第3節 終わりの日における裁き

日々の神の御言葉 抜粋 77

終わりの日の働きとは、すべての人をその性質に応じて区分し、神の経営(救いの)計画を締めくくることである。時が近づき、神の日が来たからである。神の国に入る人すべて、すなわち神に最後の最後まで忠実な人すべてを、神は神自身の時代に連れて行く。しかし、神自身の時代が来る前は、神の働きは人間の行いを観察したり、人間の生活について調べたりすることではなく、人間の不服従を裁くことである。神の玉座の前に来る人すべてを、神は清めなければならないからである。今日まで神の足跡に従ってきた人はすべて神の玉座の前に来る人であり、これゆえに、最終段階の神の働きを受け入れる人の一人ひとりは神の清めの対象である。言い換えれば、最終段階における神の働きを受け入れる人は誰もが、神の裁きの対象なのである。

過去に語られた神の家から始まる裁きにおいて、その言葉における「裁き」は、終わりの日に神の玉座の前に来る人々に神が今日下す裁きのことを指す。終わりの日が来ると、神は天に大きな卓を据え、その上には白い布が広げられ、すべての人が地にひざまずいているところに神が大きな玉座につき、一人ひとりの人間の罪を明らかにし、それにより人々が天国に昇るか火と硫黄の湖に落とされるかを決める、というような超自然的な想像の表象を信じている人もおそらくいるであろう。人が何を想像しようと、それが神の働きの本質を変えることはできない。人の想像は人の思考の産物以外の何物でもない。それは人の脳に由来し、人が見たり聞いたりしてきたものからまとめられ組み合わされたものである。したがって、その生み出された表象がいかに輝かしくとも、それは線描でしかなく、神の働きの計画にとって代わることはできない、とわたしは言うのである。結局のところ、人間はサタンにより堕落させられてきている。それならば、どうして人間に神の考えを推し量ることができるというのか。神による裁きの働きを何かとてつもないものであると人間は考える。神自身が裁きの働きを行うのだから、その働きは最大規模のもので、人間には到底理解できず、それは天のいたるところに鳴り響き、地を揺らすはずである、と人間は考える。そうでなければどうしてそれが神による裁きの働きでありえようか。それは裁きの働きであるので、神が働くときは特に堂々と威厳があるはずで、裁かれている人々は涙を流して叫び、ひざまずいて憐れみを請うているはずであると人間は考える。そのよう情景は確かに荘厳で、深く感情を揺さぶるであろう……誰もが、神の裁きの働きを奇跡的なものであると想像する。しかし、あなたは知っているのか。神はずいぶん前より人間のあいだでの裁きの働きを開始したというのに、あなたは惰眠を貪っていることを。神の裁きの働きが正式に始まったとあなたが思うときには、神はすでに天と地を新しくしていることを。その時、おそらくあなたは人生の意味をちょうど理解しだしたばかりかもしれないが、神の容赦ない懲罰の働きが、まだ深く眠りについているあなたを地獄に落とす。その時になって初めて、神の裁きの働きがすでに終わったことにあなたは突然気づくのである。

『言葉は肉において現れる』の「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 78

「裁き」という言葉を出せば、ヤーウェがあらゆる場所に向けて語った言葉、イエスがパリサイ人に語った非難の言葉をあなたはたぶん思い浮かべるであろう。それらの言葉の厳しさにもかかわらず、それらは神の人への裁きの言葉ではなく、様々な環境において、つまり異なる脈絡において、神が語った言葉にすぎなかった。それらの言葉は、終わりの日にキリストが人間を裁きつつ語る言葉とは違う。終わりの日には、キリストはさまざまな真理を用いて人間を教え、人間の本質を明らかにし、人間の言動を解剖する。そのような言葉は、人の本分や、人はいかに神に従うべきか、人はいかに神に忠実であるべきか、いかに正常な人間性を生きるべきかや、また神の知恵と性質など、さまざまな真理を含んでいる。これらの言葉はすべて人間の本質とその堕落した性質に向けられている。とくに、人間がいかに神をはねつけるかを明らかにする言葉は、人間がいかにサタンの化身であり、神に敵対する力であるかに関して語られる。神は裁きの働きを行うにあたって、少ない言葉で人間の本性を明らかにすることはない。むしろ長い期間にわたり、それをさらけ出し、取り扱い、刈り込む。このような方法のさらけ出し、取り扱い、刈り込みは通常の言葉が取って代わることはできず、人間が一切持ち合わせていない真理でなければ取って代われない。このような方法のみが裁きと呼ばれることができる。このような裁きを通してのみ人間は屈服し、徹底的に納得して神への服従に向かうようになり、さらに神についての真の認識を得ることができる。裁きの働きがもたらすのは、神の真の顔と人間自らの反抗的性質についての真相を人が認識することである。裁きの働きにより、人は神の心、神の働きの目的、人には理解することのできない奥義についてかなり理解できるようになる。また、それにより人は自分の堕落した本質と堕落の根源を認識し知るようになり、人間の醜さを発見する。これらの効果はすべて、裁きの働きによりもたらされる。それは、実際に、この働きの本質は神を信じる人すべてに神の真理、道、いのちを開く働きだからである。この働きが神による裁きの働きである。もしこれらの真理を重要視せず、いかにこれらを避けるかや、いかにこれらとは関わりのない新しい逃げ道を見つけるかしか考えないのならば、あなたは恐ろしい罪人である、とわたしは言う。もしあなたに神への信仰があるのに、神の真理や心を追い求めず、またあなたを神に近づける道を愛さないなら、あなたは裁きを逃れようとしている人であり、偉大な白い玉座から逃げる操り人形であり裏切り者である、とわたしは言う。神の目から逃げる反抗的な者を神は誰一人として容赦しない。そのような人はさらに重い懲罰を受ける。裁かれるために神の前に来る人で、その上、清められた人は、永遠に神の国に住むであろう。もちろん、これは未来に属することである。

『言葉は肉において現れる』の「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 79

裁きの働きは神自身の働きであり、そのため当然ながら神が自ら行わなければならない。それは神の代わりに人が行うことはできない。裁きとは真理を用いて人類を征服することなので、この働きを人のあいだで行うために神が受肉した姿で再び現れることは疑いもないことである。つまり、終わりの日においてキリストは真理を用いて世界各地の人々を教え、彼らにあらゆる真理を知らしめる。これが神の裁きの働きである。多くの人が神の二度目の受肉について悪い感情をもっている。神が肉になって裁きの働きを行うということが、人には信じがたいからである。それでも、しばしば神の働きは人間の期待を大幅に超え、それは人間の知性には受け入れがたいことである、とわたしは言わなければならない。人は地上の蛆虫にすぎないが、一方、神は宇宙を満たす至高の存在であるからである。人の知性は蛆虫だけを生み出す汚水のたまった穴に似ており、一方、神の考えが指揮する働きの各段階は神の知恵の結晶である。人は常に神に敵対しようとしているが、これに関しては、最後に誰が負けるかは自明であると、わたしは言う。自分のことを黄金より価値があるとみなさないように、わたしはあなたがたに強く勧める。もし他人が神の裁きを受け入れられるなら、なぜあなたにはできないのか。他人に比べてあなたはどれくらい高位に立っているのか。もし他人が真理の前に頭を垂れるなら、なぜあなたもそうできないのか。神の働きには止めることのできない勢いがある。あなたのした「貢献」のためだけに神は裁きの働きを繰り返すことはなく、このような好機を逃すと、あなたは無限の後悔に苛まれることになる。もしわたしの言葉を信じないなら、天空にある偉大な白い玉座があなたに裁きを下すのを待っていなさい。すべてのイスラエル人がイエスを拒絶し否定したが、それでもイエスによる人類の贖罪の事実は全宇宙に、そして地の果てまで広がったことを知らなければならない。これは神がはるか昔に成し遂げた一つの現実ではないのか。もしイエスがあなたを天に引き上げるのをいまだに待っているのなら、あなたは頑固な一片の枯れ木[a]であるとわたしは言う。あなたのような真理に不忠実で、祝福だけを求める偽信者をイエスは認めることはない。それどころか、何万年も焼かれるように火の湖にあなたを投げ入れるのに憐れみを一切見せないであろう。

『言葉は肉において現れる』の「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」より引用

脚注

a.「一片の枯れ木」とは、中国語の慣用句で、「救いがたい」という意味である。

日々の神の御言葉 抜粋 80

裁きとは何か、真理とは何かをいま理解しているか。もししているならば、裁かれることに従順に従うよう強く勧める。さもなければ、神に称賛され、神の国に連れて行かれる機会を得ることは決してないであろう。裁きを受け入れるだけで清められることのできない人、つまり裁きの働きの只中において逃げる人は、永遠に神に嫌われ拒絶される。彼らの罪は、パリサイ人の罪よりもさらに多く、深刻である。彼らは神を裏切り、神の反逆者だからである。奉仕することさえ相応しくないそのような人は、さらに過酷で、加えていつまでも終わることのない懲罰を受ける。言葉では一度は忠誠を誓いながらその後、神を裏切った反逆者を神は容赦することはない。このような人は霊、魂、体の懲罰を通して報復を受けることになる。これこそ、神の義なる性質の明示ではないのか。これが人を裁き、明らかにする神の目的ではないのか。神は裁きのあいだにあらゆる邪悪な行いをする人々すべてを邪悪な霊がはびこる場所に引き渡し、邪悪な霊に彼らの肉体を好きなように破壊させる。彼らの肉体は死臭を放つ。これは彼らにふさわしい報復である。神は、それら不忠実な偽信者、偽使徒、偽働き人の罪を一つひとつその記録書に書き留める。そして、その時が来ると、神は彼らを不浄な霊の真中に投げ入れ、不浄な霊が彼らの全身を思うままに汚すようにし、そのため彼らは決して生まれ変わることはなく、二度と光を見ることはない。一時期は神に仕えるが最後まで忠実であり続けることのできない偽善者は、神が邪悪なものに含めて数え、そのため彼らは悪人の言いなりとなり、烏合の衆の一部となる。最後には神は彼らを滅ぼす。キリストに忠実であったことがない人、自らの強みをもって何らの貢献をしたことのない人を神は脇へやり、省みることはなく、時代が変わるときに彼らをすべて滅ぼす。彼らはもはや地上には存在せず、神の国へ入ることなどなおさらありえない。神に誠実であったことはないが、状況のせいで強制的に神を表面的に取り扱うことになった人は、神の民のために奉仕する人に含めて数えられる。これらの人々のうちほんの一部だけが生き残るが、大半は奉仕をする規準にさえ達しない人々とともに滅ぶ。最後に、神と同じ考えをもつ人すべて、神の民と子ら、そして神に祭司となるよう予め定められた人々を、神は神の国に連れて行く。彼らは神の働きの結晶となる。神が制定した範疇のどれにも当てはめることのできない人は、未信者に含めて数えられる。彼らの結末がどうなるか、あなたがたは確実に想像できることであろう。わたしは既に言うべきことをすべてあなたがたに語った。あなたがたが選ぶ道は、あなたがただけの選択である。あなたがたが理解するべきことはこれである。神の働きは神と足並みをそろえることのできない人を誰も待たず、神の義なる性質はどんな人にも憐れみを示さない。

