質問8.神に抗えば地獄に落ちるなど、そんなこと信じるか。誰か地獄を見たのか?どんなだった?神は本当に存在するのか?そうは思えんな。どこにいるんだ?誰が見たんだ?全能神が神ならば、共産党が執拗に攻撃しているというのに、どうして反撃せんのだ?全能神と言うぐらいだ、共産党を滅ぼしてこそ本当の神だろう。そうすれば全人類が全能神を神と崇め、いくら共産党でも回心するだろう、誰も逆らうまい。だが現実はどうだ?神の信者は共産党の警察に逮捕されてる、多く信者が刑務所へ送られ、拷問を受けている。殺される者も少なくない。だが神は救いに来たか?そんな神が真の神だと、どうして信じられるんだ。全く理解できんな。自分たちの神が本物なのか、お前たちも分からんのだろう?そうならバカげてる。お前たちの神が真の神だという根拠は?はっきり説明できるか?

解答: あなたほど経験豊かな人が、神様の存在や支配について何も知らないって言うの?これまで神様は、堕落した人類を3つの段階で救ってこられた。律法の時代と恵みの時代はイスラエルとユダヤで働かれた。この2つの段階で、多くの御言葉は預言者によって表され、聖書に書き残された。そして終わりの日には、受肉した神様によって真理が明かされ、『言葉は肉において現れる』が書かれた。このうちに二度、神様は人類を救うために受肉された。まず主イエスとして磔にされ、贖いの働きを完成させて、世界を驚愕させた。主イエスの福音は全世界に広まり、知れ渡った。キリスト教は多くの国と地域に教会を建て、たくさんの人が信者になった。次は終わりの日に全能神として現れ、裁きの働きをされて、世界に衝撃を与えた。『言葉は肉において現れる』は、人類全体に向けた証しだ。真理を愛し神様の出現を望む者は、聖書と『言葉は肉において現れる』を読んで神様の声を聞いた、神様の働きを見て、その存在と支配を認めたんだ。神様の存在を疑うなら、その働きについて学んでみたら?不信心な人も言うでしょう? 「人の命運は天が定める」とか、「行いは天が知る」、「計画は人にあり決裁は神にあり」とか、因果応報は誰もが認めることさ。神様が見えなくても、人はそんな格言を残した、神様の存在と支配を認めてたってことだ。金儲けしか考えない人は、神様の出現と働きを学ばない。関心事と言えばお金と、名声と利益だけ、何よりも地位と力を求めてる。聖書にこうある。「愚かな者だけが神はいないと言う」。

 たとえ共産党員で無神論者でも、天命ってものは信じるでしょう?人の人生はその人の運命で決まる。自分の行いは結局、自分に帰ってくるんだ、この世と人は神様の手の中にある証拠だよ。いつの時代も、神様に逆らう国や民族は必ず滅ぼされた。神様には国を滅ぼすことくらい、簡単にできる。主イエスの時もそうさ。ユダヤ教の指導者はローマ帝国と組み、主イエスを磔にした。西暦70年、イスラエルの国は神に罰せられ、国を失った多くのユダヤ人が殺された。ローマ帝国もそうだよ。3百年間クリスチャンを迫害したけど、ついにその報いを受けて、神様に滅ぼされた。こうした歴史的事実から分かるように、神様に敵対した者は必ず、神様に罰せられ滅ぼされている。政権を取って以来、共産党はクリスチャンを迫害してきた。特に終わりの日のキリストである全能神は、中国での働きに対して激しい攻撃を受けた。共産党は全能神教会を徹底的に弾圧し、キリストを追跡し信者を迫害した。嘘をでっち上げて全能神教会を悪者に仕立て、人々が神様を否定するように仕向けたんだ。これじゃみんなも救われないし、罰を受けて地獄へ落ちてしまう。神様は共産党の反抗と悪行の数々を決してお許しにはならない。神様が裁きの働きを終えれば、大災害を起こされて、サタンのあらゆる邪悪な勢力と、神様に刃向かう中国共産党を滅ぼされる。神様の義にして聖なる性質が示される。全能神は言われる。「受肉した神が現れる場所はどこであれ、敵は滅ぼされる。真っ先に滅ぼされるのは中国で、神の手によって破壊される。神は中国を一切容赦しない。」(『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉の解釈」の「第十章」より)「神の働きに逆らう者は地獄に送られる。神の働きに反抗する国家は滅ぼされる。神の働きに反対するために立ち上がる民族は地上から一掃され、消滅する。」(『言葉は肉において現れる』の「神は全人類の運命を支配する」より)神の御言葉のすべてが成就するんだ。共産党は神様に反抗して、信者を傷つけてきた。そして国民に大災害をもたらした。神様に滅ぼされるのは当然だ。中国では次々と災害が起きてるでしょう?それは神様に逆らった報いだよ。「不正の集大成は滅亡である」と言うでしょう?大災害が起きて、共産党が滅ぼされてからじゃ、後悔しても手遅れよ。全能神は言われる。「わたしの憐れみは、わたしを愛し、自分たちを否定する者たちに現わされている。そして、悪い者たちにもたらされる懲罰はわたしの義なる性質の証明そのものであり、それ以上にわたしの怒りの証である。災いがやって来ると、わたしに反抗する者たちすべてに飢饉や疫病が降りかかり、彼らは涙を流す。」(『言葉は肉において現れる』の「終着点のために、善行を十分積まなければならない」より)「人類が良い運命を望むなら、また国家が良い運命を願うなら、人間はひれ伏して神を礼拝し、神の前で悔い改め、罪を告白しなければならない。さもなければ人間の運命と終着点は災難となることは避けられない。」(『言葉は肉において現れる』の「神は全人類の運命を支配する」より)全能神の御言葉は明確よ。神様を信仰する者だけが、神様のご加護を受けて、大災害を生き延びられるのよ。

