真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の声を聞き、神の出現を見る

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

質問4.律法の時代に、神様はお働きをなさるためにモーセをお使いになりました。では、なぜ神様は終わりの日の裁きのお働きをなさるために誰かをお使いにならないのですか。受肉した神様ご自身がなぜお働きにならなければならないのですか。

回答

終わりの日の裁きの働きを行なうためになぜ神は受肉しなければならないのかというのは、真理に渇き、神の出現を求めている多くの人がおもに気にかけている問題です。これはまた、私たちは神の国に引き上げられることができるのかという問題と関連しています。ですから、真理のこの側面を理解することはとても重要です。なぜ終わりの日の裁きの働きを行なうのに、人を使うのではなく神自身が受肉しなければならないのでしょうか。これは裁きの働きの性質によって決まります。裁きの働きは神による真理、神の義なる性質を発して人類を征服し、浄化し、救うということだからです。

神の終わりの日の裁きの働きは真理の多くの側面を表すこと、神の性質、神のもつものと神であるものを表すこと、奥義のすべてを顕すこと、神に抵抗し神を裏切る人間のサタン的本性を裁くこと、堕落した人間の言葉と行いをさらけ出し詳細に調べること、神の聖で義なる本質と冒すことのできない性質を全人類に顕すことから成り立っています。神に選ばれた人々が神の言葉による裁きを経験するのは、まるで神と差し向かいになって神にさらけ出され裁かれるようなものです。神が人を裁くとき、まるで神の聖なる本質を見るように、まるで天から降りかかる大いなる光を見るように神の義なる性質の表明を人が見、神の言葉はまるで人の心と霊に突き刺さる鋭利な両刃の剣のようであると人が理解し、筆舌に尽くしがたい苦悩に人が耐えることになるように神はなさるはずです。このような方法でのみ、私たちは自分たちの堕落した本質とその堕落の真理に気付き、深い屈辱を感じ、恥じ入って顔を隠し、真の悔恨のうちに神の前にひれ伏すことができ、そのとき私たちは真理を受け入れ神の言葉に従って生き、サタンの影響をすっかり自分自身から取り除き、神により救われ完全にされることができるようになるのです。人間の裁きや清め、救いといった働きは受肉した神が直接行なうしかないのです。

全能神の言葉による裁きを経験したので、私たちは皆、神の聖、義なる性質がいかに人間によって冒されることがないかを感じました。神の言葉の一語一語は威厳と怒りに満ちており、心の芯に即座にしみこみ、神に抵抗し神を裏切る私たちのサタン的本性、さらには心の奥深くに埋もれているため自分自身でさえ見ることのできない堕落した性質の要素をすっかりさらけ出します。これにより私たちは自分たちの本性と本質がいかに傲慢、独善性、わがまま、裏切りに満ちており、いかに私たちがこれらに従って生きており、まるで地上を歩き回る悪魔のように一切の人間性もないことに気付くのです。神はこれをひどく嫌い、憎悪します。私たちは辱められ、後悔でずだずだになったように感じます。自分たちの卑しさと悪を感じ、神の前で生きるに値しないことを知ります。それゆえ私たちは地面にひれ伏し、神の救いを受けたいと思います。全能神の言葉による裁きを経験しながら、私たちは神の出現を本当に目撃します。神の聖は冒涜することができず、神の義は冒しがたいことを知ります。神が人類を救おうする真摯な意図と真の愛に気付き、サタンの手により私たちが堕落させられた真相とこのことの本質を知ります。このため、心の中で神への畏敬の念を感じるようになり、喜んで真理を受け入れ神の統制と定めに従います。このようにして私たちの堕落した性質は徐々に清められます。今日私たちが達成した変化は、裁きの働きを行なうための神の受肉の成果です。ですから、神の受肉が真理を表し、神の義なる性質と神のもつものと神であるものすべてを表し、裁きの働きを行なうときのみ、私たちは真の光の出現を、神の出現を見るのであり、神についての真の認識をもち始めるのです。このような方法によってのみ、私たちは清められ救われることができます。キリストの他に終わりの日の裁きの働きを行なえる人はいません。