『言葉は肉において現れる』の「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 81

どの時代においても、神は自身の働きを繰り返さない。終わりの日が到来したので、神は終わりの日に行なう働きを行ない、終わりの日における自身の性質を余すところなく現わす。終わりの日と言うとき、それは別の時代を指しており、その際イエスは、あなたがたは必ずや災害に見舞われ、地震、飢饉、疫病に遭遇すると言ったが、そのことは、それが新しい時代であり、もはや古くなった恵みの時代ではないことを示す。人々が言うように、神が永久に不変で、その性質は常に憐れみ深く慈愛に満ち、人間を自身のように愛し、すべての人に救いを提供し、決して人を憎むことがないのなら、神の働きが終わりを迎えることは果たしてあるだろうか。到来して十字架にかけられ、すべての罪人のために自分を犠牲にし、自身を祭壇に捧げたとき、イエスはすでに贖いの働きを完了させ、恵みの時代に終止符を打っていた。ならば、終わりの日にその時代の働きを繰り返す意味は何だろうか。同じことをするのは、イエスの働きを否定することではないだろうか。もしも神がこの段階に来た際に磔刑の働きを行なわず、慈愛に満ちて憐れみ深いままならば、時代を終わらせることができるだろうか。慈愛に満ちて憐れみ深い神は、その時代に終止符を打つことができるだろうか。時代を終わらせる神の最後の働きにおいて、神の性質は刑罰と裁きであり、神はその中で不義なるすべてのものを暴き、それによってすべての人を公然と裁き、真摯な心で神を愛する人たちを完全にする。このような性質だけが時代を終わらせることができる。終わりの日はすでに来ている。すべての被造物は種類ごとに選り分けられ、その本性を基にして異なる種類に分けられる。その瞬間、神は人の結末と終着点を明らかにする。もし人が刑罰と裁きを受けなければ、その人の不従順と不義を暴く術はない。刑罰と裁きを通じてでなければ、すべての被造物の結末を明らかにすることはできない。罰せられ、裁かれて初めて、人は本当の姿を示す。悪は悪と共に、善は善と共に置かれ、すべての人は種類ごとに選り分けられる。刑罰と裁きを通じ、すべての被造物の結末が明らかにされ、それによって悪人は罰せられ、善人は報いられる。そして、すべての人が神の支配に従属することになる。この働きのすべては義なる刑罰と裁きを通じて達成されなければならない。人の堕落は頂点に達し、人の不従順は極度に深刻になってしまったので、おもに刑罰と裁きから成り、終わりの日に明らかにされる神の義なる性質だけが、人をすっかり変えて完全な者とすることができる。この性質だけが悪を暴き、よってすべての不義なる者を厳しく懲罰することができる。したがって、このような性質には時代の意義が吹き込まれており、神の性質はそれぞれの新しい時代における働きのために顕示され、表出される。そのことは、神が自身の性質を気まぐれに意味もなく明らかにするということではない。終わりの日に人の結末を明らかにする中で、神が依然として人に無限の憐れみと愛を授け、相変わらず人に愛情深く、人を義なる裁きにさらさず、むしろ寛容、忍耐、赦しを示し、人がどんなに深刻な罪を犯してもそれを赦し、義なる裁きが少しもないのであれば、神の経営のすべてはいったいいつ終わりを迎えるだろうか。このような性質がいつ人々を導き、人類の正しい終着点へと連れ出せるだろうか。いつも愛情に満ちている裁判官、優しい表情と柔和な心をもつ裁判官を例に取ってみよう。この裁判官は犯した罪に関係なく人々を愛し、また相手が誰であっても、愛情深く寛容である。そうであれば、いったいいつ正しい判決にたどり着けるのか。終わりの日には、義なる裁きだけが人を種類ごとに選り分け、新しい領域に連れて行くことができる。このように、裁きと刑罰から成る神の義なる性質を通じ、時代全体に終わりがもたらされるのである。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(3)」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 82

受肉した神の働きは最も意義深い。それは働きについての語りであり、最終的に働きを終えるのは受肉した神であって、霊ではない。神はいつか地上に来て、人間に姿を見せ、誰一人も逃さず人を一人一人試みつつ、全人類を自ら裁くと信じている人々がいる。このように考える者は、この受肉の働きの段階を知らない。神は人間を一人一人裁きはしないし、一人ずつ試みもしない。それは裁きの働きではない。堕落はすべての人間に共通しているのではないか。人間の本質は、みな同じなのではないか。裁かれるのは人間の堕落した本質、サタンのせいで堕落した人間の本質、そして人間の罪全部である。神は人間の些細で無意味な過ちを裁かない。裁きの働きは代表によるもので、特に誰かのために行うものではない。そうではなくて、この働きでは、一群の人々が人類を代表して裁きを受けるのである。受肉した神が自ら一群の人々に働きかけ、全人類に施す働きを代理的に行うと、その後、それが徐々に広まる。裁きの働きも、そのように行われる。神は特定の人や特定の人の集団を裁くのではなく、全人類の不義を裁く――例えば、神への敵対、神に対する不遜、神の働きの妨害等。裁かれるのは人間の神への敵対の本質であって、この働きは終わりの日の征服の働きである。人間が目撃する受肉した神の働きと言葉は、終わりの日に大きな白い玉座の前での裁きの働きであり、これは過去に人間が考えたものである。今、受肉した神が行っている働きは、まさに、大きな白い玉座の前での裁きである。今日の受肉した神は、終わりの日にすべての人間を裁く神である。この肉体と神の働き、言葉、そしてすべての性質が神の総体である。神の肉の働きの規模は限られているし、直接全宇宙に関わるものではないが、裁きの働きの本質は、全人類への直接の裁きであって、中国の選民のためだけでも、少数の人のためでもない。受肉した神の働きの間、この働きの範囲は全宇宙に及びはしないが、全宇宙への働きを代表し、受肉した体の作業範囲の働きを終えた後、神は直ちにこの働きを全宇宙に広める。イエスの福音がそのよみがえりと昇天の後で全宇宙に広まったように。それが霊の働きであろうと、肉の働きであろうと、限られた範囲だけにおいて実行される働きであるが、全宇宙への働きを代表するものなのである。終わりの日、神は受肉した体で働くために出現する。そして、受肉した神は、大きな白い玉座の前で人間を裁く神なのである。霊でも肉体でも、裁きの働きを行うのは、終わりの日に人間を裁く神である。これは、神の働きによって規定されたものであって、神の外見やその他の要素によって決まるものではない。人間はこうした言葉についての観念をもっているが、受肉した神がすべての人間を裁き、征服することは誰も否定できない。人間がそれをどう評価するかに関わらず、事実は、結局のところ、事実である。誰ひとり、「働きは神によるが、その肉体は神ではない」とは言えない。これは戯言だ。この働きは、受肉した神以外にはできないものだからだ。この業はすでに完了しているのだから、この働きの後で神が再び人間を裁く働きをすることはあり得ない。二度目に受肉した神はその経営計画全体のすべての働きをすでに完成したのだから、神の働きの第四段階というものはない。裁かれるのは人間、肉の体をもち堕落した人間であり、直接裁かれるのはサタンの霊ではなく、裁きの働きは霊的世界ではなく、人間の間で行われる。

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 83

人間の肉体の堕落を裁くのには、受肉した神以上に相応しいものはおらず、受肉した神以上に資格のあるものもいない。もし神の霊が直接裁いたならば、それはすべてを含むものではないであろう。そのうえ、そうした働きは人間には受け入れがたいものだったろう。なぜなら、霊は人間と直接会うことができず、そのため効果は即座に見られるものでもない。まして、人間が神の侵しがたい性質をより明確に目にすることはできないであろう。もし受肉した神が人間の堕落を裁くなら、はじめてサタンを完全に打ち負かせる。受肉して普通の人間性をもった神は、直接人間の不義を裁くことができる。これが神本来の聖さ、すばらしさである。神だけが人間を裁く資格があり、その地位にいる。神には真理と義があるから、人間を裁くことができる。真理と義のない者には他人を裁くことができない。この働きが神の霊によって行われたなら、それはサタンに勝利したことにはならないだろう。霊は本来、死すべき者たちよりも高い地位にあり、神の霊は本質的に聖く、肉に優る。もしこの働きを霊が直接行ったならば、神は人間の不服従のすべてを裁くことができず、人間の不義をすべて露わにすることもできないだろう。裁きの働きもまた人間の神についての観念を通して行われるからである。人間は霊について何の観念も抱いたことがない。そのため霊には、人間の不義をよりよく露わにすることができないし、まして、そうした不義を完全に明らかにすることもできない。受肉した神は、神を知らない者すべての敵である。人間の観念と神への敵対を裁くことで、神は人間のあらゆる不服従を明らかにする。受肉した神の働きの成果は、霊の働きよりも明らかである。そのため、すべての人間の裁きは霊が直接するのではなく、受肉した神の働きなのである。人間の体をもつ神は、人間が目で見、触れることができる。また、受肉した神は完全に人間を征服できる。この受肉した神と人間との関係において、人間は敵対から従順、迫害から受容、観念から認識、そして、拒否から愛へと変わっていく。これが受肉した神の働きの成果である。人間は神の裁きを受け入れることによってのみ救われ、神の口から出る言葉によって徐々に神を知るようになり、神に敵対している間に神に征服され、神の刑罰を受けている間にいのちの糧を受ける。この働きはみな受肉した神の働きであって、霊としての神の働きではない。受肉した神の働きは最も偉大で、最も深い働きであり、神の働きの三段階のうちの最も大事な部分は、受肉による働きの二つの段階である。人間の甚だしい堕落は、受肉した神にとって大きな障害である。とりわけ、世の終わりの人々に対する働きは極めて困難で、敵意に満ちた環境で、どの種類の人々の素質もまことに乏しい。しかし、この働きの終わりには、滞りなく望ましい結果を得る。これが肉の働きの成果であり、この成果は霊の働きの成果よりも説得力がある。神の働きの三つの段階は、肉において終結するだろう。そしてそれは受肉した神によって完結しなければならないのだ。最も重要かつ肝要な働きは肉において為され、人間の救いは神が受肉して自ら行わなければならない。人間はみな、受肉した神が人間と関わりがないと感じるだろうが、実際は、この肉体が、全人類の運命と存在に関わっているのだ。

