質問 6:国と世界を驚愕させた、5月28日の山東招遠カルト殺人事件はどうなんだ? この事件の裁判は、公判廷だったじゃないか! 山東招遠事件が発生してから政府は家庭教会の取り締まりを厳しくして武装警察も動員して全能神教会を徹底的に取り調べ、信者の捜索と逮捕に力を入れはじめた。確かに、中にはこの殺人事件について疑問を持ち、実はこれは、全能神教会を取り締まるために中国共産党がでっち上げた偽の事件だと信じている人もいるが、いずれにせよ、メディアを通して殺人事件だと報じられ、色んな国に影響を与えたじゃないか。どんなにこの事件を否定しようが、共産党を信じる人はまだたくさんいる。お前たちはこの事件についてどう思っているんだ?

回答:中国共産党は、彼らが一手にでっち上げたこの事件で、いつまで世間を騙すつもりなのかな? そんなことしたって、滅びるのは避けられないのに。山東招遠カルト殺人事件は確かに当時、国内外に影響をあたえた事件だったし、多くの無知な人たちを騙したよ。でも、雲がいつまでも太陽を隠せず、カラスの黒い翼が陽の光を遮ることができないように、ずっと悪を隠したりごまかしたりはできないよ。嘘はどこまでも嘘で、真実になることはないんだよ。中国共産党は道徳的に堕落し、その嘘と偽りで知られるようになってずいぶん時間が経ってしまって、今じゃ、不名誉の代名詞さ。嘘と偽りが共産党を救えると思う? 中国共産党の本質を見抜く人がどんどん世界に増えている。もう共産党を信じる人はいないよ。無神論の政党かつ邪悪な集団で、この世の中で一番悪意を持って神様に敵対しているのが中国共産党。共産党の法廷はサタンの法廷だ。そんな法廷で公正で正しい判決を下していると思う? 一党独裁制で圧政を敷いている中国共産党がだよ? この国には共産党の息がかかっていない裁判所なんかない。裁判官はみんな、党の言いなりさ。誰もが知ってるように、彼らは政府の命令を受けて、政府の思い通りに裁判を進めるだけ。これは皆知っていることだよ。だからどの裁判も、事情を捻じ曲げ、裏表が逆になった非道徳的なものになる。長年にわたる政権闘争の中で、中国共産党は一貫して世論を操ろうと根回しをしてきた。そのやり方は見事なほどさ。山東招遠カルト殺人事件の裁判で被告人たちは、「自分は全能神教会と関わったことはない」と確かに言ったんだ。「政府が取り締まっている全能神は趙維山の全能神で、自分が信じている全能神じゃない」って。被告人たちは、自分が全能神教会の信者だとは絶対に認めなかったし、教会側も彼らのことを知らなかった。どうして共産党の裁判官は事実に基づいた判断をしなかったか? 証拠もないのに、なんで容疑者と全能神教会の関連性ばっかり強調したか? それは、事実をねじ曲げ、偽の証言をさせ、そうなるように仕組んでたからだ。今じゃ、共産党メディアの嘘を誰も信じないよ。共産党の機関で長く働いてきたんだから、僕よりよくわかってるでしょう? 宗教的な思想や民主化運動、民族デモを攻撃的に抑えるのに、中国共産党は必ず偽りの判決を下し、大衆を扇動するために世論を打ち立ててから残忍な取り締まりをするわ。例えば、六四天安門事件。腐敗した政治を正し、民主化と自由を求めて行われたのに、中国共産党は党員をサクラの学生として集団に紛れ込ませ、暴力的な破壊や放火など、事を荒げたわ。これによって学生運動は反動派のレッテルを張られ、暴動を起こすのが目的の集団と扱われたわそして共産党に武力介入の理由を与えてしまい、鎮圧が始まった。少なくとも、何千人かの学生たちが戦車でよって打たれ、轢き殺されたわ。これが国中の人たちと世界を震撼させた、中国共産党の壮大な演出よ! チベットで起きているデモの鎮圧だってそう。意図的に人を送り込んで放火や殺人、強盗や略奪をさせ、デモ鎮圧という名目で武力介入し、チベット人を虐殺した。嘘をつき、事実を捻じ曲げ、事を仕組み、暴力的な弾圧によって不和を解消しようとする中国共産党のやり方を証明するには十分な証拠よ。山東招遠カルト殺人事件は、中国共産党が全能神教会に対しての残虐な弾圧と迫害を正当化させるため、国民の理解を得ようとして仕組んだもので、宗教迫害という大罪の一例にしかすぎないわ。お父さんは共産党機関の役人なんだから、共産党のやり方を私たちの誰よりも知ってるはずでしょう?