…………

今、私たちは、終わりの日の神の裁きの働きは真理、神の義なる性質、神の人を征服し、清め、完全にする全能性と知恵を表すことを通して行われなければならないということがはっきりと分かります。神自身が終わりの日の裁きの働きを行なうために現れます。この働きは一つの時代の始まりと別の時代の終わりを示します。この働きは受肉した神によって行なわなければ成らず、他の人が神に代わってこの働きをすることはできません。なぜ多くの人が神が受肉して自ら働きを行なうのでなく、人間を使って働きを行なわせるべきだと考えるのでしょうか。これは信じられないことです。人類は本当に神が来ることを歓迎するのですか。なぜいつもこれほど多くの人が、神が人を使って働きを行なうことを願うのでしょうか。なぜなら人々は自分たちの観念に従って働き、物事を自分たちがそうするべきだと考える通りに行なうためです。ですから、大抵の人が容易に誰か人間を崇拝し、その人を理想化して従うのです。けれど、神の働き方は決して人間の観念や想像とは一致しません。神は人がそうするべきだと考える通りには物事を行いません。このように私たちは神と融和するのに困難を覚えます。神の本質は真理であり、道であり、いのちです。神の性質は神聖で義であり、冒すことができません。けれど堕落した人間はサタンにより徹底的に堕落させられており、サタン的性質で満ちています。人間は神と融和するのに苦労します。ですから、神の受肉による働きをなかなか受け入れられず、学び観察するのをいやがり、その代わりに人間を崇拝しその人の働きを盲信し、まるで神の働きであるかのようにそれを受け入れ従います。このことの何が問題でしょうか。神を信じ、神の働きを経験するとは何を意味するのか人間にはまったく分かっておらず、それゆえ、堕落した人類のあらゆる問題を解決するために、終わいりの日の神の働きは受肉により真理を表すことを通して行なわれなければならないと言うことができます。なぜ神は人間を使って終わりの日の裁きの働きを行なわないのかという質問について、まだ回答が必要でしょうか。人間の本質は人間であり、人間は神の本質をもっていません。ですから、人間には真理を表したり、神の性質や神のもつものと神であるものすべてを表したりすることはできず、人類を救う働きを行なうことはできません。言うまでもなく、私たち人間は皆サタンにより堕落させられ、罪深い本性をもっています。それなら、私たちに他人を裁くどのような資格があるのでしょうか。汚れて堕落した人間は自分自身を清め救うことさえできないのに、他人をどのように清め救うというのでしょうか。人は堕落した人間による裁きを受け入れないでしょうから、ただ面目を失うだけです。ただ神だけが義であり聖なる方であり、神だけが真理であり、道であり、いのちなのです。ですから、神の終わりの日の裁きの働きは受肉した神が行なわなければならないのです。このような働きができる人はいません。これが事実です。これがまだ理解できませんか。

では、なぜ律法の時代には神は人を使って働いたのでしょうか。これは律法の時代の働きと終わりの日の裁きの働きは性質が違うからです。律法の時代には、人間は生まれたばかりの人類であり、サタンにより最小限にしか堕落させられていませんでした。ヤーウェの神の働きはおもに、初期の人間に地上での生き方についての指針を提供するために律法と掟を制定することでした。この段階の働きは人間の性質を変えることを目指しておらず、さらなる真理を表すことを必要としていませんでした。神はただイスラエル人にいかに律法に従い、ヤーウェの神を崇拝し、地上で普通の生活を送るべきかを知らせ、神の制定した律法を伝えるために人間を使う必要があっただけです。これを行なった後は、この段階の働きは完了しました。ですから、神は律法の時代の働きを完了するためにモーセを使うことができましたが、その働きを自ら行なうために受肉する必要はなかったのです。これとは対照的に、終わりの日の裁きの働きはサタンにより深く堕落させられた人類を救うことを目指しています。この場合、神の言葉をいくつか発したり、律法をいくつか制定したりするだけでは十分ではないでしょう。大量の真理が表されなければなりません。神の元来の性質、神のもつものと神であるものすべてが完全に表されなければなりませんし、真理、道、いのちもまた人類のために明るみに出されなければなりません。これはちょうど神が人類と差し向かいになって神自身を明らかにして、人類が真理を理解し神を知ることができるようにし、それによって神が人類をすっかり清め、救済し、完全にするようなものです。神はこれを受肉を通して直接行なう必要があります。神の代わりにこの働きを行なえる人はいないのです。神は言葉を数節ほどを発するのに預言者を使うことはできますが、預言者が神の本来の性質、神のもつものと神であるものすべてを表したり真理の全体を表したりすることを許可されることはありません。堕落した人類はそのようなことをするのに相応しくないからです。神がその性質と真理の全体を表すのに人間を使ったならば、その人はおそらく神に屈辱を与えることになります。人が堕落した性質をもっており、その観念や幻想を露呈するでしょうから、その働きには不純なものが必ず混ざっており、それにより容易に神に屈辱を与え神の働きの全体的な効果に影響するからです。さらに、私たちは人間のもつものと人間であるものすべてを神のもつものと神であるものと取り違えてしまいがちで、人間による働きにある不純なものを真理と勘違いします。これは神の誤解と侮辱につながります。また、神がその性質と真理の全体を表すのに人間を使おうとしたならば、人間のもつ不純なもののせいで受け入れるのをいやがり、抵抗さえしてしまうかもしれません。そうなるとサタンがあら探しをしたり言いがかりをつけたりして、人間の神への不平の炎を燃え立たせ、反乱を扇動し、独立した人間の王国を建てるように人間をそそのかします。これが人間が神の働きを行なうことの最終結果です。特に、終わりの日における深く堕落した人間の神による救済においては、人間は神の受肉による働きを容易に受け入れたり従ったりしません。ですから、この働きをするのに神が人間を使おうとしたならば、人間は余計に受け入れたり従うのをいやがることでしょう。これらは明白な事実ではないでしょうか。宗教界の長老や牧師を見てごらんなさい。神の受肉の働きに対する彼らの抵抗や非難は、過去においてユダヤの大祭司やパリサイ人が主イエスに抵抗したのとどこが違っていますか。堕落した人類を救う神の働きは簡単な作業ではありません。神の考え方を理解しなければなりません。

