質問 7:共産党は革命政党だということだ。虚偽と暴力を信じ、力でねじ伏せる。「嘘も100回言えば真実になる」という共産党の考え方でいくと、どんなに多くの人がこれを疑い、否定し、信じなくても、共産党にとっては取るに足らないことだ。直ちに効果が生じ、目的が果たされれば、何を犠牲にしても構わない。いくら大衆がデモをしようが、武力で解決してしまう。必要なら、原子爆弾やミサイルだって打ち込むさ。中国共産党は政権を守るためなら何だってやる。山東招遠カルト殺人事件の時も、報道されるや否や武装警察を総動員して何が何でもクリスチャンを弾圧し、逮捕しようとしたが、誰か止めようとしたか? 誰も反抗できなかっただろう? たとえ海外の人間が中国共産党の不正を見抜いたとしても、何ができる? 共産党は西洋の民主主義勢力の非難に対抗できる、あらゆる手段を持っている。「贈り物目当てに自由を売り渡す」ということわざにあるように、すべては金で解決できるんだ。そのおかげで、中国共産党を批判する国はほとんどない。触らぬ神に祟りなし、だ。お前たちがどう説明しようが、共産党はびくともしないぞ。共産党が政権を握っている限り、神の信者に自由はないのだ。この国における神の現れと働きは、共産党によって確実に撲滅されられる。それは共産党が無神論の国を建て上げるという目的を果たす、果たさないにかかわらず、お前たち信者を逮捕し、弾圧するのを止めることはない、ということだ。こんなのはわかりきったことだからこそ、お前たちが全能神を信じるのを厳しく責めるんだ。お前たちのためを思ってなのに、わからんのか?

回答:中国共産党はとても邪悪なのに、その勢力はいまだに大きくなっていて、手の施しようがない。ということは、このまま権力を握り続けるのかな? 主イエスが出現され、その働きを行われた時、ローマ帝国は必死に反抗し、非難した。あんなにも力のあった帝国が、それでも最後には神様の天罰によって滅ぼされたでしょう? この世のどんな勢力であれ、神様に敵対すれば、例外なく滅ぼされるんだよ。すべてを治めるのは神様だから、僕らは地位や力を主張してはいけない。ましてや邪悪な力なんてもってのほかだ。間違いなく神様に滅ぼされるよ! 僕らは中国共産党の不正は確かに見てきたけど、その悪魔的な魂胆はまだよくわからない。なんで中国共産党はそんなにも徹底的に神様と信者を責めるのか? その昔、主イエスは、「この時代は邪悪な時代である(ルカによる福音書 11:29)。「そのさばきというのは、光がこの世にきたのに、人々はそのおこないが悪いために、光よりもやみの方を愛したことである。悪を行っている者はみな光を憎む。そして、そのおこないが明るみに出されるのを恐れて、光にこようとはしない(ヨハネによる福音書 3:19-20)とおっしゃった。また、聖書には「全世界は悪しき者の配下にあることを、知っている(ヨハネの第一の手紙 5:19)と書かれてる。どうして中国共産党はそこまで強烈に全能神教会を忌み嫌うのか? それは、中国の人たちが全能神を受け入れ、崇めるのを恐れているからだよ。そしてそれ以上に、世界中の人たちが終わりの日における全能神の働きを信じ、全能神によって解き明かされた真理が証され、広まり、この地球全体に神様の御心が満たされるのを恐れているからさ。これだけでも、中国共産党が全能神の出現と働きを恐れているのがよくわかるでしょう? 共産党は、暗闇の中にいる人類を照らす真の光が現れるのを恐れてる。それは、一旦全能神の御言葉が証しされれば、瞬く間に広がり、多くの人が終わりの日における全能神の働きを信じるからさ。だからこんなに徹底的に全能神の信者を弾圧し、迫害するんだよ。天に対してそんな風に反抗する中国共産党は、神様と真理、そして正義の敵だ! あなたは共産党の側に立って神様を拒み、神様だけじゃなく神様が選んだ人たちまで迫害してるけど、それは神様に背く極悪な罪だ。いつか罰を食らうよ。神様に反抗する者は誰であろうと呪われて、地獄に落とされる!

