全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

言葉は肉において現れる

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

働きと入ること(5)

現在あなたがたは皆、人がそれぞれ自由な世界で生きていけるように、神が人間を人生の正しい道へと導いていること、新たな時代へと続く次の段階へ人間を導いていること、この暗い古い時代を超えるように人間を肉の外へ、闇の勢力の抑圧とサタンの影響から離れるように人間を導いていることを知っている。美しい明日のため、また明日人間が闊歩できるように、神の霊は人間のために全てを計画している。また、人間がさらなる喜びを得られるように、神は自らの肉における努力のすべてを人間の前にある道を準備することに費やし、人間が待ち望む日の訪れを早めようとしている。あなたがたが皆この美しい瞬間を大切にすることを。神と共にあるのは容易なことではない。あなたがたは神を知らないが、既に長いこと神と共にある。皆がこの美しく束の間の日々を永遠に覚えていられ、その日々を地上における大切な財産とすることが出来ることを願う。神の働きが人間に明示されて久しいが、人間の心は複雑すぎるので、また人間はそれに一切関心を示さないので、神の働きは、依然としてその元来の基盤で停止したままである。人間の考えや観念、精神的姿勢は、旧態依然としているように思われ、殆どの人の精神的姿勢は古代の原始人のものと類似しており、全く変化していない。その結果、人々は依然として困惑し、神が行う働きについて明瞭に理解していない。それにも増して、人間は自らの行動や自らが何に入っていくべきかについて明瞭に理解していない。こうしたことは、神の働きにとって甚大な困難であり、人間のいのちが成長することを阻む。人間の本質と貧弱な器量の原因のため、人間は基本的にそうしたことを把握できず、決して重要なものとして扱わない。あなたがたが自分のいのちを成長させることを望むのであれば、自分の存在の詳細に留意することから始め、いのちに入ることを管理できるように、詳細の一つ一つを把握しなければならない。また、あなたがたの一人ひとりが心を完全に変革させ、心の空虚さと単調で退屈な存在というあなたがたを悩ませる問題を解決しなければならない。このようにして、あなたがた各人が内面も外面も一新され、高みに達し超越した自由な生活を送れるようになるのである。その狙いは、あなたがた各人がいのちを得て、霊的に蘇り、いのちある者としての姿を備えるようになることである。あなたがたが接する兄弟姉妹全員の中で、生き生きとして爽快な者は殆どいない。彼らは皆、古代の猿人のようであり、思考能力が低く愚かであり、明らかに発達の見込が皆無である。さらに酷いことに、わたしが接してきた兄弟姉妹は、蛮人のようにがさつで野蛮である。彼らは礼節を一切知らず、いわんや基本的な行儀作法など知らない。多くが、聡明で颯爽とした外観で、花のように美しく成長した若い姉妹であるが、それでも一風変わった装いをする。ある姉妹の[a]頭髪は顔面全体を覆い、その目を見ることが出来ない。その顔立ちはすっきりと人並みであるが、髪型は気味悪く奇妙な感じで、まるで少年院の最悪の被収容者のようである。水中のエメラルドのように澄んで明るいその女性の眼は服装と髪型で台無しにされ、漆黒の夜に突然現れる二基の灯籠が目が眩む明るさで明滅するようであり、それを見た人は恐怖を覚えるが、その女性は故意に誰かから身を隠しているようにも思われる。わたしがその女性に会う時、彼女は誰かを殺したばかりの殺人犯のように、「現場」から逃れる方法を常に考え、見つかるのを恐れ、常に逃げ回っている。彼女はまた、何世代もの間奴隷にされ、他人の前で顔を上げられないアフリカの黒人[1]のようでもある。このような人々の服装や身だしなみまでの一連の行動を改善するには、数ヵ月間の働きを要するであろう。

