言葉は肉において現れる

目次

業と成長 (6)

働きと神の御国に入ることはそもそも実際的で、神の御働きと人が神の御国に入ることについて述べている。人は神の本当の御顔と神の御働きをまったく理解していないので、神の御国に入るには非常な困難が生じた。今日まで、多くの人々は、神が終わりの日に完成する御働きのことをまだ知らない。あるいは、なぜ神は人の姿となり、禍福いずれの場合も人を支持するために行き過ぎた屈辱に耐えるのかを知らない。人は神の御働きの目標について何も知らないし、終わりの日の神の御計画の目的も知らない。さまざまな理由で、人々はいつも神が人に対して神の御国に入るようにと要求なさることに関して中途半端で曖昧[a]であり、そのため、人の姿となった神の御働きには多大の困難がもたらされた。人々は皆障害物になったようで、今日まで彼らはまだ明確に理解していない。従って、私は神が人に行う御働きと神の緊急の意図について話し、あなたたちすべてが神の忠実な奉仕者になり、ヨブのように、神を拒絶するくらいならむしろ死を選び、あらゆる恥辱に耐え、ペテロのように存在のすべてを神に捧げ、終わりの日に神が選んでくださる者になることを目指す。すべての兄弟姉妹が全存在を神の素晴しいご意志に捧げ、神の家で敬虔な奉仕者になり、神によって与えられる無限の約束を享受することを祈る。そうすれば、父なる神の御心はすぐに平和な休息を享受できるだろう。「父なる神のご意志を成就する」は神を愛するすべての人々のモットーにするべきである。これらの言葉は人が神の御国に入るための指針として、人の行動を指図する羅針盤として役立つべきである。これは人が持つべき決意である。地上で神の御働きを安全に終わらせ、人の姿となった神の御働きに協力すること――これは人の本分である。いつか、神の御働きが完了する時、人は人の姿となった神に天の父のもとに早く戻るよう別れを告げるだろう。これは人が履行すべき責任ではないだろうか。

