質問6.聖書にあります。主が洗礼を受けたあと、天が開き、聖霊が鳩のように主に降りて言いました。「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」(マタイによる福音書 3:17)そして信者も、主はキリストで神様の御子だと、認識しています。でもあなた方は、受肉したキリストは神様ご自身、その出現だと証しされています。主イエスとは神様ご自身であり、全能神もまた神様ご自身だと。これまでの理解とは、異なっています。受肉されたキリストは、神様か、神様の御子か、どちらなんでしょう?どちらにしても、聖書に合致して、正しく思えます。一体どちらの理解が、正しいんでしょう?

解答: いい質問をしてくれました。そこは多くの信者が理解に苦しむ点です。受肉した主イエスが来られ、人類の贖いをされた時、神様が人の子として現れその働きを行われました。主は恵みの時代と同時に、神様が人の世界で人と共に生きる新時代を開かれました。人々は敬愛を込めて主をキリスト、神様の子と呼びました。聖霊も、主イエスが神の愛する子だと証しし、主イエスは、神様を「天の父」と呼びました。それで人々は、主イエスが神様の子だと信じ、「父と子」の関係が出来上がったわけです。考えてみてください。創世記の中に一言でも、神様の御子が登場しますか?ない。それでは律法の時代に神ヤーウェは、御子がおられると言いましたか?言っていません。それが証拠でしょう。神様は唯一無二で「父と子」の関係などありません。疑問を持つ人もいるでしょう。なぜ恵みの時代に主イエスは自身を、神の子と言ったのか?主イエスは神様の子か、神様ご自身なのか?この問いは、どの時代にも議論のあった問題だと言っていいでしょう。人々は矛盾を感じつつも、それをうまく説明できません。神様でありながら、その御子でもある、また父なる神もおられる。ますます説明がつきません。過去2千年間、主イエス・キリストこそ神様ご自身であると気づいた人々は、ほんの一握りでした。実のところ、これについては、聖書にはっきり書いてあります。ヨハネの福音書14章8節、ピリポが主に訪ねます。「主よ、わたしたちに父を示して下さい。そうして下されば、わたしたちは満足します」。その時に、主イエスはどう答えました?主は言われました。「ピリポよ、こんなに長くあなたがたと一緒にいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのである。どうして、わたしたちに父を示してほしいと、言うのか。わたしが父におり、父がわたしにおられることをあなたは信じないのか。わたしがあなたがたに話している言葉は、自分から話しているのではない。父がわたしのうちにおられて、みわざをなさっているのである。わたしが父におり、父がわたしにおられることを信じなさい。もしそれが信じられないならば、わざそのものによって信じなさい。」(ヨハネによる福音書 14:9-11) ここで、主イエスははっきりと言っています。「わたしを見た者は、父を見たのである。」つまり、主イエスは神様の現れです。主はここで、神様と「父と子」の関係であるとは言っていません。ただ「わたしが父におり、父がわたしにおられる」「わたしと父とは一つである」(ヨハネによる福音書 10:30)と。主イエスの言葉によれば、主は神様ご自身であり、唯一無二の存在なんです。「父と子」の関係など、全くないのは明らかじゃないですか?

『敬虔の奥義(続編)』の映画台本から

前へ: 質問5.恵みの時代に、神様が受肉された理由は人の罪を贖うため、それはよく分かります。主イエスは、罪なき体で人類を贖うため、聖霊によって受胎されました。それだけでもサタンには屈辱です。神様が、終わりの日に裁きをされるために、再び受肉されたというこのことは真実だと分かりました。お聞きしたいのは、神様の二度の受肉が少し違うことです。一度目はユダヤでした。そして二度目は、この中国です。神様は、人類を救う働きのために、なぜ二度受肉されたんですか?二度の受肉の本当の意味とは、何なんでしょうか?

次へ: 質問7.主イエスが神様ご自身なら、なぜ天の父に対して、祈られるんでしょうか?解き明かされる奥義がありそうですが、どうかぜひ、お話しください。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

「わたしの羊はわたしの声に聞き従う」と主は言いました。主が戻られ、羊を集めていると分かりました。主を待つとは主の声を探し求めることですが、問題は主の声をどうやって聞くのか知らないことです。神の声と人間の声の区別がつきません。絶対に主の声だと分かるにはどうしたらいいですか?

神の声は心と霊で聞く必要があり、心が同じなら分かり合えます。神の言葉は真理であり、力と権威があるので、心と霊があれば分かります。全能神の言葉を少し読んだだけで、多くの人が神の声であると確信できます。神は受肉のたびにその段階の働きをします。神の指示で特定の言葉を少し伝えるだけの預言者とは全く違います。

質問2.私は神を見たことがないし、神がどう働き世界を支配しているのかも見たことがない。私には神を認識し受け入れるのは難しい。私の長年の宗教研究からは、宗教的な信仰は精神的な栄養に過ぎない。人類の精神的な空洞を埋めるものです。神を信じる人たちも最終的にはみんな死にますね。だれが天国に行って誰が地獄に落ちたのかなんて分からないのです。全ての宗教的信仰は非常に曖昧で、非現実的です。科学が発達し、人類が進歩するにつれ、宗教的信仰なんてものは捨てられ、消えていくでしょう。我々はまだ科学は信じなければなりません。科学こそが真理であり、現実です。誰も否定できません。科学はまだ神を否定していませんが、神の存在証明もしていない。もし科学が神の存在と神の支配を証明出来たら、神を信じることはできます。我々共産主義者は科学を信じるのです。科学を信じ、発展させることによってのみ、人間社会は進歩するのです。科学は人間社会の問題を沢山解決することが出来ます。神を信じて何を得られますか?一時的な心の慰め以外に何の役に立つのですか?実際の問題を解決しない。従って、科学を信じたほうが神を信じるよりずっと現実的です。科学を信じなくては。

解答: 無神論は何よりも科学を重んじます。科学を真理や信仰のように扱うほどです。科学がもし真理ならば、何故多くの科学的理論が確立されても、すぐにまた反論され無効にされるのですか?科学が真理などではない証拠です。科学は現実的な問題を解決できますか?人類の堕落を解決できますか?科学は…

質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

「天」とは常に神を意味し、「天の国」とは神の御国のことです。ヨハネの黙示録にあります。「神の幕屋が人と共にあり」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。」つまり神の御国は地に造られ、この地上の国は、最後に神の御国になるのです。

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索