キリストの身分は神自身


神は肉となるので 肉して 肉の身分において働く

その時肉としてなすべき働きを終える 神自身が肉となる

Chorus

キリストの人間性がどれだけ普通でも

神自身としてのキリストの身分は否定できない

キリストがどの立場から語ろうと どう神の旨に従おうと

彼は神自身


キリストであろうと 神の霊であろうと

両者は真(まこと)の神

自身のなすべき働きをし

なすべき職分を尽くす

どう働こうが キリストは神に不従順な行為はしない


キリストの人間性がどれだけ普通でも

神自身としてのキリストの身分は否定できない

キリストがどの立場から語ろうと どう神の旨に従おうと

彼は神自身


キリストは何を求めようと

人に到達できないことは決して要求しない

キリストの為すこと 為せること全ては

神の旨とその経営のため


キリストの人間性がどれだけ普通でも

神自身としてのキリストの身分は否定できない

キリストがどの立場から語ろうと どう神の旨に従おうと

彼は神自身


キリストはその神性において全てにまさる

それ故 あらゆる被造物の中で 最高の権威

その権威は彼の神性

神自身の性質と存在そのもの

それが彼の身分を決定する


キリストの人間性がどれだけ普通でも

神自身としてのキリストの身分は否定できない

キリストがどの立場から語ろうと どう神の旨に従おうと

彼は神自身

『言葉は肉において現れる』の「キリストの本質は父なる神の心への従順」より編集

前へ: キリストの本質は天の父の旨に従う

次へ: キリストの働きと表現が彼の本質を決定する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

終わりの日のキリストが東方に現れる

大いなる光が暗い地に現れる。 東方の稲妻が今、光を放った。 これは人の子の降臨である。 この事実についてどうして声を上げて歌わずにいられようか。 あなたは受肉された実際の神。 全能神よ、私たちはあなたをいつも讃美する。 あなたのことを声高らかに歌う。 全能神よ、私たちはあなたをい…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索