数千年にわたり、中国人は奴隷生活を送ってきたため、考え方や観念、生活、言語、態度、行動が大いに制限され、少しも自由がなかった。数千年にわたる歴史により、霊と活気を備えていた人々は疲弊して霊のない屍のような状態になった。多くの人々がサタンの大形肉切り包丁の下に置かれ、獣の巣のような家に住み、牛や馬の餌同様の物を食べ、「冥界」で感覚を失い、混乱した状態で暮らしている。人々は外観上、原始人と変わらず、彼らの安らぐ場所は地獄のようであり、様々な汚れた悪魔や悪霊に囲まれている。外側からは、人間は高等「動物」のように見えるが、実際には汚れた悪魔と共生している。そうした人間を世話する者は居らず、サタンが常に待ち伏せする中で暮らし、罠にかかり、そこから逃げ出すことは出来ない。そうした者は、居心地のよい家で愛する者と共に幸福で満たされた生活を送っていると言うよりも、陰府に住み、悪魔と取引し、悪霊と付き合っていると言うべきであろう。事実、人々は依然としてサタンに拘束されており、不浄の悪魔が集うところで生活し、その汚れた悪魔に操られ、人々の寝床は屍が葬られる場所であり、こぢんまりした巣のようである。家の中に入ると、中庭は寒く閑散とし、冷たい風が枯れ枝を吹き抜ける音が鳴っている。わたしが「居間」の戸を開けると、その部屋は漆黒の闇であり、一杯に手を延ばせば指が見えないほどである。扉のすき間から微光が差し込み、そのために部屋は一層陰鬱になる。ねずみが時折楽しんでいるような奇妙な鳴き声を上げる。部屋の中は何もかもが、あたかも他界して棺桶に入れられたばかりの人が暮らしていた家のように、気味が悪く恐怖感を与える。部屋にある寝床や掛け布団、特徴のない小さな棚は、全て埃をかぶり、床に置いてある小さな椅子が牙を剥き、爪を立てている。壁には蜘蛛が巣を張っている。机の上に鏡があり、その側に木製の櫛がある。鏡に歩み寄って蝋燭を手に取り、火を点ける。鏡が埃で覆われていることに気付き、鏡に映る者[b]にある種の「化粧」の効果が施され、墓から出て来たばかりのように見える。櫛は頭髪だらけである。こうした物は全て古く質素で、死んだばかりの人が用いていたように見える。櫛を見ると、その側に亡骸が横たわっているように感じる。櫛にひっかかった髪には血が通っていないものの、死人の臭いが漂っている。戸の隙間からは、あたかもそこから幽霊が忍び込み、その部屋に戻って再び暮らそうとしているかのように、冷たい風が吹き込む。その部屋には重苦しい寒さがあり、突然腐った屍のような異臭がする。その瞬間、壁には随所に様々な物が架けられ、寝床は乱れ、汚れて悪臭を放ち、隅には穀粒があり、棚は埃で覆われ、床は小枝や埃などで覆われていることに気付く。それはあたかも、よろめきながら凶暴にふるまう死人が使っていたかのようだ。これだけでもぞっとする。