質問 6:聖書にははっきりと書かれています。主が洗礼を授かった後、天が開いて、聖霊が鳩のように主イエスに降り、こう言いました。「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」(マタイによる福音書 3:17)。そして私たち信者も、そう認識しています。しかしあなたがたは、受肉されたキリストは神様の出現であり、神様ご自身だと証されています。主イエスも神様、そして全能神も神様ご自身だと。これがこれまでの私たちの理解とは違うのです。受肉されたキリストは神様ご自身、それとも神様の子のどちらなのでしょうか? どちらも聖書の通りですし、どちらも正しいように思えて。どちらの理解が正しいのでしょうか?

回答:この質問は、多くの信者がその理解に苦しんでいるものです。主イエスが、人類の贖いの働きを行いに来られたとき、神様が人の子として人々の間に現れ、その働きを行われました。彼は恵みの時代を起こされただけでなく、神様が人の世界にいらして、人と共に生きる新しい時代も起こされたのです。多大な敬慕で、人は主イエスをキリスト、神様の子と呼びました。その時、聖霊もまた、主イエスが、神の愛する子だという事実に証し、主イエスは神様を「天の父」と呼びました。したがって、人々は主イエスは神様の子だと信じ、それによって、「父と子」の関係が出来上がったのです。ではちょっと考えてみましょう。創世記の中で神様は一言でも息子がいると言っていますか? 律法の時代において、神ヤーウェは子供がいると言いましたか? 言ってません! これは、神様は唯一無二で、「父と子」の関係がないことを証明してくれています。ある人々はこのような質問をします。恵みの時代において、なぜ主イエスは、自分は神様の子だと言ったのか? 主イエス・キリストは神様の子か、それとも神様ご自身だったのか? この質問は、どの時代においても論じ合われてきた質問と言っても過言ではないでしょう。この疑問について、どこか矛盾しているものを感じながら、それを説明できないのです。主イエスは神様であり、同時に神様の息子でもある? また、父なる神様とは? これについてはほとんど説明できません。過去2千年間、主イエス・キリストが神様ご自身であると気づいたのはほんの一握りの人々だけでしたが、実のところ、これについてはっきりと聖書に書いてあるのです。ヨハネによる福音書14章の8節、ピリポが主イエスに尋ねるところで、「主よ、わたしたちに父を示して下さい。そうして下されば、わたしたちは満足します」。その時、主イエスはピリポにどう答えましたか? 主はピリポに、「ピリポよ、こんなに長くあなたがたと一緒にいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのである。どうして、わたしたちに父を示してほしいと、言うのか。わたしが父におり、父がわたしにおられることをあなたは信じないのか。わたしがあなたがたに話している言葉は、自分から話しているのではない。父がわたしのうちにおられて、みわざをなさっているのである。わたしが父におり、父がわたしにおられることを信じなさい。もしそれが信じられないならば、わざそのものによって信じなさい(ヨハネによる福音書 14:9-11)。ここで、主イエスははっきりと言っています。「わたしを見た者は、父を見たのである」。見ての通り、主イエスは神様ご自身の姿です。主イエスはここで、神様との間に「父と子」の関係があるなんて言っていません。ただ、「わたしが父におり、父がわたしにおられる」「わたしと父とは一つである(ヨハネによる福音書 10:30)と言っただけです。さて、主イエスの御言葉によれば、主イエスは神様ご自身であり、唯一無二の存在で、「父と子」の関係はまったくないと、確認できませんか?

映画『敬虔の奥義(続編)』より引用

前へ: 質問 5:恵みの時代において神様が受肉されたのは、罪の捧げものとして人々の罪を贖うため、というのが理由でしたが、その罪なき体で人類を贖うために、聖霊によって人の子として創造されたのが主イエスです。それだけでもサタンにとっては屈辱的でした。終わりの日において裁きの働きを行われるために、神様が再び人の子として受肉されたというのは、本当だとわかりました。お聞きしたいのは、1度目はユダヤで、そして今度は中国でと、それぞれの受肉が少し違っていることです。人類を救う働きのために、なぜ神様は2度も受肉されなければいけなかったのでしょうか? 2度の受肉の本当の意味は何でしょう?

次へ: 質問 1:ところで、君の話では、終わりの日に主が来られるとき、まずは肉となりひそかに降臨され、勝利者のグループを作ってから、すべての人の前に公に雲に乗り現れるということですね。それはなるほど理にかなっている。だが、今まで2000年間、ほとんどの信者は主が雲に乗って来られるのを待ち望んできた。牧師や長老たちも、よくそのように言ってきた。聖書の預言に従って待つことが、間違っている訳があるのか? 牧師や長老たちは皆主に使える人々だ。彼らは皆主の再臨をこのように待っているのだ。再臨の主が、これらの牧師や長老たちを皆見捨てるとは信じられない! 絶対にあり得ない!

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:聖書は神様の業の証しであり、人類に驚くべき利益をもたらしました。聖書を読むと、神様は全ての創造主であり神様の驚異的で偉大な行い、そしてその全能性が理解できます。聖書は神様の言葉の記録であり、神様についての人の証言ではあるものの、ではなぜ人は聖書を読むことによって永遠の命を得ることができないのだろうか? なぜ永遠の命の道については書かれていないのでしょう?

回答:聖書を読むと、神様は全ての創造主であり、私達は神様の驚くべき行いに気づき始めます。これは聖書が神様の最初の2段階の御働きを証しするものだからです。律法の時代と恵みの時代の神様の御言葉と御働き、そして人の証しの記録だからです。ですから、聖書は私達の信仰にはとても重要なのです。…

質問 2:全能神教会では、主イエスの再来について、すでに証をされている、と常々伺っています。そして主イエスの再来こそが全能神だと! 全能神は真理を表し、終末にその裁きの働きをなさいます。しかし宗教界の大半の人々は、主が雲に乗って再臨されると信じています。これは、主イエスが明白に言われたからです。「そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう」(マタイによる福音書 24:30)。ヨハネの黙示録にも預言されています。「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう」(ヨハネの黙示録 1:7)。私も主が雲に乗って再臨され、我々を天国へ直ちに連れて行って下さると信じています。雲に乗って来られない主イエスを受け入れることはできません。あなた方は、主の再臨は肉の人として、ひそかになされると言います。でも、誰もそのことを知らないと。しかし、主が雲に乗り、公に降臨されるということは絶対的です! ですので、主が雲に乗って公に現れ、直ちに天国にお連れ下さることを、我々は待っています。我々の理解は正しいですか、正しくないですか?

もし主が戻られ、肉の主イエスがなさったようなやり方で、人の間で働いたとしましょう。我々が認めなかったら、パリサイ人がしたようにやはり彼を裁き、彼を非難し、もう一度磔にするでしょうか?その可能性があると思いますか?主イエスは再来することについて多くを語ったが、あなた方は主は雲に乗って来られるというその預言のみに固執し、他の預言を探究していません。これでは主に見捨てられてしまいますね。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索