ご機嫌取りの目覚め

かつての私はご機嫌取りで

サタンの人生哲学を追い求めていた

何よりも大切にしたのは調和と忍耐

議論することなど一度もなかった

人と何かをしたり交わったりする時には

自分の虚栄心や自尊心や地位を守った

事実に対して目をつむり

見たことをはっきりとは口にしなかった

自分に関わらないことなら

自分の原則を捨て 見て見ぬふりをした

自身を守り 誰も不快にさせないようにして

自分の良心を裏切っていた

逆境に甘んじ

恥ずべき人生を送って人間性を失っていた

人格や尊厳がない私は人間に値しなかった


神の言葉の裁きを経験して

私はすぐさま目覚めた

真理を理解して

人類の邪悪さと堕落の真相がはっきりと見えた

神の前にひれ伏し

後悔の念を心に抱いた

自分の身勝手さや卑劣さを憎み

人格と尊厳をなくした自分を憎んだ

ご機嫌取りがついにむき出しにされた

他人を傷つけ自分を傷つけてきた私を神は嫌っていた

口が巧みで ずるい偽善者だった私は

神の裁きから逃れられない

神の言葉は真理であり いのちに関する最高の格言だ

誠実な人は神に従い 心を開いて正直に振る舞う

真理を実践し 神の承認〔日中訳・神の称賛〕を得て光の中で生きる

私は誠実な人間となり 神の言葉によって生きようと決意した

曲がったことやずるさを捨て去り

神を畏れて悪を避けると決意した

忠実に本分を尽くし

真の人間らしく生きて神に栄光を帰す

前へ: 神の愛が私の魂を目覚めさせる

次へ: 足かせ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り 人が生きるための思想は 人の心を堕落させてきた 人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした 人は意志も決意もなく 貪欲で、傲慢で、わがままだ あまりに弱くて 自らを超え 暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない 人の思いと生活は腐敗している 神への信仰についての人の見解は …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索