キリストの身分は神自身

神は肉となるので 肉して 肉の身分において働く

その時肉としてなすべき働きを終える 神自身が肉となる

Chorus

キリストの人間性がどれだけ普通でも

神自身としてのキリストの身分は否定できない

キリストがどの立場から語ろうと どう神の旨に従おうと

彼は神自身

キリストであろうと 神の霊であろうと

両者は真(まこと)の神

自身のなすべき働きをし

なすべき職分を尽くす

どう働こうが キリストは神に不従順な行為はしない

キリストの人間性がどれだけ普通でも

神自身としてのキリストの身分は否定できない

キリストがどの立場から語ろうと どう神の旨に従おうと

彼は神自身

キリストは何を求めようと

人に到達できないことは決して要求しない

キリストの為すこと 為せること全ては

神の旨とその経営のため

キリストの人間性がどれだけ普通でも

神自身としてのキリストの身分は否定できない

キリストがどの立場から語ろうと どう神の旨に従おうと

彼は神自身

キリストはその神性において全てにまさる

それ故 あらゆる被造物の中で 最高の権威

その権威は彼の神性

神自身の性質と存在そのもの

それが彼の身分を決定する

キリストの人間性がどれだけ普通でも

神自身としてのキリストの身分は否定できない

キリストがどの立場から語ろうと どう神の旨に従おうと

彼は神自身

『言葉は肉において現れる』の「キリストの本質は父なる神の心への従順」より編集

前へ: キリストの本質は天の父の旨に従う

次へ: キリストの働きと表現が彼の本質を決定する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索