行なう者には入りがほとんどない。彼らは神の知恵をあまりに理解していないので、神の働きを知ることについてまったく語らない。神に仕える者は多数いるが、そうした者は、神がいかに称揚されているかを知らないと言える。そのため、誰もが自分を神に仕立て、他人に礼拝させるようにしたのである。

神は長年にわたり創造物の中に隠れたままで、霧に包まれながら何度も春と秋を迎え、第三の天から見下ろしながら無数の昼夜を過ごし、無数の年月にわたって人間の中を歩んできた。神はすべての人の上に座し、無数の冬の間、静かに待ち続けてきた。神は誰かの前に公然と現われたことも、物音一つ立てたこともなく、何の痕跡も残さずに去り、同じく静かに戻ってくる。誰が神の素顔を認識できようか。神は人間に話しかけたことも、姿を見せたこともない。人間が神から託された働きを行なうのは、どれほど容易なことか。あらゆる物事のうち、神を知ることが最も困難であることを人々は知らない。現在、神は人間に対して語っているが、人間が神を知ったことはない。なぜなら、人間のいのちへの入りがあまりに狭く浅いからである。神の目から見ると、人間は神の前に出るのにまったく不適である。神に関する人間の理解はあまりに乏しく、神から離れすぎている。さらに、人間が神を信じる心はあまりに複雑であり、心の奥底に神の姿をまったく抱いていない。その結果、神の苦心や働きは、砂に埋もれた金のように、光を放つことができない。神にとって、そのような人たちの素質や動機、考え方は極めて忌み嫌うべきものである。人間は理解力に乏しく、鈍感になり、劣化し、退化し、極度に卑屈で、弱く、意志の力がなくなるほど何も感じないので、牛や馬と同じように導かれる必要がある。霊への入り、あるいは神の働きへの入りについて言えば、人間はそれらをまったく気に留めず、真理のために苦しむ決意がこれっぽっちもない。こうした人間が神によって完全にされるのは簡単なことではない。したがって、あなたがたがこの角度から入っていくことが、そして働きといのちへの入りを通じて神の働きを知るようになることが不可欠なのである。

前へ: 神を知らない人はすべて神に反対する人である

次へ: 働きと入ること(2)

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

今日の神の働きを知ること

今日神の働きを知ることは、おもに、終わりの日における受肉した神の主要な職分が何であるか、何をするために地上に来たかを知ることである。わたしは以前、神は(終わりの日に)地上に来たのは去る前に模範を示すためであるという言葉を述べた。神はどのように模範を示すのか。言葉を発し、地上のいた…

あなたは生き返った人か

自分の堕落した性質を捨て去り、正常な人間性を生きることを成し遂げて初めて、あなたは完全にされる。たとえ預言をしたり奥義について話したりすることができなくても、人間の姿を生き、表しているのである。神は人を造ったが、その後、人はサタンによって堕落させられ、この堕落が人々を「死人」にし…

唯一無二の神自身 7

神の権威、神の義なる性質、および神の聖さの概論 祈りを捧げ終わったとき、あなたがたは神の前で心の静寂を感じますか。(感じます。)心を静められるとき、人は神の言葉を聞いて理解し、真理を聞いて理解することができます。心を静められず、心が絶えずさまよっていたり、いつも他のことを考えてい…

律法の時代における働き

ヤーウェがイスラエル人に行なった働きは、地上における神の起源の場所を人類の間で確立させたが、それは神が臨在した聖なる場所でもあった。神はその働きをイスラエルの人々に限定した。当初、神はイスラエルの外では働かず、むしろ働きの範囲を限定するため、神が適切とみなした民を選んだ。イスラエ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索