働きと入ること(6)

働きと入りは本来実際的なものであり、神の働きと人の入りを指している。人は神の本当の顔と神の働きをまったく見抜けないので、入りにこの上ない困難がもたらされてきた。終わりの日に神がどのような働きを成し遂げるのか、また肉において降臨し、人と禍福を共にするため、神が極度の恥辱に耐えてきたのはなぜか、今日に至るまで多くの人が知らずにいる。神の働きの目標から、終わりの日に対する神の計画の目的に至るまで、人間はこれらのことについて完全に闇に包まれている。さまざまな理由から、神が人に求める入りについて、人々はいつもなまぬるく曖昧[1]であり、そのため、肉における神の働きにこの上ない困難がもたらされた。誰もが障害物になり、今日に至るまでいまだに理解していないかのように思われる。そのため、まずは神が人に行なう働きと、神の差し迫った意図について話し合うべきだと思う。その目的は、あなたがた全員を神の忠実なしもべとし、ヨブにならって、神を拒絶するくらいならむしろ死を選んであらゆる恥辱に耐える者、またペテロのように自分の存在のすべてを神に捧げ、終わりの日に神が得る、神と心を通わせる者にすることである。父なる神の心がすぐに安息を享受できるよう、兄弟姉妹たちがみな、神の天なる旨に全力を注ぎ、自分の一切を捧げ、神の家における聖なるしもべとなり、神から授けられる無限の約束を享受するように。「父なる神の旨を成就する」が、神を愛するすべての人のモットーとなるべきである。これらの言葉は人の入りの指針、人の行動を導く羅針盤として役立つべきである。これが、人がもつべき決意である。地上における神の働きを余すところなく終わらせ、肉における神の働きに協力すること、これこそが人間の本分であり、いつの日か神の働きが完了し、受肉した神が天なる父のもとへ早々と戻る中、人は喜んで別れを告げるようになるだろう。これが人の果たすべき責任ではないのか。

