真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、人間がいのちに入ることについて数え切れないほどの方法で取り上げてきた。しかし、人間の器量が極めて乏しいため、神の言葉の多くが根付かなかった。人間の器量の乏しさの理由は様々である。たとえば、人間の考えや道徳の堕落や適切な養育の欠如、封建的迷信が人間の心を強く支配していること、堕落し、退廃した生活様式が人間の心の最も深い所に多くの不徳を宿らせていること、また文化的教養の習得が表面的なことなどである。国民のほぼ98パーセントが文化的教養が欠如しており、さらに高度の文化的教養を受ける者が寡少であるため、人々は基本的に神や霊が何を意味するのかを全く知らず、封建的迷信から得た漠然とした曖昧な神の像しかもたない。また、数千年におよぶ「民族主義の高尚な精神」が人間の心の奥に残した悪影響、そして、自由も大志も根気も向上意欲も全くなく、消極的で衰退的なまま、奴隷的精神状態にとらわれた人々が束縛されている封建的な考え方もある。こうした客観的要素により、人類の観念的態度や理想、倫理、性質に消えることのない不浄で醜悪な色調が加えられてきた。人間は暗黒のテロリストの世界で生活しているように思われるが、それを超越することを求める者や、理想の世界に移ろうと考える者はいない。人間はむしろ自分の境遇に満足し[1]、子供を産み育て、日常生活の諸事に奔走して励み、汗をかき、快適で幸せな家庭や、夫婦の愛情、親孝行な子供達、平和な人生を送って晩年を迎える喜びを夢見ている。現在まで数十年、数千年、数万年にわたり、人間はそのようにして時間を浪費し、誰も完全な生活を創造することなく、全員がこの暗黒の世界で互いに殺し合うこと、名声や富をめぐって競い合い、互いに謀をすることにのみ没頭している。今まで、誰が神の心を求めたであろうか。今まで、神の働きに注意した者がいるであろうか。人間のあらゆる部分が闇の影響により占められている状態が、人間の本性となって久しい。そのため、神の働きを行うのは極めて困難であり、現在、神が人間に託したことに人々はさらに配慮しなくなっている。いずれにせよ、わたしがこうした話をしても、人々は気にしないとわたしは考える。なぜなら、わたしがしている話は、数千年にわたる歴史だからである。歴史について語ることは、皆にとって明らかな事実、そしてそれ以上に不祥事を意味する。それならば、事実に反することを述べることに、どのような意味があるであろうか。しかしまた、道理の分かる者は、そうした言葉を目にすると、目覚めて進歩しようと努めるであろうともわたしは考える。神は、人間が平和に、そして満たされた状態で暮らし働くと同時に、神を愛することが出来ることを願っている。神の心は全ての人間が安らぎに入ることであり、またそれ以上に、地上全体を神の栄光で満たすことが神の大いなる願いである。人間が未開のままで目覚めていないこと、そしてサタンにより酷く堕落させられたため人間が人間の姿をもはや留めていないことはただただ残念なことである。このように、人間の考えと倫理、教育は重要な繋がりを形成しており、それと文化的教養の訓練はもう一つの繋がりを形成している。人間の文化的器量を向上させ、精神的姿勢を変化させる。

実のところ、神は人間をそれほど要求していないが、人間の器量と神が要求する基準の差が極めて大きく、殆どの者が神が要求する事柄を見上げるだけで、それを満たす能力がない。人間の生来の資質と、生まれてから身に付けたことは、神の要求を満たすには到底不十分である。しかし、単にこの点を認識することは、確実な解決策ではない。遠方に水があっても、その水で当面の喉の渇きは癒やせない。人間が自分が塵にも劣ることを知っていたとしても、神の心を満たそうという決意がなく、ましてやさらに神に要求されている先導的な道を達成できなければ、そうした認識には、どのような価値があるというのか。それは、籠で水を汲むような無駄な取り組みではなかろうか。わたしの話の要点は、いのちに入ることについてであり、これが主題である。