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 84

今日、神はあなたたちを裁き、あなたたちを罰し、あなたたちを罪に定めるが、あなたを罪に定めるのはあなたが自分を知るためであることを知りなさい。罪に定めること、のろい、裁き、刑罰――これらはみなあなたが自分を知るため、あなたの性質が変わるためである。そしてさらに、あなたが自分の価値を知り、神の行動はすべて義であり、それは神の性質と神の働きの必要性に適っていること、神は人を救うための計画に従って働くこと、神は人を愛し、人を救い、人を裁き、罰する義なる神であることを理解するためである。もしあなたが、自分は低い地位の者で、堕落して、不従順であることだけを知り、神が今日あなたに行う裁きや刑罰を通してあなたに救いを明らかにしようと望んでいることを知らないならば、あなたは経験するすべがないし、ましてや前に進み続けることはできない。神は人を殺したり、滅ぼしたりするためにではなく、裁き、のろい、罰し、そして救うために来たのだ。神の六千年の経営(救いの)計画が終了する以前――つまり神が各範疇の人間の結末を明らかにする以前においては――地上における神の働きは人の救いのためであり、すべては神を愛する者たちを真に完全にし、神の統治に服従させるためである。神がどのように人々を救おうとも、そのすべては人々を古いサタンによる性質から脱却させることによってなされる。すなわち、神は人々にいのちを求めさせることによって彼らを救う。彼らがいのちを求めなければ、神の救いを受け入れることはできない。救いは神自身の働きであり、いのちを求めることは救いを受け入れるために人が所有しなければならないものである。人の目から見れば、救いは神の愛であり、神の愛は刑罰、裁き、呪いであるはずがない。救いは慈愛、憐れみ、さらには、慰めの言葉を含んでいなければならず、神によって授けられる無限の祝福を含んでいなければならない。神が人を救う時は、神は彼らに触れ、神の祝福と恵みを通して彼らの心を神に委ねさせることによって救うのだと人々は信じている。すなわち、神が人に触れるのは神が人を救うことである。このような救いは取引によって行われる救いである。神が彼らに百倍のものを授けて初めて、人は神の名の前に服従し、神のために尽くして栄光をもたらそうと努力する。これは人類のための神の心ではない。神は堕落した人類を救うために地上で働きに来た――このことにうそはない。そうでなければ、神は直接その業を行うために来ることは絶対にないだろう。昔、神の救いの手段は最大限の慈愛と憐れみを見せることだった。神は全人類と交換するために自らのすべてをサタンに与えたほどであった。今日は昔とはまったく違っている。今日、あなたたちの救いは終わりの日に、各人を種類によって分類する期間に生じる。あなたたちの救いの手段は慈愛や憐れみではなく、人がより完全に救われるための刑罰と裁きである。従って、あなたたちが受けるすべては刑罰、裁き、容赦のない鞭であるが、この無情な鞭打ちの中に罰はほんの少しもないことを知りなさい。わたしの言葉がどんなに辛辣であっても、あなたたちに降りかかるのはあなたたちにはまったく無情だと思われるほんの数語だけであり、わたしの怒りがどんなに大きくても、あなたたちに注がれるのは教えの言葉であることを知りなさい。わたしはあなたたちに危害を加えるつもりはないし、あなたたちを殺すつもりもない。これはすべて事実ではないのか?今日、義の裁きであろうと、無情な精錬や刑罰であろうと、すべては救いのためであることを知りなさい。今日種類に応じた各人の分類があろうと、人を分類する範疇が露わにされようと、神の発する言葉と業のすべては本当に神を愛する者たちを救うためである。義の裁きは人を清めるためであり、無情な鍛錬は人を清めるため、厳しい言葉、あるいは懲らしめはすべて人を純化するため、救うためである。従って、今日の救いの方法は過去のものとは違う。今日、義の裁きはあなたたちを救い、種類に応じてあなたたち各々を分類するためのよい道具であり、無情な刑罰はあなたたちに最高の救いをもたらす――この刑罰と裁きに直面する時あなたたちは何と言わなければならないだろうか。あなたたちは初めから終わりまで救いを享受しなかっただろうか。あなたたちは受肉の神を見たし、神の全能と知恵も悟った。そのうえ、あなたたちは繰り返し鞭打たれ、訓練も経験した。しかし、あなたたちは最高の恵みも受けたのではないか。あなたたちの祝福は他の誰のものより大きいではないか。あなたたちの恵みはソロモンが享受した栄光や富よりも遥かに豊富である。考えてもみなさい。もしわたしがやってきた意図があなたたちを罪に定め、罰するためであり、あなたたちを救うためでなかったなら、あなたたちの日々はこのように長く続いていただろうか。この罪深い肉と血から成る存在であるあなたたちは今日まで生き残れただろうか。もしそれがただあなたたちを罰するためだけなら、なぜわたしは肉となり、そのような大きな業に着手したのだろう。ただの人間にすぎないあなたたちを罰するには、わずか一言発する時間で済むのではないか。わたしはあなたたちをわざわざ罪に定めた後でもなお滅ぼす必要があるのだろうか。あなたたちはわたしのこうした言葉をまだ信じないのだろうか。わたしは慈愛と憐れみだけで人を救うことができるのだろうか。それともわたしは人を救うためにただ十字架だけしか使えないのだろうか。わたしの義の性質は人が完全に従順になることを一層促進するのではないだろうか。それは人をもっと完全に救うことができるのではないか。

『言葉は肉において現れる』の「地位の祝福は脇に置き、人に救いをもたらす神の心意を理解するべきである」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 85

わたしの言葉は厳しいかもしれないが、すべては人を救うために語られているのであり、わたしは言葉を語っているだけで、人の肉を罰しているのではない。これらの言葉は、人が光の中で生きるように促し、人に光が存在すること、また、その光は貴重であることを知らしめる。さらにはこれらの言葉が人にとっていかに有益であるか、そして神は救いであることを知らしめる。わたしは刑罰と裁きの言葉を数多く語ったが、それらのことは実際あなたたちに対して行われていない。わたしはわたしの働きを行うために、わたしの言葉を話すために来た。わたしの言葉は厳しいかもしれないが、あなたたちの堕落と反抗を裁くために語られているのだ。わたしがこれを行う目的は依然として人をサタンの支配下から救うこと、人を救うためにわたしの言葉を使うことである。わたしの目的はわたしの言葉で人を傷つけることではない。わたしの言葉が厳しいのは、わたしの働きから成果が獲得されるためである。このように働くことを通してのみ、人は自分自身を知ることができ、反抗的性質を断つことができる。言葉の働きで一番大きな意義は、人々が真理を理解した後、真理を実践し、彼らの性質において変化を達成し、自分自身および神の業についての認識を獲得させることである。話すことを通して働くという手段のみが神と人の意思疎通を可能にでき、言葉のみが真理を説明することができるのである。このような方法で働くことは、人を征服する最善の手段である。言葉を発すること以外では、真理や神の業をより明確に人に理解させることのできる手段は他にない。そこで神は神の業の最終段階で人に話しかけ、人が理解しないすべての真理や奥義を明らかにして、彼らが神から真理の道といのちを得て、神の心を満足させることができるようにする。神が人に働きかける目的は、彼らが神の心を満足させることができるようにするためであり、それはすべて人を救うためである。従って、神による人の救いの期間においては、神は人を罰する働きはしない。人の救いの期間、神は悪を罰したり、善に報いたりせず、さまざまな種類の人々の終着点を明らかにすることもない。その代わり、神の業の最終段階が完了して初めて、神は悪を罰し、善に報いる業を行い、そこで初めてさまざまな種類の人々の最後を明らかにする。罰せられる人々は実際救いようのない者たちとなるであろう。一方救われる人々は神による人の救いの期間に神の救いを獲得する者たちとなるであろう。神による救いの業の期間、救われる人々はすべて、最大限まで救われ、誰ひとりとして見捨てられることはない。神の働きの目的は人を救うことだからである。神による人の救いの期間に、自分たちの性質の変化を達成できない者たち、また、完全に神に従うことのできない者たちはみな懲罰の対象となる。この段階における業――言葉の働き――は人が理解しないすべての道と奥義を人に明らかにし、人が神の心と人に対する神の要求を理解できるようにし、彼らが神の言葉を実行に移す条件を備え、自分たちの性質の変化を達成できるようにする。神は働を行うためにだけ言葉を使い、人々が少し反抗的だからといって彼らを罰したりすることはない。今は救いの業の時だからである。もし反抗的な者がひとり残らず罰せられるとしたら、誰にも救われる機会がないだろう。彼らはみな罰せられ黄泉の国に落ちるだろう。人を裁く言葉の目的は、人々に自分自身を知り、神に従うようにすることである。それは言葉による裁きによって彼らを罰することではない。言葉の働きの期間、多くの人々は彼らの反抗と反逆を曝け出し、受肉の神への不服従を露わにするだろう。しかし、神はこのためにこれらの人々すべてを罰したりはしない。そうではなく神は心の底まで堕落して、救いようのない人々を取り除くだけである。神は彼らの肉をサタンに与え、そのような例は少ないが、彼らの肉を終わらせる。残された者たちは従い続け、神の取り扱いと刈り込みを経験する。従っている間もなお神の取り扱いと刈り込みを受け入れることができず、ますます堕落していくならば、これらの人々は救いの機会を失ってしまうだろう。言葉による征服を受け入れた一人ひとりには救いの機会が豊富にあるだろう。これら一人ひとりの神による救いは、彼らに神の最大限の慈悲深さを表している。つまり、彼らには最大限の寛容さが示される。人々が間違った道から後戻りする限り、彼らが悔い改めることができる限り、神は彼らに神の救いを受ける機会を与える。人々が初めて神に反抗する時、神は彼らを殺すことは決して願わず、代わりに彼らを救うためにできる限りのことを為す。本当に救う余地がない者なら、神は取り除くだろう。神が誰かを罰するにおそいのは、救うことができる者たちのすべてを救いたいからである。神はただ言葉によって人々を裁き、啓発し、導くのであって、杖を使って彼らを殺すのではない。人々を救うために言葉を使うことは神の業の最終段階の目的と意義である。

『言葉は肉において現れる』の「地位の祝福は脇に置き、人に救いをもたらす神の心意を理解するべきである」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 86

神は裁きと刑罰の働きを行なうが、それは人が神についての認識を得られるようにするためであり、また神の証しのためでもある。神が人の堕落した性質を裁かなければ、人は犯すべからざる神の義なる性質を知ることができず、神についての古い認識を新たにすることもできない。神はその証しのため、そして神の経営(救い)のため、その存在すべてを公にし、それによって人は、その神の公的な出現を通して、神の認識に到達し、性質を変化させ、明確な神の証しを立てられるようになる。人の性質の変化は、神のさまざまな働きを通して成し遂げられる。そのような性質の変化なくして、人は神の証しを立てることができず、神の心にかなうこともできない。人の性質の変化は、人がサタンの束縛と闇の影響から解放され、真に神の働きの見本かつ標本、神の証人、そして神の心にかなう者となったことを意味する。今日、受肉した神はその働きを行なうため地上に到来した。そして神は、人が神を認識し、神に服従し、神の証しとなって、神の実際的な普通の働きを知り、人の観念と合致しない神の言葉と働きのすべてに従い、神が人間を救うために行なうあらゆる働きと人間を征服するために成し遂げるあらゆる業の証しをすることを求めている。神の証しをする人々は、神についての認識を持たなければならない。この種の証しだけが正確かつ現実的であり、この種の証しだけがサタンを恥じ入らせることができる。神はその裁きと刑罰、取り扱いと刈り込みを経験することで神を知るようになった人々を用いて、自らを証しさせる。神はサタンにより堕落させられた人々を用いて自らを証しさせると同時に、性質が変わったことで神の祝福を得た人々を用いて自らを証しさせる。神は人による口先だけの称賛を必要とせず、神に救われていないサタンの同類による称賛や証しも必要としない。神を知る人々だけが神の証しをする資格があり、その性質が変化させられた人々だけが神の証しをする資格がある。神は人が意図的に神の名を汚すことを許さない。