『赤の家庭教育』の映画台本から

前へ: 質問7.革命政党として、共産党が頼るのは虚偽と暴力だ。暴力で権力を握る。党の考え方はこうさ、「嘘も百回言えば真実になる」。どんなに多くの人が疑おうが、否定しようが、信じなかろうが、党にとっては痛くもかゆくもないことなんだ。目的が果たせて、手っ取り早ければ、犠牲は厭わない。いくら大衆が抗議デモをしたところで、戦車やマシンガンで解決してしまう。必要なら、核爆弾やミサイルまで持ち出すかもしれない。共産党は政権を守るためなら、何だってやるだろう。山東招遠事件の時も、報道されるや否や、武装警察を動員して、徹底的にクリスチャンを弾圧したが、誰が止めようとした?誰もしなかったろう?たとえ外国人が不正を見抜いても、何ができる?党には民主主義諸国の非難をかわす手段がある。すべてはカネで解決できるんだ。「贈り物を受ける者は自由を売り渡す」と言うだろう?中国共産党を批判する国は少ない。「触らぬ神に祟りなし」というやつだ。何を言おうが、中国共産党の統治体制はビクともしないぞ。共産党が政権を握っている限り、神の信者に自由などないんだ。この国では必ず、党が神の現れと働きを潰す。党が目指す無神論国家の建設が叶わなくとも、信者の逮捕と弾圧は決してやめないだろう。そんなことは分かりきってる。だから全能神を信じるなと言うんだ、お前たちのためなんだぞ。それが分からんのか。

次へ: 質問9.政府の資料を見ると、イエスを信じる人、全能神を信じる人は、家族まで捨てて布教するそうね。中には、一生結婚しない人もいるとか、怖いことも書いてた。全能神信者に対して、政府は捕らえろとか、殺せとか、殺人も平気みたい。スローガンも、「完全撲滅まで、引き下がるな」ってね。多くの全能神信者が、逮捕・投獄され、ひどく痛めつけられた。失業して、家庭が崩壊する、そんな人たちもいるわ。だから批判されてるの。信者は家庭を顧みないって、それは本当のことなの?家族を見捨てたり、結婚しないだなんて許しません。それが信仰だと言うなら、全能神を信じるのはやめなさい。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

質問2.私は神を見たことがないし、神がどう働き世界を支配しているのかも見たことがない。私には神を認識し受け入れるのは難しい。私の長年の宗教研究からは、宗教的な信仰は精神的な栄養に過ぎない。人類の精神的な空洞を埋めるものです。神を信じる人たちも最終的にはみんな死にますね。だれが天国に行って誰が地獄に落ちたのかなんて分からないのです。全ての宗教的信仰は非常に曖昧で、非現実的です。科学が発達し、人類が進歩するにつれ、宗教的信仰なんてものは捨てられ、消えていくでしょう。我々はまだ科学は信じなければなりません。科学こそが真理であり、現実です。誰も否定できません。科学はまだ神を否定していませんが、神の存在証明もしていない。もし科学が神の存在と神の支配を証明出来たら、神を信じることはできます。我々共産主義者は科学を信じるのです。科学を信じ、発展させることによってのみ、人間社会は進歩するのです。科学は人間社会の問題を沢山解決することが出来ます。神を信じて何を得られますか?一時的な心の慰め以外に何の役に立つのですか?実際の問題を解決しない。従って、科学を信じたほうが神を信じるよりずっと現実的です。科学を信じなくては。

解答: 無神論は何よりも科学を重んじます。科学を真理や信仰のように扱うほどです。科学がもし真理ならば、何故多くの科学的理論が確立されても、すぐにまた反論され無効にされるのですか?科学が真理などではない証拠です。科学は現実的な問題を解決できますか?人類の堕落を解決できますか?科学は…

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

「わたしの羊はわたしの声に聞き従う」と主は言いました。主が戻られ、羊を集めていると分かりました。主を待つとは主の声を探し求めることですが、問題は主の声をどうやって聞くのか知らないことです。神の声と人間の声の区別がつきません。絶対に主の声だと分かるにはどうしたらいいですか?

神の声は心と霊で聞く必要があり、心が同じなら分かり合えます。神の言葉は真理であり、力と権威があるので、心と霊があれば分かります。全能神の言葉を少し読んだだけで、多くの人が神の声であると確信できます。神は受肉のたびにその段階の働きをします。神の指示で特定の言葉を少し伝えるだけの預言者とは全く違います。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索