全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

働きと入ること(2)

あなたがたの働きといのちへの入り方は極めて貧弱である。人間は働きに重きを置かず、またそれ以上にいのちに入ることに関して不注意である。人間はこれらを自分が入っていかなければならない学びとして捉えない。したがって、霊的経験においてほぼすべての人が幻想を見ている。あなたがたの働きにおける経験に関しては、それほど多くを要求されていないが、神により完全にされる者として、神の心に付き従うことが出来るように、あなたがたは神のために働けるようになる必要がある。時代を通して、働きを行った者は働き人ないし使徒と呼ばれ、それは神により用いられた少数の人間を指す。しかし、現在わたしの言う働きは働き人や使徒のみを指すのではない。それは、神により完全にされる者全員を指す。おそらく、これに殆ど関心がない者が多数いるであろうが、いのちに入るためには、この真理について話をするのが最善であろう。

働きと言うと、それは神のために奔走し、随所で説教を行い、神のために心血を注ぐことだと人間は考える。その考えは正しいものの、偏りすぎている。神が人間に求めているのは、神のために奔走することだけではない。むしろ霊の中において務め、与えることである。多くの兄弟姉妹は、長年の経験を経た後になっても、神のために働くことについて考えたことがない。なぜなら、人間が考える働きとは、神が求める働きと矛盾するからである。したがって、働きの問題について人間は一切関心を持たない。そしてそれがまさに、人間がいのちに入ることが極めて偏っていることの理由でもある。あなたがたは皆、働きの全ての面をよりよく経験出来るように、神のために働くことによりいのちに入ることを目指すべきである。これが、あなたがたが入るべきことである。働きとは、神のために奔走することを指すものではなく、人間のいのちと人間が生きながら示すことが神を楽しませることであるかどうかを指す。働きとは、人間がもつ神への信心、人間がもつ神に関する認識を用いて神の証しに立ち、人間を牧することを指す。これが人間の責任であり、全ての人間が気付くべきことである。換言すると、あなたがたがいのちに入ることが、あなたがたの働きである。あなたがたは神のための働きの過程においていのちに入ることを求めているのである。神を経験することとは、神の言葉を食べ飲み出来ることだけでなく、それよりも重要なこととして、神の証しに立ち、神に仕え、人間を牧し、人間に供給することが出来なければならない。これが働きであり、いのちに入ることでもある。これは、あらゆる者が実現すべきことである。神のために奔走して回り、方々で説教をすることだけに重点を置く一方で、自分の経験を軽視し、自分の霊的生活に入ることを無視する者が多数いる。神に仕える者が神に反抗するようになるのは、これが原因である。長年にわたり神に仕え、人間を牧してきた者は、単に働きや説教をいのちに入ることとみなしてきた。また、誰も自らの霊的経験を重要ないのちの入りと考えてこなかった。むしろ、彼らは聖霊の働きによる啓きを利用して他の者に説教をする。説教をするとき、大きな負担を負い、聖霊の働きを授かり、それによって聖霊の声を伝える。この時、働きを行う者は、あたかも聖霊の働きが自らの霊的経験であるかのように悦に入り自己満足する。彼らはその時自分が述べた言葉が、自分そのものであると感じ、また自分の経験が自分が述べたほど明瞭でないかのように感じる。さらに、彼らは話をする前には何を話すべきか全くわかっていないが、そうした者の中で聖霊が働くと、彼らは尽きることなく連続して言葉を発する。このようにして説教を行った後、あなたは自分の実際の霊的背丈が自分が考えているほど小さくないと感じる。こうして聖霊があなたの中で何度か働いた後、あなたは自分には既に背丈があると判断し、聖霊の働きを自分自身がいのちに入ったこと、自分そのものであると誤って考えてしまう。あなたが絶えずこの経験をすると、自らがいのちに入ることについて不注意になる。そして気付かぬうちに怠惰になり、いのちに入ることを全く重視しなくなる。それゆえ、他人を牧する時は、自分の背丈と聖霊の働きを明確に区別する必要がある。そうすることで、あなたがいのちに入りやすくなり、あなたの経験にさらに役立つであろう。聖霊の働きを自らの経験であるとみなしている人間は、堕落しつつある。したがって、あなたがたが尽くす本分が何であるかを問わず、自分のいのちの入りを重要な学びと考えるべきである。