人間がいのちに入ろうとする過程においては、人生は常に退屈であり、祈祷や神の言葉の食べ飲み、集会を開くことなど、霊的生活の単調な要素に満たされているため、人々は神への信仰が何も楽しみをもたらさないと常に感じる。そうした霊的活動は常に人間元来の性質に基づいて行われるが、その性質はサタンにより堕落させられている。人間は聖霊の啓きを時折授かることが出来るものの、人間元来の考えや性質、生活様式、慣習は依然として内部に根付いているので、人間の本性は変わらないままである。人間が行う迷信的な行為は、神が最も忌み嫌うものであるが、そうした行為が神により定められたものであると考え、それを捨て去ることが出来ない人が多く、そうした行為は現在も完全には捨て去られていない。若者が手配する婚礼や嫁入り道具、祝儀、披露宴や、それと同様に祝われる慶事、継承されてきた古代の風習、死者のために行われる無意味な迷信的行為や葬式などは、それにも増して神が忌み嫌うものである。日曜日(ユダヤ人が励行する安息日)でさえ、神にとって忌み嫌うべきものである。それにも増して、神は人間同士の社交関係や世俗的付き合いを嫌悪し拒絶する。皆が知っている春節やクリスマスは、神が定めたものではなく、ましてこうした祝祭日の玩具や飾り付け(二行連、新年の菓子類、爆竹、灯籠、クリスマス・プレゼント、パーティー、聖餐式)は神が定めたものなどでは全くない。これらは、人間の心にある偶像ではなかろうか。安息日にパンを分け合うことやぶどう酒、亜麻布の衣服などは、それにも増して偶像である。龍擡頭、龍舟節、中秋節、臘八節、新年など中国で一般的な伝統的祭日、そして復活祭、洗礼日、クリスマスなどの宗教的祭日は、どれも正当化しようのない祭日であり、昔に制定されてから多くの人々により現在まで受け継がれてきているが、神が造った人類と全く相容れないものである。これらの祭日は、人間の豊かな想像力と巧妙な観念により、現在まで受け継がれることが可能となったものである。そうした祭日は全く欠点がな無いように思われるが、実際にはサタンの人間に向けた謀である。その地にサタンが多ければ多いほど、またその地が廃れて時代遅れであればあるほど、そこには封建的風習が一層深く根ざしている。そうした物事は人間を堅く拘束し、そのために全く身動きをとる余裕がない。宗教界の祭祀の多くが、高い独創性を示し、神の働きへの架け橋を築いているように思われるが、実はそうした祭祀はサタンが人間を拘束し、神を知ることを阻む目に見えない紐であり、それらは全てサタンの狡猾な策謀である。事実、神の働きのある段階が完了すると、神は既にその時代の手段や方法を跡形もなく破壊し終えている。しかし「敬虔な信者」は、そうした有形の物体を崇拝し続ける。その一方で、彼らは神のもつものを心の奥へしまい込み、それ以上学ばず、神への愛で満ち溢れているかのような素振りであるが、実際は神を遥か以前に追い出し、祭壇にサタンを据えている。人々はイエスの肖像、十字架、マリア、イエスの洗礼、最後の晩餐などを、天の主として尊びつつ、「父なる神よ」と繰り返し呼び続ける。これは全て冗談ではなかろうか。現在まで人類が受け継いで来た同様の文言や実践は、神にとって憎むべきものである。そうした物事は神の前途を阻み、さらに人間がいのちに入るのに大きな障害となる。サタンが人間を堕落させた範囲を除いても、人々の内面はウイットネス・リー(李常受)の掟やローレンスの経験、ウオッチマン・ニー(倪柝聲)の調査、そしてパウロの働きのような物事で満たされている。神が人間に対して働きを行うすべが全くない。なぜなら人々の内面には個人主義や掟、規則、規制、制度などが多過ぎるからである。人々の封建的迷信の傾向に加え、そうした物事は人間を捉えてむさぼって来た。それはあたかも人々の考えが想像上の生き物が雲に乗って旅をする寓話を極彩色で物語る興味深い映画のようであり、極めて独創的であるために人々は驚き、茫然として言葉を失う。実のところ、神が来て今日行う働きは、主として人間の迷信的態度を取り扱い、払拭して、その精神的姿勢を完全に変化させることである。神の働きは何世代も受け継がれて今日まで人間により保存されてきたものではなく、霊的な偉人の遺産を継承する必要も、他の時代に神が行った代表的な業を継承することもなく、神自らが開始し、完了させるものである。人間はそうした物事に一切関与する必要がない。現在の神は、それらとは別の方法で語り、働きを行う。それならば、なぜ人間が自ら苦労する必要があるのであろうか。人間が自分達の「祖先」の遺産を継承し続けながら、この流れの中で今日の道を歩んだ場合、終着点にたどり着くことはないであろう。神は、特にこの人間行動形態を、人間界の年月や日々と憎悪するのと同様に、大いに忌み嫌っている。

