働きを理解しなさい──混乱したまま付き従ってはならない

現在、混乱した状態で神を信じている人々が多くいる。あなたがたは好奇心が過剰で、祝福を求める願望が強すぎ、いのちを求める熱意は少なすぎる。昨今の人々は、熱狂的にイエスを信じている。イエスはそうした人々を天の家に連れ戻してくれるのだから、信じられない者がいるだろうか。中には一生を通じて信者であり続け、40年も50年も信仰していながら、飽くことなく聖書を読んでいる者もいる。なぜなら彼らは、何があっても信仰を持ち続けている限り、天国に入れると考えている[a]からだ。あなたがたはまだ神に従ってこの道を歩み始めてから数年しか経っていないが、すでに決意が揺らいでおり、忍耐力を失っている。それは祝福を得たいという願望が強すぎるからだ。あなたがたは祝福を得たいという願望と好奇心に支配されて、この真の道を歩んでいるが、働きのこの段階についてはろくに理解していない。現在わたしが語っていることの多くは、イエスを信じる者に向けて言っているのではなく、彼らの観念に反論するためだけに言っているのでもない。実際こうして顕わにされた観念こそ、まさにあなたがたの中にある観念なのだ。なぜならあなたがたは、なぜ聖書が脇へ置かれているのか、なぜわたしがヤーウェの働きは古くなったと言うのか、なぜイエスの働きは古くなったと言うのかを理解できていない。事実、あなたがたは口に出さない観念を数多く抱いており、さらに多くの見解を心の奥に秘めて、ただ群衆に従っている。本当に自分は多くの観念を抱いていないと思っているのか。いや、ただそれらを口に出していないだけだ。事実、あなたがたはうわべだけ神に従っていて、まったく真の道を求めに来ず、いのちを得るという目的でここへ来ていない。あなたがたの姿勢は単に、事の成り行きを見たいというものだ。あなたがたは従来の観念の多くを払拭できずにいるため、誰一人として完全に身を捧げることはできていない。この段階になっても、まだ自分自身の運命を心配し、日夜思い悩んで、決してそれを忘れることができない。わたしがパリサイ人について話すとき、宗教の「古い人々」の話をしていると思っているのか。あなたがた自身、現代の最も進歩的なパリサイ人の代表ではないか。わたしが聖書に照らしてわたしを測る者の話をするとき、それが宗教界の聖書専門家だけを指していると思うのか。神を再び十字架にかける者の話をするとき、それを宗教界の指導者たちのことだと考えているのか。あなたがた自身が、そうした役を演じるのにもっともふさわしい役者ではないか。わたしが人々の観念に反論するために語る言葉はすべて、ただ宗教界の牧師や長老を揶揄していると思っているのか。あなたがた自身、そうしたことすべてに関与していたのではないか。自分たちはほとんど観念を抱いていないという確信があるのか。あなたがたはただ皆、学んで利口になっただけのことだ。そして理解していないことについては話さず、それについての感情も露わにしないが、あなたがたの中には畏敬や服従の心がまったく存在しない。あなたがたにとっては、研究し、観察し、そして待つことが、今日の最善の実践方法なのだ。あなたがたは学んだ結果、過度に利口になっているが、それが一種の心理的な狡猾さであることを知っているのか。自分のつかの間の利口さが、永遠の刑罰を逃れるために役立つと思っているのか。あなたがたは学んだ結果、過度に「賢く」なっているのだ。さらに中には、わたしに次のような質問をする者もいる。「いつか宗教関係者に、『あなたがたの神はなぜ一つも奇跡を行わないのか』と尋ねられたら、どう説明すればよいでしょうか」と。最近では宗教関係者がそうしたことを尋ねるだけでなく、同時にあなたも現在の働きを理解しておらず、多くの観念を抱えすぎている。わたしが宗教関係者と言うとき、誰を指しているかまだわからないのか。わたしが誰に対して聖書を説明しているかわからないのか。神の働きの三段階を説明しているとき、誰に語っているかわからないのか。わたしがそうしたことを語らなかったら、あなたがたは簡単に確信を得るだろうか。簡単に頭を垂れるだろうか。従来の観念を簡単に捨て去るだろうか。特に、誰に従ったこともないいわゆる「男の中の男」たちは、それほど簡単に従うだろうか。あなたがたは人間性が低水準であり、素質が非常に低く、脳の発達度も低く、神を信仰した経験も浅いが、実際非常に多くの観念を抱いており、生来の本性として誰にも簡単に従わないことは承知している。しかし今日、あなたがたは無力であり従わざるを得ないので、従うことができる。あなたがたは鋼の檻に入れられた虎であり、能力を自由に発揮できないからだ。仮に羽があったとしても、飛ぶのは難しいだろう。あなたがたは祝福を約束されてはいないものの、それでも付き従う意志を持っている。しかしそれはあなたがたの「善人」としての気概を表しているのではなく、ただ完全に打ち倒され、もう為す術がないということなのだ。それはこの働きのすべてが、あなたがたを打ち倒したということだ。もし何かしらできることがあったとすれば、あなたがたは今日ほど従順ではないだろう。なぜならあなたがたは従来、みな荒れ野の野生ロバだったからだ。それゆえ現在語られていることは、さまざまな宗教や教派の人々だけに向けられたものではなく、そうした人々の観念に反論するためだけのものでもない。そうではなく、あなたがたの観念に反論するためのものなのだ。