『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが神に証しをすることができる」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 87

神はどのような手段で人を完全にするのか。それは神の義なる性質によって成し遂げられる。神の性質はおもに義、怒り、威厳、裁き、呪いから成り立っており、神はおもに裁きという手段で人を完全にする。中にはそれが理解できず、なぜ神は裁きと呪いによってしか人を完全にできないのかと問う人がいる。そのような人は「神が人を呪ったら、人は死ぬのではないか。神が人を裁いたら、人は断罪されるのではないか。それにもかかわらず、人はどうして完全になれるのか」と言う。神の働きを理解しない人はこのように言うのである。神が呪うのは人間の不従順であり、神が裁くのは人間の罪である。神の言葉は厳しく容赦がないものの、人の中にあるあらゆるものを明らかにし、そうした厳しい言葉を通じて人の中にある本質的な物事を露わにするが、神はそのような裁きを通じて肉の本質に関する深遠な認識を人に授け、そうして人は神の前で服従する。人の肉は罪から成り、サタンに属するものであり、不従順であり、神の刑罰の対象である。ゆえに、人に自分を認識させるには、神の裁きの言葉がその人に降りかかり、ありとあらゆる精錬が用いられなければならない。そのとき初めて神の働きは成果を生む。

神の語る言葉から、神はすでに人の肉を断罪したことがわかる。では、その言葉は呪いの言葉ではないのか。神によって語られる言葉は人の本性を暴き、その人はそうした暴きを通じて裁かれる。そして神の旨を満たせないと知ったとき、心の中で悲しみと悔恨を感じ、自分が神に大きな借りがあり、神の旨に到達できないことを感じるのである。時として、聖霊が内側からあなたを懲らしめることがあるが、この懲らしめは神の裁きに由来する。時として、神があなたを責め、あなたから顔を隠し、あなたに注意を払わず、あなたの中で働きを行なわず、あなたを精錬すべく無言で罰することがある。人における神の働きは、おもに神の義なる性質を明らかにするためのものである。最終的に、人は神に対してどのような証しを行なうのか。神が義なる神であること、そして神の性質が義、怒り、刑罰、裁きであることを、人は証しする。つまり、人は神の義なる性質を証しするのである。神は自身の裁きを用いて人を完全にしており、人を愛し、救ってきた。しかし、神の愛にはどれだけのものが含まれているのか。そこには裁き、威厳、怒り、呪いがある。神は過去に人を呪ったが、底なしの淵に完全に放り投げたわけではなく、そうした手段を用いて人の信仰を精錬した。人を死に追いやったわけではなく、人を完全にすべく業を行なったのである。肉の本質はサタンに属するものである。それは神が言った通りなのだが、神が為した事実はその言葉通りに成就したのではなかった。神があなたを呪うのは、あなたが神を愛するようになるため、肉の本質を知るようになるためである。神があなたを罰するのは、あなたが目覚めるようにするため、そして内なる欠点を認識し、人が完全に無価値であることを知るようにするためである。このように、神の呪い、裁き、威厳、怒りはどれも、人を完全にするためのものである。神が今日行なうすべてのこと、神があなたがたの中で明らかにする自身の義なる性質は、いずれも人を完全にするためのものである。それが神の愛である。

『言葉は肉において現れる』の「辛い試練を経験することでのみ、神の素晴らしさを知ることができる」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 88

人は自身の伝統的な観念の中で、神の愛は恵み、慈悲、そして人の弱さに対する憐れみだと信じている。それらも神の愛ではあるが、あまりに一方的であり、神が人を完全にする主たる手段ではない。病気のために神を信じ始める人もいるが、その病気はあなたに対する神の恵みである。それがなければ、あなたは神を信じることがなかったはずだ。そして神を信じていなければ、ここまで到達することはなかっただろう。ゆえに、そうした恵みでさえも神の愛なのである。イエスを信じていたとき、人々は真理を理解していなかったので、神に愛されないようなことを多数行なった。しかし、神には愛と慈悲があり、人をここに至らせた。そして、人が何も理解していないにもかかわらず、神は人が自分に従うのを許し、さらには人を今日へと導いてきたのである。これは神の愛ではないのか。神の性質において表わされるのは、神の愛である。これはまったく正しい。教会の建設が頂点に達したとき、神は効力者という段階の働きを行ない、人を底なしの淵に放り投げた。効力者の時代における言葉はすべて呪いだった。つまり、あなたの肉への呪い、堕落したサタン的性質への呪い、そしてあなたに関することのうち、神の旨を満たさないものへの呪いである。その段階で神が行なった働きは威厳として表わされた。その直後、神は刑罰という段階の働きを実行し、死の試練がもたらされた。そのような働きの中、人は神の怒り、威厳、裁き、刑罰を目の当たりにしたが、同時に神の恵み、愛、そして慈悲も見たのである。神が行なったすべてのこと、そして神の性質として表わされたすべてのことは人に対する愛であり、神が行なったすべてのことは、人の必要を満たすことができた。神がそれを行なったのは人を完全にするためであり、人の霊的背丈に応じて糧を施したのである。神がそれを行なっていなければ、人は神の前に出られず、神の真の顔を知る術は一切なかったはずだ。人が最初に神を信じ始めた時から今日に至るまで、神は人の霊的背丈に応じて徐々に糧を施し、人が内面において少しずつ神を知るようにしたのである。今日に至って初めて、人は神の裁きの素晴らしさに気づく。効力者という段階の働きは、創世から今日に至るまでの中で、最初になされた呪いの働きの実例だった。人は呪われて底なしの淵に放り込まれたが、仮に神がそれを行なわなければ、人は今日、神に対する真の認識を得ていなかっただろう。神の呪いを通じてでなければ、人が正式に神の性質と出会うことはなかったのである。人は効力者の試練を通じて暴かれる。自分の忠誠が受け入れ難いものであり、霊的背丈があまりに小さく、神の旨を満たせず、いつでも神を満足させるという自分の主張が言葉に過ぎないことを理解したのである。効力者という段階の働きにおいて、神は人を呪ったものの、今振り返ると、神の働きのその段階は素晴らしいものだった。人にとって素晴らしい転機となり、いのちの性質を大きく変えたからである。効力者の時代の前、人はいのちを追い求めること、神を信じる意味、あるいは神の働きの知恵を何ら理解しておらず、神の働きが人を試せることも理解していなかった。効力者の時代から今日に至るまで、人は人知を超える神の働きがいかに素晴らしいかを目の当たりにしている。人の頭脳では、神がいかに働きを行なうかなど理解できないし、自分の霊的背丈がいかに小さいかや、自分に不従順な物事があまりに多いことを悟ってもいる。神が人を呪ったとき、それはある効果を生じさせるためであり、人を死に追いやることはなかった。神は人を呪ったものの、それは言葉によって行なわれたのであり、神の呪いが実際に人に降りかかることはなかった。なぜなら、神が呪ったのは人の不従順であり、ゆえに神が呪いの言葉を発したのは人を完全にするためでもあったからである。神が人を裁くにしても、あるいは呪うにしても、それは人間を完全にする。どちらも人の中にある不純なものを完全にすべくなされるのである。この手段を通じて人は精錬され、人の中に欠けているものが神の言葉と働きを通じて完全にされる。厳しい言葉であれ、裁きであれ、あるいは刑罰であれ、神の働きの各段階は人を完全にするものであり、絶対的に適切なものである。どの時代においても、神がこのような働きを行なったことはない。今日、あなたがたが神の知恵を理解するよう、神はあなたがたの中で働きを行なっている。あなたがたは内面においていくばくかの苦痛を味わってきたが、心は安定していて平安である。神の働きのこの段階を享受できるのは、あなたがたの祝福である。将来得られるものが何であるかにかかわらず、あなたがたが今日、自分における神の働きの中で見られるものは愛である。神の裁きと精錬を経験しなければ、その人の行ないや情熱は表面的なものにとどまり、性質はいつまでも変わらない。それで神に得られたと言えるのか。今日、人の中には傲慢やうぬぼれがいまだ数多くあるものの、その性質は以前に比べてずっと安定している。神があなたを取り扱うのはあなたを救うためであり、取り扱われる際に苦痛を感じることがあっても、あなたの性質に変化が起こる日はいずれやって来る。その時、あなたは振り返って神の働きがいかに賢明かを知る。またその時、あなたは神の旨を真に理解できる。今日、自分は神の旨を理解していると言う人がいる。しかし、それはまったく現実的でない。実際のところ、彼らは嘘をついている。と言うのも、目下のところ、神の旨が人を救うことなのか、それとも呪うことなのか、彼らはまだわかっていないからである。おそらくあなたは、今ははっきりとわからないだろう。しかし、神の栄光の日がすでに訪れたことを知るときがいつか来る。また、神を愛することがいかに意義深いかを知ることで、あなたは人生を知るようになり、あなたの肉は神を愛する世界に生きる。あなたの霊は解放され、あなたの生活は歓びに溢れ、あなたは常に神のそばにいて神を仰ぎ見る。その時あなたは、今日の神の働きがいかに価値あるものかを真に理解する。

『言葉は肉において現れる』の「辛い試練を経験することでのみ、神の素晴らしさを知ることができる」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 89

現在なされている働きは、人々に古い祖先であるサタンを捨て去らせるためのものだ。言葉による裁きはすべて、人間の堕落した性質を明らかにし、人々に人生の本質を理解させることを目的としている。繰り返されるこれらの裁きはすべて、人々の心を貫き通す。一つ一つの裁きは人々の運命に直接関連しており、人々の心を傷つけるためのものだ。その結果、彼らはそれらすべてを手離し、それによって人生を知り、この汚れた世界を知り、神の知恵と全能性を知り、そしてサタンに堕落させられた人類を知ることができるからだ。この種の刑罰や裁きを受ければ受けるほど、人の心は傷つき、霊は目覚めることができる。こうした極端に堕落し、最も深く騙されている人々の霊を目覚めさせることが、この種の裁きの目標である。人には霊がなく、すなわち人の霊はとうの昔に死んでしまっていて、人は天が存在することも神が存在することも知らず、自分が死の淵で葛藤していることなど知るよしもない。自分がこの邪悪な地上の地獄に生きていることなど、どうして知ることができようか。自分のこの腐った屍が、サタンによる堕落のため黄泉の国に落ちたのだと、どうして知ることができようか。地上のすべてはもうずっと前から、人類によって修復不能なほどに破壊されてしまっていることを、どうして知ることができようか。そして今日、創造主が地上に到来し、救うことができる堕落した人々を探していることを、どうして知ることができようか。ありとあらゆる精錬と裁きを体験した後でさえ、人の鈍った良心はほとんど奮い立つこともなく、事実上まったく反応しない。人間はいかに堕落していることか! この種の裁きは空から降って来る残酷な雹のようなものだが、人にとっては甚大な利益がある。人々がこのように裁かれなければ、何の成果も得ることはできず、人々を苦悩の淵から救い出すのはまったく不可能だろう。この働きがなければ、人々が黄泉の国から這い上がることは非常に難しいだろう。彼らの心ははるか昔に死んでおり、彼らの霊ははるか昔にサタンに踏みにじられてしまったからだ。堕落の底に沈み込んでしまったあなたがたを救うには、熱心にあなたがたに呼びかけ、熱心に裁くことが必要であり、そうして初めてあなたがたの凍りついた心を呼び覚ますことができるのだ。