働くのは、神の心を満たし、神の心にかなう人々を神の前に来させ、人間を神の許へ導き、聖霊の働きと神の導きを人間にもたらし、よって神の働きの成果を完全なものとするためである。そのため、働きの本質を把握することは必須である。神に用いられる者として、人間はすべて神のために働く価値がある。すなわち、人間にはすべて聖霊に用いられる機会がある。しかし、認識すべき点がひとつある。すなわち、人間が神の働きを行う時、人間には神に用いられる機会があるが、人間が言うことや知っていることは、必ずしも全て人間の霊的背丈ではない、ということである。あなたがたは、自らの働きにおいてのみ自分の欠点を知り、聖霊から一層多くの啓きを授かり、それによって自らの働きへより良く入ることが出来る。神の導きを人間が自分自身で入っていることであり、人間が生来備えていることであるとみなすならば、人間の背丈が成長する可能性はない。聖霊は、正常な状態にある人間を啓く。そうした時に、人間は自らが授かる啓きを、自らの実際の背丈であると勘違いすることが往々にしてある。なぜなら、聖霊は至って普通の方法により、すなわち人間が生来備えていることを活用して啓くからである。人間が働きを行い、話をするとき、あるいは霊的日課として祈る時、突如として真理が明瞭になることがある。しかし、実際は、人間が理解したことは単に聖霊の啓きに過ぎず (必然的にそれは人間の協力に関連している)人間の真の背丈ではない。人間が一定期間の経験において真の困難に数多く遭遇した後、人間の真の背丈はこのような状況において明らかにされる。そうなって初めて人間は自らの背丈がそれほど大きくないことを知り、身勝手さや個人的な考え、人間の強欲さなどが全て現れる。こうした経験を何周期か経た後になって初めて、霊において目覚めている人の多くが、それが従前における自分の現実ではなく、聖霊による一時的な照らしであり、人間がその光を受けただけであることに気付く。聖霊が人間を啓いて真理を理解させる時、それはしばしば明瞭かつ顕著なもので、前後関係はない。すなわち、神は人間の困難をその啓示の一環とせず、むしろ直接的に真理を啓示する。いのちに入ることにおいて困難に遭遇すると、人間は聖霊の啓きを採り入れ、それが人間の実際の経験となる。たとえば、ある未婚の姉妹が交わりの中で「私達は栄華や富を求めず、夫婦愛の幸福を求めるのではなく、純粋で一途な心を神に捧げることのみを求めている」と述べる。その姉妹は続けて「人間は結婚すると悩み事が増え、神に対する愛の心は純粋でなくなる。心は常に家族や配偶者のことで一杯であり、遙かに複雑になる」と言う。こう語るときの姉妹の言葉は、その姉妹自身が心の中で考えていることのようであり、言葉はすべてその姉妹の心の奧から発せられたかのように明白であり、力強い。その姉妹は、自分の全てを神に捧げられるよう願い、兄弟姉妹が自分と同じ決意であることを望んでいる。このときのあなたの決意と感銘を受ける気持ちは、すべて聖霊の働きに由来すると言える。神の働きの方法が変化する時、あなたは何歳か歳を取っている。自分の同級生や同い年の友人の全員に夫がいることを知ったり、あるいは誰かが結婚し、夫とともに都会暮らしを始め、そこで就職したといった話を聞いたりする。その友人に会うと心では羨望を感じる。友人は魅力に溢れ、全身が落ち着いている。友人が話す時の態度は国際的で田舎風な部分が全く消え去っていることに気付く。このせいで、あなたの中で様々な気持ちが起こる。あなたは長いこと神のために費やし、家族も職歴も無く、多くの取り扱いに耐えてきた。中年になって久しく、あたかも今まで夢の中で過ごしてきたかのように、若さは気付かぬうちに消え去ってしまった。長いことそのようにして現在まで過ごしてきたが、落ち着く場所を知らない。このような時、判断力を失ったかのように、あなたは様々な考えに囚われる。一人きりで、よく眠ることが出来ず、一晩中寝られず、気付かぬうちに、無意識のうちに自分の決意や神への厳かな誓いの事を考え出す。何故このような状況に陥ったのだろうか。気付かぬうちに、沈黙のままに涙が流れ出し、心は強い痛みを覚える。神の前に来て祈ると、神と共にいて幸せだった時の親密さやあいだに入るもののない神との近さを考え出す。様々な光景が目に浮かび、あの日の自分の誓いが耳の中で再び響き渡る。「神だけが私と親密な存在ではないのだろうか」この時点で、あなたはすすり泣いている。「神よ、愛しい神よ。私は既に私の心を全てあなたに捧げました。私は永遠にあなたに忠誠でありたいと願い、あなたを一生涯にわたって変わることなく愛します」こうした極度の困難に苛まれて初めて、あなたは神がどれほど愛しいかを知り、自分が遙か昔に自分の全てを神に捧げたということをはっきりと認識する。こうした衝撃を受けて初めて、あなたはこの件に関して遙かに経験豊かになり、当時の聖霊の働きが人間に備わったものではないことを知る。その後の経験においては、あなたはこの面においていのちに入ることに関してはもはや制限されなくなる。それはあたかも、傷がいのちに入ることに大いに役立っているかのようである。そうした状況に遭遇すると常に、あたかも自分が神と再び結ばれるかのように、その日の涙のことを即座に思い出す。あなたは、神との関係を再び断絶し、自分と神との情緒的な愛着 (正常な関係) を損なうことを常に恐れている。これがあなたの働きであり、いのちに入ることである。したがって、あなたがたが聖霊の働きを授かる時は、神により一層完全にされて、聖霊の働きの本質があなたがたの中で作用するように、同時に自らのいのちへの入りにさらに専心し、聖霊の働きとは何か、いのちに入ることとは何かを正確に理解し、聖霊の働きを自分のいのちへの入りに採り入れる必要がある。聖霊の働きを経験する過程において、あなたがたは聖霊と自分自身を知るようになり、数多くの極度の苦難の中で、あなたがたは神との正常な関係を育み、あなたがたと神との関係は日々親しくなってゆく。無数の刈り込みと精錬を経た後、あなたがたには神への真の愛が生まれる。その困難や咎め、苦難は自分の気力をくじくものではないことを知る必要があるのは、このためである。恐れるべき事は、聖霊の働きを授かるのみで、いのちに入ることがないことである。神の働きが終わる日が来た時、あなたがたの取り組みは徒労となるであろう。あなたがたは神の働きを経験したにもかかわらず、聖霊を知ることも、自らがいのちに入ることもないであろう。人間に対する聖霊の啓きは、人間の情熱を維持するためのものではなく、人間がいのちに入るように道を拓き、聖霊を知ることが出来るようになり、そのため神を敬愛する心を育むためのものである。

前へ:働きと入ること(1)

次へ:働きと入ること(3)

他のお気に入り