恵みの時代、神が第三の天に戻った時、全人類の罪を贖う神の働きは、実のところもう最後の部分に移っていた。地上に残っていたのは、イエスが担いだ十字架、イエスを包んでいた上質の亜麻布、いばらの冠、そしてイエスが着ていた緋色のローブだけだった(これらはユダヤ人がイエスを嘲笑するために使ったものである)。すなわち、イエスの磔刑の働きが大きなセンセーションを引き起こした後、物事は落ち着きを取り戻したのである。それ以降、イエスの弟子たちはイエスの働きを行ない始め、各地の教会で人々を牧養して潤した。彼らの働きの内容はすべての人に対し、悔い改め、自分の罪を告白し、洗礼を受けるよう求めることだった。そして使徒全員がイエスの磔刑の内情、つまりそのありのままの記録を広めたので、誰もがイエスの前にひれ伏して自分の罪を告白せざるを得なかった。さらに、使徒たちは至る所に行ってイエスの話した言葉を伝えた。その時から恵みの時代の教会建設が始まったのである。その時代にイエスが行なったのは、人間の生活や天なる父の旨について語ることでもあったのだが、それらの語られたことや実践の多くが今日のものとかなり違っていたのは、ひとえに時代の違いのためである。しかし、本質的に両者は同じであり、どちらも神の霊の肉における働きに他ならない。この種の働きと発言は今日に至るまでずっと続いており、そのため、その類のことがいまだに今日の宗教団体で共有されており、それはまったく変わっていない。イエスの働きが完結し、諸教会がすでにイエス・キリストの正しい軌道へ乗っていた時、神はそれにもかかわらず働きの別の段階、つまり終わりの日の受肉という事柄に関する計画を始めた。人の見るところ、神の磔刑はすでに神の受肉の働きを完結させ、全人類を贖い、神がハデスへの鍵を握るようにした。誰もが神の働きは完全に成し遂げられたと考えている。だが実際のところ、神の視点から見れば、働きのほんの一部が成し遂げられたにすぎない。神が行なったのは人類を贖うことだけで、人類を征服してはおらず、ましてや人のサタンのような顔つきを変えてなどいない。そのため神は「受肉したわたしの肉は死の苦しみを経験したが、それだけがわたしの受肉の目標ではなかった。イエスはわたしの愛する子で、わたしのために十字架に釘で打ち付けられたが、わたしの働きを徹底的に完了させたわけではない。その一部を行なったに過ぎないのである」と言う。したがって、神は計画の第二弾を開始し、受肉の働きを続けたのである。神の最終的な意図は、サタンの手中から救われた人々を残らず完全にし、自分のものとすることであり、そのため、神は肉において到来するという危険を再び冒す準備をした。「受肉」という言葉の意味が指しているのは、栄光を伴わず(神の働きがまだ完了していないからである)、愛する子の身分で現われ、神が十分満足しているキリストである者、である。そのため、これは「危険をものともしない」ことだと言える。受肉した肉体にはわずかな力しかなく、極めて慎重にそれを行使しなければならない[2]。そしてその力は天なる父の権威と正反対である。ゆえに、彼は肉の職分だけを成就し、他の働きに関わることなく、父なる神の働きとその使命を完了させるだけであって、働きの一部を完了させるに過ぎないのである。そのため、神は地上に来るや否や「キリスト」と名付けられたのであり、これがその名前に内包されている意味である。到来には試みが伴うと言われる理由は、働きの一部分だけが完了するからである。さらに、父なる神が彼を「キリスト」、また「愛する子」と呼ぶだけで、栄光のすべてを与えなかった他ならぬ理由は、受肉した肉体は働きの一部分を行なうために地上に来るのであって、天なる父を代表するためではなく、むしろ神に愛される子としての職分を遂行するためだからである。神の愛する子が肩に担ったすべての使命を完了させる時、父は彼に父の身分とともに、完全なる栄光を与えるだろう。これは「天の掟」だと言うことができる。肉となった者と天なる父は異なる領域にいるので、両者は霊において互いを見つめ合うだけで、父は愛する子から目を離さないが、子は父を遠くから見ることができない。肉が行なえる機能は小さすぎ、彼は今すぐにも殺される可能性があるので、この到来は最大級の危険をはらんでいると言える。そのことは、神が愛する子を再び手放し、虎の口に押し込むのと同じである。そこで彼の命は危険に晒され、サタンがもっとも集中している場所に置かれる。そのような恐ろしい状況にあっても、神は愛する子を、穢れと不道徳に満ちた場所にいる人々の手に渡し、彼らに「成人まで育て」させる。そうすることが神の働きを適切かつ自然なものに見せる唯一の方法、父なる神の願望を残らず成就し、人類のあいだで神の働きの最終部分を完成させる唯一の方法だからである。イエスは父なる神の働きの一段階を成し遂げたに過ぎなかった。受肉した肉体によって課せられた障壁と、完成させるべき働きにおける違いのために、イエス自身は二度目となる肉への帰還があることを知らなかった。それゆえ、聖書解説者や預言者の中に、神は終わりの日に再び受肉する、つまり神は再び肉において到来し、肉における働きの第二の部分を行なうとあえてはっきり預言した者はいなかった。したがって、神がずっと前から肉の中に隠れていたことに誰も気づかなかったのである。それも無理はない。と言うのも、イエスがこの使命を受け入れたのは、彼が復活して天に昇った後のことであり、それゆえ神の二回目の受肉に関する明確な預言は存在せず、それを人間の頭脳で推し測ることはできないからである。聖書にある数多くの預言書のどこにも、このことにはっきり言及している言葉はない。しかしイエスが来て働きを行った際、乙女が子どもとともにあり、息子をもうけるという預言、つまり聖霊を通じてその子を受胎するという明確な預言がすでに存在していた。だとしても、そこには死の危険が伴うと神は言った。ならば、今日においてはそれにも増してそうではないのか。今回の受肉は恵みの時代に引き起こされた危険より何千倍も大きな危険に晒されている、と神が言うのも無理はない。神は多くの場所において、秦の地で勝利者の一団を得るだろうと預言してきた。勝利者が得られるのは世界の東方なので、神が二度目の受肉で降り立つ場所は間違いなく秦の地であり、それはまさに赤い大きな竜がとぐろを巻いているところである。その地において、神は赤い大きな竜の子孫たちを自分のものにし、それによって竜は完全に敗れ、辱められる。神は重い苦しみを背負ったこれらの人々を目覚めさせ、完全に目が覚めるまで立ち上がらせて、彼らが霧の外へと歩み出て、赤い大きな竜を拒むようにさせるつもりである。彼らは夢から目覚め、赤い大きな竜の正体を認識するとともに、自分の心を残らず神に捧げ、闇の勢力の圧迫から身を起こし、世界の東方で立ち上がり、神の勝利の証しになれるだろう。そうすることでのみ、神は栄光を得る。ひとえにこの理由のため、神はイスラエルで終わった働きを、赤い大きな竜がとぐろを巻いている地にもたらし、地上を去ってからほぼ二千年後、恵みの時代の働きを続けるために再び肉となって来たのである。人間の肉眼で見れば、神は肉において新しい働きを開始しているように見える。しかし神の視点から見れば、恵みの時代の働きを続けているのであり、ただ数千年の時が空き、働きの場所と計画が変わっただけのことである。今日の働きにおいてその肉体が取った姿はイエスとまったく異なるように見えるが、両者は同じ本質と根源から生じたものであり、同じ源から来ている。おそらく、両者は表面上数多くの点で異なっているが、彼らの働きの内なる真実は完全に同一である。結局、時代の違いは昼と夜のようなものである。それならば、どうして神の働きが不変のパターンを辿るだろうか。あるいは、神の働きの各段階がどうして互いを妨げられるだろうか。