その部屋には生命の形跡が一切無く、全体が陰湿で、神の言う陰府や地獄のようである。部屋はまさに墓のようであり、塗装のしていない棚や椅子、窓枠や戸が喪に服して死者に黙祷を捧げているようである。人間は、この冥界で数十年あるいは数世紀、数千年にわたり暮らし、朝早く家を出て、夜遅く帰宅し続けて来た。夜明けになって鶏が鳴くとともに「墓」を出て、空を見上げ、地面を見下ろし、その日の活動を始める。山に日が落ちると、疲れ果てた身体を引きずって「墓」へ戻る。そして空腹を満たす頃には、既に日が暮れている。翌日に再び「墓」を出る支度を終えると、燐光を放っているかのような明かりを消す。その時、月明かりの下で見えるのは、小さな塚のように随所に広がる墳墓のみである。「墓」からは、いびきが大きくなったり小さくなったりするのが聞こえてくる。人々は皆、横になって熟睡し、汚れた悪魔や幽霊もまた、皆安らかに眠っているようである。時折、遠くからすが鳴くのが聞こえる。夜の静寂の中の侘しい鳴き声に、背筋が震え、身の毛がよだつのも、もっともである。何年の間、そのような状況で人々が過ごし、死んで行き、転生してきたか誰が知ろうか。人々と幽霊が交わる人間の世界にどれくらい居続けてきたか誰が知ろうか。さらに、そうした者が何度この世に別れを告げてきたか誰が知ろうか。この地上の地獄で、あたかもひとつも不平がないかのように、人々は幸福な生活を送っている。なぜなら、陰府での生活に長いこと慣れ親しんで来たからである。それゆえ、汚れた悪魔が友であり仲間であるかのように、そして人間界が悪党[2]であるかのように、人々はこの汚れた悪魔が棲む場所に魅了される。なぜなら、人間元来の本質は随分以前に音も無く、跡形も無く消え去っているからである。人々の外観は、どこかしら汚れた悪魔のようなところがある。さらに、人々の行動は汚れた悪魔に操作されている。現在、人間の外観は汚れた悪魔同然である。それはあたかも、人間が汚れた悪魔から生まれたかのようである。さらに、人々は自らの祖先に対して極めて愛情深く、支持的でもある。人間はサタンにより酷く踏みつけられ、随分前から山に棲むゴリラのようになってしまったことを誰が知ろうか。彼らの血走った眼は嘆願するようで、その眼差しから放たれるかすかな光には、汚れた悪魔の悪意がある。顔は皺で覆われ、松の樹皮のようにひび割れ、口が突出していて、あたかもサタンに堕落したかのようであり、耳は内側も外側も垢で覆われ、背中は丸くなり、足は胴体を支えるのがやっとで、やせ細った腕は拍子を取るように前後に揺れる。彼らは骨と皮だけのようであるが、同時に山に棲む熊のように太っている。全身が古代の猿人のような身なりと服装であり、それは、古代猿人が現代人の形態へといまだに完全に進化[3]していないほど、極めて遅れている。