映画『赤の家庭教育』より引用

前へ: 質問 6:国と世界を驚愕させた、5月28日の山東招遠カルト殺人事件はどうなんだ? この事件の裁判は、公判廷だったじゃないか! 山東招遠事件が発生してから政府は家庭教会の取り締まりを厳しくして武装警察も動員して全能神教会を徹底的に取り調べ、信者の捜索と逮捕に力を入れはじめた。確かに、中にはこの殺人事件について疑問を持ち、実はこれは、全能神教会を取り締まるために中国共産党がでっち上げた偽の事件だと信じている人もいるが、いずれにせよ、メディアを通して殺人事件だと報じられ、色んな国に影響を与えたじゃないか。どんなにこの事件を否定しようが、共産党を信じる人はまだたくさんいる。お前たちはこの事件についてどう思っているんだ?

次へ: 質問 8:神様に反抗したら地獄へ落ちるとお前は言ったが、そんなことが信じられるか! 地獄を見た奴がいるのか? どんなだ? 本当に神はいるのか? 存在してるのか? どこにいるんだ? 実際に神を見た奴がいるのか? もし全能神が本当に神だとしたら、中国共産党がこんなに執拗に攻撃しているのに、どうして反撃せんのだ? 全能神と呼ばれるぐらいだ。その力で中国共産党を滅ぼしてこそ、本当に神だろうが、そうすれば人類誰もが皆そろって全能神を真の神だと崇め、中国共産党でさえ回心して、二度と反抗しようなんて思わんだろう。だが、現実はどうだ? 神の信者は共産党の警察に逮捕され、その多くが刑務所に入れられ、拷問を受けて痛めつけられ、殺されるなんて日常茶飯事だ。だがどうだ? 神は救いに来たか? そんな神が真の神だと、どうやって信じろと言うんだ? まったく理解できん! お前たちの神は本物か偽物か? お前たちもわからんのだろう? もしそうなら、馬鹿げてるとは思わんのか? お前たちが信じる神が真の神だという根拠は何なのか、説明できるのか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問4.いま、主がお見えになり天国へ招かれるという考えは、思い込みだとわかりました。主の御言葉を裏切る行為です。主の再来をどう待てば引き上げられるか、もう少し詳しく教えてください。

 実は主イエスは私たちを引き上げるとおっしゃっています。「あなたがたのために、場所を用意しに行くのだから。そして、行って、場所の用意ができたならば、またきて、あなたがたをわたしのところに迎えよう。わたしのおる所にあなたがたもおらせるためである。」

質問 1:あなたは、主イエスが再臨され、その働きを行われるために受肉されたと証されていますが、私にはよくわかりません。私たちは皆、主イエスが神様の受肉であることは知っています。その働きを全うされ、十字架に磔にされ、蘇られ、すべての弟子達の前に現れられ、そして栄光に輝く霊的な体で天国へと昇天されました。まさに、「ガリラヤの人たちよ、なぜ天を仰いで立っているのか。あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行かれるのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになるであろう」(使徒行伝 1:11)と、この聖書箇所にあるように、主が再臨される際に私たちに現れるのは、神様の復活した霊体であることが確認できます。終わりの日において、なぜ神様は裁きの働きを行われるために人の子として受肉されたのでしょうか? 復活された主イエスの霊体と人の子としての受肉の違いは何でしょう?

復活後の主イエスの霊体は、イエスが神様の受肉であることを証明するために現れました。それは人々の信仰を強めるためでした。すなわち、神様の霊体は働きを行わずに、姿を示されただけです。神様は普通の人として受肉されなければ、人の間で働き、人類の贖いと救いを行うことはできません。ですから、神様が終わりの日の裁きで人類を救われたいなら、最大の効果を得るため、人間として受肉され働かれるでしょう。

質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

「天」とは常に神を意味し、「天の国」とは神の御国のことです。ヨハネの黙示録にあります。「神の幕屋が人と共にあり」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。」つまり神の御国は地に造られ、この地上の国は、最後に神の御国になるのです。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索