『言葉は肉において現れる』の「完全にされた者だけが意義ある人生を生きられる」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 90

神がその聖く義なる性質の全てを現すことができるのは、最も遅れていて、最も不浄な地において神が受肉することによるほかない。神の義なる性質は、何をとおして現されるであろうか。それは、人間の罪に対する裁きと、サタンに対する裁き、罪に対する憎しみ、神に反抗し反逆する神の敵に対する憎しみによってである。今日わたしが話しているのは、人々の罪と不義を裁くためである。それは人々の反逆性を呪うためである。人間の不正さと虚偽、言動など、神の心に則していない物事すべてが裁きを受け、人間の反逆性は罪であると咎められる。神は裁きの原則に従って語り、人間の不義を裁き、反逆性を呪い、醜悪な顔を全て晒すことにより神の義なる性質を現す。聖さは神の義なる性質を表す。神の聖さは、実は神の義なる性質である。本日のわたしの言葉の背景は、発言、裁き、そしてあなたがたの堕落した性質に鑑みて征服の働きを実施することである。真の働きはこれだけであり、神の聖さを完全に際立たせるのは、これだけである。あなたに堕落した性質が全くなかったとしたら、神はあなたを裁くことも、あなたが神の義なる性質を見ることができることもないであろう。あなたには堕落した性質があるため、神はあなたを見逃さない。それにより神の聖さが明らかにされる。人間の不浄さと反逆性が過度であり、かつ神がそれを見て何も言わず、あなたを不義ゆえに裁くことも罰することもなかったとしたら、それは神は罪を憎まず、人間同様に不浄ということになり、神が全く神ではないことを示すことになるであろう。現在のあなたに対するわたしの裁きは、あなたの不浄に起因し、わたしの刑罰はあなたの堕落と反逆性に起因する。あなたがたの間でわたしが権力や威信を表すためでも、故意にあなたがたを虐めるためでもなく、不浄の地に生まれたあなたがたは、あまりに多くの不浄に汚されているからである。あなたがたは、誠実さと人間性をすっかり失い、最も不浄な所で生まれた豚同然なのである。あなたがたが裁かれ、神の怒りがあなたがたに降りかかるのは、これらのためである。神が義なる神であり、聖なる神であることをあなたがたが理解することができたのは、こうした裁きのおかげである。神があなたがたを裁き、あなたがたに怒りを下したのは、神の聖さと義のためである。神は人間の反逆性を見て自身の義なる性質を現すことができ、また人間の汚れを見て自身の聖さを現すことができるので、そのことは、神が神自身であり、聖くて汚れがなく、それでいながら不浄の地で暮らしていることを十分に示している。仮に、神が人間であり、他の者と同様に自らを汚し、聖さや義なる性質の要素が皆無だったとしたら、神は人間の不義を裁く資格も、人間を裁く者となる資格もないであろう。人間が人間を裁くとしたら、それは自分の顔を自分で叩くようなものではなかろうか。ある者が自分と同様に汚れている人間を裁く権利を持つことが、どうして可能であろうか。汚れた人間すべてを裁くことができるのは、聖なる神自身のみである。それならば人間がどうして人間の罪を裁けるだろうか。人間が人間の罪を見ることが、どうしてできようか。また人間が人間を咎める資格を得る事がどうしてできようか。仮に人間の罪を裁く権利が神になかったとしたら、神はどうして義なる神であることができるであろうか。人々の堕落した性質が現された時、神は発言し人間を裁き、そうして初めて人々は神が聖いことを知ることができる。裁き、刑罰、そして人間の罪の暴露。この裁きを逃れられる人間や物は一切ない。汚れたものは全て神により裁かれる。これによってのみ神の性質が義であると言える。そうでなければ、どうしてあなたがたが引き立て役と呼ばれる価値があると言えようか。

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの第二段階の効果はどのように得られるか」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 91

イスラエルで行われた働きは、現在の働きと大きく異なる。ヤーウェは人々の生活を導いたが、現在行われているほどに裁きや刑罰を行わなかった。なぜなら当時、人々はこの世の物事について少ししか理解しておらず、堕落した性質がほとんどなかったからである。当時、イスラエル人は、あらゆる面においてヤーウェに従順であった。神がイスラエル人に祭壇を造らせた時、イスラエル人はすぐに祭壇を造り、祭司の衣を着させた時、イスラエル人は従った。当時、ヤーウェは人々にとって、地上の羊の群れを飼う羊飼いのような存在であり、羊は皆、羊飼いに従い、導かれた牧草地で草を食べた。ヤーウェは当時の人々の生活を導いた。ヤーウェは彼らの食べ物、着る物、住処、移動における指導者であった。当時は神の性質を現す時ではなかった。なぜなら、当時の人間は生まれたばかりであり、反逆的な者や反抗的な者はほとんどおらず、当時の人々は過度に汚れていなかったからである。したがって、当時の人間は神の性質の引き立て役となることができなかった。神の聖さは、不浄の地の人々の中で現される。そして現在、不浄の地にいる人々は彼らの汚れを露わにする。そして神はそのあと裁きを下す。このように、神であるものはすべて神の裁きの中で表される。それでは、神が裁くのはなぜであろうか。それは、神は罪を忌み嫌っているので、裁きの言葉を述べることができるのである。神が人間の反逆性を嫌悪していなかったとしたら、神はこれほどまでに怒ったであろうか。神に忌み嫌うことや嫌悪がなく、人間が反逆的であっても神が気に留めることがなかったとしたら、それは神が人間と同様に汚れていることを示す。神が人間を裁き罰することができる理由は、神が汚れに嫌悪感を覚えるからである。神が嫌悪感を覚えさるものは、いずれも神にはないものである。もし神の内面にも反抗性や反逆性があったとしたら、神は反抗的で反逆的な人々に対して嫌悪感を抱くことはないであろう。もし終わりの日における神の働きが依然としてイスラエルで行われるとしたら、それには意義が全くないであろう。終わりの日の働きが、最も暗く遅れた地である中国でなぜ行われているのだろうか。それは神の聖さと義を現すためである。つまり、場所が暗いほど、神の聖さを一層はっきりと顕すことができる。真相は、これらのことを行うのは、ひとえに神の働きのためであるということである。あなたがたが知っているのは、天の神が地上に降り立ち自分達の中にいること、そして神はあなたがたの汚れと反逆性を際立ったものとしたため、あなたがたは神を理解しはじめたということだけである。これは素晴らしい励みではないか。真相は、あなたがたは中国にいる選ばれた人間の集団であり、あなたがたは選ばれて神の恵みを授かったため、そしてこれほどの神の恵みを享受するにはふさわしくないため、こうした物事全てが大いにあなたがたの励みになることを示している。神はあなたがたに対して自身とその聖なる性質の全体を現し、あなたがたが豊かな恵みを得ることができるようにそうしたことを全てを授けている。あなたがたは神の義なる性質を味わっただけでなく、それ以上に重要なこととして、神の救いと贖いと無限の愛も味わった。最も不浄な人々であるあなたがたが、これだけ大いなる恵みを授かったのである。これは祝福されていることではなかろうか。神に引き上げられているということではなかろうか。あなたがたの集団は全ての中で最も低い地位にあり、本質的にそうした大いなる祝福を享受するのに値しないが、神は例外を設けてあなたがたを引き上げた。あなたがたは、恥辱を感じないだろうか。あなたが自分の本分を尽くせないのであれば、最終的にあなたは自らのことをこの上なく恥じるであろう。あなたは自責の念に苛まれるであろう。現在、神はあなたを懲らしめることも罰することもしていない。あなたの肉は安全で健やかである。しかし最終的に、神の言葉によりあなたは自らに対する恥辱を感じさせられるであろう。わたしは今まで誰も公然と罰したことがない。わたしは辛らつな言葉を述べてきたが、わたしは人々に対してどのようであっただろうか。わたしは人々を慰め、励まし、また警告してきた。その目的は、あなたがたを救うために他ならない。あなたがたがわたしの意図を全く理解していないということがありえるだろうか。わたしがこう述べる時、あなたがた全員が理解し、これらの言葉に感銘を受けるはずである。現在、この問題についてやっと明瞭に理解した者が多数いる。つまり、この祝福は引き立て役を担うことにより得られたものではなかろうか。引き立て役となることは最大の祝福ではなかろうか。最終的にあなたがたは、福音を広めるとき「私たちは典型的な引き立て役である」と言うであろう。人々は「典型的な引き立て役とはどういう意味ですか」と、あなたがたに尋ねるであろう。するとあなたは「それは神の働きと神の力の引き立て役として仕える私たちのことです。私たちは自分の反逆性により、神の義なる性質の引き立て役として仕えます。私たちは、神の最後の働きにつかえる対象であり、付随する存在であり、道具です」と述べるであろう。人々は、そう聞いて好奇心をそそられるであろう。そしてあなたは「私たちはまた、神が宇宙全体でその働きを完了し、全人類を征服するための見本であり規範です。私たちが聖いか汚れているかを問わず、私たちはあなたがたよりも祝福されています。なぜなら、私たちは神を見たからです。私たちを征服する機会をとおして神の御力が明示され、私たちの不浄と堕落により、神の義なるご性質が引き立てられたのです。あなたがたには終わりの日の神の働きを証しすることができますか。あなたがたには何の権利もありません。神に引き上げられているのはひとえに私たちなのです。私たちは傲慢ではありませんが、神を讃美することを誇りとします。なぜなら、私たち以外にこんな素晴らしい約束をされたり、素晴らしい祝福を授かったりできるものはいないからです。これほどまでに不浄な人々が実際に神の経営において引き立て役を担うことができるというのは不思議であり、私たちは筆舌に尽くしがたいほど感謝しています」と述べる。人々は「それでは、見本や規範とは何ですか」と尋ねるだろう。あなたは「私たちは全人類の中で最も反逆的であり、最も不浄です。私たちは、サタンにより最も重度に堕落させられ、最も進歩が遅れた、肉に属する最も賤しい人間です。私たちはサタンに用いられることの典型的代表例です。そして今、私たちは、人類のうち最初に征服される者として神に選ばれました。私たちは神の義なるご性質を見て、神の約束を継承しており、神は私たちを用いて一層多くの人間を救うでしょう。こういうわけで私たちが人類の中で征服される人々の見本であり規範となっているのです」と述べるであろう。これが、あなたがたにとって最高の証しであり、最高の経験である。

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの第二段階の効果はどのように得られるか」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 92