義の裁きはすでに始まっている。神はまだ人間の罪のいけにえの役割を果たすのだろうか。再び人間のために、名医の役を演じるのだろうか。神にはそれ以上の権威がないのだろうか。一群の人々はすでに完全にされ、玉座の前に召し上げられている。神はまだ悪霊を追い払い、病人を癒やすのだろうか。それはあまりに時代遅れではないか。この状態が続くとしたら、証しは可能になるのだろうか。神は一度十字架にかけられたことで、永遠に磔にされているのだろうか。一度悪霊を追い払ったことで、永遠に彼らを追い払い続けることになるのだろうか。それは屈辱と言えるのではないだろうか。この働きの段階が前の段階よりも高度である場合のみ、時代は先へと進み、そして終わりの日が到来して、この時代が完結する時が来るのだ。そのため真理を追求する者は、ビジョンを見抜くことに留意しなければならない。それが基盤である。ビジョンについてあなたがたと交わるたび、わたしはいつも一部の者が話を聞こうとせず、まばたきして居眠りを始めるのを見かける。他の者が「なぜ話を聞かないのか」と尋ねると、その者たちは「この話は私のいのちや現実への入りに役立たない。私たちに必要なのは実践の道だ」と答える。そうした者は、わたしが実践の道ではなく働きの話をするといつも、「あなたが働きの話を始めるとすぐに眠くなってしまう」と言う。そこでわたしが実践の道について話し出すと、その者はメモを取り始めるが、働きの説明に戻ると、また話を聞かなくなる。あなたがたは自分が今身に付けるべきことを知っているのか。その一面は働きについてのビジョンに関わっており、もう一つの面が実践だ。あなたがたはこの両方の側面を把握する必要がある。いのちの進歩を追求する際にビジョンを持っていなければ、あなたには基盤がないことになる。ただ実践の道だけを身に付けても、ビジョンが皆無で、全体的な経営(救いの)計画の働きを何も理解していなかったら、あなたは何の役にも立たない。ビジョンに関する真理を理解しなければならず、実践に関連する真理については、理解した後に適切な実践の道を見いだす必要がある。言葉に従って実践し、自分の状況に従って入らなければならないのだ。ビジョンは基盤であり、その事実に留意しないなら最後まで付き従うことはできないだろう。経験をそのようなやり方で得ているなら、道に迷うか、躓いて失敗することになるだろう。成功できる可能性はない。大いなるビジョンを基盤として身に付けていない者には失敗しかなく、成功することはできない。あなたは揺るぎなく立つことができないのだ。神を信じるとはどういうことかを知っているのか。神に付き従うとはどういうことかを知っているのか。ビジョンなくして、どのような道を歩もうというのか。現在の働きにおいては、ビジョンを持っていないなら完全にされることはあり得ない。あなたは誰を信じているのか。なぜ神を信じているのか。なぜ神に付き従っているのか。自分の信仰を、一種のゲームのようなものだと思っているのか。自分の命を何かの玩具のように扱っているのか。今日の神は最も偉大なビジョンである。あなたはその神についてどの程度知っているのか。その神をどの程度見たことがあるのか。今日の神を見たことで、信仰の基盤は確かなものになっているのか。そのように、混乱しながらでも付き従っている限り、救いを得られると思っているのか。泥水の中で魚を捕まえることができると思うのか。それはそんなに簡単なことか。今日神が発している言葉について、あなたはいくつの観念を捨て去ったのか。あなたは今日の神のビジョンを持っているのか。今日の神に関するあなたの理解はどこにあるのか。あなたはいつも、ただ神に付き従っていれば、あるいはただ神を見さえすれば、神を[b]得ることができ、誰も自分を排除はできないと考えている。しかし、神に付き従うことがそれほど容易だと考えてはいけない。重要なのは神を知り、神の働きを知るということであり、神のために苦難に耐え、自らの命を捧げ、神に完全にされる意志を持たねばならないのだ。これが、あなたが備えねばならないビジョンである。いつも恵みを得ることばかり考えていても何にもならない。神がただ人間を楽しませ、人間に恵みを与えるためにいると考えてはならない。それは間違いなのだ。自らの命を賭けて神に従い、この世で所有するものすべてを捨てて付き従うことができないなら、その者は絶対に最後まで付き従うことはできない。ビジョンを自分の基盤とする必要があるのだ。いつかその身に不幸が降りかかったら、あなたはどうするべきか。それでも神に付き従うことができるだろうか。最後まで付き従えるかどうかを、軽い気持ちで答えてはならない。まず目を見開いて、今がいつなのか見てみなさい。今あなたがたは神殿の柱のようであるかもしれないが、そのような柱がみな虫に食われて神殿が倒れる時が来る。なぜなら現在、あなたがたには非常に多くのビジョンが欠けているからだ。あなたがたは自分の小さな世界だけに気を配っていて、最も信頼性が高く適切な探求の方法とは何かを知らない。そして現在の働きのビジョンに注意しておらず、それを心に留めてもいない。あなたがたは自分の神が、いつか自分を最も見知らぬ地へ送るということを考えたことがあるだろうか。わたしがいつかあなたがたのすべてを奪い去ったら、自分がどうなるかを想像できるだろうか。その日、あなたがたの活力は今と同じだろうか。あなたがたの信仰は再び現れるだろうか。神に付き従う上で、あなたがたはこの「神」という最大のビジョンを知らねばならない。それが最重要事項なのだ。また、この世の人間たちと縁を切って聖別されることで、自分が必ずしも神の家族になると考えてはならない。現在、被造物の間で働きを行っているのは神自身であり、神が人々の中に現れて自らの働きを行っているのだ。何かの組織運動を展開しているのではない。あなたがたの中で、現在の働きが受肉した天の神の働きであることを理解できる者は一握りにも満たない。その働きの趣旨は、あなたがたを傑出した才能の持ち主にすることではなく、あなたがたが人生の意義を知り、人間の終着点を知り、神と神の全体像を知れるようにすることなのだ。あなたは自分が創造主の掌中にある被造物であることを知らねばならない。何を理解すべきか、何を行うべきか、そしてどのように神に付き従うべきか――こういったことが、あなたの理解すべき真理であり、あなたが見るべきビジョンではないか。