イエスはユダヤ人の外見を取り、ユダヤ人に即した衣服を身に着け、ユダヤ人の食べ物を食べて育った。これがイエスの普通の人としての側面である。しかし今日、受肉した肉体はアジアの民の形を取り、赤い大きな竜の国で育つ。これらのことは神の受肉の目標とまったく矛盾しない。むしろ、両者は互いを補い、神の受肉の真の意義をよりいっそう完全なものにする。受肉した肉体は「人の子」あるいは「キリスト」と呼ばれるので、今日のキリストの外見はイエス・キリストと同列には論じられない。結局、その肉は「人の子」と呼ばれ、肉体の姿である。神の働きの各段階にはかなり深い意味が含まれている。イエスが聖霊によって受胎された理由は、イエスが罪人を贖うことになっていたからである。イエスは罪があってはならなかった。しかし、最終的に罪深い肉と同じ姿にさせられ、罪人の罪を引き受けた時、イエスは初めて、神が人を罰する呪われた十字架から罪人を救った(十字架は神が人を呪い、罰するための道具である。呪いや罰と言う時、それは常に罪人を特に指している)。その目標はすべての罪人が悔い改めるようにすること、および磔刑という手段を通じ、彼らに罪を告白させることだった。つまり、神は全人類を贖うために、聖霊によって受胎される肉体として受肉し、全人類の罪を自ら引き受けたのである。これを日常の言語で言い表わすなら、彼はすべての罪人と引き替えに聖なる肉体を捧げたということになるが、そのことは、イエスが「罪の捧げ物」としてサタンの前に置かれ、それによってサタンが踏みにじった罪なき人類を残らず神のもとに返すよう、サタンに「懇願」するのに等しいことである。そのため、この段階の贖いの働きを完成するには、聖霊による受胎が必要とされたのである。これは一つの必要条件、父なる神とサタンとの闘いにおける「平和協定」だった。そういうわけで、イエスがサタンに引き渡されて初めて、この段階の働きが完結したのである。しかし、神による贖いの働きは今日すでに比類なきものになっており、サタンには要求を行なう理由がそれ以上ないので、神は受肉するために聖霊による受胎をもはや必要としない。神は本質的に聖く、罪がないので、今回受肉した神はもはや恵みの時代のイエスではない。しかし、彼は父なる神の旨のため、父なる神の望みを成就させるため、依然として受肉している。当然ながら、そのように説明しても不合理ではないはずだ。神の受肉はある一連の規則に従わなければならないものなのか。