あなたがたに行われる征服の働きはもっとも意義深い。ある見方では、この働きの目的は一つの集団を完全にすることである。つまり、この人たちを完全にすることであり、彼らは完全にされた最初の一群、言わば初穂として勝利者の集団となる。別の見方では、それは被造物に神の愛を享受させ、神の完全で最も偉大な救いを受けさせ、人間が憐れみと慈愛を享受するだけではなく、さらに重要なことに、刑罰と裁きをも享受させることなのである。創世の時から今日に至るまで、神がその働きで行ったことはすべて愛であり、人間への憎しみは欠片ほどもない。あなたの見た刑罰と裁きでさえ愛であり、それはさらに真実で現実的な愛であり、人を人生の正しい道へと導く愛である。また別の見方では、これはサタンの前で証しすることである。そしてもうひとつの見方では、それは将来の福音の働きを広めるための基礎を築くことである。神が行ったすべての働きは、人を人生の正しい道へと導くことがその目的であり、それにより人間として正常な生き方ができるようにする。なぜなら人間はどのように人生を歩むべきか知らないからである。この導きがなければ、虚しい人生しか送れない。あなたの人生は価値のない無意味なものになり、正常な人間でいることなどまったくできない。これが人間を征服することの最も深い意義である。あなたがたはみなモアブの子孫である。あなたがたに征服の働きが行われることは、大きな救いである。あなたがたはみな罪と放蕩の場所で生きており、あなたがたはみな淫らで罪深い。今日、あなたがたは神を見ることができるだけではなく、もっと重要なことに、刑罰と裁きを受け、真に深い救い、つまり、神の最大の愛を受けた。することすべてにおいて、神はあなたがたに真に愛情深く接している。神に悪意はまったくない。神があなたがたを裁くのは、あなたがたの罪ゆえであり、それはあなたがたが自省し、このすばらしい救いを受けられるようにするためである。これはみな人間を完全にすることを目的として行われる。始めから終わりまで、神は人間を救うために全力を尽くしており、神が自らの手で創造した人間を完全に破壊したいという願望はない。今、神は働くためにあなたがたのもとに来ており、このような救いはもっと偉大ではないのか。もし神があなたがたを憎んでいるのなら、あなたがたを直接導くためにそれ程大きな働きをするだろうか。なぜ神がそのように苦しむ必要があるのか。神はあなたがたを憎んでいないし、あなたがたに何の悪意ももっていない。あなたがたは神の愛が最も真実な愛であることを知らなければいけない。神が裁きを通して人を救わなければならないのは、唯一人が不服従だからである。そうでなければ、人を救うのは不可能であろう。あなたがたはいかに生きるべきかを知らず、いかに生きるべきかに気づいてもいないため、また、あなたがたはこの淫らで罪深い地に住み、あなたがた自身が淫らで汚れた悪魔であるため、神はあなたがたがいっそう堕落してゆくままにしておくことに耐えられず、また、あなたがたが現在のようにこのような汚れた地で生活し、サタンの思うままに踏みつけられるのは見るにしのびず、あなたがたがハデスに落ちてゆくままにしておくことには耐えられないのである。神はただこの集団の人たちを獲得し、あなたがたを完全に救いたいと願っている。これがあなたがたに征服の働きを行う主要目的である。ただ救いのためである。もしあなたに為されていることはすべて愛と救いであるということがわからないのなら、これが単なる方式の一つ、人間を苦しめる方法の一つであり、信用できないものであると考えるのなら、あなたは自分の世界に戻り苦痛と苦難を受けた方がいいであろう。もし自らこの流れの中に身を置き、この裁きとこの大いなる救いを楽しみ、人間世界のどこにも見いだせないこの祝福のすべてとこの愛を享受したいなら、善であれ。この流れの中に留まり、完全にされるように征服の働きを受け入れなさい。今、あなたは神の裁きのために苦痛と鍛錬を少々体験しているかもしれないが、この苦痛には価値と意味がある。人間は神の刑罰と裁きにより鍛錬され、容赦のない暴露を受け、その目的は罪ゆえに人を罰し人の肉体を罰することであるが、このどれも肉を罪に定めて滅ぼすことを意図してはいない。言葉による厳しい暴露はすべてあなたを正しい道に導くためである。あなたがたはこの働きの多くを直接に体験しており、明らかにそれはあなたがたを悪の道へとは導かなかった。それはすべてあなたに正常な人間性を実際に生きさせるためであり、これはみなあなたがたの正常な人間性をもって達成できる。神の働きの一つひとつの段階はあなたの必要にもとづいて、あなたの弱点と実際の背丈に沿っており、荷えないような重荷は一つとしてあなたがたの上には置かれていない。今日あなたにはこのことが明らかではなく、まるでわたしがあなたに厳し過ぎるように感じている。わたしが毎日あなたを罰し、裁き、責めるのは、わたしがあなたを憎んでいるからだと確かにあなたはいつも思っている。しかし、あなたが受けて苦しむのは刑罰と裁きだが、これは実際はすべてあなたへの愛であり、最も偉大な保護である。もしこの働きの深い意味が把握できないのなら、あなたが経験を続けることは不可能である。この救いはあなたに慰めをもたらすべきである。我に返るのを拒んではならない。ここまで来たのだから、この征服の働きの意義はあなたにはっきりわかるはずである。このことについて、もはやあれこれと考えを抱いてはならない。

『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内幕(4)」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 93

終わりの日の神の裁き、刑罰の働き、すなわち、最後の清めの働きの中でゆるがず耐え抜ける人たちが、神と共に最後の安息の中に入る人たちである。したがって、安息に入る人はみな、神の最後の清めの働きを経て初めて、サタンの支配から振りほどかれ、神によって得られるだろう。最終的に神によって得られたこのような人々が最終的な安息へと入るのである。刑罰や裁きという神の働きの実質は、人類を清めることであり、それは、最終的な安息の日のためである。さもないと、全人類は、それぞれ自身と同類のものに属することができないか、あるいは安息の中に入ることができない。この働きは、人類が安息の中に入るための唯一の道なのである。清めの働きこそが人類の不義を清め、刑罰と裁きの働きこそが人類の中のそれらの不従順なものを全部さらけ出すのである。それによって、救うことのできる人と救うことのできない人とが識別され、生き残ることのできる人と生き残ることのできない人とが区別されるようになる。この働きが終わる時、生き残ることを許された人は、みな清められ、人類のより高い境地に入って、地上でのさらにすばらしい第2の人生を享受する。すなわち、彼らは人類の安息の日に入って神と共に生活する。生き残ることのできない人が刑罰や裁きを受けた後、彼らの正体が全て露呈される。それから彼らはみな滅ぼされ、サタンと同じように、もう地上で生きることができなくなる。未来の人類はもうこのような人々を含まない。このような人々は究極の安息の地に入る資格がなく、神と人が共有する安息の日に入る資格もない。なぜなら、彼らは懲らしめの対象であり、邪悪で、義なる人ではないからである。彼らはかつて贖われたことがあり、また裁かれもし、懲らしめも受け罰せられたことがある。彼らはまた神への奉仕をしたこともあるが、終わりの日がきたら、彼らはやはり、自身の悪さ、自身の不従順さ、贖う術もないような有様が原因で、排除され、滅ぼされる。彼らは未来の世界では存在しないし、未来の人類の間で生きることもない。死んだ人の魂であれ、肉としてまだ生きている人であれ、すべての悪を働く者、すべての救われなかった者は、人類の中の聖なるものたちが安息の中に入る時、滅ぼされる。これらの、悪を働く魂と悪を働く人々、或いは義人の魂と義を行う人々が、どんな時代に属していたとしても、悪を行う者はみな滅ぼされ、義なる人はみな生き残る。人あるいは魂が救いを受けるかどうかは、終わりの時代の働きによってのみ決まるのではなく、むしろ、彼らが神に逆らってきたかどうかあるいは神に背いてきたかどうかによって確定されるのである。もし前の時代の人が悪を働き、救われなかったなら、彼らは間違いなく罰を受ける対象になる。もし今の時代の人が悪を働き、救われないなら、彼らもまた、確実に罰の対象になる。人々は、善と悪にもとづいて分離されるのであって、時代にもとづいて分離されるのではない。ひとたび、善と悪によって分離されたら、人々は直ちに罰を受けたり報いを与えられたりするのではない。むしろ神は、終わりの日における征服の働きを遂行した後はじめて、悪を行う者を罰し、善を行う者に報いる働きを行う。実は、神が人類に対して働きをはじめた時からずっと、神は人類を分けるために善と悪を用いている。神は自身の働きを終えて初めて、義なる人を報い、悪である者を罰するのである。最後に働きを終えて悪者と義人を分けて、それからすぐ悪を罰し、善に報いる働きに着手するのではない。悪を罰し、善に報いるという神の最終的な働きは、全て全人類を完全に清めるために行われる。そうすることによって、完全に清くなった人類を永遠の安息に導き入れることができる。神のこの段階の働きは最も重要な働きであり、神の経営の働き全体の最後の段階である。もし神が悪者たちを全て滅ぼさないで、彼らを残しておけば、全人類はやはり安息の中に入ることができず、神も全人類をよりよい領域に導き入れることができない。このような働きでは完了することはできない。神が自身の働きを終える時、全人類は完全に聖いものとなる。このようになってはじめて、神は安らかに安息の中で生活することができる。

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 94

わたしの足跡は宇宙と地の隅々まで行き渡っており、わたしの目はありとあらゆる人を絶えず細かく観察しており、さらにわたしは宇宙全体を見守っている。わたしの言葉は実際に宇宙の隅々まで及ぶ。あえてわたしに奉仕をしない者、あえてわたしに対して不実な者、あえてわたしの名に裁きを下す者、あえてわたしの子らを罵り、中傷する者──このようなことを実際に行う者たちは誰であれ、すべて厳しい裁きを受けなければならない。わたしの裁きは完全に下される。すなわち、今は裁きの時代であり、注意深く観察すれば、わたしの裁きが宇宙世界全体に及ぶことがわかるだろう。もちろん、わたしの家族も例外ではない。その考えや言葉、行動がわたしの旨に一致しない者は裁かれるだろう。わたしの裁きは全宇宙世界に向けられ、特定の人々や物事に限って向けられるものではないことを理解しなければならない──あなたはそれに気づいていたか。心の奥底で、わたしについて考える中で葛藤しているなら、あなたは自分の内側ですぐに裁かれるだろう。

わたしの裁きはあらゆる形と形式で行われる。このことを知りなさい。わたしは宇宙世界で唯一の賢い神である。わたしの力に勝るものはない。わたしの裁きはすべてあなた方に明らかにされている。あなたが思考の中でわたしについて葛藤しているなら、わたしはあなたを啓く。つまり、あなたに警告を与える。聞こうとしなければ、わたしはただちにあなたを見捨てる(これはわたしの名を疑うことを指すのではなく、外的な行動──肉の快楽に関連するものを指しているのだ)。あなたの考えがわたしに対して反抗的で、あなたがわたしに対して不平を言い、サタンの意見をくり返し受け入れ、いのちによる感情に従わないならば、あなたの霊は暗やみに入り、その肉体は痛みに苦しむだろう。あなたはわたしに近づかなければならない。わずか一日か二日で正常な状態を回復することなど絶対に不可能であろう。そしてあなたのいのちは目に見えてかなり後れを取るだろう。放埓な話をする人々よ、わたしはあなたの口と舌を鍛錬し、あなたの舌をそれに相応しく取り扱う。抑制されず自堕落な行動をしている人々よ、わたしはあなたの霊に警告し、聞こうとしない者は厳しく罰する。公然とわたしを裁き、反抗する人々、つまり、言葉で、あるいは行為において不従順な人々に対しては、わたしは彼らを完全に排除し、見捨て、滅びに至らしめ、最高の祝福を失わせる。これらは選ばれた後に排除される人々である。無知な人々、つまり、ビジョンが明確でない人々については、わたしはまだ彼らに啓示を与えて救う。しかし、真理を理解しながら実行しない人々は、無知であろうとなかろうと、先に述べた規定に従って処罰されるだろう。最初から悪い意図を持っている人々に関しては、わたしは永久に彼らが現実を把握できないようにし、最終的には彼らを一人ずつ、次第に排除する──一人として残らないだろう。しかし今は、彼らはわたしの計画によって残っている(わたしは物事を急がず、むしろ秩序立てて行うからだ)。