恵みの時代、神が第三の天に戻られた時、人類すべての罪を贖うという神の御働きは実質的にすでに最終章に移っていた。地上に残っているのはイエスが運んだ十字架、イエスを包んでいた上質のリネン、いばらの冠、イエスが着ていた緋色のローブがすべてであった(これらはユダヤ人がイエスを嘲笑するために使ったものである)。すなわち、イエスの磔刑はしばらくの間、混乱を引き起こしてから落ち着いた。その時からイエスの使徒たちは神の御働きを進め、至る所の教会で人々を導き、清めた。彼らの働きの内容は次の通り、すなわち、すべての人々に後悔させ、自己の罪を認めさせ、洗礼を受けさせることであった。12使徒は皆イエスの磔刑の内部情報と実際に起こったことを広め、誰もがイエスの前に平伏して自分たちの罪を認めざるを得なかった。さらに、12使徒は至る所でイエスの話された言葉やイエスが規定した規則や戒律を広めた。その時から恵みの時代の教会建設が始まった。その時代にイエスが語ったことは人の生活や天の父の御心にも重点を置いていた。それらの語られたことや実践の多くが今日のものとかなり違っているのは時代の違いのためだけである。しかし、双方の本質は同じである。どちらも肉体化した神の霊の働きにほかならない。その種の働きや言葉は今日まで続いており、そのため、今日の敬虔な教会で今も共通なものはその類のことであり、まったく変わっていない。イエスの御働きが終了した時、イエス・キリストの正しい軌道は地上に根付いていたが、神は御働きの別の段階、すなわち終わりの日の受肉の問題のための計画を始められた。人にとって、イエスの磔刑は神の受肉の御働きを終結させ、全人類を罪から救い、神が黄泉の国の鍵を握られるのを可能にした。誰もが神の御働きは完全に成し遂げられたと考えている。実際は、神にとって、御働きのほんの一部が成し遂げられたにすぎない。神は人類の罪を救われただけである。人類を征服しておられず、ましてや人の中のサタンの醜さを変えていない。そのため神は次のように言われる。「人となった私の肉体は死の苦しみを経験したが、それは受肉の目標のすべてではなかった。イエスは私の愛する子で、私のために十字架にくぎで打ちつけられたが、彼は私の働きを完全には終了しなかった。彼が行ったのはほんの一部であった。」したがって、神は受肉の働きを続行する計画の第2回目を開始された。神の最終的意図は、サタンの手から救われたすべての人を完全なものにし、味方にすることであり、そのため、神は人の姿となるという危険を再び冒す準備をされた。「受肉」と呼ばれるものは栄光を持っていることを示すのではなく(神の御働きはまだ仕上げられていないので、栄光をもっていない)、愛する御子の姿の中に現れることであり、御子とはキリストであり、神はキリストに十分満足している。そのため、これは危険なことと言える。肉体は極めて力が小さく、細心の注意を払わねばならず[b]、天の父の権威とは似ても似つかず、肉体の職務を履行し、他の働きに関わることなく、父なる神の御働きと権限を遂行するだけである。彼は御働きの一部を遂行するだけである。そこで、神は地上では「救世主」と呼ばれる。これは組み込まれている意味である。地上に来ることは誘惑を伴っていると言われる理由は、一つの任務だけを成し遂げるからである。さらに、父なる神が彼を「キリスト」「愛しい子」と呼ぶだけで、すべての栄光を与えなかった理由は、人の姿となったキリストは一つの作業計画をするために地上に来られるのであって、天の父の代わりをするためではなく、むしろ神に愛される子としての任務を遂行するためだからである。愛しい子が肩に担った全任務を完了する時、父なる神はキリストに神の固有性とともに十分な栄光を与えるだろう。これは「天の規則」と言うことができる。人の姿となったキリストと天の父は異なる状況にあるので、二人は霊の中でお互いの方をじっと見るだけで、父は愛しい子から目を離さないが、子は父を遠くから見ることはできない。肉体の機能は小さすぎ、キリストは今にも殺される可能性があるので、地上へのこの到来は非常な危険を伴うと言われる。これは神がもう一度愛しい子を手放し、彼を虎の口の中に置くのと同じである。サタンがもっとも集中している場所に神が我が子キリストを置くのは命がけのことである。そのような恐ろしい苦境でも、神は愛しい子を不潔で、わいせつな場所にいる人々の手に渡し、彼らの「育成」を図った。これは、そうすることが神の御働きを完全に有意義にする唯一の方法、父なる神のすべての願望をかなえ、人類に対する神の御働きの最終部分を成し遂げる唯一の方法だからである。イエスは父なる神の働きの一段階を成し遂げただけであった。受肉した御身体の障壁と、成し遂げた御働きの違いのために、イエス自身は肉体への再復帰があることをご存知なかった。従って、イエスの歴史的説明を読んだことのある人で、神がもう一度人の姿となり、肉体で御働きの全体を終らせることを希望しているとイエスが予言しているのを見つけた人は誰もいない。イエスはこの件について知ることもなかったので、偉大な預言者や解釈学者も神が人の姿に戻りたいこと、つまり、また人の姿となり、人の姿でその御働きの第2部をなさることを知らない。従って、誰も神がずっと昔に始まって、人の姿に身を隠していたことに気づいていない。これは理解できる。なぜなら、イエスが任務を受け入れたのは、イエスが復活されて天に昇った後のことだったからであり、神の2回目の受肉には何の起源も基礎もなく、根のない水のように把握するのは難しい。さらに、かなり有名な[[]聖書の中でさえ、それに関する資料を見つけることは難しい。聖書の多くの章や節すべての中で、一文でも、一語でもこの件に言及している箇所はない。しかし、イエスがこの世に到来することは長い間予言されていたし、しかも聖霊による受胎を通してであった。それにもかかわらず、神はやはりそれは命がけだと言われた。それでは今日についてはどう語っておられるのか。明らかに神は、今回の受肉は恵みの時代の危険よりも何千倍も大きな危険を冒すと言われる。多くの場所で神は、スエネの地の克服者の一団を得ると予言された。克服者が得られるのは世界の東方なので、神の2回目の受肉が見られる場所は間違いなくスエネの地で、まさに赤い大きな竜がとぐろを巻いているところである。その地で神は赤い大きな竜の子孫に勝利されるので、竜は完全に敗れ、辱められる。神はこれらの深く苦しんでいる人々を目覚めさせ、完全に目覚めさせ、霧から外へ歩き出させ、彼らが巨大な赤い竜を退けることを望んでおられる。神は彼らを夢から目覚めさせ、赤い大きな竜の本質を知らしめ、神にすっかり思いを寄せ、闇の力の抑圧から立ち上がり、世界の東方で立ち上がり、神の勝利の証明になることを望んでおられる。そうなってようやく神は栄光を得るだろう。まさにこの理由のため、神はイスラエルで終わった働きを赤い大きな竜がとぐろを巻いている地にもたらし、地上を去ってからほぼ2千年後、恵みの時代の働きを続行するために再び人の姿となられた。人の肉眼によれば、神は人の姿で新しい働きを開始された。しかし、神にとっては恵みの時代の御働きの続行であり、ただ数千年時が離れただけ、働きの場所と計画が変化しただけである。今日の働きで神が示された人の姿はイエスとはまったく異なる人物であるが、両者は同じ本質と根源を共有しており、同じ源から来ている。おそらく両者の外見には異なった点が多くあるだろうが、彼らの働きの内なる真実は完全に同一である。結局、時代の違いは昼と夜のようなものである。どうして神の御働きは変化しないままでいられるのだろう。あるいは、どうしてその御働きはお互いを分断できるのだろう。