人間の性質を変化させる最善策は、人々の心の最も奥深い所にあり、酷く毒された部分を覆し、人々が考え方や倫理の変革を開始出来るようにすることである。まず人々はそうした宗教的儀礼や活動や年月、祭祀を神が憎んでいるということを明瞭に知る必要がある。人々はそうした封建的思考の束縛から解放され、自らに深く根ざした迷信的傾向を全て排除する必要がある。これらのことはすべて、人がいのちに入ることに含まれている。あなたがたは神が俗世から人間を導き出すのはなぜか、そして規則や規制から遠ざけるのはなぜかを理解する必要がある。これが、あなたがたが入る門である。それはあなたがたの霊的経験とは無関係でありながら、あなたがたがいのちに入り、神を知ることを阻む最大の障害である。そうした物事は、人間を捉える網になる。多くの者が聖書を読み過ぎており、聖句を数多く暗唱することさえ出来る。今日いのちに入るために、人々は無意識のうちに、あたかも神の働きの現段階の基礎が聖書であり、その根源が聖書であるかのように、聖書を用いて神の働きを判断しようとする。神の働きが聖書に則したものである場合、人々はその働きを強く支持し、神を従前にも増して尊ぶ。神が行う働きが聖書に則していない場合、人々は不安になって、必死で働きの根拠を聖書から探し出そうとする。神の働きについて聖書に記載がない場合、人々は神を無視する。現在における神の働きに関しては、殆どの者が極めて慎重に受け容れ、選択的に服従し、知ることに無関心であると言える。従来の物事については、その半分を固持し、もう半分を捨てる。これがいのちに入ることと言えるであろうか。他人の書物を宝とし、神の国への門の黄金の鍵として扱いながら、人々は現在において神が要求していることには全く無関心である。その上、多数の「見識ある専門家」が、神の言葉を左手に、他人の「名著」を右手に取り、それはまるで神の言葉の正しさを完全に証明するために、その根拠を名著に見出そうとしているかのようである。彼らはまた、仕事中のように、神の言葉を名著と統合させて聖句を他人に解説する。実のところ、現在における最先端の前例のない科学的業績(すなわち神の働き、神の言葉、いのちに入る道)のことを高く評価したことが一切ない「科学研究者」が人類には多数存在する。それで人々は皆「独立独歩」し、自らの雄弁さに頼って至るところで「説教」をして、「神の名声」を誇示している。その一方で、彼らがいのちに入る可能性は危うくなり、創世から現在までがかけ離れているのと同様、神の要求からかけ離れた所にいる。神の働きを行うのは、なんと容易なことであろうか。人々はすでに自らの半分を過去に残し、残りの半分を現在に置くこと、半分をサタンに託し、現在に置かれている半分を神に託すこと決意したようであるが、それはあたかも、そうすることが人間の良心を癒やし、ある種の快適さを感じる術であるかのようである。人々の内面世界は極めて狡猾であり、明日を失うことだけでなく、昨日を失うことも恐れており、サタンと、存在するようであるがしないようにも考えられる現在の神の両方から怒りを買うことを強く恐れている。人々は自分自身の思考と倫理を適切に発達させることに失敗したので、特に分別がなく、現在の働きが神のものであるかどうかを全く見極めることが出来ない。それはおそらく人々の封建的で迷信的な思想が極めて深く、そのために迷信と真理、そして神と偶像を長い間同類として扱い、区別しようともしなかったことが原因であり、どれほど頭を悩ませても明確に区別出来ないようである。人間が道を歩むのを止め、前進しなくなったのはこのためである。こうした問題は、すべて人々に正しい観念教育が欠如していることに起因しており、これは人間がいのちに入るのに大きな困難となる。その結果、人々は真の神の働きに全く関心を示さない一方、人間(たとえば人間が偉人とみなす者など)の業には、あたかもそれに烙印が押されているかのように、固執する[2]。これらは人間が取り組むべき最新の問題ではなかろうか。

脚注:

1.「自分の境遇に満足し」は、人間が規則を遵守し、違法行為を行わないことを指す。

2.「固執する」は揶揄的に用いられている。この句は、人間が頑固で手に負えず、旧来の物事にこだわり、手放そうとしないことを指す。

前へ:働きと入ること(2)

次へ:働きと入ること(4)

他のお気に入り