人間は動物と共生し、動物と協調し、論争や口論になることはない。人間は動物の手入れや世話にうるさく、動物は人間の生存のため、まさに人間の利益のために、動物自身には一切利点無く、かつ人間に対する完全服従の中で存在する。人間と獣の関係は、あらゆる面から見て緊密[4]であり協調的[5]である。そして汚れた悪魔は、人間と獣の完璧な組み合わせであるかのように思える。したがって、地上にいる人間と汚れた悪魔はそれにも増して緊密であり引き離すことができない。人間は、汚れた悪魔から離れていても、この繋がりを維持する。その一方、汚れた悪魔は、一切惜しむこと無く、持てる全てを人間に「捧げる」。人々は日々「地獄の王の宮」ではしゃぎ、「地獄の王」(人間の祖先)と浮かれ騒ぎ、それに支配されているので、現在では垢を塗りたくられたようになり、陰府で長いこと過ごしたために、「生きる者の世界」へ戻ることを望まなくなって久しい。ゆえに、光や神の要求や神の特徴、神の働きを見たとたんに人々は取り乱して不安になり、冥界へ戻って幽霊と過ごすことを求め続ける。人々は遥か以前に神を忘れたので、それ以来常に墓場を彷徨っている。ある人と出会った時、わたしは話をしようとしたが、その時になって初めてわたしの前に立っているのが全く人間ではないことに気付いた。その女性の髪は全く手入れされておらず、顔は汚れていて、その女性が歯を見せて微笑むと、どこかしら狼に似ている部分がある。この女性にも、墓から出て来たばかりで、生きる者の世界の人に出会った幽霊のような不自然さがあるようである。この女性は、常に唇で笑顔を作ろうとしており、それは陰湿かつ邪悪に感じられる。彼女がわたしに微笑みかける時、それはあたかも何か言いたい事があるが上手く言葉に出来ず、茫然と愚か者のように傍らに立ちつくすしかないかのようである。後ろから見ると、その女性は「中国の労働者の頼もしい姿」を代表しているようであるが、そうした時、その女性は人々が話題にする伝説の古代の炎帝や黄帝[c]、あるいは閻魔大王の末裔の像を彷彿とさせ、一層忌まわしく思われる。わたしが質問すると、その女性は黙って俯く。質問に答えるのに時間がかかり、答える時は極めて内気に振る舞う。自分の手を動かさずにいることが出来ず、猫のように二本の指をしゃぶる。その時にわたしは初めて人間の手が、あたかもゴミの中を漁ったばかりのようであることに気付く。ぎざぎざになった指爪は変色して、爪が元来白いものであることを忘れるほどであり、「細長い」爪は汚れで厚く覆われている。さらに嫌悪すべきは、人間の手の甲が、毛をむしられたばかりの鶏の肌のようであることである。手のしわのほぼ全てに人間の労働の血と汗の代償が浸透し、塵のようなものが入り込み、「土の香り」を発しているようである。それによって、人間の苦難の精神が貴いこと、そしてそれが称賛に値することが一層顕著に示されているため、苦難の精神は手のしわの一本一本に深く埋め込められている。頭から爪先まで、人間が着用する衣類のうち、動物の皮のようなものは一切ない。しかし、人々がどれほど「立派」であっても、その価値は実際は狐の毛皮以下であり、随分以前から人々の衣料が彼らを醜くし、豚や犬よりも酷いため、クジャクの羽根一本にも及ばないことに人間はほとんど気付かない。その女性の上半身の着衣は露出度が高く、背中が半分露出しており、鶏の腸のようなズボンをはいた脚の部分は、その女性の醜悪さを白日の下に曝している。ズボンは短く細く、纏足を解かれて久しいことを誇示するためかのようである。女性の大きい足はもはや過去のいわゆる「三寸金蓮」ではない。その女性の服は過度に西欧風であり、過度に下品でみだらである。わたしがその女性と会う時、その女性は常にはにかみ、顔が紅潮し、顔を上げることが全く出来ないが、それはあたかも汚れた悪魔に踏みつけられてきたためにどうしても他人の顔を直視出来ないかのようである。人間の顔は塵に覆われている。この塵は空から降り、その全てが不公平に人間の顔面に降りかかり、人間の顔をスズメの羽根のように醜くするようである。人間の眼もまたスズメの眼のように小さく乾いていて、輝きがない。人間が話す時、言葉はつまりがちでとらえどころがなく、他人にとっては不快で嫌悪感を与える。それにもかかわらず、多くの人々ががそうした者を「国民の代表」として称賛する。これは冗談ではなかろうか。神は人間を変化させ、救い、死の墓から救出することと、人間が陰府や地獄で送る生活から脱出出来ることを望む。

脚注:

1.「アフリカの黒人」とは、神により呪われ、何世代にもわたり奴隷となっている黒人を指す。

2.「悪党」とは、悪行を行う者の集団の比喩表現であり、人間の堕落と人類の中に聖い人間が不在であることを指す。

3.この文は古代の猿人が現代人の形態へと「進化」することを指す。風刺的表現であり、実際には、原人が直立歩行する人類へと移行する理論は存在しない。

4.「緊密」は嘲笑的に用いられている。

5.「協調的」は嘲笑的に用いられている。

a. 原文では「彼女の」となっている。

b. 原文では「人間の顔」となっている。

c. 「炎帝」と「黄帝」は中国初期に教養文化を確立した神話上の皇帝。「閻魔大王」は「地獄の王」の中国語の名称。中国語(官話)では、「炎帝と黄帝」と「閻魔大王」はほぼ同音で発音される異義語である。

前へ:働きと入ること(4)

次へ:働きと入ること(6)

他のお気に入り