イエスはユダヤ人のような外見で、ユダヤ人に即した衣服を身に着け、ユダヤの食べ物を食べて育った。これはイエスの普通の人間的側面である。しかし、今日人の姿となった体はアジア人の形をとり、巨大な赤い竜の食べもので育つ。これらのことは神の受肉の目標と矛盾しない。むしろ、両者はお互いを補完し、神の受肉の真の重要性をより完全に完了する。人の姿となった体は「人の子」あるいは「キリスト」と呼ばれるので、今日のキリストの外見はイエス・キリストと一致しない。結局、人の姿となった神は「人の子」と呼ばれ、人の姿である。神の御働きの各段階にはかなり深い意味が含まれている。イエスが聖霊によって受胎された理由は、イエスが罪を贖う運命にあったからである。イエスは罪があってはならなかった。しかし、最後に罪深い人に類似してきて、罪人の罪を引き受けた時、彼は神が人々を罰するために使った呪われた十字架によって罪人を救った。(十字架は神が人々を呪い、罰するための道具である。呪と罰の言及は特に罪人を呪い、罰することに関している。)目標はすべての罪人に後悔させて、彼らに罪を認めさせるために磔刑を使うことであった。すなわち、すべての人類の罪を贖うために、神は聖霊によって受胎された人となり、すべての人類の罪を引き受けた。これを説明する一般的方法は、すべての罪人の代わりに神聖な肉体を提供することであり、イエスに相当するものが、サタンが踏みにじった、罪のない全人類を神のもとに返すようサタンに「懇願する」ために、サタンの前に置かれた罪の捧げものである。従って、この段階の贖罪の働きを完成するために聖霊による受胎が要求された。これは必要な条件、父なる神とサタンの闘いの「協定」であった。そういうわけで、イエスがサタンに与えられ、そうしてようやくこの段階の働きは終了する。しかし、今日の神の贖罪の御働きはすでに先例のない壮大なものであり、サタンが要求する理由はまったくないので、神の受肉は聖霊による受胎を必要としない。神は本質的に神聖で、罪がないからである。そこで、今回神の受肉はもはや恵みの時代のイエスではない。しかし、彼はまだ父なる神の御心のため、父なる神の願望を満たすために存在する。どうしてこれを不合理な発言と考えることができるだろう。神の受肉は一連の規則に従わなければならないのだろうか。