…………

終わりの日における受肉を通した神の裁きの働きは、本当に意味深いものです。神は終わりの日に地上で肉となられ、人々に混じって暮らし、その言葉を人類に向けて発し、大衆に向けて神の性質や神のもつものと神であるものすべてを表しておられます。神は誰を愛し誰を嫌うのか、神の怒りは誰に向けられているのか、神は誰を罰するのか、神の情緒的な状態、神の人間への要求、神の人間に対する意図、人間の理想的な人生観、価値観等、神はこれらのことすべてを私たちに知らせ、私たちが曖昧な宗教的遂行において当てもなく探し回らなくてもよいように人生における明確な目標をもてるようにして下さいます。受肉した神の出現は、「ヤーウェの背中だけが人間に見えた」時代を完全に終わらせ、曖昧な神への人間の信仰の時代を終わらせました。終わりの日の全能神の言葉と働きを経験した人々は皆、共通の経験をしています。それは、私たちは神の裁きと刑罰を経て、あらゆる試練と精錬に耐え、赤い大きな竜の残酷で野蛮な追跡と迫害に深く苦悩してきたものの、神の義なる性質が私たちの上に来るのを見、神の威厳と怒り、神の全能性と知恵を見、まるで神そのものを見たかのように神のもつものと神であるものすべての表明を見たのです。私たちは神の霊的からだを見てはいないものの、神の本来の性質、神の全能性と知恵、神のもつものと神であるものすべてが私たちに完全に顕され、それはまるで神が私たちの前に来られ、差し向かいで、神が私たちに対してどのような計画をおもちであろうとも死ぬまで従えるようにと私たちが神を真に知り、神を畏れる心をもつようにして下さったかのようでした。私たちは皆、神の言葉と働きにおいて実際的かつ現実的に神を見て知っていると感じ、あらゆる観念や幻想を完全に捨て去り、真に神を知る者となりました。以前は神は人間の罪をいつまでも赦して下さると信じ、神の性質とは愛に満ちて慈しみ深いものと私たちは思っていました。けれど全能神の言葉の裁きを経験した後では、神の性質は愛に満ちて慈しみ深いだけでなく、義であり、威厳と怒りに満ちてもいると真に理解するに至りました。誰でも神の性質を冒す人は罰されます。ですから、神を敬い、真理を受け入れ、神の言葉に従って生きることができます。終わりの日の全能神の裁きの働きを経験することで、私たちは皆、神の性質は聖であり、義であり、冒すことができないということを本当に実際的に理解し、神の慈しみと愛を経験し、神の全能性と知恵を真に理解し、神がいかに謙虚に隠れておられるかを認識し、神の真摯な意図と多くの愛するべき特質を知るに至りました。それは、神の情緒的状態、神の忠実さ、神の美しさと有徳、神の権威、至上性、あらゆるものに対する精密な監督等です。神のもつものと神であるものすべてが私たちの前に現れ、それはまるで神そのものを見ているようで、差し向かいで神を知ることができました。もはや私たちは観念や幻想に基づいて神を信じ従うのではなく、神に対する真の畏敬と崇敬を感じ、真に神に従い頼っています。もしも神が真理を顕し裁きの働きを行なうために自ら受肉されなければ、神を知ることは決してなかったし、罪を取り除き聖性を達成することはできなかったであろうということを本当に認識しました。ですから、どのように見ようと、終わりの日の神の裁きの働きは受肉した神自身が行なわなければならず、誰も神の代わりはできないのです。人間のもつ観念や幻想を考えれば、神が人を使って終わりの日の裁きの働きを行なおうとしたならば、望む成果を達成することはできないでしょう。

『神の国の福音に関する典型的な質問と答え(選集)』より

前へ:質問3.なぜ神様は終わりの日に受肉なさり、裁きの働きを行なわれるために人の子になられたのですか。死から復活された主イエスの霊的なからだと受肉した人の子の実質的な違いは何ですか。これが私たちには理解できない問題点です。どうかこの点について分かち合って下さい。

次へ:質問5.なぜ堕落した人類は受肉した神により救われなければならないと言われるのですか。これはほとんどの人が理解できないことです。この点について分かち合って下さい。

他のお気に入り