映画『赤の家庭教育』より引用

前へ: 質問 5:聖書にこうあります。「すべての人は、上に立つ権威に従うべきである。なぜなら、神によらない権威はなく、おおよそ存在している権威は、すべて神によって立てられたものだからである。したがって、権威に逆らう者は、神の定めにそむく者である。そむく者は、自分の身にさばきを招くことになる」(ローマ人への手紙 13:1-2)。何年も主を信じてきたならこの意味は分かるでしょう。聖書は神様に霊感を受けて書かれたんですから、私は我々信徒は権力者には従順であるべきだと思います。あなたの見解は分かりませんが、中国では当局と対立したらどうにもならない。共産党は革命政権だから、反抗すれば命を奪われかねない。中国で主を信仰するには共産党の統一戦線を受け入れて三自教会に入るしかありません。他に道はないんです! 私たちが主への信仰に求めるものは何でしょう。家庭の調和と平和な人生じゃないですか。三自教会の思慮深さを見てみてください。愛国的で教会を愛し、神様を賛美し人々に有益な組織です。我々は聖書にも国の政権にもたてつきません堂々と教会で信仰が出来るしびくびく隠れることもない良いとこ取りじゃありませんか?

次へ: 質問 7:共産党は革命政党だということだ。虚偽と暴力を信じ、力でねじ伏せる。「嘘も100回言えば真実になる」という共産党の考え方でいくと、どんなに多くの人がこれを疑い、否定し、信じなくても、共産党にとっては取るに足らないことだ。直ちに効果が生じ、目的が果たされれば、何を犠牲にしても構わない。いくら大衆がデモをしようが、武力で解決してしまう。必要なら、原子爆弾やミサイルだって打ち込むさ。中国共産党は政権を守るためなら何だってやる。山東招遠カルト殺人事件の時も、報道されるや否や武装警察を総動員して何が何でもクリスチャンを弾圧し、逮捕しようとしたが、誰か止めようとしたか? 誰も反抗できなかっただろう? たとえ海外の人間が中国共産党の不正を見抜いたとしても、何ができる? 共産党は西洋の民主主義勢力の非難に対抗できる、あらゆる手段を持っている。「贈り物目当てに自由を売り渡す」ということわざにあるように、すべては金で解決できるんだ。そのおかげで、中国共産党を批判する国はほとんどない。触らぬ神に祟りなし、だ。お前たちがどう説明しようが、共産党はびくともしないぞ。共産党が政権を握っている限り、神の信者に自由はないのだ。この国における神の現れと働きは、共産党によって確実に撲滅されられる。それは共産党が無神論の国を建て上げるという目的を果たす、果たさないにかかわらず、お前たち信者を逮捕し、弾圧するのを止めることはない、ということだ。こんなのはわかりきったことだからこそ、お前たちが全能神を信じるのを厳しく責めるんだ。お前たちのためを思ってなのに、わからんのか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 2:全能神教会では、主イエスの再来について、すでに証をされている、と常々伺っています。そして主イエスの再来こそが全能神だと! 全能神は真理を表し、終末にその裁きの働きをなさいます。しかし宗教界の大半の人々は、主が雲に乗って再臨されると信じています。これは、主イエスが明白に言われたからです。「そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう」(マタイによる福音書 24:30)。ヨハネの黙示録にも預言されています。「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう」(ヨハネの黙示録 1:7)。私も主が雲に乗って再臨され、我々を天国へ直ちに連れて行って下さると信じています。雲に乗って来られない主イエスを受け入れることはできません。あなた方は、主の再臨は肉の人として、ひそかになされると言います。でも、誰もそのことを知らないと。しかし、主が雲に乗り、公に降臨されるということは絶対的です! ですので、主が雲に乗って公に現れ、直ちに天国にお連れ下さることを、我々は待っています。我々の理解は正しいですか、正しくないですか?

もし主が戻られ、肉の主イエスがなさったようなやり方で、人の間で働いたとしましょう。我々が認めなかったら、パリサイ人がしたようにやはり彼を裁き、彼を非難し、もう一度磔にするでしょうか?その可能性があると思いますか?主イエスは再来することについて多くを語ったが、あなた方は主は雲に乗って来られるというその預言のみに固執し、他の預言を探究していません。これでは主に見捨てられてしまいますね。

質問2.神の御国は地上にあるのか天にあるのかわかりません。主イエスは何度も「天の国は近づき!」「来る」と。この「天の国」とは天にある国のことで、地上には有り得ないでしょう?

「天」とは常に神を意味し、「天の国」とは神の御国のことです。ヨハネの黙示録にあります。「神の幕屋が人と共にあり」「この世の国は、われらの主とそのキリストとの国となった。」つまり神の御国は地に造られ、この地上の国は、最後に神の御国になるのです。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索