多くの人は証拠を求めて聖書の中を見て、神の受肉の予言を見つけようとする。人の壊れた考えでは、神がずっと以前に聖書の中で「働く」のをやめて、聖書の外に「飛び出し」、長い間計画しながら人には決して話したことのない御働きを嬉々として行われることをどうして知ることができようか。人々はあまりにも認識が欠けている。神のご性質を味わっただけでその後彼らは高いステージに平気で立ち上がり、高級な車いすに座り、神の働きを調査し、仰々しい、とりとめのない話で神を教育し始めさえする。「老人」の多くは読書用メガネをかけ、あごひげを撫でながら、生涯読んでいる黄色くなった「古い年鑑」(聖書)を開く。言葉をぼそぼそつぶやき、一見したところ目を輝かせながら、老人はヨハネの黙示録を見たり、ダニエル書を見たり、世界的に知られているイザヤ書を見たりする。小さな言葉がいっぱい詰まった頁から始めて、彼は黙って読み、心は絶え間なく回転している。突然ひげを撫でている手が止まり、髭をひっぱり始める。ときどきひげのちぎられる音が聞こえる。このようなまれな行動が人を面食らわせる。「なぜそのような力を使うのか。彼は何にそんなに夢中になっているのか。」老人に目を戻すと、彼の眉は今や逆立っている。 白髪になった眉は、老人の目がカビの生えたようなページにくぎ付けになっている時、あたかも偶然のようだが完全に、ガチョウの羽のようにこの老人のまぶたからきっかり2㎝のところに着地している。彼は上述の行動の連続を数回繰り返してから、さっと立ち上がらずにはいられず、目の光は年鑑から離れていないが、あたかも誰かと世間話[d]をするかのようにおしゃべりを始める。突然、彼は今開いているページを覆い隠し、「別の世界」の方に向く。彼の動きはとても慌ただしくて、ギョッとさせるものなので、人々をほぼ唖然とさせる。やがて、穴から出てきて、老人の沈黙中「自由を感じ」始めていたネズミが老人のいつにない動きにびっくりして、穴に走って戻り、跡形もなく消えた。今老人の動きのない左手はひげを撫でる上下運動を再開する。彼は本を机の上に置いて席を離れる。少し開いているドアと開いている窓を通して風が吹いてきて、無造作に繰り返し本を閉じたり、開けたりする。この光景には言葉で表せない絶望感があり、本のページが風でガサガサいう音を除いて、すべては沈黙に陥ったように見える。彼は両手を背に回して握り、部屋をゆっくり歩き、立ち止まったかと思うと、歩き出し、時々頭を振って、見たところ、「おお、神よ。あなたは本当にそれをなさるのですか」と繰り返しているようである。時々、頷いて言う、「おお、神よ。誰があなたの働きを理解することができるのでしょう。あなたの足跡を捜すのは難しくありませんか。私はあなたが不合理なことはなさらないと信じています。」やがて老人は眉根を寄せ、目をぎゅっとつぶり、あたかもゆっくり熟考したいかのように、当惑した顔つきになり、かなり苦しそうな表情も見せる。これは本当にこの「立派な老人」を挑発している。彼の人生のこの最後の段階で、彼は「不運にも」この問題に出くわした。それについて何ができるだろう。私も当惑し、何かする力はない。だれが彼の古い年鑑を「黄ばませた」のだろう。誰が彼の顔の別々の場所で無情にも彼のあごひげと眉を白雪のように伸ばさせたのだろう。まるであごひげが彼の経歴を表しているかのようだ。しかし、人はこれ程まで愚かになって、古い年鑑の中に神の存在を捜すなんて、誰が知っていただろう。古い年鑑は一体何ページあるのだろう。本当に神の行いのすべてが記録されているのだろうか。誰があえてそれを保証するのだろう。人は実際、神の出現を探し求め、過度に言葉[e]を分析して、神の御心をかなえようとする。このようにして人生に関わろうとするのは言うほど容易なことなのだろうか。これは不合理で、誤った推論ではないだろうか。あなたはこれを滑稽だと思わないのだろうか。

脚注:

a. “Equivocal”(曖昧な) は神の働きに明確な洞察力を持っていないことを示す。

b. “Is of minuscule power and must exercise great caution” は肉体の困難は多すぎて、働きはあまりに限られていることを示す。

c. “Highly renowned” はからかった言い回しである。宗教的に間違った推論の中で、何人の専門家が黄ばんだ「古い年鑑」を神として崇めているかに言及している。

d. “Small-talk” (世間話)とは人々が神の働きを研究する時の醜い顔の隠喩である。

e. “Overly parsing words” (過度に言葉を分析する)は、言葉の些細なことにこだわるが、真実を捜さず、あるいは聖霊の働きを知らない、誤った考えの専門家を馬鹿にするために使われる。