第五十章

すべての教会、すべての聖徒は未来に目を向けるのと同時に、過去も振り返って考えるべきである。例えば、あなたがたの過去の行動のうち、適格とみなされるものはいくつあるだろうか。過去の行動のうち、神の国の建設において役割を果たしたものはいくつあっただろうか。自信過剰になってはいけない。あなたは自己の欠点をはっきり認識し、自分自身の状態を理解するべきである。あなたがたのうち、進んで努力をし、そのために時間を費やす人など誰もいないことはわかっている。だからあなたがたは何も達成することはできない。あなたがたは飲んだり食べたり、遊んだりして、すべての時間を無駄に費やしている。あなたがたは数人集まると遊び回り、生活上の霊的問題を分かち合ったり、お互いにいのちを提供し合ったりすることにはまったく注意を払わない。あなたがたが話す時、笑ったり、冗談を言ったりするのを見るのは耐え難い。それなのに、あなたがたは本当にばかげている。わたしは何回も言ったのに、あなたがたはわたしの言う意味がわかっていない――これはあまりにも明らかなことで、まさにあなたがたの鼻先にぶらさがっているようではないか。このようなことは以前にも言ったことがあるのに、あなたがたはまだ納得せず、わたしの言うことを認めず、それどころか、わたしがあなたがたを誤解しており、わたしの言うことは本当ではないと考えている。それとも、そうではないということなのか。

あなたがわたしをおざなりに取り扱うなら、わたしはあなたを脇へ置く。あなたは再び投げやりになるだけだ。再び無分別で不注意にしているだけだ。わたしの言葉は肉切りナイフのようなものである。わたしの意図に適合しないものは何であれ、このナイフで切り取られるだろう。そしてあなたは自尊心を過度に思い遣る必要はない。わたしはあなたが形になり、わたしの意志に従うことができるように、あなたを刻んで形作る。わたしの心を誤解してはいけない。受け入れることのできる唯一の方法は、あなたができるだけわたしの心を思いやることである。あなたがほんのわずかでも思いやりを示せば、わたしはあなたを軽蔑して背を向けたりはしない。いつも軽率にそのことを無視してはいけない。受け入れることのできる唯一の方法は、わたしの意志がいつもあなたに対して実行されるようにすることである。

多数の聖徒はみな異なる立場に位置しているので、もちろんあなたがたはみな、異なる機能を持っている。しかし、あなたがたはわたしのために誠実に全力を尽くして労すべきであり、あなたがたの本分はできるかぎりのことをすることである。あなたがたはこの点に忠誠を示し、快く厭わずに取り組むべきであり、及び腰になってはならない。そうでなければ、わたしの審判が下り、あなたがたの肉体、霊と魂はそれに耐えることができず、涙し、歯ぎしりすることになるだろう。

前へ: 第四十九章

次へ: 第五十一章

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

働きと入ること(3)

神は人間に多くを託し、無数の方法で人間の入りについて述べてきた。しかし、人々の素質が極めて乏しいため、神の言葉の多くは根づかなかった。人間の素質が乏しいことには様々な理由がある。たとえば、人間の思考や道徳の堕落、適切な養育の欠如、人の心を強く支配する封建的迷信、人間の心の奥底に多…

新時代の戒め

神の働きを経験する中で、あなたがたは神の言葉をじっくり読み、真理を備えなければならない。しかし、あなたがたが何をしたいのか、どのようにそれをしたいのかについて言えば、あなたがたの熱心な祈りや嘆願は不要であり、実のところそれらは役に立たない。しかし現在、あなたがたがまさに今直面して…

七つの雷が轟く――神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言

わたしは異邦人の国々に働きを広めている。わたしの栄光は全宇宙に閃く。星のように点々と散らばる人々はみな、自分の中にわたしの旨を抱き、わたしの手によって導かれ、わたしが与えた仕事に取りかかる。この時点からわたしは新しい時代へと入り、すべての人々を別の世界へ連れて行く。わたしは自分の…

働きと入ること(2)

あなたがたの働きと入りは極めて貧弱である。人間は働き方に重きを置かず、またいのちの入りについてはそれ以上にでたらめである。人間はこれらを、自分が入るべき学びとして捉えない。ゆえに、人が経験の中で見ているのは、ほぼ空中の楼閣だけである。働きに関する限り、あなたがたはそれほど多くを要…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索