わたしの裁きは完全に明らかにされ、異なる人々に向けられ、人々は皆所定の位置に着かなければならない。どの規定が破られるかによって、わたしはその規定に従って彼らを管理し、裁くだろう。この名によらない者や、終わりの日のキリストを受け入れない者に関しては、規定は一つしかない。逆らう者は誰であれ、わたしはただちにその霊、魂、体を取り上げ、ハデスに投げ入れるだろう。逆らわない者に対しては、それが誰であれ、わたしは第二の裁きを実行する前に成熟するのを待つだろう。わたしの言葉はすべてを完全に明確に説明し、何も隠してはいない。わたしはあなた方が常にわたしの言葉を心に留めておくことを願うのみである。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第六十七章」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 95

わたしの言葉はすべての国、場所、民族、宗派において実行され、いつでも所定の時間にあらゆる場所で成就する。至る所で起こる災害は人々の間の戦いではなく、武器を用いた争いでもない。以後、これ以上戦争はないだろう。すべてはわたしの手中にある。すべてはわたしの裁きに遭い、災害のただ中で衰えるだろう。わたしに抵抗する人々と率先してわたしに協力しない人々は様々な災害の苦しみを受けることになる。いつまでも泣いて歯ぎしりし、永久に暗やみの中に留まるがよい。彼らは生き残れない。わたしは率直に機敏に行動し、かつてあなたがわたしにどれほど忠実だったかについては考慮しない。あなたがわたしに抵抗するかぎり、わたしの審判の手はたとえ一秒たりとも遅れることなく、容赦もなく、あなたに向けて素早く怒りを爆発させるだろう。わたしは己の約束を守る神であるとずっと言い続けてきた。わたしの語るすべての言葉は成就する。あなた方はそのことをすべて見るだろう。すべてにおいて現実に入るという言葉が指しているのはこのことである。

わたしの子ら、わたしの愛する者たちの上には、この大災害が降りかかることがないのは確実である。わたしは一分一秒も欠かさずわたしの子らの面倒をみるだろう。あなた方はその痛みや苦しみにはきっと堪えられないだろう。だが、むしろそれはわたしの子らを完成させるためと、彼らの中でわたしの言葉を成就するためであり、あなた方がわたしの全能を知り、いのちにおいてさらに成長し、少しでも早くわたしの重荷を背負い、わたしの経営(救いの)計画が完成するようにひたすら尽くすようになるためである。わたしのこのやり方によって、あなた方は幸せになり、喜ぶはずである。わたしはすべてをあなた方に引き渡し、あなた方に支配させる。わたしはすべてをあなた方の手に委ねる。子供が父親の全財産を相続するのであれば、わたしの長子たち、すなわち、あなた方の場合はなおさら全てを相続するはずではないだろうか。あなた方は本当に祝福されている。大災害に苦しむのではなく、あなた方は永久に続く祝福を享受するのである。何という栄光だろう。何と素晴らしい栄光だろう。

歩みの速度を速めなさい。そして、いつでも、どこにあってもわたしの足跡に従い、遅れてはならない。あなたの心をわたしの心に従わせ、あなたの思いをわたしの思いに従わせなさい。精神も心もわたしと一つにして協力しなさい。わたしと共に食べ、わたしと共に生き、わたしと共に楽しみなさい。享受し、受け取るべき素晴らしい祝福があなた方を待っている。わたしの中にあるものは比類なく豊富である。他の人にはごくわずかでさえ用意されていない──わたしはこのことをすべてわたしの子らのために行う。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第六十八章」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 96

雷鳴のような声が発せられ、宇宙全体を揺るがし、人々の耳をつんざき、彼らが逃れるにはもう遅すぎる。そして、ある者は殺され、ある者は滅ぼされ、また、ある者は裁かれる。それは本当に誰も見たことのないような光景である。耳を澄ましてみなさい。雷鳴の轟きといっしょに泣き叫ぶ声が聞こえてくる。その声はハデスから聞こえ、地獄から聞こえてくる。それは、わたしによって裁かれた反逆の子らの苦々しい声である。わたしの言うことを聞かず、わたしの言葉を実践しない者は厳しく裁かれ、わたしの怒りの呪いを受ける。わたしの声は裁きと怒りであり、わたしは誰一人優しく扱わず、誰にも憐みを示さない。わたしは義なる神であって、わたしには憤怒があり、燃える炎があり、清めがあり、滅びがあるからである。わたしの中では何も隠されておらず、感情的なものは何もなく、むしろすべてが開かれており、すべてが義であり、公平である。わたしの長子たちは既にわたしと共に玉座に就いて、すべての国々とすべての民族を支配しているので、それらの正しくない不義のものや人々は、今裁かれつつある。わたしは、何一つ見逃すことなく、完全に暴露して、彼らを一人ずつ探るであろう。何故なら、わたしの裁きは完全に明らかにされ、完全に公開されており、留められるものは何ひとつないからである。わたしは、わたしの旨に適わないものは何であれ投げ棄て、底なしの穴で永遠に滅びるようにする。わたしはそれが底なしの穴で永遠に燃えるようにする。これがわたしの義であり、わたしの公正さである。誰もこれを変えることはできず、それはわたしの命令に従わなければならない。

ほとんどの人々がわたしの言葉を無視し、言葉は単なる言葉であり、事実は事実だと思っている。彼らは盲目である。彼らは、わたしが真実な神自身であることを知らないのか。わたしの言葉と事実は同時に起こる―これはまさに真実ではないだろうか。人々はわたしの言葉を理解しておらず、啓示を受けた者だけが本当に理解できる―これは事実である。人々は、わたしの裁きが下るときはもちろんのこと、わたしの言葉を見るやいなや、仰天してしまい、あちこちに隠れる。わたしが万物を創造したとき、わたしが世界を滅ぼすとき、そして、わたしが長子たちを完全にするとき、これらのすべてのことは、わたしの口から出る一つの言葉で成し遂げられる。というのは、わたしの言葉そのものが権威であり、裁きであるからだ。わたしという人間が裁きであり、威厳であると言える。それは不変の事実である。これはわたしの行政命令の一面であり、わたしが人々を裁くための一つの方法である。わたしの目には、すべての人々、すべての出来事、すべての物―実にあらゆるもの―がわたしの手の中にあり、わたしの裁きの下にあるのだ。誰であれ、何であれ、無闇に自分勝手に行動することは許されない。すべてはわたしの口から発せられる言葉に従って成し遂げられなければならない。人間の観念の中からは、すべての者がわたしという人間の言葉を信じている。わたしの霊が声を発すると、人々は疑いを抱く。彼らはわたしの全能性を全く知らず、わたしのことを不当に非難する。わたしはあなたに告げる。誰であれ、わたしの言葉に疑問を抱く者、わたしの言葉を軽視する者こそ、滅ぼされる者であり、永遠に地獄の子である。このことから、長子は極めて少ないことが分かる。何故なら、これがわたしの働き方であるからだ。わたしが言ったように、わたしは指一本動かすことなく、わたしの言葉を使ってすべてを達成する。つまり、ここにわたしの全能性があるのだ。わたしの言葉の中には、誰もわたしの発言の根源と目的を見つけることはできない。人々はこれを達成することができない。彼らはただわたしの導きによってのみ行動することができ、わたしの義によってわたしの旨に従うことによってのみ、すべてのことを行うことができるのであり、その結果、わたしの家族は義と平和を持ち、永遠に生き、永久にしっかりと、揺るぐことなく立つことができるのである。

わたしの裁きはすべての者に下り、わたしの行政命令はすべての者に及び、わたしの言葉と人間の存在はすべての者に現される。これはわたしの霊の大いなる働きの時である(この時、祝福される者と災いを受ける者が区別される)。わたしの言葉が発せられるやいなや、わたしは祝福される者と災いを受ける者を区別する。それは完全明瞭であり、わたしはそれを一目で見ることができる。(それはわたしの人間性について述べられているので、わたしの予定と選択とに矛盾しない。)わたしは山と川とあらゆる物と宇宙空間を行き巡り、あらゆる場所を観察し、すべての場所を清める。それは、わたしの言葉によって、それらの汚れた場所と堕落した地がすべて消えて無くなり、燃え尽くされ、無に帰すためである。わたしにとっては、すべてが容易である。もし今が世界を滅ぼすようにわたしが予定した時であるなら、わたしはそれを一つの言葉で呑み込むこともできるが、今はその時ではない。わたしの計画を混乱させ、わたしの経営を妨げることがないように、わたしがこの働きをする前に、すべてのことが準備されなければならない。わたしは合理的にそれを行う方法を知っている。わたしにはわたしの知恵があり、わたしの采配がある。人々は指一本動かしてはならない―わたしの手によって殺されないように気をつけなさい―それはすでにわたしの行政命令に触れることである。このことから、人は、わたしの行政命令の厳しさを見ることができ、次のような二つの側面を含む、わたしの行政命令の原則を見ることができる。一方で、わたしは、わたしの旨と一致しないすべての者とわたしの行政命令に違反するすべての者を殺す。また一方では、わたしの怒りの中で、わたしは、わたしの行政命令に違反するすべての者を呪う。これらの二つの側面は不可欠であり、それはわたしの行政命令の方針原則である。すべての人々は、どんなに忠実であろうと、感情を伴わずに、これらの二つの原則に従って取り扱われる。これはわたしの義を示し、わたしの威厳とわたしの怒りを示すのに十分であり、それは、地上のすべてのもの、世のすべてのもの、そして、わたしの旨と一致しないすべてのものを焼き尽くすだろう。わたしの言葉の中には隠された奥義があり、またわたしの言葉の中には明らかにされた奥義があるので、人間の観念、人間の心の中では、わたしの言葉は永遠に理解することができず、わたしの心は永遠に計り知れないのである。言い換えれば、わたしは人間から観念と思考を追い払わなければならない。これはわたしの経営(救いの)計画の中の最も重要な項目である。わたしの長子たちを獲得し、わたしがしたいことを達成するためには、わたしはこのようにそれを行わなければならない。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第百三章」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 97