多くの人は聖書の中に証拠を求め、神の受肉に関する預言を見つけようと望んでいる。神がずっと以前に聖書の中で「働く」のをやめ、聖書の外に「飛び出し」、長きにわたって計画しながら人には決して話したことのない働きを熱心かつ意欲的に行なおうとしていることを、混乱してばらばらな思考をもつ人間がどうして知ることができようか。人々はあまりにも理知が欠けている。神の性質をほんの少しだけ味わった後、完全な無頓着さで演台に登って高級な「車いす」に座り、神の働きを検証するのみならず、果てはこの世のありとあらゆることに関する仰々しいとりとめのない話をして、神を教育し始める。多くの「老人」が老眼鏡をかけ、あご髭を撫でながら、生涯読んでいる「古い年鑑」(聖書)の黄ばんだページを開く。言葉をぼそぼそつぶやき、一見生き生きと目を輝かせながら、老人はヨハネの黙示録を開いてみたり、ダニエル書を開いてみたり、誰もがよく知っているイザヤ書を開いてみたりする。小さな文字がぎっしり詰まったページを次々とめくって見つめながら黙読し、頭脳を絶え間なく回転させている。すると突然、髭を撫でている手が止まり、それを引っぱり始める。ときどき髭のちぎれる音が聞こえる。こうした異常な行動は人を面食らわせる。「なぜそんなに力いっぱい引っぱるのか。いったい何にそれほど怒っているのか」。老人に目を戻すと、その眉は今や逆立っている。その老人の目が、カビの生えたようなページに釘付けになっている中、白くなった眉毛があたかも偶然のようだが完壁に、ガチョウの羽のごとくまぶたからきっかり二センチのところに舞い降りていた。老人は同じページに何度も戻った後、どうしようもなくてさっと立ち上がり、あたかも誰かと世間話[3]をするかのようにおしゃべりを始めるのだが、その目は年鑑に釘付けになったまま光を放っている。突然、今開いているページを覆い隠し、「別の世界」の方を向く。その動きはとても慌ただしく[4]、恐ろしいものなので、人々を唖然とさせそうなほどである。やがて、老人が沈黙する中、穴から出てきたネズミが、自由に動けるほど緊張がほぐれだしていたのに、老人の思わぬ動きにびっくりしてすぐさま穴に駆け戻り、煙のように消えて二度と姿を現わさない。そして今、老人の左手は一瞬止まっていた髭を撫でる上下運動を再開する。彼は本を机の上に置いて席を離れる。扉の割れ目と開いている窓から風が吹き込み、容赦なくその本を閉じたり開いたりする。この光景には言い表せない寂寥感があり、本のページが風でカサカサいう音を除いて、一切のものが沈黙に陥ったように思える。老人は両手を背に回して握り締め、部屋を行きつ戻りつしているが、立ち止まったかと思うとまた歩き出し、時々頭を振って、「おお、神よ。あなたは本当にそれをなさるのですか」と繰り返し口ごもっているように見える。また時々頷いて「おお、神よ。誰があなたの働きを推し測れるでしょう。あなたの足跡を捜すのは難しくありませんか。あなたが何の理由もなく、面倒を引き起こすようなことはなさらないと、私は信じています」と言う。やがて老人は眉をひそめ、じっと目をつぶり、あたかもゆっくり計算するかのように、恥ずかしげな顔つきになり、かなり苦しそうな表情も見せる。気の毒な老人。このように生涯を送り、これほど遅くになって「不運にも」この問題に出くわした。それについて何ができるだろう。わたしはあまりに当惑し、無力なので、何もできない。誰が彼の古い年鑑を年月とともに黄ばませたのか。誰が非情にも、彼の顔のあちらこちらを、白雪のようなあご髭と眉で覆わせたのか。それはあたかも、あご髭が彼の老いを表わしているかのようである。しかし、古い年鑑の中に神の存在を求めるほど人間が愚かになるなど、誰が知っていただろうか。古い年鑑はいったい何ページあるのか。本当に神の業のすべてがその中で正確に記録されているのか。誰があえてそれを保証するのか。しかし、人は実際、神の出現を探し求め、言葉を解剖してばらばらにする[5]ことで神の旨を成就させようと考え、このようにしていのちに入ることを望んでいる。そうした形でいのちに入るのは、言うほど容易なことなのか。これは最も馬鹿げた、誤った理論ではないのか。あなたはこれを滑稽だと思わないのか。

脚注

1.「曖昧」は、人々が神の働きについて明確な識見をもっていないことを示す。

2.「世間話」は、人々が神の働きを研究する時に見せる醜い顔の隠喩である。

3.「慌ただしく」は、「老人」が聖書を参照する際の熱心でせっかちな動きを指している。

4.「言葉を解剖してばらばらにする」は、誤謬の中にあって、言葉を子細に解剖するものの、真理を求めず、あるいは聖霊の働きを知らない専門家を揶揄するために使われている。

前へ: 働きと入ること(5)

次へ: 働きと入ること(7)

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

キリストの本質は父なる神の心への従順

受肉した神をキリストと呼ぶ。キリストは神の霊が肉をまとった姿である。この肉はいかなる肉ある人間とも異なる。キリストは肉と血でできているのではなく、神の霊が受肉したものだからである。キリストは普通の人間性と完全なる神性の両方を持っている。キリストの神性はいかなる人も持っていないもの…

教会生活と実生活についての議論

自分は教会生活の中でのみ変化することができると人々は感じている。まるで実生活の中で変化するのは不可能だとでもいうように、教会生活の中でなければ変化は不可能だと思っている。このことの問題点がわかるだろうか。わたしは以前神を実生活に持ち込むことについて話をしたが、それは神を信じる者に…

あなたは神への忠誠を保たなければならない

現在、聖霊は教会の中でどのように働きを行なっているのか。あなたはこの問いをしっかり把握しているだろうか。兄弟姉妹が抱える最大の困難は何か。何が最も欠けているのか。現在、試練を経る中で消極的な人がおり、中には不満を口にする人さえいる。他にも、神は語り終わったといって、前進するのを止…

第二十七章

人間の行いがわたしの心を動かしたことは一度もないし、貴重だという印象をわたしに与えたこともない。人の目には、わたしがいつもその人に対して厳格で、いつも権威を振るっているかのように映っている。人のあらゆる行為のうち、わたしのためになされるものはほとんどないし、わたしの目の前で確固た…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索