204 ご機嫌取りの目覚め

1

かつての私はご機嫌取りで

サタンの人生哲学を追い求めていた

何よりも大切にしたのは調和と忍耐

議論することなど一度もなかった

人と何かをしたり交わったりする時には

自分の虚栄心や自尊心や地位を守った

事実に対して目をつむり

見たことをはっきりとは口にしなかった

自分に関わらないことなら

自分の原則を捨て 見て見ぬふりをした

自身を守り 誰も不快にさせないようにして

自分の良心を裏切っていた

逆境に甘んじ

恥ずべき人生を送って人間性を失っていた

人格や尊厳がない私は人間に値しなかった

2

神の言葉の裁きを経験して

私はすぐさま目覚めた

真理を理解して

人類の邪悪さと堕落の真相がはっきりと見えた

神の前にひれ伏し

後悔の念を心に抱いた

自分の身勝手さや卑劣さを憎み

人格と尊厳をなくした自分を憎んだ

ご機嫌取りがついにむき出しにされた

他人を傷つけ自分を傷つけてきた私を神は嫌っていた

口が巧みで ずるい偽善者だった私は

神の裁きから逃れられない

神の言葉は真理であり いのちに関する最高の格言だ

誠実な人は神に従い 心を開いて正直に振る舞う

真理を実践し 神の承認〔日中訳・神の称賛〕を得て光の中で生きる

私は誠実な人間となり 神の言葉によって生きようと決意した

曲がったことやずるさを捨て去り

神を畏れて悪を避けると決意した

忠実に本分を尽くし

真の人間らしく生きて神に栄光を帰す

前へ: 202 神の愛が私の魂を目覚めさせる

次へ: 205 足かせ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索