シオンよ! 歓呼せよ! シオンよ! 大声で歌え! わたしは勝ち誇って戻ってきた。わたしは勝利して帰って来た。すべての民よ、急いで整列せよ。すべての被造物よ、動きを止めなさい、わたしの本体が全宇宙に向き合い、世界の東に現れるからだ。ひざまずいて崇めようとしない者などあるだろうか。わたしを真の神と呼ばない者などあるだろうか。畏敬の念を持って見上げない者などあるだろうか。讃美しない者などあるだろうか。歓呼しない者などあるだろうか。わたしの民はわたしの声を聞き、わたしの子らはわたしの国で生き残るのだ。山々も川もすべてのものが止むことなく歓呼し、休むことなく飛び跳ねる。今や誰一人退こうとする者はなく、立ち上がって抵抗しようとする者もいない。これはわたしの素晴らしき業であり、そしてそれ以上に、わたしの偉大な力なのだ。わたしはすべてのものに心からわたしを崇めさせ、そしてさらに、すべてのものにわたしを称賛させる。これはわたしの六千年にわたる経営(救いの)計画の究極の目的であり、わたしが定めたことなのだ。一人の人間も、一つの物体も、一つの出来事も、あえて立ち上がって抵抗したり反逆したりすることはない。わたしの民は皆わたしの山(すなわちわたしが後に創造する世界)に流れ着き、わたしの前で服従する。わたしには威厳と裁きがあり、わたしが権威を宿しているからだ。(これはわたしが体に宿っているときのことである。わたしは肉においても権威を持つが、肉の中では時間と空間の制限を超越できないため、完全な栄光を得たとは言えない。わたしは長子たちを肉において獲得するが、それでも栄光を得たとは言えないのだ。シオンに戻り、外観を変えたとき初めて、わたしは権威を備え、すなわち栄光を得たと言えるのだ。)わたしに難しいことは何もない。わたしの口から出る言葉によってあらゆるものが破壊され、わたしの口から出る言葉によってあらゆるものが実現し完全にされる。それがわたしの偉大な力であり、わたしの権威である。わたしは力と権威に満ち溢れているため、わたしを妨げようとする者は誰もいない。わたしはすでにすべてのものに勝利し、すべての反逆の子らに打ち勝った。わたしは長子たちを自分と一緒にシオンに連れ戻す。わたしは一人でシオンに戻るのではない。そのためすべての者がわたしの長子たちを見て、わたしへの畏敬の念を抱くようになる。それこそが長子たちを得ることの目的であり、それが創世の時からのわたしの計画なのだ。

すべての準備ができたとき、それはわたしがシオンに戻る日となり、その日はすべての人々によって祝われることになる。わたしがシオンに戻ると、地上のすべては静まりかえり、地上のすべてが安らぐ。わたしがシオンに戻ると、すべてのものは本来の姿を取り戻す。それからわたしはシオンで働きを開始し、悪人を罰し、善人に報い、わたしの義を実践し、わたしの裁きを実行する。わたしは言葉を使ってすべてを成し遂げ、あらゆる人とあらゆるものにわたしの刑罰の手を体験させる。そしてあらゆる人々に、わたしの栄光のすべて、知恵のすべて、豊かさのすべてを見せる。わたしの中にはすべてが完成されているため、立ち上がって批判する者は誰もいない。そしてここで、あらゆる人にわたしの名誉のすべてを見せ、わたしの勝利のすべてを味わわせよう。わたしの中にはあらゆるものが現れるからだ。ここからわたしの偉大な力と権威を見ることができる。誰もあえてわたしを憤慨させようとはせず、誰もわたしを妨げようとはしない。わたしの中ではすべてのことが明らかにされる。誰があえて何かを隠そうとするだろうか。わたしはそのような者には決して憐みを示さない。そのような惨めな者はわたしの厳しい罰を受け、そのような屑はわたしの目の前から追放されなければならない。わたしは鉄つえをもって彼らを支配し、わたしの権威を用いて彼らを裁く。一切の哀れみをかけることも、彼らの気持ちを考えることもない。なぜならわたしは神自身であり、感情を持たず、威厳に満ち、侵すことのできない者だからだ。すべての者がこのことを理解し、目にしなければならない。そうでないと、「原因や理由もなく」わたしに打ち倒され、滅ぼされることになる。わたしの鉄のつえはわたしに背くすべての者を打ち倒すからだ。わたしは彼らがわたしの行政命令を知っていようがいまいが気にはしない。それはわたしにはまったく重要ではない。わたしの本体は誰の背きも許さないからだ。このため、わたしは獅子だと言われているのだ。わたしが触れる者は誰でも、わたしに打ち倒される。そのため、今ではわたしを憐れみと慈しみの神と呼ぶことは冒涜だと言われているのだ。本質的に、わたしは子羊ではなく、獅子である。誰もあえてわたしに背くことはなく、わたしに背く者は誰であれ、わたしがただちに容赦なく死をもって罰する。このことはわたしの性質を示すのに十分である。そのため終わりの時代には、大多数の人々が身を引くはずであり、それは人間にとっては耐え難いことだが、わたしは安らいで満足しており、これを困難な仕事だとはまったく思っていない。これがわたしの性質である。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第百二十章」より引用

日々の神の御言葉 抜粋 98

わたしの国では、無数の被造物がよみがえりを始め、生気を取り戻す。地上の状態が変化したため、地と地の境界にもまた、変化が起こる。以前、わたしは預言した――地が地から離れ、地が地とつながると、そのとき、わたしは国々を打ち砕くと。このとき、わたしはすべての被造物を新たにし、全宇宙を区切りなおす。それにより、全宇宙を秩序立て、古い状態を新しいものに変える。これがわたしの計画だ。これらがわたしの業だ。国々と世界の人々がみな、わたしの玉座の前に戻ると、わたしは天の富をすべて人間の世界に与え、わたしによって、比類ない富にあふれるようにする。しかし、古い世界が存続する間、わたしは国々の上に怒りを投げつけ、わたしの行政命令を全宇宙に公布し、違反する者には刑罰を下す。

わたしが全宇宙に向かって話すと、人間はみなわたしの声を聞き、そこで、わたしが全宇宙で行なってきた業を見る。わたしの心に逆らう者、つまり、人間の行いでわたしに敵対する者は、わたしの刑罰を受けて倒れる。わたしは天の多くの星々を取ってそれらを新しくし、わたしにより、太陽と月は新たになる――空はもはや以前のものではない。地上の無数の物事が新たになる。すべては、わたしの言葉により完全になる。全宇宙の多くの国々は新たに区切られ、わたしの国に置き換わる。それにより、地上の国々は永遠に消え去り、すべてがわたしを崇める一つの国になる。地上のすべての国々は破壊され、存在しなくなる。全宇宙の人間のうち、悪魔に属する者はみな、滅ぼし尽くされる。サタンを礼拝する者はみな、わたしの燃える炎に倒れる――つまり、今、流れの中にいる者以外は、灰になるのだ。わたしが多くの民を罰するとき、宗教界にいる者は、わたしの業に征服され、程度の差はあれ、わたしの国に戻る。彼らは聖なる方が白い雲の上に乗って降臨するのを見たからである。人間はみな、種類に従い、それぞれの行いに応じて刑罰を受ける。わたしに敵対した者たちは、みな滅びる。地上での行いがわたしと関わりのなかった人たち、その人たちは、自分たちの行いによって、地上にわたしの子らとわが民の支配下で存在を続ける。わたしは無数の人々と無数の国々にわたしを現し、わたしは自ら声を発して地上にわたしの大いなる働きの完了を告げ、全人類が自分たちの目でそれを見られるようにする。

わたしの話が深くなる中で、わたしはまた宇宙のありさまも見ている。わたしの言葉によって、無数の被造物がみな新たになる。天は変わり、地も変わる。人間は本来の形を現し、ゆっくりと、それぞれ同じ種類のものたちと共に、それと知らぬ間に家族のもとに戻っていく。そこで、わたしは大いに喜ぶだろう。わたしは妨げられることなく、わたしの大いなる働きは知らぬ間に成し遂げられ、無数の被造物は変化する。わたしが世界を創ったとき、わたしはすべてのものをそれぞれに創った。すべての形あるものをそれぞれの種類に集まるようにした。わたしの経営(救いの)計画が終わりに近づくと、天地創造当初の状態を回復させ、すべてを本来の姿に戻す。すべては大きく変わり、すべてはわたしの計画の内に戻る。時は来た。わたしの計画の最後の段階が終わろうとしている。ああ、不浄な古き世界。必ずや、わたしの言葉に倒れる。必ずや、わたしの計画で無になる。ああ、無数の被造物たち。あなたがたは、みな、わたしの言葉の内で新たないのちを得る。あなたがたには主を持つのだ。ああ、純粋でしみ一つない新たな世界。必ずやわたしの栄光の中でよみがえる。ああ、シオンの山よ。もはや沈黙するな。わたしは勝利の内に帰ってきた。被造物の中から、わたしは全地を調べる。地上で、人間たちは新たな生活を始め、新たな希望を得た。ああ、わが民よ。どうして、あなたがたがわたしの光の中で復活しないでいられようか。どうして、あなたがたがわたしの導きの下、喜びに跳ね上がらないことがあろうか。地は歓喜の声を上げ、水は楽しい笑い声を響かせる。ああ、よみがえったイスラエルよ。わたしの定めをどうして誇りに感じないことがあろう。誰が泣いたのか。誰がうめき声を上げたのか。かつてのイスラエルは、もうない。そして、今日のイスラエルは立ち上がった、塔のようにまっすぐに、この世に、すべての人間の心の中に立ち上がった。今日のイスラエルは必ずや、わが民を通じて存在の源を得る。ああ、忌まわしいエジプトよ。まことに、もうわたしに敵対はしないだろう。どうしてわたしの憐れみを利用してわたしの刑罰を免れようとするのか。どうしてわたしの刑罰の内に存在できないのか。わたしの愛する者はみな、必ず永遠に生き、わたしに敵対する者はみな、必ず永遠に刑罰を受ける。わたしはねたみ深い神だから、わたしは人間の行いを軽々しく赦さない。わたしは地上すべてを観察し、世界の東に義と威厳、怒り、刑罰をもって現れ、すべての人間たちにわたしを現す。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十六章」より引用

前へ: 第2節 神の出現と働き

次へ: 第4節 受肉

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

正常な状態へ入るには

神の言葉を受け入れれば受け入れるほど、人はより啓かれ、神を認識することの追求においてますます飢えと渇きを感じるようになる。神の言葉を受け入れる人だけが、より豊かで深遠な経験をすることができる。そしてそのような人は、いのちが胡麻の花のように成長し続けられる唯一の者たちである。いのち…

第三章

今やわたしの民と呼ばれるあなた方にとって、物事はかつてと同じではない。あなた方はわたしの霊の語りかけに耳を傾け、従い、わたしの働きにしっかりと従うべきであり、わたしの霊と人の姿になったわたしを分けてはならない。わたしたちは本質的に一つであり、ふたつの別のものではないからである。霊…

第三十二章

神の言葉は人々の頭を悩ませ続ける。まるで神は、話す時に人を避け空に向かって話しているかのようであり、人の行動にこれ以上注意を払うつもりは微塵もなく、人の能力には完全に無頓着のようである。また、神が最初に意図した通りに、神が話す言葉は人々の観念に向けられているのではなく、人を遠ざけ…

真心で神に従う者は確かに神のものとされる

聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索