人々はビジョンを備えれば、基盤を持つことになる。それを基盤として実践を行えば、入りははるかに容易になるだろう。そのように、一度入りのための基盤を持てば、もう疑念を持つことはなくなり、非常に容易に入れるようになる。ビジョンを理解し神の働きを知ることの、この側面は重大であり、必ず身に備えておかねばならない。真理のこの側面を身に備えることなく、実践の道についての語り方だけを知っているとすれば、それは重大な欠陥となる。わたしはあなたがたの多くが、真理のこの側面を強調していないことに気づいた。その話を聞くときも、ただ言葉や教義だけに耳を傾けているようだ。いつの日か、あなたは大損することになるだろう。現在の言葉のいくつかを、あなたはよく理解しておらず、受け入れてもいない。その場合は忍耐強く探求することで、いつか理解できる日が来るだろう。少しずつ、より多くのビジョンを身に付けていきなさい。霊的な教義を少ししか理解していなかったとしても、ビジョンにまったく注意を払わないよりはましであり、何一つ理解していないよりはよい。そのすべてがあなたの入りに役立ち、あなたの抱いている疑念を払拭することになるだろう。そうした状態は、観念に満たされている状態よりもましだ。そうしたビジョンを基盤としているほうがはるかによい。疑念などは一切なくなり、堂々と自信を持って入ることができるようになるだろう。なぜいつもそんなに戸惑い疑いながら神に付き従う必要があるのか。それは現実から目をそむけているのと同じではないか。堂々と闊歩して神の国に入るのは、どれほど気分がよいことだろう。なぜそれほど疑念に満ちていなければならないのか。あなたはあえて修羅場を潜っているだけではないのか。ヤーウェの働き、イエスの働き、そして現在の働きの段階について一度理解できれば、あなたは基盤を得ることになる。現時点では、それは非常に単純なことに思えるかもしれない。中には次のように言う人もいる。「時が来て聖霊が大いなる働きを始めたら、私はこれらのことすべてについて語れるようになる。今私がよく理解していないのは、聖霊がまだ私をそれほど啓いていないからだ」。だがそれはそんなに簡単なことではない。今真理[c]を受け入れる気があるなら、時が来ればそれを自在に用いられるようになる、などということではないのだ。必ずしもそうなるとは限らない。あなたは今自分が必要なものを十分に備えていて、宗教関係者や偉大な理論家にも問題なく対応できるし、彼らを論破すらできると思っている。しかし本当にそうできるのだろうか。そんな表面的な経験だけで、どんな認識を語ることができるのか。真理を身に備え、真理の戦いを行い、神の名を証しするということは、あなたが考えているように、神が働いてさえいればすべて成し遂げられるというようなことではないのだ。あなたはそのときまでに何かの質問に詰まるかもしれず、それで言葉を失ってしまうだろう。重要なのは、この働きの段階を明瞭に理解しているかどうか、そしてそれをどの程度実際に知っているかということなのだ。敵の勢力に勝利することも、宗教の勢力を倒すこともできないなら、あなたは役立たずだということにならないだろうか。あなたは現在の働きを経験し、それを自分の目で見て、自分の耳で聞きはしたものの、それでも最終的に証しに立つことができなかったとしたら、それでもまだ生き続ける度胸があるだろうか。誰に対して顔向けできるのか。今そのことをそんなに簡単だと思っていてはならない。今後の働きは、あなたが想像しているほど単純ではない。真理の戦いはそれほど簡単でも単純でもないのだ。今あなたは備えておく必要があり、真理を身に備えていなければ、時が来て、聖霊が超自然的な働きを行わなかったとき、あなたは途方に暮れることになるだろう。

脚注

a. 原文に「と考えている」の語句は含まれていない。

b. 原文に「神を」の語句は含まれていない。

c. 原文に「真理」の語句は含まれていない。

前へ: ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識

次へ: あなたは道の最終行程をいかに歩むべきか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第二十一章

人間はわたしの光のただ中に落ち、わたしによる救いを受けて堅固に立つ。わたしが全宇宙に救いをもたらすとき、人間はわたしによる回復の流れに加わる方法を見つけようとする。しかし、この回復の激流で大勢が跡形もなく流される。溺れ、激流に流される者が大勢いる。また、激流の中に堅固に立ち、けっ…

神への信仰において、あなたは神に従うべきだ

どうして神を信じるのか。ほとんどの人はこの質問に戸惑う。そのような人は実際の神と天の神について、常に二つのまったく異なる観点をもっている。そのことは、彼らが神を信じるのは神に従うためではなく、何らかの恩恵を被るため、あるいは災難がもたらす苦しみから逃れるためであることを示している…

律法の時代における働き

ヤーウェがイスラエル人に行なった働きは、地上における神の起源の場所を人類の間で確立させたが、それは神が臨在した聖なる場所でもあった。神はその働きをイスラエルの人々に限定した。当初、神はイスラエルの外では働かず、むしろ働きの範囲を限定するため、神が適切とみなした民を選んだ。イスラエ…

祈りの実践について

あなたがたは日常生活において祈りを重視しない。人は祈りに関することを見過ごしてきた。従来の祈りはいい加減で、人が神の前でひととおりの動作をするだけである。自分の心を完全に神の前に捧げて神との真の祈りをする人は誰もいなかった。人が神に祈るのは、何かが起こった時だけである。この長いあ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索